天下泰平

~「天下泰平の世(Peaceful World+)」を実現させるための真理学~

御嶽山の噴火と世の立直しの始まり

00
※御嶽山と甲斐大泉駅を直線で結ぶと真横に84km

 すでにご存知のように、今月27日に長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山が噴火をして大きな被害を出しています。

今回噴火をした御嶽山は、ここ八ヶ岳南麓の拠点である甲斐大泉からちょうど真西にあたり、直線距離にして84kmと決して遠くなく、実際に山梨県にも火山灰が確認されています。

噴火後、多くの方々より心配のご連絡がありましたが、現在までのところ、ほとんど影響もなく大きな問題も発生しておりません。ご心配してくださった皆様、心よりお礼申し上げます。

一刻も早く、救助が進むこと、また被害がこれ以上拡大しないことを祈るばかりです。亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

3cc1e1db

それにしても、気象庁は「今回のような規模の噴火は予測できなかった」と発表していますが、兆候がまったくなかったわけでありません。

噴火の2週間以上前、今月10日から御嶽山では火山性地震が頻発しているのが観測されていたのですが、その後は突如減ってしまったので、気象庁は警戒レベルをそのまま据え置きにしてしまったようです。

それが27日に入って、一気にドカーンと爆発してしまいました。いまさら過ぎ去った過去を後悔しても遅いですが、こういった甘い観測や予兆をしている限りは、これから先の大浄化の本番の時代、様々な自然災害は避けられない中、僅かな判断の過ちで多くの人的被害を出しかねません。

47

世界の7%に当たる110もの活火山を有する火山大国の日本。その中でも、活動が活発な23火山の1つに選ばれている御嶽山が今回噴火をしましたが、多くの人々が潜在的に感じているように、これはすべての序章に過ぎないと思っています。

最終的に繋がるのは、やはり“富士山”の噴火。

この御嶽山の噴火により、もう次は富士山の噴火があるのではという噂もありますが、それはまだ先のことであり、今回の御嶽山の噴火は、どちらかといえば、富士山の噴火を遅らせるもので、被害者は出てしまいましたが、日本全体の火山や地震活動のバランスを取るという意味では、1つのガス抜きに近い噴火であったかと思います。

同じく、これから先にキーとなるのが、九州の熊本県にある“阿蘇山”であり、本来は、この阿蘇山の方が噴火する危険性が高かったようですが、思わぬ展開で先に御嶽山が動き出しました。

いずれにしても、この2つの火山は繋がっており、これらは今の段階では「ガス抜き火山」で、日本列島の大難を調整する役割があるようです。

ところが、この噴火の流れが長野県と群馬県の県境にある“浅間山”で起こるとなると、これはガス抜きではなく、富士山の噴火の前兆現象の1つとなり、ここまで来てしまうと本格的に富士山の噴火へ備える準備に入った方が良いと思います。

もちろん、他の活火山だっていつどこが予想せずに噴火するかもわからない時期であり、いきなり富士山に飛び火する可能性だってゼロではないと思いますし、また噴火と地震はすべて連動しているので、どこで再び巨大地震が発生するかもわかりません。

もう、日本列島全体が、そういったステージに入ってしまったことだけは確かであり、いつどこで昨日までの世の中と180度違った世界が突如訪れるかは誰にもわかりません。

とはいえ、まだまだ日本列島も調整段階であり、これから先に必要なお役目のある方々は、必要な地域に必然のタイミングで導かれて大難を小難、無難にする働きかけをしていくものかと思います。

でも、きっと古くからブログを見ている方々は、今回の御嶽山の噴火だって単発のものでなく、ある意味「いよいよ始まったか」という武者震いに近いような感覚が生まれているものかと思われます。

これから先、いよいよ汚れきって堕ちるところまで堕ちた地球と人類の大洗濯、世の立直しが始まります。

その仕組みが整うまで、あともう少しであり、そのプロセスの中、一見マイナスに見えることや戸惑うことも多く起こるかもしれませんが、すべては良い方向へ向かっているのは間違いありません。

何が起こっても冷静に客観的に物事を判断することが大切になってくると思います。

09

なお、最近になってまた黒点数が増加し、太陽フレアも中規模クラスが発生するようになりました。引き続き地球に磁気量の増加が見込めるので、今後もしばらくは火山の噴火や地震活動に注意した方が良いと思います。

今の地球をユートピア(理想郷)にするために

15
撮影日時:2014年8月29日 午後5時(ポポカテペトル山ライブカメラより)

メキシコ 火口付近のライブカメラに映った巨大UFO!(「TOCANA」より)
 メキシコで現在も噴火している活火山・ポポカテペトル。この火山のライブカメラに映った超巨大UFOの映像を、ウェアリング氏が発見した。ウェアリング氏の推測だと、そのUFOは90~120mという驚愕の母艦クラスの大きさである。またウェアリング氏は、その大きさもさることながら煙のように不思議な「尾」にも注目している。この「尾」この「尾」も含めるとフットボール場がすっぽりと収まるほどの長さだそうだ。

 ポポカテペトル火山の噴火口はとても深く、火口付近は有毒ガスが充満しているが、巨大UFOはこの火口からわずか600mの場所を浮遊しており、約2分で跡形もなく画面から消えてしまう。

 今までも火山付近に現れるUFOの目撃情報は数多くなされてきたが、このように不思議な尾を引く超巨大UFOは珍しいという。ウェアリング氏は「ぜひ皆さんも、自分の目でこの大きさを確かめてみてほしい」という。この巨大UFOは、どのような目的で火山の噴火口へとやって来たのであろうか。(転載終了

 今年に入ってから世界中で相次ぐUFO目撃情報。自分達地球人以外の文明の存在、現代文明の科学技術を凌駕する超科学の存在を認めたくない人々でさえも、もう何も否定出来ない現実を突きつけられる日が、間近に迫っているような予感を感じさせるほど、急速に“彼ら”は、その存在感を近年アピールをしているように思えます。

ただ、このUFOで地球上をビュンビュン飛び回る“彼ら”の中には、我々地球人搭乗員も大勢存在しており、その中の1人の人物に“M-Ⅲ ジョージ”というコードネームを持った宇宙と地球を結ぶ架け橋の“コンタクティ”の方がいます。

それが、今月25日に八ヶ岳の新月イベントを開催した際にゲスト登場した「宇宙人によるアブダクション(誘拐)」を経験した人物であり、この日は八ヶ岳でも独特の雰囲気の中、半日ほど自身の体験したこと、そして宇宙から伝えられている情報を発信してくれました。

01
※突如ジョージ氏に入った宇宙語の通信メッセージ

さすが「UFOメッカの八ヶ岳」とも言ってよいのか、セミナー序盤に突如宇宙からの通信メッセージがジョージ氏に入り、ブツブツと外国語のような宇宙語で通信しながら、ペンを握っておもむろに伝えられた宇宙語を書きなぐりました。

内容としては、この日にこの場でジョージ氏のセミナーを開催してくれたことに対する宇宙の方々からのお礼のようなメッセージだったのですが、セミナー終了後にこういったメッセージが入るケースがあっても、序盤からいきなり通信が入ったのは初めてであり、とても珍しい出来事にジョージ氏も驚いていました。

ジョージ氏が八ヶ岳で伝えた内容は、長時間にも及んだので多岐に渡っているのですが、その中には「自然災害への警告」も多く含まれており、地名やキーワードとして出て来たのは「東京(湾)」「六甲山」「青函トンネル」「南海トラフ」などでした。

20年近く前から東北のセミナーでも福島原発の事故、および大津波の警告を続けてきたジョージ氏は、特に今後の「南海トラフ」の巨大地震については、今の段階では避けられない状況であり、沿岸部での生活、大津波への対策などに十分に注意するように訴えかけていました。

そして、地球の地軸の異変についても非常に危惧しており、今のまま進むと、これもまた地球の地軸が傾き、地球が太陽系からはじきだされるような未来も避けられないとも言います。

3d4ea05b

「これは救済計画に参加したこの世界の人々の努力もむなしく、暴力と悪とを克服できなかった世界のじっさいの記録なんだ。見てごらん」

その惑星の大気はこい灰色のくもの層にどっぷりおおわれていた。
たくさんの空とぶ円盤が地上にむかって下降していった。

「いま見ているのは“ 救出作業 ”だ。円盤が“ 700度 ”以上あるひとたちをさがし出しているんだよ。ほんとうに悲しいことだ。失敗してしまったんだ。すべての努力がまったく水の泡となってしまったんだからね・・・・・・」

地表はどこもはげしくゆれ動いていた。海岸線にあった都市は、大津波で一掃されていた。映像はドキュメント映画のように淡々と荒涼とした風景をうつし出していった。
司令官が乗っていたのとおなじ大型宇宙母船があらわれた。

「数百万ものひとを避難させなければならないからね・・・・・・」
「数百万だって!」

ぼくはおどろいて言った。

「度数の高いひとというのは思った以上にたくさんいるんだよ。悪いように見えるひとでもその悪いおこないは、たんに“ 不正 ”に対する反逆にすぎないばあいが多い。ただまちがった表現方法をとってしまっているんだ。また別のばあい、悪い機構、悪いシステムによって生み出された集団的な悪習とも言える。一般的に言って世の中の習慣や必要性が、悪いおこないを強要している。だからこそ、われわれの送っているメッセージをひろめることが重要になってくるんだ。多くの人々がメッセージに耳をすまし、目ざめていくことで、いま見ているような破滅への危険が少しでもへってゆくんだ」
(「もどってきたアミ」第14章 羊皮紙とふたつの可能性)

起こってはいけない未来ではありますが、もしも起こってしまったらという「地球最期の時」。この時に始まる惑星連合からの介入として無数のシップ(母船)による「空中携挙」

これは過去に何度も起こった地球文明の最期、他の惑星文明の最期でも何度も起こってきた広く深い宇宙の歴史では珍しくない出来事ですが、今の地球だって、再び同じ失敗を繰り返さないとは限りません。

そして、次の地球(文明)の最期は“最期の地球”でもあり、ここで失敗したらリセットして同じ地球での再出発ではなく、もう地球人類は他の惑星へと強制移住するしかないようです。

それが“第二の地球”と呼ばれる銀河系内にある地球そっくりの惑星であり、ここは現在の地球よりも広く資源も豊かであり、また“お金のいらない”理想社会がすでに実現化しているようです。

ただし、すでに出来上がっているユートピア(理想郷)のため、そこに移住出来る人は、すでに出来上がっている人である必要があり、そうすると、小説「小さな宇宙人アミ」と同じで、残念ながら今のすべての人類が空中携挙されるわけでなく、限られた人々が“第二の地球”へと移住となります。

とはいえ、これは現在の地球をユートピアにする計画が失敗した場合のシナリオであり、この“第二の地球”へと移住するためにあれこれ模索するよりも、まずはこの地球を自分達の手でユートピアにすることが大事だと思います。

恐らく、起こるかどうかもわからない未来の不安や恐怖を気にして“今を現実逃避している人”よりも、どんな未来になるにしても“今を一生懸命生きている人”の方が、本人は意図せずとも、万が一の時は宇宙からの介入を受ける人になるような気もします。

自然環境の破壊、動物の虐殺、人間同士の紛争など、まだまだ地球をユートピアにするには多くの問題を抱え過ぎている現在の地球ですが、それでも、それらの核となる問題はきっとシンプルであり、すべての問題を1つ1つ解決せずとも、核となる部分が改善すれば、きっとオセロの大逆転のように一気に地球のユートピアは実現するものだと思います。

そのためには、まずは人類の意識改革による助け合い、お金のいらない社会の実現が必要であり、そのためにも1人ひとりの物理的・精神的な“自立”が早急に求められているタイミングだと思います。

なお、ジョージ氏は八ヶ岳をとても気に入ってくださり、また時期を改めて八ヶ岳でもセミナーを開催しますので、そういった情報は今後も“やつは無料会員メルマガ”で配信していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

【数量限定】快眠ヘンプグッズ新発売!

hemp_nyumon_05
hemp_nyumon_06

 人が生きる上で欠かせない“衣食住”のすべてをまかなうことができる「ミラクルプラント」と呼ばれるヘンプ(大麻)

日本は世界最古で最長の大麻文明の国であり、1万年以上前(紀元前8000年)の縄文時代の遺跡からは、大麻を利用した編物や縄、食用の種など、大麻を生活の中で利用していた数々の証拠品が発掘されています。

戦後にGHQによって大麻が封印されるまで、日本中には大麻畑が至るところに存在しており、石油産業が台頭するまで、人々の生活の中で大麻は欠かせない貴重な植物資源でありました。


clip_image152

『縄文回帰』がキーワードとなっている昨今、古代の日本の文化や精神性の叡智を現代文明の叡智と融合させて日本も世界も新たな時代へと進む段階に入っていますが、その中で大麻を再び日本文化で復活させ、産業化とともに日常生活の中で取り入れていくことは、日本の自立だけでなく、世界が地下資源から地上資源へとシフト、植物文明に切り替わるとても重要なポイントとなります。

36

そんな中、その大麻の“衣食住”の利用における“衣”の分野において、大麻の繊維から生まれたヘンプ100%生地を利用した「快眠グッズ」が新商品として誕生しました。

なぜ、大麻の生地が古代より生活の中で重宝されていたのか?今回は、寝具を中心に大麻生地の特徴や有効なポイントをいくつかご紹介します。

1.優れた吸汗速乾。蒸れない
08250819_53fa731da8aeb

まず、ヘンプ生地のポイントは「吸汗速乾性」が極めて高い点であります。人は寝ているときに大量の汗をかきますが、その量は、汗をかいた実感がなくても約300mlといわれていて、夏場はもっと汗をかきます。この「汗」が乾きにくいと、やがてジメジメとした環境になります。

ヘンプ(大麻)は、吸汗速乾性に優れている繊維であり、その多孔質な(たくさんの微細な穴があいた)繊維が、身体から放出される汗をすばやく拡散・乾燥させてしまいます。

人の睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠があり、寝ている間は両方の睡眠パターンを行ったり来たりしますが、睡眠の質が高いのが「ノンレム睡眠」であるそうです。

この「ノンレム睡眠」をいかに取ることができるかが、睡眠の質を高くする大きなポイントとなり、眠りの浅い「レム睡眠」から、眠りの深い「ノンレム睡眠」に至るためには、身体から汗を放出して、気化熱の効果(汗・水分が乾燥することで身体の熱を奪い体温を低くする効果)によって体温を下げることが有効的だと言われています。

これを効率的に実現するのがヘンプ生地の特徴であり、そのため衣服や寝具として現在も広く活用されています。

2.熱伝導率性が高く、触ってヒンヤリ。余計な身体の熱は放出
08250827_53fa74c83974a

続いてのヘンプ生地の特徴は「熱伝導率」が高い素材であることです。

熱伝導率が高いというのは、熱が伝わりやすいことであり、金属の手すりなどを触るとヒヤッとするのは、金属の熱伝導率が高いからとなります。ヘンプも繊維の中では熱伝導率が非常に高く、触ったときにヒヤッとします。

また、熱伝導率が高い生地は「ノンレム睡眠」へ入りやすくします。

人の寝始めには、大きな発汗作用が起こり、この発汗による気化熱効果によって体温を一気に1度程度下げるそうです。こうして、体内の温度を下げることで「ノンレム睡眠」に入っていきます。

暑い季節はもちろんですが、忙しい日々の貴重な睡眠時間の中で有効的に体内温度を下げるには、熱伝導率の高いヘンプ生地が効果的となっています。

3.清潔環境(抗菌・消臭)
08250828_53fa7509bbc95

ヘンプは「抗菌性・消臭性」が高い繊維、生地であるのも特徴の1つです。身体から放出された汗が乾きにくいと、そこには悪性菌が一気に繁殖しはじめます。

その悪性菌が、いやな臭いにもつながっていきますが、ヘンプは消臭力にも優れた素材であり、汗による不快臭を速やかに消臭します。

4.使えば使うほど肌に馴染みます
08250829_53fa7568aafda

ヘンプ生地は「強力性」が高くて丈夫であるのも大きなポイントの1つです。洗濯にも強く、生地がへたってきて破れることもありませんし、また洗濯によりヘンプの機能性も低下しません。

それどころか、使えば使うほど、人の肌に馴染むヘンプ生地に育っていくのが特徴的であり、ヘンプ生地は洗うほどにしなやかになって身体と生地の触れ合いが心地良くなります。

今回の睡眠グッズで使用しているヘンプ100%生地は、政府が主導となって国家の重要施策として産業用大麻の栽培に力を入れている中国の高品質な大麻繊維を原料とし、生地や製品の加工は技術力の高い日本の職人や企業が担当しているため、ヘンプ生地の持つ様々な効果を最大限に引き出して生かした製品となっています。

本日より販売開始となるのは、主に寝具類として活用して頂くアイテムであり、先日もお試しで販売した「ヘンプシーツ」と、あとは新商品となる「ヘンプ枕カバー」、女性が喜ぶ「ヘンプキャミソール」の3点となります。

まだまだ高品質なヘンプ生地の量は限られており、いずれも今の時点では数量限定の発売となりますが、今後もヘンプ生地の需要が増えると、より日本にも良いヘンプが多く入って来るようになりますので、是非とも今回のヘンプ商品をきっかけにヘンプの良さを直接体感して頂き、多くの人々にヘンプの認知が広まれば幸いであります。

食用も含めて、現在日本に流通しているヘンプ商品は、どれも海外からのヘンプとなりますが、少しずつヘンプの需要が増えて日本での栽培、産業化の流れに繋がることを願っています。

44

ヘンプ・フラットシーツ(シングル)
■ 商品仕様
タイプ:フラットタイプ
サイズ:138×252cm
カラー:オフ白
混率:指定外繊維(麻福ヘンプ) 100%
原産国:日本

以前の糸に比べ、より細い繊維を使用し丁寧に織られた生地を使用しております。
ヘンプ100%のヘンプシーツです。
さらりとした肌触りで、快適な眠りをサポート。
吸汗速乾でイヤな臭いも発しません。
使えば使う程しなやかに、長く愛用できるシーツです。

****************
使用者の声
****************
▶ 家族の分のリピートです。とても気持ちよく手放せないものになっています。

▶ がさついた感じですが、洗濯をして数日使うと柔らかさが出てきました。年中いけそうな感じです。

▶ ずっと欲しかったヘンプのシーツをやっと手に入れました!暑い夏でもサラッとしてて気持ちよく、洗濯してもすぐ乾くので使いやすいです。

▶ ヘンプ素材のシーツを何製品か確認したのですが、中でも一番リーズナブルと思われます。肌触りもそんなに気になることはなく、朝までぐっすり眠ることが出来ます。

▶ 初めて触った時の感触が他のシーツとは違い "あ これは一生ものだ"と肌が教えてくれました。

▶ 今まで、綿のシーツや夏に使うとひんやりするようなシーツを使ってきました。しかし、今回購入したシーツは今まで使ってきたようなシーツとは比べものにならないくらいの、ひんやり感、それに加え、汗をかいた時にシーツがベットリするようなこともないです。絶対に、シーツを今回購入した麻のから他のに変えろと言われても、変えれないです。

▶ 通常は綿のシーツを使っていたのですが、湿気の多くなったころに麻のシーツに切り替えたところ、不快感が激減しサラサラで心地よく睡眠を取ることができるようになりました。

▶ 麻は電磁波よけになると知り、国産(質が良いに決まっている)であること、価格的にも納得・・・で購入しました。使い心地、とっても良いです!アイロンなんてかけなくても洗いざらしで十分。のりを付けてもいないのにパリッと乾きます。

商品ページはこちら





15

ヘンプ 枕カバー
■ 商品仕様
スタイル:封筒型
サイズ:43×84cm
カラー:オフ白
混率:指定外繊維(麻福ヘンプ) 100%
原産国:日本

高品質のヘンプ糸でつくったヘンプ枕カバーです。
抗菌消臭性のあるヘンプ素材を使用しているのでイヤな匂いが付きません。
ヘンプシーツと併せてお使い下さい。

****************
使用者の声
****************
▶ とても気持ちよくて、手放せないものになっています☆

▶ 滑りがよく冷たい感じが良いです。

▶ サラッとしていて、とても心地良い肌触り。安眠できそうです。

▶ 身体によいものを求めたいと思い、購入しました。丈夫で長持ちしそうですね。ひんやりの感覚が気持ちよいです。


商品ページはこちら





27

ヘンプ キャミソール
■ 商品仕様
サイズ:M・L・LL
カラー:オフ白
混率:指定外繊維(麻福ヘンプ) 100%
寸法
M:バスト 79~87cm、着丈 46cm、身幅 43cm
L : バスト 86~94cm、着丈 49cm、身幅 46cm
LL: バスト 93~101 cm、着丈 52cm、身幅 49cm
原産国:日本

ヘンプ100%の薄手生地を用いたキャミソールをつくりました。
ヘンプの優れた吸水性・速乾性で、汗をかいてもすばやく吸汗。
すぐに乾くため、お腹や腰を冷えから守ります。
背中にギャザーのあるデザインなので身体にフィットします。
しかも、肩ヒモの長さはアジャスターで調整可能です。
サラリとして爽やかな着心地は、まるで第2の素肌のような心地よさ。
普段着でも、寝衣としても重宝致します。
是非お試しください。

****************
使用者の声
****************
▶ 家族の分のリピートです。シルクの下着を着ていましたが、これを着てからこればかっりになっています。

▶ 伸びない生地なので、もうワンサイズ上にすればより快適に着られたかなと思いました。ヘンプ100%なのでサラッとしていて着心地は気持ちいいです。お値段もお手頃で良い買い物でした。

▶ とても気持ちいいです。LとLLで悩んだのですが、LLで大きめに着てもいいかなぁっていう感じです。

▶ 探しもとめていた物を見つけた喜びと、特にこの夏は非常に暑く麻の下着がどれ程重宝したか・・。
2枚のキャミソールを毎日洗濯して交代に着させていただきました。背中に少しギャザーがあるだけで、程よく身体にフィットし、また裾をボトムの上からオーバーで身につけていても全然OKでしたよ!今度は麻のショーツも作って頂きたいものです。

商品ページはこちら


自分達の町が地図から消えないために

46

 9月20日の土曜日、鳥取県の智頭町で開催された「麻まつり」に参加してきました。

全国各地より大麻に関心のある大勢の方が集まり、熱気と希望に満ち溢れた素晴らしいイベントでしたが、この人口約7000人ほどの小さな町である智頭町が、ここまで全国的にも有名になったのは、つい昨年の出来事であります。

b7e6837f

それは、2013年5月に、震災後に県外から移住してきた上野俊彦さんが、地元の人々や町長の協力のもと、わずか55日間で大麻栽培者免許を取得し、約60年ぶりに智頭町で大麻栽培が復活したことがきっかけでした。

今回、大麻栽培が復活した智頭町の八河谷という地域は、もともと高齢化と過疎化が特に進んでいる限界集落とも呼べる地域だったようですが、若い上野さんが移住してきただけでなく、大麻栽培が復活したことで、大麻栽培に携わりたい、大麻を産業化したいという熱い気持ちを持った若者達が次々に移住をし、今では平均年齢が一気に下がって、地域に活気が生まれてきたようです。

31

「大麻=麻薬」から「大麻=町おこし」となれば、大麻に関する新しい価値観と地域活性化の成功事例を日本全国にアピールする大チャンスであり、是非とも今後も智頭町の大麻栽培、産業化の行方を応援していきたいと思います。

1044

町の90%以上が森林に囲まれた智頭町は、都会に当たり前にあるものはほとんど何もありませんが、一方で都会には絶対にないものがたくさんある自然豊かな地域であり、今、本当の豊かさとは一体何かを考え、求めている人々から最も注目されているエリアの1つであります。

今回の訪問中、この智頭町の過去の歴史などを色々と聞かせて頂く機会がありましたが、そのお話の内容を聞いていると、この智頭町という町は、これからの地方自治体が学ばなければならない様々な革新的な取り組みを、以前から真剣にコツコツとやっている町であることが良くわかりました。

その代表的な取り組みが『森のようちえん まるたんぼう』の存在です。

16

この幼稚園は、子どもを持つ親が「子どもにとって本当に大切なものは何か?」「智頭ならではの智頭でしかできない子育てとは何か?」を考えて設立されたものです。

園舎もなければカリキュラムも最小限であり、智頭の雄大で美しい大自然そのものが学び場、遊び場であり、自然の中で子どもたちの興味や関心を尊重した保育を行っているそうです。

09

そのため窮屈な園舎で決められたカリキュラムをただこなすだけの保育ではなく、基本的には“お散歩”が中心で山、森、川などを自然を遊び場としており、時には農業のお手伝いなどもし、また大人達は、自然の中で自由に遊ぶ子どもたちを“見守る”というスタンスをとても重要視しているようです。

48

そして、この“まるたんぼう”では週に1回『お料理の日』として、お昼ご飯を子どもたちで作っているそうです。

毎回メニューは決まっているようで、羽釜で炊いたご飯と、家から持ち寄った野菜で作る味噌汁であり、この味噌も自家製で、子どもたちが作ったものを使用しているようです。

四季折々の大自然の中を歩き回ることで、自分達が“生かされている”ことを知り、農作業を手伝うことで“いのち”を学び、また自分達が育てたもの、加工したものを食べることで“生きる”ことを実感し、本当に人間にとっても、子どもたちにとっても必要な保育、教育の原点がここにはあると感じました。

上野さんも、震災後に移住先を探している中で、この“まるたんぼう”の存在が智頭町への移住の決め手のきっかけであったようであり、後から大麻栽培の歴史のある地域であることが分かって、結果的に大麻栽培者免許の取得、智頭町の大麻栽培復活の経緯があります。

他にも同じような保育園やサドベリースクールも智頭町にはあり、現在は出産も自然出産の環境を整えようと町が主体となって動き出してもいます。

子どもの出産から、保育園、幼稚園から学校にまで一貫して町が、その町ならではの出来ることでの子育て支援を真剣に考えており、この取り組みは本当に素晴らしいものです。

59
08

また、教育だけに力を入れているのではなく、町にいる高齢者を元気にしようとする試みも実践しており、山の間伐材をトラックで持って来ると6000円の地域通貨を町が発行して町内で使えたり、何よりも面白いのは「疎開保険」という制度です。

これは、智頭町以外の全国で保険に入った方のお住まいの地域で地震等の災害が起こってしまった時、ストレスの多い避難場所から智頭町へ“疎開”の受入れをする制度であり、具体的には、年間1万円の保険料を支払うと、万が一の際に7日間(3食付き)智頭町で生活できる場所と食事を確保するといったものです。

photo3

photo4

とはいえ、年間何もなければ、そのまま掛け捨てのままというわけでもなく、お金としてのキャッシュバックはありませんが、智頭町の農産物などの特産品を会員に支給されるサービス(智頭野菜新撰組)も保険の中に含まれているようです。

この「疎開保険」も、最初は8人のメンバーから始めたようですが、現在では90名ほどの町民が参加してやっているようで、皆が小さな畑から少しずつ自分達で出せる分の農産物を提供し、それを集約させて全国の会員へと郵送しているそうです。

なんだか、こういった取り組みは高齢化や過疎化の地域を盛り上げるだけでなく、これから先のコミュニティや村構想のシステムの中でも、必要なモデル的な取り組みのようにも思います。

つまり、今でこそ「麻の智頭町」として、麻があるからこそ魅力的であり、有名となった智頭町という印象がありますが、過去の町の取り組みを聞いていると、逆に「こんな取り組みを実践してきた智頭町だからこそ麻も復活できた」と言えるほど、麻が始まる前から近未来のモデルとなる地域としての下地がバッチリな町であったのです。

koureisuii

「自分達の町が将来消えてしまうかもしれない」。都会に住んでいる人々の中で、日常からそんな危機感を持った人は、まずいないと思いますが、少子高齢化、過疎化が急速に進んでいる現代の日本においては、地方の田舎町になればなるほど、この危機感は深刻な状況であり、10年、20年先どころか、数年先の未来に自分達の町が地図から消えてしまう日が来るかしれないと悩みの種になっています。

「それも統合の時代の象徴の1つ、町も国々も合併して大きな1つの集合体となる時期」という意見もあるかもしれませんが、これから先の統合の時代のキーワードは「自立した個の集合体」であり、依存型の人々、自治体、国がいくら1つにまとまったところで、結局のところは依存型の集合体となるだけであり、そのワンネスの世界は、支配者にとって、もっとも操りやすい、支配しやすい環境で、そうなると世の中はもっと悲惨な状況になってしまいます。

日本でいえば、もうすでに人口の減少とともに、完全に田舎は高齢者の住処、都会は若者の住処と二極化されいて、その都会の若者達は、年をとっても田舎に帰ることなく、この行く末は、前述したとおりに地図上から多くの田舎町が姿を消していくことになります。

「本当の豊かさ」に人々が気づけば、都会と田舎、どちらが本来の人間にとって、本来の自分にとって求めている環境であるのかは直感的に分かるものであり、資本主義経済が行き詰まっている今、自然と多くの人々が里山、田舎町を目指して都会から分散していく可能性が高いでしょうが、まだまだ今の段階からそれを気づける人々は僅かであり、やはりしばらくの間は、地方自治体が努力して、田舎の魅力、自然の中の生活の魅力を発信して伝えていく必要があると思います。

スコットランドの独立問題を皮切りに、これから先に世界規模で分離と統合の過渡期が続くと思いますが、すべての根源は「自立した個」であることが重要であり、その最終形態は、1人ひとりが「地球人」であることを自覚することだと思います。

そのためには、子どもの頃からの保育や教育、子育て環境というのが非常に大事であり、特にこれからの時代を担う子どもたちには、今回ご紹介した智頭町の“まるたんぼう”のような地域それぞれにあった自然育児が大切になってくると思います。

こういった環境で、子どもの誰しもが持っている純粋な魂を汚すことなくそのまま育って大人になれば、未来は民族同士の紛争もなくなり、国境も何もなくなって、皆が地球再生と宇宙の進化のために、自然な形で平和的に協力しあえる社会になると思います。

ここ八ヶ岳でも、麻の栽培復活、産業化を目指すのはもちろん、子育て環境や教育の分野も整えていき、また住んでいる人々がもっと豊かに暮らせる工夫を行政ともタイアップして色々と進めていきたいと思います。

ISISによるジャーナリスト殺害事件もまた偽旗作戦

45

「イスラム国」が英国人殺害か 映像を公開(「NHKニュース」より)
イラクやシリアで勢力を拡大しているイスラム過激派組織は、拘束していたNGOで働くイギリス人とみられる男性を殺害したとする映像をインターネット上に掲載し、アメリカに協力するイギリス政府に強く警告しました。

映像は、イラクやシリアで勢力を拡大しているイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」が、「アメリカの同盟国へのメッセージ」と題してインターネット上に掲載しました。
映像では、刃物を手にした戦闘員の男の脇にオレンジ色の服を着せられた男性がひざまずき、イギリス人だと名乗ったうえで、「私が処刑されるのはアメリカに『ノー』と言えないイギリス政府の責任だ」などと話しています。
そして、戦闘員の男が「攻撃を続ければ破壊を加速するだけだ」などと警告したあと、男性を殺害する様子が映っています。
男性は人道支援を行うNGOで働いていましたが、去年、シリアで行方が分からなくなり、「イスラム国」がアメリカ人のジャーナリスト2人を殺害し、映像を公開した際、拘束されているのが確認されていました。
イギリスは、イスラム国と戦うイラク北部のクルド人部隊に武器を供与しているほか、軍事作戦に参加する可能性も排除しないとしていて、アメリカが進めるイスラム国に対する作戦に協力する姿勢を示しています。
イギリスのキャメロン首相は声明を発表し、「無実の支援活動家を殺害するという言い表せないほど恐るべき犯罪だ。われわれは犯人を見つけ出すために、あらゆる措置を取る」と強く非難しました。

▶ オバマ大統領も強く非難
アメリカのホワイトハウスは13日、オバマ大統領の声明を発表し、「野蛮な殺害行為を強く非難する。われわれの友人であり同盟国であるイギリスと悲しみや決意を共有する」として、イスラム過激派組織「イスラム国」を強く非難しました。
そのうえで「非道な行為の犯人を裁き、そして、アメリカや国際社会に対する脅威を弱体化し、壊滅させるために、アメリカは、イギリスや幅広い連合とともに対処していく」と述べ、イギリスなどと国際的な包囲網を構築し、「イスラム国」に対処する決意を強調しました。

イスラム過激派組織「イスラム国」に殺害されたとみられる男性の親族はイギリス外務省を通じて声明を発表しました。
この中で、親族は「彼は相手の宗教や信条、それに人種に関係なく援助が必要な人を支援していた。私たちは彼のことを忘れることはありません」と述べています。(転載終了)

 「ISIS(イラク・シリア・イスラム国)」による、欧米人ジャーナリスト殺害事件が続いています。

それも、その殺害現場を撮影してYouTubeに公開する「公開斬首処刑」などといった悪質な手口であり、2001年のアルカイダのテロ騒動以来、再び世界中のメディアでイスラム諸国や国際的なテロ集団への反発が高まっています・・・。

2014091600351387c

◇ISISによる米国人記者の斬首事件の概要:
2012年11月シリアで、フリーランスのアメリカ人フォトジャーナリスト、ジェームズ・ライト・フォーリー(40歳)が拉致された。今月(8月)19日になり、過激派組織「イスラム国」(アメリカによって訓練され、これまでISISとして知られたテロ集団)が彼の首をナイフで切り裂こうとする5分弱の動画をユー チューブにアップし(但し、映像は斬首の前後の様子だけ)、イラクへの空爆を開始したオバマとアメリカへの抗議を表明した。
イギリスのハモンド外務大臣が、処刑者役の人物は英国籍の可能性が高いと発表。キャメロン首相が休暇を切り上げ、ロンドンに戻った。

このイスラム過激派組織によるジャーナリストの殺害事件が世界中で話題になったのは、前回犠牲になったアメリカ人ジャーナリストのジェームズ・ライト・フォーリー氏の公開処刑がきっかけであり、砂漠でオレンジ色の服を着せられたフォーリー氏が、ナイフで脅迫されながらも淡々とアメリカの批判をしながら、やがて処刑されるYouTube映像は、世界中の人々を恐怖に陥れただけでなく、深い悲しみと大きな怒りを抱かせた一大事件となりました。

jpg-large

ところで、このフォーリー氏の公開処刑動画。実は公開された当初に見たことがあるのですが、初めて見た時から「これって自作自演ではないか?」という疑問が残っていました。

1つは、カメラの映像やアングルなど、撮影があまりにも「キレイすぎる」ことに違和感があり、また殺害されるフォリー氏自身も、数秒後にこの世を去る人間とは思えないほど冷静で、これは死の覚悟を決めた人間の最期とは、ちょっと違った違和感のある雰囲気を感じていました。

実際、動画を見て同じような違和感を感じていた人々は多くいたようで、具体的には以下のようなポイントが怪しいと指摘されていました。

1.フォーリー記者は動画で所々、笑顔である。
2.処刑者役のテロリストが【きちんとした】イギリス英語で話している。
3.ナイフで首を数回切りつけ始めたのに、血が全然出ない。
4.その後、完全に首をかっきる部分の映像が都合良くカットされている。
5.動画では最後にいきなり胴体と頭が切り離された映像が現れるが、周囲の砂に血は飛び散っていない
6.フォーリーの死体の前腕に体毛がない。足の方はプラスチック的なテカり具合。

これらの疑惑だけでは、完全に“自作自演”とは言いきれませんが、過去の911テロやボストンマラソンテロのことを考慮すると、今回もまた「自作自演の偽旗作戦」の可能性は否定出来ず、表のメディアで事件の報道が加熱すればするほど、反対にネット上では、疑惑の見解の方が強まっていました。

そんな矢先に、今月に入ってインターネット上で公開されたのが以下の写真。

141074410060823628228

なんと公開処刑動画の撮影現場の風景が流出したという写真が、インターネット上に出回っているのです。

砂漠で処刑されたはずが、フォーリー氏もテロリストも様々な撮影道具に囲まれたスタジオ室内でカメラの前で“演技”をしており、この写真が流出したことで「やはり、今回も偽旗作戦か・・・」というのが、ネットで真実を追求する人々の結論に至っています。

James-Foley-beheading-video

220px-CIA

この撮影スタジオが、一体どこなのか不明ですが、スタジオ内にいくつか写っているロゴなどはフリーメーソンのシンボルのような「1つ目」が飾ってあったり、はっきりと「CIA」の紋章も写されているので、ハリウッドなどを中心としたアメリカが舞台である可能性が高いのかもしれません。

そもそも、元CIA職員であるスノーデン氏の情報によると、ISISはアメリカ・イスラエル・ イギリスの諜報機関によって共同で作られたことが暴露されており、今回もまた、これらの国々を陰で動かしている偽ユダヤ人によるプロジェクトである可能性が高く、当然ながら911テロやボストンテロを仕掛けた同じグループが主犯となります。

世界中で紛争や対立を起こすことによってしか生きられない人々による自作自演の偽旗作戦、彼らの最終目標の1つである「第三次世界大戦」を何とかして引き起こそうと必死になっていますが、最近になればなるほど、その作戦もずさんであり、もう世界を簡単には騙せない状況となっています。

それでも、テレビや新聞しか見ない人々は、911テロでさえも、いまだにアルカイダやビン・ラディンによるテロ行為だと妄信していますし、戦争は反対と思ったり言っておきながらも、知らず知らずしてメディア洗脳によって意識や想念を誘導されて、間接的にも戦争へと加担することになってしまいます。

もちろん、このスタジオ写真が本物かどうかもわかりませんし、こんな写真が流出することも作戦の一部なのかもしれませんが、これから先にこういった事件は多発することが見込まれていますので、まずは繰り返し伝えているように、世間で報道されていることを、すべて鵜呑みにしないことだけは注意したいところです。

ついに“小さいおじさん”の撮影に成功か!?



【鮮明オカルト映像】アルゼンチンで子どもの様子を撮影した映像に謎の生物! 走り抜ける小人か!?(「ロケットニュース24」より)
いくら科学や文化が進歩しても、解明できないナゾというものは存在する。たとえば、UFOや宇宙人の存在、幽霊などいわゆる超常現象のすべてが解明される日は、もしかしたら来ないのかもしれない。

kobito

実は2014年4月に、公開された映像が南米のネットユーザーの間で物議をかもしたそうだ。その映像を見ると、小人のような生物が駆け抜けて行くのである。これは一体何なのだろうか? やはり小人なのか? それともナゾの生命体か!? あまりにもその姿が鮮明なために一瞬困惑してしまう……。

・匿名で映像提供
海外のオカルト情報を伝える「Cryptozoologynews」によると、映像は2011年に撮影されたもので、アルゼンチンのYouTuberによって公開されたものだ。撮影したのは同国サンタフェ在住のシルビアという女性。匿名を条件に映像の共有を許可したため、この名前は仮名である。

・息子が誰かと話している
映像に登場しているのは、彼女の息子。彼女は息子が奇妙な行動をしていることに気になっていた。一人で遊んいるはずなのに、誰かと話しているような素振りを見せることがあり、記録を残すために携帯電話で撮影を行うことにしたのである。2011年1月、取り分け神経質にしているときに撮影を実施した。すると、そこには思わぬものが姿をあらわしたのである。

・強烈な悪臭と電磁干渉
わずか1分の動画の最初の10秒あたりに注目して頂きたい。息子の向こう側を、とても小さな人型の何かが通り過ぎて行くのである。この生物は強烈な悪臭を放ち、電磁干渉を携帯電話に与えたようである。生物が通りすぎる間に、激しいノイズで音が聞き取れなくなるのは、この電磁干渉の影響ではないかと説明している。

・敵意はない
シルビアは、この後の3年間にわたって、息子はこの生物と接していたようであると明かしている。ちなみに悪臭を放つだけではなく、夜には激しい叫び声を上げていたというから恐ろしい。とはいえ、人間に対して敵意を持っている様子はなかったそうだ。

・各国で小人の目撃例
なお、同サイトはこのほかの小人の目撃例を紹介している。あるライターは、西ペンシルバニアで今回の生物と良く似た何かを撮影していることを伝えている。また、1989年にスペインでは、小人と思われる生物の死体が発見されている。とはいえ、これらも詳細な検証が行われていない。

はたして、この映像の生物は小人なのだろうか? その正体が気になるところだ。(転載終了)

 かなり胡散臭いようで本物に見える“小人”の動画が話題となっています。

「こんなの合成でしょ」と言われたら、確かに今のコンピュータ技術ならもっとリアルで鮮明な映像を作れるので疑ったらきりがないのですが、ただ、子どもを利用してまでそんな話題づくりをする必要があるのかと、また登場するのが“小人”なだけに、もしかするとこの映像は本物の“小人”をとらえた瞬間の可能性も否定できません。

20110701154733
201306020958300f0
25
※「九州スポーツ」2011年7月1日号

芸能人の間でも“小人目撃情報”多数ありますが、1972年に秋田県の保育園の遠足で撮影された写真に“15センチのおじさん”が激写されたことが、一昔前にメディアの間でも話題となりました。

Unknown

通称「小さいおじさん」として有名な妖精とも思われる謎の存在ですが、最近は身のまわりでも、この「小さいおじさん」を目撃している人が増えており、また目に見えない世界に気づく人が増えてきた今、今後もますます「小さいおじさん」を目撃する人は増えていくだろうとも言われています。

トトロならまだしも、ある日いきなり「小さいおじさん」が視えてしまった場合には、妖精をティンカー・ベルのようなメルヘンな存在だと考えていた人にとってはショックが大きいかもしれませんが、多くの人々の覚醒進行が始まっている現代において、いつ誰にこういった目撃体験が起こるかわかりません。

ということで、今回の動画が偽物であろうと本物であろうと、是非とも“その日”に備えて今のうちから“小さいおじさん慣れ”をしておく意味として、この動画を何度かご覧頂けたらと思います。

それにしても、なんと走り方のフォームがきれいなこと・・・走り方の参考にもなります。

article-2313828-19745A3A000005DC-856_634x372
article-2313828-19741F46000005DC-387_634x213

宇宙人などのディスクロージャー映画『シリウス(SIRIUS)』の中には、生物学的にも“本物の生命体”として認めざるをえない「小さな宇宙人(人間?)」が登場します。

こういった小人もいれば巨人、地底人もいるのが地球であり、これから先もっともっと不可思議で楽しい生物や現象を多くの人々が目にする時代になると思います。楽しみですね。

本日午後の地震について

20140916122840-20140916134055-large
発生時刻:2014年9月16日 12時28分頃
震源地 :茨城県南部
最大震度:震度5弱
位置  :北緯 36.1度
経度  :東経 139.9度
震源  :マグニチュード M5.6
深さ  :約50km

 ここ八ヶ岳でも久しぶりに建物が「ガタガタ」と揺れる大きな地震が本日の正午過ぎに発生しました。震源地は茨城県南部であり、最大震度は5弱で八ヶ岳南麓(北杜市)も震度4でした。

15

本日16日は、下弦の月という半月の日であり、この日は地震トリガー日となっていて、それに加えて、先週から太陽フレアが活発化しているため、地球に溜まった磁気エネルギーがいつ解放されてもおかしくはなかった状態なので、今日に地震が発生すること事態は決して意外ではありませんでした。

37

幸いにも大きな被害となる地震ではありませんでしたが、ただ、地震が発生した場所というのが少し気になるところであり、今回の震源地である「北緯 36.1度 東経 139.9度」は、かつて「松原照子さんの予見による注意しなければいけない3つのライン」として紹介されていた静岡県の富士から北茨城までのびる一番上のライン上付近であり、このライン上で発生した地震は《首都直下型地震と南海トラフ地震》という記事で紹介したように、将来的に羽田空港近郊が最大に影響を受ける“首都直下型地震”に繋がる前兆地震となる可能性があります。

最近になって、あまり首都直下型地震という言葉を耳にしなくなったのか、そもそも自分自身が地震や火山の噴火などへの興味が減ったのか分かりませんが、日常生活の中で地震を意識する機会が減ったのは確かではあり、これは八ヶ岳という場所にいる安心感と、また一方で未来の自然災害をあれこれ心配するよりも、この地で今やらなければいけない目の前の課題が山積みであり、良い意味で日常に追われて自然災害へ関心が向かない影響が大きいようにも感じます。

とはいえ、世間一般を調べてみると、まだまだメディアをはじめとして首都直下型地震が近い将来に発生する可能性が高いという見解を示す人も多く、その中には富士山の噴火と首都直下型地震が来年3月までにでも同時発生してもおかしくはないという予測もあります。

「富士山噴火」と「首都直下地震」を恐れて著名地震学者が海外脱出!! もはや一刻の猶予も許されない!?(「地震に関した予知の事件、ニュース【TOCANA】」より)
37

 7月15日付の英紙『ガーディアン』の記事によると、フランス「地球科学研究所(IST)」の研究の結果、2011年の東日本大震災以降、富士山は“危機的状況にある”ということがわかったという。また時を同じくして、来年までに富士山噴火と首都直下地震が起きると予測している地震学者が、すでに海外へ“脱出”したという情報も飛び込んできた。果たしてこれらの天変地異が実際に近づいているのか、考察してみよう。

■データが物語る“富士山の危機”

 ISTの研究は日仏合同で実施され、日本の独立行政法人「防災科学技術研究所(NIED)」が公開している“Hi-net 高感度地震観測網”のデータを用い、地球内部のエコースキャン測定が行われた。

 そこで測定されたデータの解析によって判明したのは、3.11でもっともダメージを受けたのは東北地方の地殻ではなく、富士山の地下400kmをはじめとする火山帯であるという事実だった。3.11の4日後に静岡県東部を震源とするM6.4の地震が発生したが、これも富士山の内圧が非常に高くなっていることを示しているという。

59

 IST代表のフローレント・ブレングウェア氏は、「富士山がすぐに噴火を始めるということではありませんが、危機的な状況にあることは確かです」と述べており、地下のマグマの圧力が上昇して臨界状態にあり、潜在的に噴火の危険性が高いことは確かなようだ。

■「富士山噴火と首都直下型地震が同時に起こる」

 その富士山噴火を、ISTの報告に先駆けて、1年半前から予測していた日本の科学者がいる。それは元・前橋工科大学教授の濱島良吉氏だ。昨年3月、箱根で火山性の小規模地震が多発していた際、これが箱根山と富士山の噴火にもつながる恐れがあると濱島氏は語っていた。さらに濱島氏は、こうも述べている。

「私の研究では、近く富士山の噴火と同時に首都圏直下型の地震が発生します。というよりも、発生する必然性があります。日本海溝で発生したマグニチュード9クラスの地震が、東日本大震災を引き起こしました。これが日本海溝、伊豆小笠原海溝、相模トラフ、3つの海溝のバランスに影響して、首都圏直下型地震と津波発生の可能性が高まっています。この2年以内には起きるでしょう」(『FLASH』2013年3月12日号、光文社)

 このインタビューから2年以内ということは、富士山噴火と首都圏直下型地震は2015年3月頃までに発生するということになる。

 このような大胆な予測を行っているからといって、濱島氏は決して「トンデモ学者」の類ではない。氏は埼玉大学や前橋工科大学で教鞭を執った後に退官し、現在も独自に地震の研究に取り組んでいる。専門は「不連続体解析」、「地震発生メカニズム・予知」および「防災システム」、「原子力発電地下立地」など幅広く、数々の研究プロジェクトにも参画してきた地震研究の第一人者であるのだ。

■テレビ出演時に語られた驚愕の事実

 そんな濱島氏が8月1日放映の『してみるテレビ 教訓のススメ』(フジテレビ系列)に出演。「大地震は本当に来る?」と題したテーマに解答する専門家の1人として、自身の見解を大いに語った。ちなみに濱島氏の他に、地震予知研究の第一人者である早川正士氏、防災・危機管理の第一人者である渡辺実氏も出演、専門家陣はそうそうたる面々であった。

 番組の冒頭で、質問者のタレント・坂上忍はいきなりこう切り出した。

「近い将来、大きな地震がまたやってくるぞって、まことしやかに言われてますけれども。本当に、大きな地震は近々に来るんでしょうか?」

 すると、間髪をいれずに濱島氏はこう返す。

「必ず来ますね」

 濱島氏はフリップを使って説明する。それによると、先の東日本大震災では、日本海溝のうち宮城県沖~茨城県沖までのプレートが滑って巨大地震となったが、その北側の三陸沖と、南側の房総沖のプレートが滑らずに残っているという。そして、これらが滑ることによる大きな地震が、いつ起きてもおかしくないとした。

 さらに坂上が「次、(大地震が)どこ来ると思います?」と質問したところ、濱嶌氏は、

「南海トラフよりも、まず東京直下の方が近いんですね。その前に、北海道で大きな地震があるんです」

と持論を述べた。首都直下型地震が起きる前に、北海道の千島海溝で大地震があるというのだ。坂上は続けて、

「では、東京に直下型の地震が来たとして、来た時って何をすればいいんですか? 死なないにはどうしたらいいんですか?」

と問いかける。 ここで濱嶌氏は、

「その前に逃げるしかないんですよ。避難先を早く決めておくということです。 私はマレーシアに移住しましたから」
「もう、そういうことをやらなきゃいけない時期に来ているんですね。それほど日本は今、危ないということなんです」

と、驚くべき告白をする。この想定外の答えに坂上も「えっ!?」と言葉を失い、スタジオ一同が騒然となる。

 地震研究の第一人者である学者の口をついて出た言葉だけに、この意味は重い。これまで「日本が危ないから海外へ脱出した」という日本人研究者の話など聞いたことがない。関東に住む人間にとって、もはや一刻の猶予も許されない状況にあるということなのだろうか。

■他の権威による最新予測は?

 2015年3月頃までに、富士山の噴火と首都直下型地震が時を同じくして起こると指摘する濱島氏。では、他の著名な地震学者はどう考えているのか。最後に、これまで数多くの大地震を予知してきた木村政昭・琉球大名誉教授の見解も紹介しよう。

00

 今月16日、木村氏のHP上で最新予測が更新された。濱島氏の指摘と関連する予測については、以下のように変わっている。

・富士山噴火 2017±5年→2014±5年
・千島海溝 2010±5年(M8.5)→2011±5年
・三陸沖北部 2019±5年(M8.5)→2014/08/10青森県東方沖M6.1

 まず、富士山の噴火について木村氏は「2019年までに噴火する」と予測している。ただし濱島氏とは異なり、首都直下型地震との同時発生については、木村氏独自の理論に基づく「地震の眼」が見られないとして否定的だ。

 千島海溝の巨大地震については、すでに別記事で紹介した通りだ。また、三陸沖の地震について、木村氏は今月10日に青森県沖で起きたM6.1の地震がそれに当たると判断したようだが、これまでM8.5と予測していた地震が、この程度の規模で済むのかという疑問も残る。

 いずれにしても地震研究の大家である濱島、木村両氏が、富士山噴火や首都直下型地震、さらに北海道や三陸沖での巨大地震が、今後数年の間に起きると考えていることは間違いないようだ。濱島氏のように海外へと脱出することは、多くの人にとって現実的な選択肢ではないかもしれないが、日頃の備えだけは怠らないよう心がけたい。(転載終了)

表のメディアで言われている限りは、この予測通りになる可能性は低いと思いますが、確かに来年からは新たなステージへと移行する予感もあり、想像もつかないことが色々と発生しそうな気もします。

いずれにしても、これだけ夏に豪雨に見舞われたりしているので、冬は全国各地で豪雪にも注意しないといけない年になると思います。

さとううさぶろう展(9/25〜9/28)

2014usaburosatoexhibition
さとううさぶろう展
2012年上賀茂神社以来、二年ぶりのファッションショーのお知らせです!

タイトルは「さとううさぶろう展」

今回はさとううさぶろうのコスチュームの展示と
ファッションショーという構成で企画しました

コスチュームの展示では
『天と地を繋いで”未来・宇宙・さらなる次元”へ』をテーマに
「天」「地」「それを繋ぐ存在」をそれぞれ3つのブースに分けて展示し、
創作の原点である「もつ地球にするために自分になにができるのか」という
自身への問いかけの中から生まれた一つの形として
さとううさぶろうの”今”を表現いたします

ファッションショーでは、うさとの服の新作を中心に
多彩なモデルたちによる楽しく美しいコーディネートの数々をご覧いただきます
その他、26日、27日にはうさとジャパン創業の地である
ちおん舎でのお茶会「覚醒」や
25日~27日までうさとサイアムのテキスタイル責任者
ソムヨット・スーパーポーンヘミンによる
糸や布をつかったワークショップを開催いたします
子どもから大人まで楽しめる内容となっておりますので
お越しの際は是非ご参加ください

今から予定を空けて楽しみにしていてください

詳細は下記のとおりです
————————————————————————————
「さとううさぶろう展」

日時:2014年9月25日~28日 10時~17時
※28日はファッションショーのみ

会場:堀川御池ギャラリー
京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1

25日(木)10時~17時
10:00~10:05 オープニングアクト:KNOB(石笛・ディジュリドゥ)
10:00~12:00 ワークショップ
13:30~14:00 ミニコンサート:KNOB

26日(金)10時~17時
10:00~12:00 ワークショップ
13:30~14:00 ミニコンサート:琉球天燈楽団
14:30~16:30 お茶会「覚醒」(¥500) 於:ちおん舎

27日(土)10時~17時
10:00~12:00 ワークショップ
13:30~14:00 ミニコンサート:中野智香子(ハープ)
14:30~16:30 お茶会「覚醒」(¥500) 於:ちおん舎

28日(日)
2014うさとファッションショー
14:00~/16:00~(30分2ステージ)
入場料:2,000円/定員:300人(完全入替制)


チケットはお申込みフォームよりお申し込みいただけます。こちらから。
FAXの場合:①お名前(ふりがな)②郵便番号、ご住所③電話番号④FAX番号⑤参加希望時間⑥参加人数をご記入の上お申込みください。
FAX番号:075-213-4518(うさとジャパン宛)まで
お申し込み後、残席確認後、お支払方法をお知らせいたします。
振込の確認をもって参加確定といたします。

【注意事項】
・座席は自由席となっております。
・会場の都合により立ち見席になる場合もございますがご了承ください。
・参加料金お支払後のキャンセルによる返金はできませんのでご了承ください。
※お申込みはファッションショーのみとなっております。
ワークショップ、お茶会は申込不要です、当日各会場へお越しください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9月25日〜28日まで、京都で自然服「うさと」のデザイナーとして有名な“さとううさぶろう”さんのコスチューム展示、そしてファッションショーが開催されます。

36
※2014年8月北海道にてうさぶろうさんと

さとううさぶろうさんという方との出逢い。それは遥か遠い昔の記憶のように思えますが、まだ昨年の6月18日のことであり、この日から人生における新しいステージが始まったといってもよいほど、今の自分があるための必然のタイミングの大切な出逢いでした。

《うさぶろうさんとの出会い》

はじめて“うさと”を知ったのは、今から3年ほど前であり、実際に展示会に足を運んだのは、2年ほど前でした。

そして、その展示会で初めてうさと服を着た時に、自分の脳波が変わったのをはっきりと自覚し、この服の持つ目に見えないエネルギーのようなものを一気に体感したことを今でもよく覚えています。

脳波が変わる、言葉で説明するのは難しいですが、簡単にいえば自宅で、それも自分がもっともくつろげる空間で最高にリラックスしている時の自分の状態に「外でもなれた」ということです。

もっとシンプルにいえば、この服を着たら“本来の自分に戻れた”という感じです。

さらに、うさと服を着て変わったのは自分自身だけでなく、周囲に出逢う人々のタイプも変わってきました。

同じような価値観、魂で約束した仲間とも呼べる人々との出逢いが急速に加速し、ブログの展開でもわかるように、2年ほど前から内容も人との出逢いも大きく変化してますし、さらに昨年にうさぶろうさん本人に出逢ってからも、前述したように、また新たな展開が始まっています。

56
※北海道釧路にある北斗遺跡にて

古代人とも未来人ともいえる、不思議で魅力的なデザインであり、素材から作り方、流通にまで徹底的にこだわり、衣服を通して関わる人々が皆豊かになり、何より着た人が健康になって本来の自分に戻り、そして出逢いも変わるという未来型のコスチュームのうさと服。

これを生み出したうさぶろうさんという人物は、一体どんな人間なのかといえば、まだ1年ちょっとの自分から、その全貌を説明するのは到底難しいことですが、一言でいえば“愛の人”という言葉がもっとも適切な方だと思います。

本人に会ったことのある人なら、この言葉の意味がきっと感覚的にわかると思いますが、本当にこれまでの人生において、ここまで自分自身や周囲、そして地球や宇宙にまで幅広く深く愛を持っている人は出逢ったことがありませんでした。

どんな人へも平等に優しく愛情があり、そしてどんな時も周囲への丁寧な気配りを忘れず、これが表面的なで計算された考えや行動ならすぐ違和感を感じますが、どれも自然体の自分のままでそれらを実践しており、近くにいると本当に多くの大切なことを学ばせて頂けます。

「こんなにも素晴らしいデザイナーだから、こんなにも素晴らしい服が出来るのは当たり前だなぁ」と出逢った頃に妙に納得したのも覚えています。

02
※「あいをよる おもいをつむぐ」著・さとううさぶろう

ある日突然、「声」がふってきたんです(「あいをよる おもいをつむぐ」より)
 そんなぼくが、なぜ、タイのチェンマイに拠点を移したのか。ヨーロッパの優美なセンスが好きで、物質文明の最先端ともいえるオートクチュールの世界にいたデザイナーが、アジアの手つむぎ手織りの布で服を「共同制作」するなんて、ふつうならありえない展開です。

そのきっかけとなった体験を、これからお話ししたいと思います。科学的にいえば説明不能なのですが、ぼくの身のうえに、たしかに「それ」は起こったのです。

 ブリュッセルに落ち着いてから三年が過ぎようとしていました。いまでも忘れません。1991年の3月18日…。

 ぼくは自宅で、翌日からの旅行のために荷物をスーツケースに詰めていました。ロンドン経由でアメリカに立ち寄り、日本まで行くというプランです。数日前から食欲がなくなり、妙にハイになっていたのですが、“地球一周”の旅に出るので「ちょっと興奮しているのかな」くらいに思っていました。

 ふと、時計を見ると午前10時10分です。センテンスがいきなり、からだに飛び込んできました。声がふってきた、とでもいうのでしょうか。

「いま、あなたが何でもできる存在だとしたら、何を望みますか?」

!?

「もしかしてアレ?」

 昔、友人と入った居酒屋のマスターに、「あなたは42歳のときに大きなチャンスがくる」といわれた記憶が、瞬時によみがえりました。

「来た!」と思った。でも、とっさのことで何も浮かびません。

「三秒で答えなさい」

「じゃあ、身長を175センチにしてくれる?」

 いってから、しまったと思いました。「もっと、ましなことをいうんだった・・・」。

声はどんどん、たたみかけるように聞いてきます。

「はい、次は?」

「はい、それから?」

 思いつくままに答えていたのですが、続くのは問答だけ。ちょっとつまらなくなり、「新しい服のデザインを見せてよ」といってみました。

 すると、今度は見えたのです。ぼくはいつの間にか自分の仕事部屋にいて、ボディ(人台)には次々と新作の服がかかっていました。「うわあ、すごい・・・」。

 俄然おもしろくなってきて、夢物語のようなことを口走っていました。

「空を飛べるようになりたい」

 すると、空から地上を見ている自分がありました。

「月に行ってみたい」

 すると、宇宙から地球を見ている自分がいたのです。

 こんなことって、あり!?でも、あまりにもリアルすぎる感覚に、胸は高鳴り、心臓が飛び出しそうです。全身の血液が沸きたち、細胞の一つひとつが喜びのあまり弾け飛ぶような充実感と高揚感・・・。

「そうだ。やっぱり、好きな人と幸せになりたいよね。」

 すぐさま、ヴィジョンが現れました。ぼくは美しい海辺で、パートナーとリラックスして寝そべっていました。でも、ぼくたちだけ。

「ほかの人たちはどうしたの?」

「ほかの人のことなんか、どうでもいいじゃないですか」

どうでもいい? それって自分勝手すぎなくない?

「だったら、いままでの体験は全部いりません」

 至福感の絶頂のさなか、この出来事は突然終わりました。

 時計を見ると、午前10時10分。1分たりとも進んでいません。部屋の様子も、とりたてて変化なし。ただ、ぼくのからだは異様に熱く、服を全部脱いでスッポンポンになっていました。

 なんだかヒリヒリするなあと思って見てみると、両ひざと両ひじがすりむけて血がにじんでいます。細胞が弾け飛ぶほどの高揚感とともに、実際に床を転げ回っていたようでした。

「どうしよう? オレ、時間がないところに行っちゃった。気がおかしくなっちゃったのかな・・・」

 ぼくはその日を境に、「突然変異」してしまったのです。(「あいをよる おもいをつむぐ」第1章より転載)

今から23年前に始まった、うさぶろうさんの「時間のない世界」での覚醒体験。その後、3週間だけ“五次元体”となる状態が継続し、テレパシーなども含めて様々な特殊能力が開花する超能力者となってしまったようです。

今でも、その一部の能力は継続しており、また突発的に他の不思議な力が開花する時もありますが、この3週間に体験した人間の持つ本来の潜在能力に感激し、それを自分でも再び、何よりも大勢の人々にも経験してもらいたいということで、現在も自分自身が精進しながら、人々を覚醒へと導くための活動をしています。

そして、その“五次元体”になるための近道として、啓示で受けたことは「3の組み合わせ」を作ることだったようです。

これはご自身も含めて、魂の縁のある3人が出逢って組み合わさると、急速に、その3人の意識からDNAレベルまで変容が始まり、3人が一気に“五次元体”へと覚醒するようです。

やがて、その“五次元体”となった人を見た人々も意識とDNAの変容が始まって同調し、その覚者を見ただけで覚醒が始まってしまうようです。そうすると、その覚醒した人を見た人がまた覚醒し、そしてまた・・・と覚醒の連鎖が急速に世界中で始まり、気づいた時には人類も地球も大きく変化してしまうようです。

こんな夢物語のような現象が本当に起こるかどうかは、これから次第なのでわかりませんが、うさぶろうさんが不思議な体験をして22年経って、ようやく見つけた3人中の2人目として任命されたのが自分でした。

それが事実なら嬉しいことですが、これもまた、もちろん本当かどうかはこれから次第なのでわかりません。

ただ、初めてうさと服に袖を通した時、単純に脳波が変わっただけでなく、強烈なメッセージのようなエネルギーを受け取ったのも、そういった関係性があったのかもしれません。

いずれにしても「このままでは地球はもたない、もつ地球にするためには何ができるか?」という啓示が、うさぶろうさんのすべての原動力であり、そのためには我々1人ひとりの人間が真実に目覚めて変わる必要があると思います。

その1つの期限としての節目が、来年2015年12月の冬至。これまでに大きく人類の意識転換が起こると信じて、現在もうさぶろうさんとは一緒に活動しています。

残り1年3ヶ月、決して十分な時間が残されているとは言えませんが、確実に必要なステップを通り越しており、その中の重要な節目のタイミングとして今回のコスチューム展示会とファッションショーもあると思います。

実は自分も28日のファッションショーに素人モデルとして登場する予定なので、ご興味ある方は是非とも見に来て頂けたらと思います。もちろん、他の日程も充実した内容ですので、どの日も全部オススメです。

それでは9月28日、京都で多くの方々とお逢いできることを楽しみにしております。

栄養満点で美味しく楽しい“ヘンプレシピ”を大公開

1908077_697935066954643_7123980381532673726_n

 “天然のサプリメント”とも呼ばれる「ヘンプシード(麻の実)」は、大豆、卵、牛乳以上のタンパク質を持ち、必須脂肪酸を中心に栄養バランスに非常に優れたスーパーフードとして近年もっとも話題となっています。

その詳細については、以前に【オーストラリア産の“オーガニックヘンプフード”が日本上陸】という記事で詳細をご紹介し、また世界的に人気沸騰中のヘンプシードの中でも最高品質の「オーストラリア産オーガニックヘンプシード」が日本でも発売されたこともお伝えしました。

hemp_campaign2

《オーストラリア産のヘンプフード一覧はこちら》

このオーストラリア産のオーガニックヘンプ、早速多くの方にお試し頂き、そしてほとんどの方から「今までの麻の実ナッツやオイルよりも、かなり新鮮で美味しくて驚いた」というお声を頂いております。

また一方で「オイルやプロテインは様々な使い道があるけど、ナッツの使い方がイマイチ分からない」というお声もあり、そこで本日は「麻の実ナッツ」を利用した“ヘンプレシピ”をいくつかご紹介します(レシピは「オーガニックヘンプ」のFacebookページより)

10383105_571646082962028_383174046679469625_n

★☆幸せなおいしさヘンプチーズdeカプレーゼ☆★
【ヘンプチーズdeカプレーゼ】

<材料>
・ヘンプチーズ
・ヘンプシードナッツ  1/2カップ
・天然水     1カップ
・レモン汁    大さじ1(レモン半個分)
・塩       小さじ1

・トマト 1個
・バジル 適量

・ヘンプシードオイル 適量
・バジルソース お好みで

------------------------------------------
【作り方】
-----------------------------------------
◎ヘンプチーズ

①フードプロセッサー(なければミキサー)でヘンプシードナッツと水をいれて撹拌し、ざる、または布巾に濾してヘンプミルク(水の部分)+ヘンプおから(濾して残ったナッツ)をつくる。

②ミルク鍋にヘンプミルクを弱火であたため、温かくなったらレモン汁を加える。
そうするとヘンプミルクの分離がはじまり、ダマダマになってきたら塩を加え、あと数分弱弱火であたためます。
火を止めるときに①で出来たヘンプおからも加え熱が冷めるまで放置しておきます。

③きめの細かいざる、または布巾で②を完全に濾して、ダマダマなナッツの部分を軽く丸めてキッチンペーパーに包んで、半日〜1日寝かせたらヘンプチーズの完成です。

濾したときに出来たナッツミルクは、スープや、サラダのドレッシングとして美味しく使えます。


◎カプレーゼ

薄切りにしたトマトにヘンプチーズを挟むように盛りつけ、バジルを飾り、ヘンプオイルをたら〜っとかけたら完成です。
お好みでヘンプバシルペーストを盛り付けたら尚Goodです。

ヘンプチーズは加熱しなくても、同じ材料でHummus(フムス)ペーストのように作れますが、弱火で加熱することにより、まったり感が生まれます。


10547503_553784794748157_5192039009396382235_n

★☆麻の実deジェノベーゼソース ズッキーニパスタ☆★
【麻の実deジェノベーゼソース ズッキーニパスタ】

<材料>3〜4人前
◎ソース
・バジルの葉 2と1/2カップ
・ヘンプシードオイル 1/2カップ
・オリーブオイル   1/4カップ
・ヘンプシードナッツ 1/2カップ
・カシューナッツ   1/4カップ
・にんにく      2〜3片
・レモン汁      小さじ1
・天然塩       適量
・こしょう      適量

・ズッキーニ    普通サイズ3〜4本分
・ミニトマト(食べやすい大きさに切る)    1パック
・とうもろこし(粒状に切る)   1本
・スプラウト    適量

・飾り用バジル   適量 

-----------------------------------------
【作り方】
-----------------------------------------
①ソースの材料をフードプロセッサーにかけてペースト状にする。

②ズッキーニ麺をつくる、欧米のローフードカフェはりんごの皮むき器を使い
ズッキーニを麺にするが、ない場合は細切りスライサーで細長く切る。

③大きめのボウルに②の麺、とうもろこし、トマトをいれて①のソースを加え
混ぜあわせ、お皿に盛りトッピング用のスプラウト、バジルの葉を添えて完成!

使用時間20分でできちゃう 酵素がたっぷりとれるローフードパスタです。

「ベジ麺じゃなくて、やっぱり普通の小麦麺が好き〜」な方は、もちろん、ゆで上がったパスタ麺にソースをかけて召し上がってくださいね。


25842-hempicecream

☆★卵や乳製品は一切使わないヘンプアイスクリーム★☆
【卵や乳製品は一切使わないヘンプアイスクリーム】

<材料>
・カシューナッツ(一晩浸し しっかり水をきる)80g
・ヘンプシードナッツ 40g
・バナナ    1〜2本
・アボカド   1個
・はちみつ   大さじ2杯
・天然水    100ml
・レモン汁   大さじ1
・バニラエクストラクト 少々

-----------------------------------------
【作り方】
-----------------------------------------
①バナナとアボカドは熟したものを使い、12時間冷凍庫で冷やしておく。

②材料をフードプロセッサーに入れて、ふわふわっとクリーミー状になるまで撹拌させる。

③そのままでも食べれるが、冷凍庫でねかせ、1時間置きにスプーンでかきまぜてフワフワ感を
だしたら完成!


材料とフードプロセッサー(ブレンダー)があれば簡単にできる、とってもヘルシーなアイスクリーム


10612571_569753346484635_4599212289789296844_n

★☆バイロン マッドネス ローチョコケーキ ★☆
【Byron Madness Raw Choco Cake】

<材料>22cmタルト型分

◎クラスト (下の土台)
・くるみ 2/3カップ  
・デーツ(乾燥) 8個  
・ヘンプシードナッツ 1/2カップ
・ココナッツフレーク 1/2カップ 
・ココナッツオイル 大さじ2 
・塩 ひとつまみ

◎フィリング (上のチョコレートクリーム)
・バナナ 2本  
・アボカド 半個
・ココナッツオイル 100g  
・カカオパウダー  100g 
・デーツ(乾燥)  150g  
・ヘンププロテインパウダー 大さじ2
・ヘンプシードオイル 大さじ1

◎トッピング
・ヘンプシードナッツ 適量

-----------------------------------------
【作り方】
-----------------------------------------
①くるみ2/3カップを一晩つけておき、朝によく水切りをしておく。

②土台づくり
デーツをフードプロセッサーに入れ細かく砕き、くるみも加え、さらに細かくし、残りの材料も加え全体的に均一な状態になったら、タルト型に生地を側面と底面にひいて冷蔵庫で冷やしておく。

③チョコクリームづくり
デーツをフードプロセッサーに入れ粒々感がなくなるまで細かくする。
そこにバナナ、アボカドを投入し、なめらかになったら、残りの材料も加えさらにクリーミー感がでるまで、スイッチをON にする。

④冷蔵庫から②を取りだし、③を流し入れ、冷凍庫で1~2時間冷やす。
最後にトッピングでヘンプシードナッツをのせて完成!

加熱しないから、ヘンプフードの栄養価をばっちり身体に吸収できる、一度食べたらリピーター多しなケーキ。


10570521_565992306860739_453914231280767793_n

☆★ハーベスト チーズケーキ★☆
【Harvest cheese cake 】

<材料>22cm丸型分

◎クラスト (下の土台)
・くるみ  1カップ  
・デーツ 8個  
・ヘンプシードナッツ 1/4カップ
・ココナッツフレーク 1/2カップ ココナッツオイル 大さじ2 
・塩 ひとつまみ

◎フィリング (上のチーズ)
・カシューナッツ  200g   
・デーツ  150g
・ココナッツオイル  100g
・水  250〜300ml  
・ヘンププロテインパウダー大さじ2  
・ヘンプシードオイル 大さじ1
・レモン汁 1.5個分    

◎トッピング
・ヘンプシードナッツ 適量
・クコの実 適量

-----------------------------------------
【作り方】
-----------------------------------------
①カシューナッツ200g、くるみ1カップを一晩つけておき、朝によく水切りをしておく。

②土台づくり
デーツをフードプロセッサーに入れ細かく砕き、くるみも加え、さらに細かくし、残りの材料も加え全体的に均一な状態になったら、丸型にクッキングペーパーをひいて、側面と底面に生地をひいて冷蔵庫で冷やしておく。

③チーズづくり
デーツをフードプロセッサーに入れ粒々感がなくなるまで細かくする。
そこにカシューナッツを投入し、水を少しずつ加えクリーミー状になったら残りの材料も加えさらにクリーミー感がでるまで、スイッチをON にする。

④冷蔵庫から②を取りだし、③を流し入れ、冷凍庫で1~2時間冷やす。
最後にトッピングでヘンプシードナッツ、クコの実をのせて完成!

出来るだけ自然の旨みを生かしたかったので、ケーキの甘味はデーツ(なつめ)のみ!

そして
ヘンプシードナッツ
ヘンプオイル
ヘンププロテインパウダー

全てがケーキには含まれているというヘンプ好きにはたまらない一品となっています☆

「麻の実でチーズ??」と思っていましたが、これが本当にチーズのような食感で美味しく、また「ローチョコ(風)ケーキ」「チーズ(風)ケーキ」も食べましたが、特にこれらは衝撃的な美味しさでビックリしました。それでいて太らず、それどころか栄養満点の夢のようなデザート・・・。

ということで、ヘンプシードをお持ちの方は、ただご飯に食べたり、そのまま食べるだけでは飽きてしまってもったいないので、是非とも美味しく楽しいデザートなどを中心に上手に活用して頂けたらと思います。まだ自分では作ってませんが、とっても簡単みたいですよ。

“やつは”のカフェでも、これらのメニューを今月中(9/24の新月)から出す予定ですので、作るよりも食べる専門の方は、是非ともカフェにも遊びにいらしてくださいませ。

hemp_campaign

さすがに発売したばかりで人気も高く、ヘンププロテインの一部はすでに品切れとなっていますが、今月もヘンプシード商品においては【ポイント2倍キャンペーン】をやりますので、まだお試しになっていない方は、このお買い得期間にどうぞ。

06182009_53a1738268bd5
20

《ヘンプシードナッツの商品ページはこちら》

06182007_53a1730254cf9
32

《ヘンプシードオイルの商品ページはこちら》

06182026_53a17772ab188
43

《ヘンププロテインパウダーの商品ページはこちら》

「ワクチンあるところにウィルスあり」知らぬが仏になるワクチンビジネス

1409921033006

デング熱ワクチン開発の裏にある問題点【ベンジャミン・フルフォード氏が解説】(日刊SPA!)
 厚生労働省によれば9月5日の時点でついに国内感染患者数が66人になったデング熱。

 治療しなかったとしても死亡率は1−5%と低いものの、高熱や痛みに苦しめられるし、重症化しデング出血熱になると死に至ることもあるという。

 そんなタイミングで、3日、フランスの製薬会社がデング熱を予防する世界初のワクチンについて、臨床試験で効果が確認されたと発表した。

 これについて、元Forbesアジア太平洋支局長であるジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏はこう語る。

「すでにネットの一部ではこの開発した製薬会社の日本法人が、日本で感染源とされている代々木公園や新宿中央公園のちょうど真ん中に位置することなどが取り沙汰されています。また、同企業は実はロスチャイルド一族が大株主にいる企業です。もちろん、これらの要素をもってして陰謀に結びつけるのは早計だとは思いますが、ワクチン開発には過去にもさまざまな問題点があるのは事実です。例えば、2010年には欧米の世界5大医学雑誌と言われる『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』が、WHOのパンデミック宣言の意向を出す要職に就いている数人のアドバイザーが、インフルエンザワクチンを開発する製薬会社からキックバックを受け取っていたということを報道し、問題になったことがあります。また、アメリカのCDC(疾病管理予防センター)は、アメリカで生後6か月以上のアメリカ人全員にインフルエンザ・ワクチン接種を義務付けようとしていますが、これを推進している予防接種実施諮問委員会(ACIP)のメンバーも大手製薬会社から継続的に研究助成金と指摘献金を受け取っていたと報じられたことがあります。それどころか、2002年から2009年までCDCの長官だったジュリー・ガーバーディング博士はこうした世界中の製薬利権を握るメガ・ファーマの一角であるメルクのワクチン部門トップへと『転職』しています。このように、巨大製薬会社とワクチン接種などを推奨する公的機関の間には密接な繋がりがあるのです」

 さらにフルフォード氏はこう続ける。

「今回のデング熱ワクチン開発については、『日本はワクチン開発成功のPRに使われた』などといった類のネットで噂される陰謀論以前に大きな問題があると私は考えています。それは、開発した製薬会社がワクチン開発の臨床試験を中南米やカリブ周辺の2万1000人の子供を対象に行っていたことです。率直な話、デング熱は初期段階で適切な治療が行われればほとんど死に至らない病気です。また、蚊が媒介する病気であるため、公衆衛生を改善すれば感染自体も減らせるのです。にも関わらず、中南米などの貧しい国の公衆衛生の改善をする前に、それらの国の子供達を“実験台”にしてワクチン開発のほうを優先する必要性は果たしてあったのでしょうか? 途上国すべての公衆衛生を改善する時間やコストを考えれば、効果的なワクチンが出来たほうがより多くの人が救えるとは言うのでしょう。それはそうかもしれません。しかし、そのワクチンは途上国にタダで配られるわけではなく、最終的にはメガ・ファーマの利益になるわけです。そのために、子供が実験台にされた。私はどうしても納得が行きません」

 怒りを抑えきれないフルフォード氏。彼がこのたび上梓した『ファイナル・ウォー』では、インフルエンザやウイルスを使用した闇の支配者たちの「錬金術」が詳しく解説されている。また凋落著しいアメリカが日本に仕掛ける「最後の収奪計画」について警鐘を鳴らしている。不安定化する現代史の“裏面”を読み解くには絶好の書だ。 <取材・文/日刊SPA!取材班>(転載終了)

 「ウィルスあるところにワクチンあり」ではなく「ワクチンあるところにウィルスあり」が、この行き過ぎた強欲資本主義の“マッチポンプビジネス”(マッチで自ら火事を起こして煽り、それを自らポンプで消す)の基本システムであり、製薬会社やその背後の組織が自ら“ウィルスを製造散布”し、それに対抗する“ワクチンを製造販売”するという、まるで漫画のような陰謀論の世界が現実であるのは、もはや今の時代は常識の話となっています。

84_w280
※ロスチャイルド家が最大の株主となっている欧州最大の多国籍製薬会社サノフィ・アヴェンティス

45
※サノフィの本社(オペラシティ)は、今回のデング熱騒動の発生源の中心地である代々木公園と新宿中央公園の間にある

今回の“デング熱騒動”もまた、その目的に関して様々な憶測があったものの、いよいよタイミング良く「フランスでデング熱に対抗するワクチンの製造に成功!」というニュースが表沙汰になってくると、なんだかんだ最終目的は、ロスチャイルドのワクチンビジネスによるお金稼ぎが狙いだったのかと疑惑を持たざるをえません。

ただ、前回にも少しお伝えしたように、このウィルスを使った自作自演のマッチポンプビジネスは「お金儲け」が主たる目的ではなく、それは“オマケ”のようなもので、彼らが一番実現したい目的は「人口削減」です。

20101117-11

“世界人口を5億人に削減することが自然と共存するのに最適な数である”
(米ジョージア・ガイドストーンに刻まれた「新たな十戒」の冒頭)


この世界を陰で支配・コントロールしている勢力は、自分達がこの地球の管理者であるという妄想に囚われているので、何をするにも自分達は正しいと思い込んでおり、そういった意味では、正確には「人口調整」という表現の方が正しいのかもしれません。

支配者達には、この地球の歴史を神から与えられた“計画(アジェンダ)”通りに動かしていく役割があり、今までの歴史もこれからの歴史も、そのアジェンダのシナリオ通りに進められるのが基本となっていますが、そのアジェンダの近未来の内容の中に「大規模な人口調整」が入っており、その調整に使われる手法としてメインにあげられているのが「核戦争」「ウィルス」であります。

そして、ウイルスによる人口調整の手法は2つあり、1つは致死率の高い強力なウイルスによって直接人口を減らす方法であって、もう1つは致死率の低いウイルスをばらまき、これに対抗するワクチンの中に不妊作用や免疫力を下げる毒物を混ぜて人々に接種し、これによって接種された本人を他の病気に感染しやすくしたり、また断種効果によって子孫繁栄を制限します。

インフルエンザや子宮頸がんワクチンの成分の一例
▶防腐剤(ホルマリン、メチル水銀)
▶ゲンタマイシン(抗生剤)
▶ポリソルベート80(不妊剤)
▶トリトンX100(不妊剤)
▶アジュバンド(不妊剤)
▶ナノ粒子

すでにインフルエンザや子宮頸がんのワクチンには人体の健康を無視した驚くほど有害な防腐剤や殺菌剤が入っており、まさにワクチンは毒物のオンパレードです。

ゲンタマイシンは、強力すぎる殺菌成分ですし、ポリソルベート80は、急性薬物アレルギーを起こしやすい成分で、ナノ粒子は細胞に入ると細胞を破壊します。そして、何よりも不妊に関する成分が山ほど入っているのがワクチンです。

これらは、インフルエンザワクチンや子宮頸がんワクチンにはほとんど入っているものとなりますが、これも「知らぬが仏」ではなく「知らぬが仏になる」のが日本であり、まだまだ多くの人が当たり前にワクチン接種をしている現状には驚いてしまいます・・・。

それはさておき話をウイルスに戻すと、致死率の高いウイルスは感染力が弱く、一方で感染力の強いウイルスは致死率が低いというのが一般的なウイルスの法則なので、現在西アフリカで流行しているエボラ出血熱も、致死率は高いですが、空気感染もしないので感染力は弱い部類のウイルスとなります。

とはいえ、いつどこで「致死率も高く感染力も高いウイルス」が誕生するかも分からず、ワクチンがマッチポンプシステムであることから病院や政府に助けを求めても逆に寿命を縮められてしまうので、対策としては、まずは常日頃から免疫力を高めてウイルスに負けない身体づくりをしておくことが基本になると思います。

これは放射能対策とも一緒であり、放射能問題にしろ、ウイルス問題にしろ、最終的には外的要因に影響されない肉体へとDNAレベルで人類が進化することが重要だと思います。

今回の“デング熱騒動”が、今後日本でどのような展開になるのかわかりませんが、もしも「感染が拡大」となれば、すでにあるインフルエンザや子宮頸がんのワクチンに加えて、さらなる毒物オンパレードのワクチンが日本に入ってきて大流行(大繁盛)することでしょうし、仮に感染が拡大せずとも、これだけ日本で“デング熱”という言葉が認知されたので、そのワクチンを開発した「サノフィ社」の世界に向けてのPR活動は十分であり、日本以外の市場でこれから荒稼ぎが出来ると思います。

それにしても、この「69年ぶりの国内感染」と騒がれているデング熱ウイルスを持った“蚊”は、一体どこからやって来たのでしょうか。

もちろん、冒頭からの流れからだと製薬会社が意図的にデング熱ウイルスを持った蚊を近隣にバラまいた可能性も否定できなくはないですが、例年200人以上も海外渡航者の中にはデング熱ウイルスを持ち帰った人がいるので、普通に考えたら毎年どこかで国内感染は起こっているでしょうから、そう考えると国内感染が珍しいのではなく「69年ぶりに“騒ぎになった(注目された)”国内感染」と捉えた方が正しいのかもしれません。

いずれにしても、今からでも遅くはないので、まずはデング熱ウイルス云々よりも「ワクチンの危険性」を少しでも知ることの方が大切であり、まだインフルエンザや子宮頸がんでもワクチン接種が必要と考えている方は、今一度ワクチンに関する様々な情報を自分なりに取り入れて考え直して欲しいと思います。特に自らの意志で選択できない子ども達のためにも…。
セール商品
最新記事
facebook(滝沢 泰平)
facebook(天下泰平)
レインボーチルドレン
目覚めよ<<宇宙の雛型>>スーパー日本人!
今ここ日本列島が<<ノアの方舟>>となる
宇宙のヘソ富士山と共にアセンションせよ
これから10年「世界を変える」過ごし方


天下泰平メルマガ(無料)
やつはの会員登録(無料)をすることで毎週月曜日に会員メルマガが届きます。

会員登録ページ
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ