天下泰平

~「天下泰平の世(Peaceful World+)」を実現させるための真理学~

手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池

44

『手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池』
《意味》
旅行客が猿沢の池(奈良にある池)の旅館で手を打ったなら、旅館の人はお客が呼んでいると思い、鳥は鉄砲で撃たれたと思って逃げていき、池の鯉は餌がもらえると思って集まってくる、ひとつの音でもこのように受け取り方が違ってくる。1人ひとり別々の世界があるということです。(「薬師寺HP」より

九州の旅(熊本〜長崎)の最後は、2013年から毎年恒例で3度目となるマジックパーラー「あんでるせん」へと行って来ました。

「“あんでるせん”とは何か?」については、過去に伺った際のことをレポートした記事がありますので、そちらをご参照頂けたらと思います。

▶ 天下泰平 : 四次元パーラー「あんでるせん」
▶ 天下泰平 : 人生のショー“あんでるせん”

『手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池』の話は、ここ“あんでるせん”のマスターが、マジックショーの合間に毎回取り上げて伝えている深い深いお話です。

マスターのショーを見て「どこにタネがあるんだろう?」と思う人もいれば、反対に「これはタネも仕掛けもない超能力だ」と思う人もいたり、はたまた頭であれこれ考えずに純粋に目の前で起こる不思議現象を、ただ楽しむだけの方もいると思います。

このブログだって一緒で、ある1つの情報を発信しても、ある人には安心感を感じてもらえることもあれば、ある人には恐怖心を与えることもあり、そこに書かれている情報は同じものでも、受け取り方の捉え方次第によって、感じ方が180度異なってしまう場合もあります。

でも、どういった受け取り方が正解というものはなく、発信する側(手を打った人)が、どんな意図を持っていたとしても、それが正しく伝わらなければ、相手には思わぬ形で伝わってしまうこともあります。

だからといって「正しく意味を汲み取れない方が悪い」というわけでもなく、反対に「分かりやすく伝えない方が悪い」というわけでもなく、それだけ人それぞれ住んでいる世界が違うということであり、その違いを理解しないと出口の見えないケンカになってしまったり、また自分自身が傷ついたり、周囲に対して疑心暗鬼にもなってしまいます。

「自分はこれだけ一生懸命やっているのに・・・」
「あなたのことをこれだけ愛しているのに・・・」


仕事上から恋愛においても、こういった「思い込み」というのは、無意識的に誰もが日常茶飯事にやっている場合があり、どうも周囲と歯車があわない、なかなか自分の意図が伝わらず、反対に相手の考えていることがわからないという場合は、相手や周囲にばかり目を向けず、まずは1度、自分自身について見つめ直すことも必要かもしれません。

自分について見つめ直す・・・。内観するというのは、物質的な目で現実世界を見るのではなく、心の眼で意識の世界の自分を視るといった、自分の内側を見ながらも外側から自分を見るといった感覚かもしれません。

肉体に入ったままの自分自身の目から周囲(外の世界)を見るのではなく、少し肉体を離れた視点で、逆に周囲から客観的に自分の立ち位置を見ることで、全体を知った上での、今自分が必要な考え方、言葉や行動が見えてくると思います。

意識が肉体を少し離れた時、もしかすると今以上に相手が何を意図して伝えてきているかなども、理解しやすいかもしれません。

先ほどの猿沢の池の話であれば、よく全体を観察すると池には鯉もいて、近くには鳥もいる、もし、その中で人を呼ぶのであればどういった行動をすれば今良いのか、手を叩くことが良いのか、どこで叩くのが良いのか、声を出して呼ぶのが良いのか、それとも自ら出向いた方が良いのか・・・と状況を色々と考察できますが、肉体にすっぽり入り、エゴにまみれて自分のことしか考えられずにいると、全体を考えずに自分が人を呼びたいからと、何も考えずに手を叩いてしまいます。

自分自身、決して人とのコミュニケーションが得意というわけではないですが、人の考えていること、気持ちがたまにポンッと入ってくることがあります。

そんな時は、やはり肉体から少し意識が離れており、そうすると相手の感情の中にも意識が入りやすく、また自分自身が鏡のようになって、相手の意識が反映されやすくなる感覚があります。

22

「私は私であり私ではない」ということを自覚して、少し幽体離脱気味で自分自身についても客観的に日々を過ごすと、起こる出来事であまり感情が左右されず、また人とのコミュニケーションも円滑に、世渡りも上手くいきやすいように思えます。

また、上記は自分で曲げたスプーンですが、その肉体を離れた意識の世界でスプーンも曲げると、現実的にもスプーンが曲がりやすくなるかもしれません。

“あんでるせん”は、見せてくれるショーだけでなく、マスターの伝える言動1つひとつにも、人生をより良く生きるためのヒントが隠されています。

ご興味のある方は、是非とも長崎県にお越しの際にお立ち寄り下さいませ。

あんでるせん
TEL:0956-82-2375
住所:長崎県東彼杵郡川棚町栄町2
※来店日の2ヶ月前から予約可能

映画『サン・オブ・ゴッド』とキリストの年

59

intro_copy01

intro_copy02

映画『サン・オブ・ゴッド』
世界で最も名高く、最も多くの人々に読まれている本、聖書。中でもイエス・キリストの数奇な生涯の物語は最も広く愛され、ジョージ・スティーヴンス監督の『偉大な生涯の物語』(65)、マーティン・スコセッシ監督の『最後の誘惑』(88)、メル・ギブソン監督の『パッション』(04)といった映画史に残る大作の題材にもなった。そして今、『パッション』から10年を経た節目に新たな話題作が登場した。
本作『サン・オブ・ゴッド』は、救い主(メシア)としてこの世に現れたイエス・キリストの誕生から復活までを聖書に忠実にたどりながら、歴史的な背景とその深淵に潜むミステリーをわかりやすく解き明かしたスペクタクル巨編。2014年2月に全米公開され初登場第2位を記録、3週連続でトップ10入りを果たし、世界中でも大ヒットとなっている。

イエスの十二使徒のひとりであるヨハネを語り手に進行する物語は、ラザロの復活をはじめとする有名な奇跡のエピソードを織り込みながら、イエスが行った伝道活動の軌跡をたどる。「イスラエルの王」と預言されたことから生まれながらにして暗殺の標的にされたイエスが、なぜ時の権力者から危険人物とみなされ、十字架にかけられなければならなかったのか、世界で最も有名な人物の知られざる生涯を、歴史と政治の側面から解明していく。特に、最後の晩餐からイエスが十字架の試練にさらされる過程、そして奇跡の「復活」を遂げるまでの後半のドラマは、知的好奇心をかきたてると同時にポリティカル・サスペンスの醍醐味を味わわせてくれる。

全米公開時に特に話題となったのは、イエス・キリストを演じるディオゴ・モルガドのイケメンぶりだ。ポルトガル出身のモルガドには“ホット・ジーザス”という愛称が付き、「イケメンすぎる」という批判の声が高まるほど熱い視線を集めた。監督は、ドキュメンタリー・ドラマの第一人者として知られるクリストファー・スペンサー。音楽は、9作でアカデミー賞にノミネートされ、『ライオン・キング』で同賞を受賞しているハンス・ジマーが手がけるなど、スタッフには超一流の顔ぶれが集結している。

2014年より始まった聖書シリーズのハリウッド映画。『ノア約束の舟』から始まり、そして早いところでは本日から『エクソダス:神と王』というモーゼの生涯を題材とした映画が公開されます。

▶ 天下泰平《モーゼを描いた映画『エクソダス:神と王』と2015年》

そんな矢先に、今年に入ってから一足先に日本上陸を果たし、大きな注目を浴びているのが、やはり聖書シリーズでは外すことの出来ない「イエス・キリスト」を題材とした『サン・オブ・ゴッド』という映画。

cast01_thum

この映画、一部では「イケメン過ぎるキリスト役」として、映画内容とは違った点で女性を中心に大きな支持を得ている映画のようですが、それはさておき、ついにハリウッド映画に登場して来たイエス・キリスト。

現在の年代の数え方の基礎となっている「西暦(A.D)」は、ラテン語の「Anno(年) Domini(主)」の略称であり、イエスの生年とされる年を紀元(西暦紀元)とした紀年法であります。

世界に20億人以上もいるキリスト教信者をはじめ、あらゆる面において「キリスト文明」といっても過言ではないほど、このイエス・キリストという人物が現代文明にもたらした影響力は計り知れないほど大きなものですが、そのイエスが生誕して2000年以上経った今、この2015年という節目のタイミングに、日本で『サン・オブ・ゴッド』という映画が話題となるのは、とても意味深いことだと思います。

0ceffbff

過去に何度も繰り返しお伝えしてきましたが、昨年4月15日より始まった“皆既月食”は、だだの月食ではなく、ユダヤ教を信仰する一部の人々にとっては非常に重要なメッセージであり、今年2015年の9月28日に訪れる“皆既月食”を最後に、この1年半で6回も繰り返される月食と日食のオンパレードは、聖書で予言されていた「終末の世」のお知らせであります。

ただ、ここの終末というのは、1つの文明や権力、時代の象徴が終わるという意味であり、人類滅亡や世界崩壊を意味するものではなく、まさに「キリスト文明」と呼ばれて栄えて来た現在の文明も頂点に達し、それがこれから先に少しずつ終息の段階へと進むものだと思います。

つまり、キリスト文明の中枢にあるキリスト教、その総本山であるバチカン、および表向きにトップにいるローマ法皇と裏で操るイエズス会をはじめ、これらの組織が近い将来に崩壊していくものと思われます。

この崩壊の意味は、別にイエスが偽の救世主だった、キリスト教が偽宗教だったというわけではありません。

今までの文明において、純粋な信仰は必要なものであって、その中でクリスチャンの人々の多くが純粋な信仰心のもとで、清く正しくキリスト教の信仰と布教活動をして来たことは素晴らしい功績であったと思っています。

ただ、その人々の持つ純粋な信仰心に目をつけて洗脳し、古代から人々を思うがままに支配しようと思っていた一部の権力者達がいたのも事実であり、これから訪れようとする終末の世は、彼らにとっての宗教支配の終末であり、同時に「最後の審判」もまた、人類全体ではなく、一部の権力者達を中心に裁かれることになると思います。

いずれにしても、その節目のタイミングとなるのが、今年9月28日に訪れる最後の天体ショーの“皆既月食”であり、この2014年から始まった流れはユダヤ教、およびキリスト教において重要な節目の時であり、その中で年2015年は「イエス・キリスト」という人物が、とても大切なキーワードとなる1年になると思います。

honji099a

さて、そんな「キリスト(再臨)の年」ともなるであろう2015年。今週は、八ヶ岳を離れて今年最初の旅へと出ていました。

向かった先は、九州の熊本県と長崎県。熊本市から入って、天草を中心に巡り、そのままフェリーで長崎の島原半島へと渡り、小浜温泉から諫早市周辺を少し巡ってきました。

まさに300年以上の昔、島原や天草は、キリシタン(キリスト教)の中心地だった場所。そして、血に塗られた過去の歴史を持つ地域です。

その話の詳細は、今回は触れませんが、この旅の最初、羽田空港より熊本空港へ向かう空の中で、ふと外を見ると不思議な光景を目にすることになりました。

06

「あれは飛行機かな?それとも星かな?」

と思って遠くの空に白く輝く丸い光を見ていたのですが、よく見ると光は大きな黒い直線の雲のような先端にくっついて見えているものであり、最初は何が空に浮いているのはよくわかりませんでした。

12

携帯のカメラでは小さ過ぎて写らなかったので、拡大したイメージ映像を作ると上記のようなものが空に浮いており、どうもこれは過去に夢にも見たことのある“母船”とそっくりであることに途中から気づきました。

m

あれはもう、5年近く前になると思いますが、ある夏の日の明け方、夢か現実かわからない世界の中に突如小型円盤と大きな母船が出現しました。

そして、小型円盤より見たことのないプラチナ色の白銀のエネルギーを照射されて幽体離脱するように吸い上げられ、やがて目を覚ますとUFO内と思われる場所の診察台のような場所に寝かされていました。

何人か人らしき気配はするものの、目をあけて周囲を見渡せるほど身体の自由は利かず、ただ話し声のようなものが頭の中に響いてきました。

「地球人としては良いほうだが、宇宙人としてはまだまだなので調整します…」

といったような内容の会話をしており、そこで目の前にコンピュータ画面のようなビジョンが現れ、そこにいくつものデジタルメーターがついており、そのメーターや数値のようなものが高速で動き出して変化し始めました。

そんな不思議な体験というか、身体に吸い込まれた時の体感まで残って目を覚ましたのですが、その母船グループは「アモール」という名で夢の中で呼ばれており、どうも彼らはイエス・キリストの本体意識とも呼ばれる宇宙霊団のようです。

その時に出現した母船が久しぶりに、それも今度は現実世界で肉眼で見える形で空の上で出現したのですが、母船はずっと並走しながら、1時間近くも横にはりついてこちらを見守っているようでした。

思わず、途中に隣の席の見知らぬおじさんに「あれ、何でしょうね?」と声をかけたくもなったのですが、さすがに完全スーツ姿のビジネスマン風のおじさんに、こんな話題もさることながら、見た目も得たいのしれない人物である自分が声をかけるのは少し度胸がいることで、とりあえず1人でボーっと眺めているだけでした。

43

23

そんな“母船”で頭がいっぱいになりながらも、到着した熊本の天草の地において、最初に案内された場所は偶然にも「宇宙船石」という御神体が山頂にあり、古代海洋民族が5000年も前に造ったと言われている巨石群が有名な矢岳という特殊なスポットでした。

33

14

矢岳神社というものが、山の中にあり、そこに立っていた看板も普通の神社の由緒書きとは大きくことなり、主に「シュメール文明」「北極星」のこと、他にもヘブル語やダビデ王の子のソロモン王のことなど、古代ユダヤに関することまでもが書かれています。

25

てっきりキリシタンのことしか頭になかった天草ですが、こんな超古代文明や古代人達の遺跡が各地に残っているとは知らず、どこまでいっても巨石文明、縄文時代との繋がりは切っても切れない関係で今年も関わってきそうです。そして、古代ユダヤの流れも…。

07
※矢岳にある紀元前数千年前に造られたとされる世界最大のドルメン(天上石を石柱で支えているもの)。長さ13m幅6m高さ2.5m重量約500トン。

23
※古代エジプトの叡智によって造られた龍仙島

結局、天草を巡ると各地に数千年前に渡来人が日本に渡って様々な文化や技術を残して来た形跡があり、それは古代シュメール文明や古代エジプト文明を生み出した民族であり、さらにユダヤの失われた10支族の流れを色濃く汲んでいる地域であることが何となく見えて来ました。

だてにキリシタン文化が栄えた場所でなく、かなり古い時代から、ユダヤの下地が残っていた影響が大きいものとも思われます。

50
※イサヤが中東からの長旅の疲れを癒した温泉の現在地

同じくキリシタン縁の地である島原半島。ここに諫早市という地名がありますが、実はここはイエス・キリストが日本上陸した最初の場所といわれています。

「イエス・キリストが日本へ?」

日ユ同祖論が否定出来ないほど数々の証拠やつじつまの合う出来事がたくさんある今日においては、古代イスラエルより、数千年前から日本にユダヤ人が渡って来ていることは周知の事実ともなっていますが、それは理解できても、イエスが日本に来たことに関しては半信半疑の人が多いかもしれません。

とはいえ、すでにGHQは日本でイエスと思われる遺骨を回収してますし、東北をはじめ、日本の各地に「イエスの来日伝説」が民話レベルで残っているのも事実です。

実際のところ、真実は時代をタイムスリップしなければわかりませんが、自分が知っている限りでは、イエス・キリストは日本に渡ってきた可能性は高く、またエルサレムの地での処刑についても、一般的に伝えられている内容とは少し違っています。

そもそも、見事なヒゲがトレードマークのイエスの肖像画ですが、実際のイエスはヒゲがなかったという話もあります。

「では、あのヒゲのイエスは誰?」

これに関しては、多くで噂されているように「イエスの双子の弟」であり、どうもエルサレムで処刑されたことになっているのはイエスの弟(というよりも処刑も茶番劇で、生きたまま棺桶の中で兄弟で入れ替わった)で、イエス本人はそのままイスラエルの地を去り、日本にまでやって来た可能性が高いようです。

50

そして、海を渡って遥々辿り着いたのが島原半島。そこで2000年以上も前から温泉が涌き出している小浜温泉に浸かって長旅の疲れを癒したようですが、なんとそのイエスが浸かった温泉というのが、現在も残っているようで、今は地元の人しかいかない大衆浴場として存在しています。とはいえ、地元の人は誰もそんな場所とは知りませんが…。

イエス・キリスト、2000年前の正式な名前は「イサヤ」であり、「諫早=ISAHAYA」は、ラテン語では“H”を発音しないので「ISAYA=イサヤ」と呼ぶことは以前にもお伝えしました。

ということで、2015年「キリストの年」は、熊本は天草、長崎は島原から始まりましたが、今年はGW頃に再びエルサレムに行く予定であり、それまでに日本で訪れる各地でも、まだまだキリスト、そして古代ユダヤの流れが繋がってくると思います。

もちろん、その原点にはシュメール文明、そしてもっと古くは古代日本、ムーへと遡っていくことになると思いますが、その辺の話はまたどこかでまとめてお伝え出来ればと思います。

「マナウォーター蛇口取付キット」と「バンブーS用 ステンレスフィルター」

11271051_5476838641b05
※マナウォーター(小)税込:23,760円

水道に含まれる不純物をフィルターなどで取り除くのではなく、フリーエネルギーを発生させる「圧」の仕組みによって水のエネルギーを高めることにより、水の持っている能力そのものを活発化させ、エネルギーの高い湧き水のような安心な水に切り替える「マナウォーター」

フィルターがないため、浄水器ではなく活水器という名称になりますが、浄水器に必要な定期メンテナンス、面倒なフィルター交換が必要ないため、取り付け後は手間も維持費もかからない大変便利な商品となっています。

これで効果が望めなければ、手間ひまかかっても浄水器の方が良いですが、その効果は家庭環境によって様々であるものの、お使い頂いている方々のほとんどから驚きの声が上がっています。

~「マナウォーター(小)」体験談 ~
■小さいですが、水だけで、台所まわりの汚れ落ちが格段によくなりました。

■マナウォーターからの水を流すと管の汚れが落ちてきてお?っと、実感しました。設置前、ほぼ無関心だった父も、柔らかいなぁと。母もお風呂上がりに化粧水とか何もつけてないのに?って感動してました!

■大阪のカルキ臭い水がものの見事に美味しくなっています。お風呂も顔に滴る水が甘く感じられよかったですよ。お湯のまろやかさが肌で感じられました。油落ちも中々でカレー皿はお湯で洗えば完全に落ちると思いました(水洗いで行った) その他の簡単な汚れは洗剤いらずですね

■3 週間くらい使い、実感してきました。味は、マイルドです原水に戻っている感じです。これまで、飲み水だけだったのが、全水道で利用できるように成りました。洗浄もたわしだけで殆ど落ちます。お風呂もきれいに成りました。費用対効果がある商品と思います。ありがとうございました。

■最初はくさみがありましたが、すぐに飲めるようになりました。コーヒーの味やご飯の味がよくなってびっくりしてます。東京の臭いみずでもこれだけ浄水できているのが驚きです。食器を洗うのも水だけで済むので今日は本当にミラクル!という感じです。お風呂に入っても水の圧力が軽く感じられます。水道水に対して心配するというストレスから解放されました!!本当にいいものに出会えてうれしく思います。

■使ってみると、本当にこの商品は優れもので、大いに気に入り大変感謝して使わせて頂いています。この浄水器を使わせていただくことで、小さな次元ではありますが、自分が自然の一部であり、また自然と一体となっているんだなぁと小さな感動を感じています。(海外のお客様より)

■今までは、お料理をするのも飲むのも、ミネラルウォーターを買っておりましたが、今はマナウォーターで全てをまかなっております。良い商品に巡り会えて、本当に嬉しく思っております。

■汚れ物の食器なども、ほとんどこすらなくても問題なく汚れが落ちています。諦めていた水筒のパッキン他などの頑固な茶渋の汚れなども少しこすると落ちましたので家内もビックリしています。台所のシンク周りも使えば使うほど綺麗になっているようです。

■お水は大変おいしく便秘がちの猫の便が変わるのが早かったです。

■まだ1日しか経っていませんが見た目!水に透明感が出たのがハッキリと分かります。
お客様の髪の汚れも良く落ちているようで、洗い上がりの髪がさっぱりしているのにシットリとして、シャンプーボールに溜めたお湯が格段にまろやかツルツル、しっとり、感じます。
お風呂がこれまた最高です! どんな天然温泉にもひけを取らないのではないでしょうか?
あぁ~、今日の疲れがジワジワと取れているなぁ~!生命力が甦ってきているなぁ~~!・・・って感じです。(笑)
そうそう、マナウォーターで活性化した水は【透明度】が抜群ですね!
台所で使っていると、納豆のヌルヌル感や脂のギトギトがきれいになります。
お風呂は、もう最高の気分です! 【幸福感】を実感中!です。 (笑)

■マナウオーターいい感じに汚れが落ちますね、キッチンのシンクの排水溝がきれいに保たれます。

■昨晩、さっそくわくわくしながら お風呂に水をためじゃっぽ~~んと浸らせて頂きました。
やはり、違います。 さぁ~~~っと、自分の波動が変わる感じ マイナスの想念やエネルギーが抜けていくのを感じました。 お茶碗なども洗剤を使わずに洗えてます。 とってもうれしいです。 本当に素晴らしいご縁をいただけて感謝でいっぱいです。

■取り付けてから10日経ち、日々効果を実感しているところです。特に肌にツヤがで、手はツルツルになり、頭の抜け毛も極端にすくなくなり、感動しています。汚れ物の落ちやすさは言うに及ばずです。

■設置後、水に触れた感覚がとても柔らかくなり早速、効果を実感しております。

■活水器は、本当に汚れが落ちるので、水拭きだけでお掃除ができて、掃除が楽しくなりました。

■カラーで使った水をそのまま流すのはしのびないのでいったんバケツにため、光触媒の液を入れてから捨てていたが、マナキットを取り付けてからは入れていない。驚いたのは、マナウォーターの水がつかないバケツのまわりの部分もきれいになっていたこと。こうして結果ででると、自然のしくみというのが驚異的だということが感じられる。気がついたら、バケツが新品のようになっていた。流しにもつけているが、2日目でぴかぴかになった。洗濯機もドラムの蓋も3日できれいになっていました。

他にもネット上には、マナウォーターを取り付けて様々な実験や効果の検証をした方もいるので、そういったサイトの情報も是非参考にして頂けたらと思います。

《『マナウォーター』実験やったよ~~♪》

維持費も手間ひまもかからず、それでいて効果も高いのは嬉しいことですが、マナウォーターシリーズの一番の大きなポイントは、ピッコロと同じく価格がお手頃であることだと思います。

昨年秋に発売された「マナウォーター(小)」は、税込みで23,760円であり、これは浄水器業界においては、かなりリーズナブルな値段となっています。

さて、そんなマナウォーターですが、気になっているものの「取り付けがちょっと面倒かも」「うちは水道管には取り付けられない」などの理由によって、なかなか手を出せない人もいるかと思います。

19

そんな方に少しだけ朗報なのですが、この度、マナウォーターの小・中の両方にも使える「マナウォーター蛇口取付キット」というのが発売されました。

本来は、目にはつかない水道管の間に取り付けるマナウォーターですが、前述したように、そういった難しい作業が苦手だったり、ご家庭の状況によっては、水道管には取り付けが難しく、水道の蛇口の先からしか取り付けられない場合もあります。

01201443_54bdeb18ea54a

そんな方は、水道の蛇口の先に「マナウォーター蛇口取付キット」をつけて頂けたら、あとは“フレキシブル管”でマナウォーター(小・中)を繋ぐだけであり、これでマナウォーターを通して水を出せるように切り替えられるようになります(スイッチ1つで、マナウォーターからでなく元の蛇口からも水が出ます)。

ただ、これだけではマナウォーターの出口から水がそのまま飛び出してしまうので、最後に“蛇口用フレキパイプ”などを取り付ける必要があります。

01201442_54bdeacd6d95b

“フレキシブル管”“蛇口用フレキパイプ”は、ホームセンターやネットでも簡単に買えますので、これらがあれば基本的には、上記の「取り付け可能な蛇口タイプ」の水道なら問題なくマナウォーターが取り付けられると思います。

水道水は、約50個の項目でどんな食べ物よりも厳しい基準値が定められており、ミネラルウォーターは18項目なので、そういった意味ではミネラルウォーターよりも「安全」という意見もありますが、日本だけが水道水に塩素消毒をしており、また昨今においては、関東圏でも水源が放射能汚染され、水道水に放射能が検出されることも珍しくない状態となっております。

水道水は、キッチンだけでなくお風呂場や洗濯、日常生活を営む上で様々な場面で必須となっておりますので、是非ともこの機会に「マナウォーターシリーズ(小〜大)」をご検討くださいませ。

▶ マナウォーター蛇口取付キット
▶ マナウォーター(小)
▶ マナウォーター(中)
▶ マナウォーター(大)


00
※エネルギーチャージ装置のバンブー

さて、続いてはエネルギーチャージ機の「バンブー」について。

「エネルギーチャージ機?」というと、響きはかっこいいですが、実態が何なのかわかりにくいものです。

簡単にいえば、ケミカルなものをナチュラルに変換するのですが、そもそもケミカルとかナチュラルの定義もわからないと思うので、バンブーに関しては、より具体的な内容を雑誌「スターピーブル」の中で開発者の飯島先生が説明されていますので、そちらの内容を転載させて頂きます。

_SL500_AA300_
※スターピーブル48号(2014年1月31日発売)

宇宙のメカニズムを利用したエネルギーチャージ機
エネルギーとは、どの様なものなのでしょうか。殆どの人は、石油やガスがエネルギーだと誤解していると思います。

石油に火をつけますと、炎をあげて燃え上がります。誰が見ても石油が燃えているようにしか見えません。そこに大きな落とし穴があるのです。

五感の中では、物質が燃えているようにしか見えませんが、実際には物質にエネルギーが注がれているのです。エネルギーが炎という現象を現しているのです。物質に何らかの作用をもたらしますと、その作用をもたらした力と同等な力が、反作用として働きます。

その反作用の力こそがエネルギーなのです。石油や炎と言う物質は目に見えますが、エネルギ ーと言う非物質は目に見えません。誰もが誤解をしても仕方のない現象です。目に見えている現象は、目に見えないエネルギーが注がれた結果なのです。

では、洗濯とは何でしょう?洗濯とは、エネルギーが抜けた衣類に、エネルギーを補充する事です。汚れ、汚染とは、物質からエネルギーが抜けた状態です。濁った水槽、池などをきれいな水に戻すのには、エネルギーを補充する以外は絶対ないのです。

何故、絶対かと言いますと、汚れ、汚染の原因は、エネルギー欠乏だからです。原因が変化しないで結果は、変化しません。結果だけが勝手に変化する事は、有り得ないのです。食べ残した食器、汗臭い衣類、家の掃除など、全ての汚れ、汚染はエネルギー欠乏なのです。

放射能汚染、ダイオキシン、重金属汚染等も例外ではありません。どんな汚染物質も、エネルギーを与えると自然体に変化するのです。もしエネルギーを与えても変化しないのであれば、 宇宙の永続はありません。

現在、汚染に覆われた地球に居る限り死、は免れません。大自然は、自動的にエネルギー補充をしています。太陽で暖められた海水は、エネルギーが蒸発します。海がエネルギー欠乏に成れば、海は崩壊してしまいます。自然は海の崩壊を避けるため、台風をもたらすのです。台風は自然が作った洗濯機なのです。強風、豪雨をもたらし、エネルギー補充をしているのです。だから台風が去った後は、海も空も輝いていませんか。

今、多くの国の水が飲めない、と耳にします。飲めない水とは、どのような水なのでしょうか。水にエネルギーが少ない状態の事です。エネルギーは酸素でもあります。つまり酸欠した水、と言う事です。酸欠の水に酸素を与える事で、飲めない水は、飲める水に変化します。

酸欠の水に、ただエアーポンプで酸素を与えても、水に酸素は補充できません。 宇宙は、一つの法則で成り立っています。エネルギーは、低い方から高い方にしか、注がれません。圧の上げ方は色々有りますが、法則は一つしかないと言う意味です。

だから料理は、煮たり焼いたりするのです。煮たり焼いたりする事で、鍋の中の温度が、外気の温度より上昇します。少々時間が経った肉や魚も、エネルギーが注がれれば、食べられる料理に変化するのです。

不味い料理とは、エネルギーが欠乏した料理で、美味しい料理とは、エネルギーに満たされた料理の事です。料理に、エネルギーが多いか、少ないか、で良い食事、悪い食事が決定しているのです。

エネルギーが多い状態をナチュラル、少ない状態をケミカルと言います。安全な食事とは、エネルギーを多く含んだナチュラルな食事の事です。料理とは、如何に多くのエネルギーを、素材に注ぐ事が出来るか。ケミカルをナチュラルに変えることができるか。と言う技術の事なのです。

テネモスで開発したエネルギーチャージ機 『Bamboo(バンブー)』は、ケミカルをナチュラルな状態にする変換機です。物質にエネルギーが注がれるような条件(たった1つの宇宙のしくみ)で構成されています。

バンブーは、日本語で竹のことをいいます。松竹梅で象徴されるように、真ん中の竹は中性力を意味します。物質は粗い波動、これに対し中性はゼロです。物質に中性力が高いものをあてがうと、そのGAPを元(ゼロ)に戻そうとする働きが働きます。この常にバランスを取るという宇宙のメカニズムを利用したのがバンブーです。

コンピュータも0と1の組み合わせで構成されています。どんなものも無(ゼロ)からしか有(無限の1)は生まないのです。ゼロにもどすという中性力こそが、エネルギーをひきつけてくる秘訣なのです。

現代は、物質思考の世の中です。この物質はいい、あの物質はだめと物の名前で判断しています。しかし、物質には力がないのです。物質に与えられた条件により、エネルギーが出入りしているからです。
バンブーを使ってみることで、物質思考の考え方から物質とエネルギーという全体思考の考え方に脱皮しませんか?

どれくらいの時間、エネルギーチャージすればよいか? 自分で実践してみてください。中性力のポイントは人によって、違うからです。

真理は実践から・・やってみるという行為そのものがエネルギーをひきつけてくるのです。(転載終了)

41
53

バンブーの使い方は簡単、液体の中にステンレスの棒を入れてブクブクと泡立たせるだけ。これでエネルギーが欠乏しているケミカルな状態からエネルギーが充電されたナチュラルな状態へと転換させてしまいます。

51

そんなバンブーは、実は今まで「Bamboo(バンブー)S」というミニサイズしか紹介してませんでしたが、昨年末頃より「Bamboo(バンブー)M」というサイズもパワーも格段に大きくなったタイプのものが登場していました。

11261954_5475b16b3f894
※ホースを外せば空気活性機(New Air Dream Ⅲ)へ様変わり

この「Bamboo(バンブー)M」ですが、Sサイズのバンブーに比べて大幅にエネルギー注入量が高くなっているのはもちろんですが、付属のホースを外せば、そのまま空気活性機(New Air Dream Ⅲ)として活用できる一石二鳥のお得な商品です。

10

11261957_5475b23374e44

「Bamboo(バンブー)M」のもっとも有効的な使い方は、何と言ってもお風呂。お湯の入った浴槽の中に付属のステンレス棒を入れておけば、ブクブクしながらお湯のエネルギーを高めていき、バンブーのSが食品などを洗浄するように、今度は人間そのものを洗浄、浄化してナチュラルな人間(?)にしてしまいます。

37
52

また、自分自身は自然服である“うさと服”の愛用者のため、基本的に手洗いをすることが多いのですが、そんな方にはバンブーによるバケツ洗濯もオススメです。

33

それはさておき、本日にバンブーをご紹介したのは、今までバンブーSだと基本的には食品関係でしか活用の場がなかったのですが、今回新たに登場した「バンブーS用 ステンレスフィルター」というものを利用すると、バンブーSでも洗濯やお風呂のエネルギーチャージに活用することができるようになります。

「これがあったら、バンブーMはいらないのでは?」となってしまいますが、根本的にSとMでは、エネルギーチャージ量が違うため、同じ時間ブクブクしていても、その効果は大きく異なってきてしまいます。

とはいえ、バンブーSもケミカルをナチュラルにする力はありますので、これで洗濯やお風呂に活用するだけでも、十分に効果を体感できると思います。

ご興味ある方は、是非ともバンブーシリーズもお試しくださいませ。

▶ バンブーS用 ステンレスフィルター
▶ Bamboo(バンブー)S
▶ Bamboo(バンブー)M

携帯用空気活性機《Piccoro(ピッコロ)》がついに販売開始!

10

昨年11月に試作機が発表され、僅か1日で完売してしまった待望の新商品「携帯用空気活性機《Piccoro(ピッコロ)》」が、ついにリニューアルされて再登場しました。


携帯用空気活性機《Piccoro(ピッコロ)》の商品ページはこちら


「ピッコロって何?」という方は、昨年11月27日の記事《念願の携帯用の空気活性機とマナウォーター(小)の発売解禁》をご参照下さい。

f4a2ac17-s

テネモスの研究所内に光が入らない真っ暗闇の小屋を作って実験をしていましたが、この「空気活性機」を稼動させている空間だと、小屋の中を常に真っ暗にしたままでも植物の芽が出たり、いわゆる光合成をしない状態でも植物が成長します。

世にいる不食の人、聖者と呼ばれる人々も、食べ物そのものから栄養を得ているのではなく、よく宇宙エネルギー(プラーナ)を取り入れているとか、空間内から原子転換をして何でも栄養素にしているとか言われていますが、まさにそれと同じ様に、常識では光(光合成)が無ければ植物は育たないと思い込まれている原理を見事に覆して、真っ暗闇でも植物が育つという結果を出しています。

では、この「空気活性機」を使用した空間に植物ではなく人がいたら・・・。

残念ながらいきなり不食の人になるというわけではありませんが、一般的な「空気清浄機」ではありえない体験談が様々出ており、この「空気活性機」は、単なる場の空気をキレイにするだけでなく、物質レベルの世界を超えた次元にまで何か働きかけをしているような気もします。(《念願の携帯用の空気活性機とマナウォーター(小)の発売解禁》より転載)

12

今回再登場して大きく変化したのは、まずは外見と重さ。

完全手作りの木製ハンドメイドでナチュラルな見た目と手触りに生まれ変わり、さらに金属から木製になったことで重さが大幅に減少して、わずか80gという持ち運びにもより便利な形態となりました。

さらに、使用する単三電池も2本から1本と、よりエネルギー効率もUPしております。

01221627_54c0a650cf20d

使い方は簡単、電池を入れるだけで自動稼動しますので、あとはそのまま手元に置いておくだけ。本当に電源が入っているのかいないのかわからないほど静かですが、電池さえ入っていれば、ちゃんと問題なく作動していますのでご心配なく。

電磁波対策にもなるようなので、お仕事中のデスクの上、子どもがゲームや携帯をさわっている近くに置いておく、お出かけ時もカバンの中入れて移動したり、最近はカーナビをはじめコンピュータ機能が搭載されている車の中も電磁波がかなり強いので、車内に常時置いておくのも良いかと思います。

また、1番使って欲しいタイミングは、人間にとって最も大切な睡眠時。

安眠こそ、心身から魂の健康に直結するとも言われていますが、そんな睡眠を快適にするためにも、枕元のそばに目覚まし時計と一緒にピッコロを置いておくと良いと思います(ピッコロに目覚まし時計の機能もあれば最高なのですが…)。

「どんな効果が期待できるのか?」

これに関しては、あくまでも「空気(空間)を活性機する装置」として言いようがないので、具体的な効果や効能などはあげられませんが、あとは体験者の声を参考にしながら、まずはご自身でも色々な場面で試してご利用頂けたらと思います。

~体験談~
■ピッコロに電池をセットして置いておくとなんとなく空気が軽く、さわやかに変化してゆくように感じました。
また、自宅の植物(アイビー)をピッコロのそばに置いてみたところ葉の向きが太陽の方向を向いていたのに、ピッコロに向かって向きを変えていっせいに動き出したので非常にびっくりしました。
使用し始めて本日で2日目ですが、葉が少し大きくなったように思います。

■新幹線での移動の際等、ひざの上においておくと気持ちよいです。

■枕元においておくとよく眠れる。

■車の中の匂いの質が変わった。嫌な感じがなくなった。

■ユニットバスにおいておいたら、蚊や小さな虫を見なくなった。

■米袋の中に入れておいたら、虫がいなくなった。

■家に持ち帰ったとたん、ペットの犬が反応して何かを探しているようでした。
それまで、長男と犬の仲が悪かったのに、その日以降、長男が犬を触っても吠えなくなりました。

■電池を入れたとたん、「生き物みたいにあたたかい」といって、娘が1台持っていってしまいました。早々に買い増しが必要かもしれません。

■車の匂いがなくなった。こんなに小さいのに、効果あるのでびっくりした。

■帰宅して電池をセットし寝室にセットしました。音が聞こえず、これで作動しているの?と家内と話しながら眠りにつきました。
朝起きると久しぶりの熟睡感で、いつもは昼食後に睡魔に襲われるのが常でしたが、この日は退屈な会議があったにもかかわらず眠気に襲われることはありませんでした。
会議の帰り道の100㎞の運転も眠くならず本当に驚いています。
一日しか使っていませんが、ピッコロの波動で身体が真から休息できたのだと
思います。


※使用者の体験談であり、効果を保証するものではありません。

価格は以前と同じ「7,560円(税込み)」です。HADOやフリーエネルギー商品だと、ケタが1つ違うものが多い中、完全ハンドメイドながらも破格の値段となっております。

ただ、1日に生産できる量は限定されており、ご注文のタイミングによってはお届けまでお時間を要することだけはご了承下さいませ。

ネットショップでは昨日から商品が掲載されていますが、すでに多くの方が見つけてご注文が殺到しております。前回に手に入れるタイミングを逃してしまった方は、この機会にお早めにどうぞ。持ち運びが面倒な方は、複数を生活の様々な場所に固定して設置しておくのも良いかと思います。

携帯用空気活性機《Piccoro(ピッコロ)》の商品ページはこちら

法人コミュニティから始まる地球家族の一歩

38
本日は2015年1月23日の“ひふみの日”。ちょうど3年前の2012年1月23日の新月の日にスバルランド株式会社(現・やつは株式会社)を設立したので、今日は3周年目の会社創立記念日となります。

当時は、富士山のお膝元である富士河口湖町が拠点でしたが、2013年の夏に八ヶ岳へと移し、2014年春には会社名を“やつは”に改め、最初は1人で始めた会社も今では多くの仲間にサポートして頂けるようになりました。

2015年となった今、八ヶ岳にはさらに多くの魂友の方々が集い、また新たな展開が次々に始まろうとしています。

2011年3月11日の大震災をきっかけに、新たな時代の生き方を模索する中で見つけた答えは、自給自足ができる自立した“個”の確立でした。

その自立した個の集合体が新しい時代の会社となると確信し、やがては「半農半X」を基盤とした“法人コミュニティ”を目指すようになりました。

半農とは、つまり農業を主体とした食糧生産の自給自足が出来る企業であり、その企業で働く人々が「食べるに困らない」状況を生み出すことを最優先として考えています。

もちろん企業として継続するために「お金を稼ぐ」ということをおろそかにはしませんが、それと同等か、むしろ「お金を稼ぐこと(給料を支払うこと)」よりも、まずは「食料を提供すること」の方が最終的には大切だと思っています。

そこには「生きる」という人間にとっての生存目的に対する考え方が、今の資本主義経済の価値観とは少し異なっており、現在の人々の多くが「生きるために必要なのはお金」となっていますが、それを「生きるために必要なのは、まずは食べることから」という基準になっているためです。

これから先の大激変の時代、いつ何がきっかけで今の社会システムが崩壊し、今日まで当たり前にあったお金の価値が突如なくなり、明日食べるものさえ手に入らなくなる時代がやってくるかわかりません。

そこまで行かずとも、過去のリーマンショックや大恐慌のような経済クラッシュがいつ起こってもおかしくはなく、その時に会社として「給料が払えないので辞めてください」とは言いたくもないですし、それよりは「給料は払えないけど、せめて食べる物だけでも・・・」と言える状況をつくっておきたいからです。

もちろん、食べ物さえあれば必ずしも生きられるというわけでもなく、ある程度の豊かな生活を望むのであれば住居やエネルギー問題も自給できる環境が望ましいですが、それは徐々に法人コミュニティとして発展していく上で整えていくことで、初期の基盤としては、何よりも食料自給が必要だと思っています。

「なぜ、コミュニティのベースを法人であることにこだわるか?」

というと、やはり今の時代は、まだまだ資本主義経済の枠にはまった「お金の世界」であり、この世界から完全に逸脱して共同体を生み出そうとすると、それは怪しい新興宗教となるか、もしくはNPOやNGOとしてやったとしても、どうしても何かに依存したり、自由度や発展性に限界が生じてしまいます。

そのため資本主義経済の大枠が継続する限りは、あくまでも「日本円を稼ぐ」ことにも注力し、同時に食料からエネルギー、日常の必需品に至るまで自給出来る分野を少しずつ増やしていく二足のわらじの活動が必要だと思います。

完全なる自給自足体制が整うまでは、稼いだ日本円で自分達では生み出せないものを取り寄せるためにお金を使うこと時期も一定期間は必要だと思います。

「普通の会社と法人コミュニティは何が違うか?」といえば、理想だけいえば山ほどありますが、まず基本的には、一緒に仕事をするメンバーを“社員”と思うか“家族”と思うかの違いが大きいかと思います。

今の時代、この“家族”という定義ほどあやふやなものはないと思っています。

親が子どもを殺したり、反対に子どもが親を殺したりと、村が1つの家族だった時代から一族だけの拡大家族となり、やがて核家族にまで分離した行く末は、もう人類として落ちるところまで落ち、その核家族も中身は仮面夫婦、父親は仕事尽くめで実質母子家庭ならまだしも、両親は遅くまで共働きで子どもは保育園や学校、習い事に預けっぱなしともなると、もはや血縁だけの家族の存在意義や必要性を改めて問われているような状況だと思います。

もちろん、血の繋がりも重要であるとは思いますが、それだけが“家族”のすべてではなく、考え方次第では、DNAとしても先祖を辿れば皆が親戚のようなものであり、また魂が永遠であれば、過去生の中で一緒だった家族だって、魂の中では今も昔も家族関係であるのは変わりありません。

三次元(時間も入れて四次元)の地球から五次元の地球に移行している今、今生の時間軸や目に見える物質的な関係性なども飛び越え、魂の記憶やご縁によって繋がる仲間同士や家族同士の再構築が始まっているように思えます。

「見知らぬ他人も外国の人々さえも、皆が家族であり仲間」

人類皆が、もう少し広い視野を持ってお互いを受け入れ合って“地球家族”という考え方となれば、愚かな紛争や悲しい家族事件もなくなる時代がやってくると思います。

その最小モデルの1つが、法人コミュニティであり、一緒に仕事をする仲間を家族として認識していくことから地球家族の一歩が始まるものと思っています。

生きていくためのベースを皆で整え、お金がなくとも豊かな生活基盤を作り出し、その上でそれぞれ本当にやりたいこと、得意なことを実践して助け合っていくことで、地球環境も取り戻す循環する企業活動となるのが理想です。

“やつは”では、この先も多くの仲間や家族を増やし、自立した個の集団による新時代の循環型自給自足モデル社会を八ヶ岳周辺で実現しようと思っています。

ご縁ある皆様との、今後の出逢いを楽しみにしております。

テロリストなんてどこにもいない

10885240_841170309278445_6415518620558541836_n

イスラム国邦人人質:公表した映像は加工、合成の疑い
 イスラム教過激派組織「イスラム国」とみられるグループが公表したビデオ映像は合成、加工された疑いがあることが20日、分かった。映像を分析した日本政府関係者が明らかにした。

 映像には、日本人とみられる男性2人と黒い覆面をかぶりナイフを持った人物の計3人が写っているが、関係者によると、男性2人の影の映り方が不自然という。

 フリージャーナリスト後藤健二さん(47)の可能性がある男性は、左半身側に影が映っているのに対し、湯川遥菜さん(42)とされる男性は、右半身側に影があるように見える。(「毎日新聞」より転載)

 日本時間の23日午後がタイムリミットとなった「イスラム国」による日本人身代金要求事件。残り2日となった今、政府も必死に対応に迫られていますが、一方で、今回公開された映像が「合成ではないか?」という憶測が世間を騒がせています。

ただ、政府やメディアの反応としては、仮に“合成”であったとしても、2名の日本人が拘束されて危険な状況にさらされているのは変わりなく、あくまでも「イスラム国」というテロ組織が“実在する”ことを前提として話を進めています。

66183_841170379278438_5936578959429276787_n-720x487

beheading-ALCiada_freda

とはいえ、昨年の夏過ぎにお伝えした《ISISによるジャーナリスト殺害事件もまた偽旗作戦》という記事でもご紹介したように、このイスラム国によって立て続けに起こされているジャーナリスト殺害(予告)事件は、単なる「スタジオを使った合成映像」どころか、その実行犯が「CIA」「モサド」である可能性が高いことが指摘されています。

つまり、アメリカやイスラエルの諜報機関による自作自演のテロ活動ということになります。

012

「テロリストなんてどこにもいない」

もう世界は本当は平和であり、誰も本当は憎しみあっていないのに、ただ憎しみあうように思わされているだけです。

「テロリストがいる」

と思った時点で、自分自身が平和の秩序を乱すテロリストとなる皮肉な世の中が、この末法の世の悲しい現実です。

今回の事件の行方がどうなるのかわかりませんが、いよいよユダヤ最終年度において、世界大戦に向けて本格的なプロジェクトが動き出しており、日本も大きな波に飲み込まれる流れが出て来ました。

過去と同じ過ちを繰り返さないことを願うのみです。

水瓶座の新月と水星逆行

06
02

本日2015年1月20日は、今年最初の新月です。1月の新月は《水瓶座》の新月であり、本日の新月の時間は22時15分からとなります。

水瓶座のキーワードは、「自由」「博愛精神」「独創性」「アイデア・ひらめき」「客観性」「ネットワーキング」「情報」「人道的な活動」などがあるそうです。

また、他人に対しても寛容になれるので「さまざまな人と仲間意識を持つこと」なども、水瓶座の得意ジャンルのようです。

そんな新月の日は、新月の時間になってから8時間以内に「願い事(祈り)」を書くと叶いやすいと言われており、水瓶座の新月においては、以下のような願い事の内容が特に適しているようです。

《水瓶座》
・明るい未来をもたらす願い
・胸がときめく体験を引き起こす願い
・友情を育てる願い
・他人への無関心を和らげる願い

今まで新月の願い事を書くことまでやっていなかった方も、単純に将来実現したいことや夢などは、紙などに「書く」という行為によって実現化する可能性は格段に高くなるので、この機会に新月をきっかけとして「願い事を書く」ということをお試し頂けたらと思います。

新月もスタート、1月もスタートであり、色々な意味でスタートに適したタイミングなので、元旦より心機一転したものの、思うように物事が進んでいない方も、本日をきっかけに再スタートかけるのも1つの考え方かと思います。

ただ、せっかく新しいスタートである新月ではありますが、今回の新月からのスタートは少し注意が必要です。

今日、明日までは良いのですが、明後日22日からは天体の動きの中で「水星逆行」という現象が起こります。

24

「水・金・地・火・木…」の最初であり、太陽に最も近い公転軌道を周回している水星は、1年に3〜4回のペースで1回につき「約3週間逆行」します

2015年は3回「水星逆行」の期間があり、その最初は2015年1月22日〜2月11日までとなります。2回目は5月19日~6月12日であり、3回目は9月18日~10月9日となります。

とはいえ、当然ながら実際に水星が逆方向に動くわけではなく、水星は地球より早く進むため、年に数回の頻度で地球を追い越すことがあり、その時にあくまでも地球から見て逆行してるように見えるだけです。

これは、自分が乗っている電車と並んで自動車が走っているときに、電車より速度の遅い自動車が逆走してるように見えるのと似たような目の錯覚現象かもしれません。

ただ、現実的には目の錯覚でも、天体の配置や動きが地球の生命活動、人類の生命活動や社会活動に大きな影響を与えるのは、もう占星術の世界の人々だけでなく最先端の科学者達の間でも常識となっています。

この「水星逆行」という、水星が太陽に非常に近い位置にいる期間は、水星の支配するエリアにおけるパワーが拡大され、その時に地球社会にも大きな影響を与えます。

一般的に水星は、コミュニケーション、旅行、テクノロジーなどを司るようです。

水星が逆行している間は、これらに関連するすべてのことが「停滞する」と言われています。

つまり、コミュニケーションでいえば、人々はイライラしやすくなり、誤解やケンカなどが起こりやすくなります。

また、車からコンピューターに至るまで、テクノロジーや機械に障害や故障の傾向が見られやすくなる期間でもあるようです。

水星の逆行中に起こりやすいこと
・交通機関が乱れ、遅延

・勘違いや誤解による意思疎通がうまくいかなくなる

・判断ミスが増える

・株価や為替が乱高下する

・通信障害(パソコン・電話・FAXなど)

・交通機関などダイヤの乱れが発生しやすい

・仕事などの計画が予定通りに進まなくなる

・以前考えていたことや決めたことをもう一度、見直したりやり直す必要が出てくる

・最近、連絡を取っていなかった人から連絡がある、久しぶりに出会う

・体調が悪くなる、眠くなる、ぼんやりする、集中力がなくなる

本日の新月をきっかけに、徐々にアクセルを踏んでスピードを上げて日常を前へ前へと進みたいところですが、この水星が逆行する間は、宇宙が前へ前へと進む勢いをブロックしていることになり、アクセルを踏みながらもブレーキも踏むという、気持ちは前に進みたくとも、現実はなかなか進まないというもどかしい状況となるようです。

だから、今回の新月に限らず、本当の意味での新年のはじまりである立春も2月4日にありますが、この22日から3週間ほどは、気持ちは「前へ前へ」と思っていても、あまり興奮したり焦らずに、むしろ「スピードを落とす」ような意識を持ち、前に進むよりも、深く物思いにふけり、今の現実や周囲を冷静に見渡し、ゆっくりと過去を振り返ったりすることが大切かもしれません。

一般的に占星術の世界においては、水星が逆行している期間は、新しいプロジェクトを開始する、初めてのデートに出掛ける、結婚をする、旅行に出る、重要な書類や法律書類に署名をする、または、大きな買い物をする、といった行動をするのに悪い時期とされているようです。

ただ、何ごとにおいても、念入りに確認作業をする、時間や余裕を持って行動するなど、いつも以上に慎重に考えて行動すれば、大きなトラブルとなることもなく、むしろ大きな成功へと繋がる可能性が高いと思います。

そういった意味では、これから2月11日までの間、何か新しいことを始めようと計画している人は、今一度本当にそれが今のタイミングで必要なのかを見つめ直したり、また何かを始めたり行動するにしても、今一度“気を引き締める”ための良い期間だとは思います。

また、水星が逆行する期間も悪いことばかりではなく、なくなったものが出てきた、過去の友人知人と再会した、過去の経験に新しい意味や価値を見出した、仕事の見直し作業が進む、というような良い形で現象化することがあるようなので、あまり不安になってビクビク過ごすよりも、一度冷静になって自分自身や周囲の状況を見つめ直し、あとは少しだけ慎重になっていつも通り過ごせた良いのだと思います。

そんなことも踏まえた上で、今晩に新月に対して願い事を書く、もしくは明日の早朝に願い事を書くことをオススメしますね。

日本薬剤師会会長(児玉孝氏)が決意の告白「患者よ、クスリを捨てなさい」

img_018320e4fb3f302342d6c109e6ac3bf2142860

日本薬剤師会会長(児玉孝氏)が決意の告白「患者よ、クスリを捨てなさい」
クスリは「毒」である

日本人は「クスリ好き」と言われますが、実際、諸外国に比べて日本でのクスリの消費量は多い。昔から日本人には、何か症状が出たら、とりあえずクスリをもらって治そうとする傾向がありました。

なぜここまでクスリ好きになったのか。かなり古くから、その土壌があったと思われます。漢方薬の本場である隣国・中国から、その知識が日本に入ってきて、緯度や気候も中国と似ていることから、漢方薬に使われる生薬も育ちやすかった。さらに、「富山の薬売り」が全国を回っていたこともあり、一般家庭には置き薬のシステムが定着していました。

そこに輪をかけたのが、1961年から導入された国民皆保険制度でしょう。高齢者の医療費負担がゼロだった時期もあったため、「タダでクスリがもらえるなら、飲んでおいたほうがいい」という雰囲気もあった。病院でクスリを処方されないと不安に感じて、患者さんが自ら「クスリをください」と要求することも増えていきました。

日本で製薬業が発展したことも影響しています。クスリの研究・開発は時間とおカネがかかる知的産業ですから、クスリを作っている国というのは、日本を含めてそれほど多くはありません。クスリが身近に手に入るという面で、日本人は恵まれているのです。

ですが、現代の西洋医学におけるクスリというのは、人工的に作られた化学合成物質ですから、身体の中にはもともと存在しないものであり、「毒」と言ってもいい。できれば飲まないほうが良いものなのです。

こう話すのは、日本薬剤師会会長の児玉孝氏である。

厚労省がまとめた資料(医薬品産業ビジョン2013)によると、日本の医薬品の市場規模は、2011年で9兆3105億円。世界の11・7%のシェアを占め、アメリカに次いで第2位。これだけを見ても、児玉氏の指摘するように日本の市場がいかに巨大か分かるだろう。

人間は高等生物ですから、異物が体内に入ってくれば、それを排除して体調を整えようとして、さまざまな反応を起こします。花粉症なども、まさにその一例です。異物である花粉を排除しようとして、くしゃみや鼻水、涙などの反応が出るのです。これと同じように、クスリも人体にとっては異物であるため、体内に入るとさまざまな防御反応が現れます。

この防御反応が、病気の症状にとって良い作用を起こすと「有効性」となる。逆に、悪い作用となって現れるのが「副作用」です。良い働き(有効性)をできるだけ増やして、悪いほうの働き(副作用)をできるだけ抑えるように作られたのが、クスリというわけです。

つまり、副作用はどんなクスリにも必ずあるのです。漢方薬も、生薬の中に化学合成物質と同じ有効成分が含まれているからクスリとされるのであって、副作用はある。

さらに、必ずしもすべてに当てはまるわけではありませんが、よく効くクスリの多くは副作用のリスクも高いということも知っておいたほうがいいでしょう。

飲んでも病気は治らない

薬局で誰でも買える市販薬より、処方薬のほうが副作用のリスクも高いものが多い。これを「ハイリスク薬」と言いますが、代表的なものに抗がん剤があります。抗がん剤にはがんを叩く強力な効果がありますが、髪が抜けたり、味覚を失ったりと、副作用も強い。中には、かつて毒薬として使われた成分が元になって開発されたものもあるくらいですから、リスクが高いこともお分かりいただけるでしょう。

もう一つ理解しておくべきことは、「病気を治せないクスリ」もあるということです。風邪薬や、高血圧、糖尿病といった生活習慣病のクスリなどが代表的ですが、これらは症状を抑えるものであって、病気を治すクスリではありません。

風邪薬は、熱を下げたり鼻水を止めたり、症状を抑える効果はありますが、風邪そのものを治すわけではない。熱を下げようと思って解熱剤を飲み続ける人もいますが、無理に熱を下げる必要はありません。

発熱しているということは、まさにいま体の中で異物を排除するために防御反応が起こっているということ。その反応を無理に抑えてしまうと、逆に治りが遅くなってしまう可能性もあります。仕事などがあって、どうしても熱を下げないと困るというときにだけ、解熱剤を飲めばいいのです。

また、解熱剤と同様にロキソニンなどの鎮痛剤も、痛みは抑えられても、痛みの原因を取り除けるわけではないですし、長く飲み続ける性格のものではありません。日本では抗生物質の消費量も他国に比べて多いようですが、投与を続けることで耐性ができ、肝心なときに効かなくなってしまうこともあるのです。

超高齢社会の到来に伴って、外科的な処置よりも体に負担が少ない内科的治療を選ぶ人が増え、クスリの消費量はさらに増加していくでしょう。ですが、高齢者はとくにクスリの飲みすぎに気をつけてほしいと思います。

厚労省が昨年発表した資料(平成23年度 国民医療費の概況)によると、一人当たりの年間の薬局調剤医療費は、65歳未満で約3万円。それが65歳以上になると、約12万円と4倍にも膨れ上がる。老化とともに病気は増えるとはいえ、高齢者のクスリの消費量は明らかに多い。

むやみにクスリを飲み続け、いわゆるクスリ漬けという状態に陥ると、臓器に負担がかかった結果、肝機能障害を起こしたり、腎不全となって一生透析を続けざるを得なくなることもある。

クスリは体内に入ると、肝臓で解毒・分解されて、腎臓を通って、最終的に尿として体外へ排出されます。この解毒作用は、誰でも歳を取ると低下していき、肝臓や腎臓に負担がかかりやすくなるのです。

加齢と共に抵抗力が弱まると、異物に対する反応も弱くなり、副作用が起こっていることにさえ気づきにくくなってしまう。副作用を自覚できず、さらに深刻な事態に陥ることも考えられます。

治療の方法や副作用の出方は患者さんによってさまざまです。医師は、患者さんに早く良くなってもらいたいという思いでクスリを処方しますが、他のクスリとの飲みあわせや副作用のことを事細かに考えている時間はないはずです。医療が高度化することで、現場の負担はさらに増えていますから。クスリの飲みあわせの管理や細かい副作用についての説明は、薬剤師の仕事になります。

患者さん側も医師から処方されたものを漫然と飲むだけで、何のためのクスリなのかを理解せずに飲んでいる人が多いのではないでしょうか。

私が実際に経験したケースでは、こんなことがありました。80歳くらいの高齢の男性でしたが、訊くと、26種類ものクスリを処方されていたんです。さすがに驚きました。これほどの量を一度に飲めるわけがありません。

なぜこのようなことになったかというと、3ヵ所の病院にかかっていたからです。関節の痛みだったり、高血圧だったり、さまざまな症状があって、それぞれの専門科にかかっていたらここまで量が増えてしまった。

そこで、26種類のクスリをリストにしてあげて、病院に相談しに行ってもらいました。医師もびっくりしたようですが、結局、26種類からたった6種類にまでクスリを減らすことができた。つまり、それ以外の20種類は必要がなかったわけです。

その高齢男性は、処方されたクスリを飲みきれなかったので、自分で適当にチョイスして飲んでいました。クスリの飲みあわせによる副作用が出なかったことは幸いですが、本当に必要だったクスリを飲んでいなかったため、何の効果も得られていませんでした。

明らかに飲みすぎです

この男性のように、患者さんが自分でクスリの量を調整してしまうことがありますが、これにも注意が必要です。たとえば、一回2錠飲む必要のあるクスリを、一回1錠にすれば半分の効果が出て、一回4錠飲めば効果が倍になるのではと思う人がいますが、どちらも間違いです。クスリは、ある一定量を飲んではじめて効果が出るので、量が少ないと効果がほとんど得られず、一定量以上を飲んでも効果は変わりません。逆に、クスリを2倍量飲んだとき、副作用は2倍以上になる可能性もあるのです。

26種類というのは明らかに異常ですが、一日に何種類以上のクスリを飲んでいたら飲みすぎになるのかということは一概には言えません。けれど、3ヵ所以上の医療機関から計6種類以上のクスリを処方されて飲んでいる人は、薬剤師に一度チェックしてもらったほうがいいでしょう。それぞれの医師が、患者さんの症状を診て処方しているわけですから、同じ効能のクスリが重なって出されていることがあり得ます。

クスリの重複や飲みあわせによる副作用を防ぐために「お薬手帳」がありますが、それだけでクスリを管理するのは、現実的には限界があるかもしれません。

それに代わる方法としては、「かかりつけ薬局」を持つことも有効です。複数の病院にかかることがあっても、自宅の近くなどにかかりつけの薬局があれば、そこで一括してクスリを処方して管理もしてもらえます。患者さんから「このクスリは効かない」「このクスリを飲むと湿疹が出るから替えてほしい」といった相談があれば、薬剤師は処方した医師に確認する義務(薬剤師法に定められた「疑義照会」というシステム)があるのです。

薬剤師というと、処方箋に従ってクスリを出すだけの専門家という印象が強いかもしれません。ですが、クスリに関することは何でも訊いていただいていいんです。処方薬をもらう際、市販薬やサプリメントなどとの飲みあわせの相談でもいいですし、ご自身の体調のことを気軽に相談できる薬剤師を見つけていただきたい。

クスリ同士だけでなく、サプリメントや健康食品とクスリの飲みあわせで、悪影響が出ることもあります。たとえば、血液をサラサラにするワーファリンというクスリは、クロレラのサプリと一緒に飲むと効果が落ちてしまう。こうしたことも、かかりつけの薬剤師に相談できれば、未然に防ぐことができるでしょう。

薬剤師はクスリを売りたがるというイメージがあるのかもしれませんが、それも誤解です。むしろ我々としては、クスリの処方量が減っていくことが望ましい。患者さんの健康を守りながら、最小限のクスリで最大の効果を上げていきたいと思っています。

日本には、昔からクスリが身近なもので、クスリを飲んで病気を治すのが当たり前という感覚が根強くありますが、まずはクスリの正しい知識を身につけ、意識を変えていくことが必要ではないでしょうか。(「週刊現代」2014年4月5日号より転載)

 子どもの頃から「クスリ信者」であり、10代には完全なる「クスリ漬け」となって体調が年々悪くなり、20代の途中から、ようやく洗脳から目覚めて「脱クスリ」をして180度大転換の健康体になった身としては、上記で述べられていることは紛れもない真実のことだと思っています。

もう、何年も“クスリ”と名がつくものを体内にも取り入れず、外傷にもつけていないのか分かりませんが、それでも何の問題がないどころか、むしろクスリ漬け時代からは考えられないほど免疫力も上がり、風邪をひく頻度も激減し、また症状が悪化する前にすぐに完治するようになりました。

それでも、年に1度くらいは40度近い発熱をする時もありますが、そんな時も解熱剤などは一切飲まず、基本的には我が身の自然治癒力を信じて、すべてを委ねて好きなだけ熱をあげさせて放置しておきます。

すると早ければ1日、遅くとも3日以内には自然と解熱し、その後は以前よりもスッキリと元気になるので、今となっては体調を崩すと「デトックスのチャンス」と思って楽しむほどの余裕もあります。

先月に4歳になった息子も、生まれてから一度もクスリというものを口にしたことはありません。当然ながら病院に駆け込んだこともなく、ワクチンもうっかりBCGのみは接種してしまいましたが、それ以外のワクチンは1つもやっていません。

1年ほど前だったでしょうか、役場から「お子さんはワクチンを接種していないようですが、元気にしていますか?」と連絡があり、さらには「状況を確認しに行っても良いですか?」と保護者宛として、自分に直接連絡があったこともあります。

それに対して

「それは構いませんが、なぜ役場の指示でワクチンを接種しなければならないのですか?ところで、ワクチン接種を推奨していますが、ワクチンにどういった成分が入っていて子どもにどんな影響があるのかご存知でしょうか?」

と、ちょっと意地悪な回答をしましたが、それに対しては明確な返答はもらえずに「後日伺いますので・・・」とだけでした。

役場の方もお仕事として仕方なしにこういった確認作業やワクチン推奨をやっているのでしょうが、残念ながら今回対応された方々は熱心な「クスリ(ワクチン)信者」であり、自分達が変なことを言っているのではなく、うちのような家庭(親)の考え方が“異常”であると捉え、むしろ“子どもに虐待している”という認識され持っています。

ということで、実際、本当に「ピンポーン」と数人で家庭訪問にやって来たのですが、息子がピンピン元気にしている様子を見てあっさりと引き去ろうとしたので、その時に彼らに「本当にワクチンやクスリが安全と思っていますか?」と確認しても、苦笑いでそそくさと立ち去ってしまいました。

きっと見た目や身なりからも、変な宗教信者の家庭だったのだと思ったかもしれませんね。

ということで、自分の身の回りでは99%以上が“脱クスリ”の人々ではありますが、世の中全体はまったく逆で、いまだに99%以上の人々が「クスリ信者」「クスリ漬け」となっています。

結局は自分自身のことなので、やめるかやめないかの選択は個人の自由ですが、若者の覚醒剤などの「クスリ漬け」を批判している老人達自らが、ほとんど変わらない「クスリ漬け」に自分自身が陥っていることに気づかず、さらには、若者達に、その医療費の負担を押し付けている現実は、もはや滑稽な笑い話としかなりません。

「人類支配をしている闇の勢力は悪い奴らだ」と大声をあげて反発している人々の中にも、クスリ依存症の人は少なからずいて、それは結果的に製薬会社の利益に貢献しており、その行き着く先は自らが批判している“闇の勢力”に一生懸命貢献していることになります。

冒頭の記事は昨年の出来事ではありますが、いよいよ“クスリ”を専門に扱う薬剤師会のトップまでも、ついに本音を口走りました。お医者さんの中でも、真実に気づき・・・というか、真実(クスリは効かない)を知っていながら隠して生きてきた人々が、もう我慢と良心の限界から本音を口に出す人々が急増して来ました。

それでも、洗脳が深い人々や心身ともに完全にクスリ依存となっている人々は、まだ「心配だから・・・」といって1人、2人の専門家が“脱クスリ”を公言しても耳を傾けませんが、やがてメディアや国家(政治家や役人)までもが、真実と本音を口走る日がやって来るかもしれません。

さすがに、その時にも目覚めない人々は、もうどうなろうと自由ですが、出来れば今のタイミングで多くの人々が“脱クスリ”の一歩を踏み出すことを願っています。

以下は、まだクスリ信者である人々が常備薬として使っている「痛み止め」に関しての情報なので、ご参考までに。

とはいえ、いくら「クスリは効かないかも?」と知識だけで知ってもなかなか改善されないので、まずは実践することが最初の一歩かと思います。

kusuriha

「クスリは飲んではいけない!?」(船瀬俊介・著)
「痛み止め(消炎鎮痛剤)は飲むから痛みがひどくなる!」

◆飲むから痛みはひどくなる。

“痛みどめ”は「病をつくるクスリ。使い続けてはいけない」(安保教授)さらに「飲むから痛みはひどくなる」。

服用しているあなたは、耳を疑うでしょう。

「“痛みどめ”のおクスリを出しておきましょうネ」

医者はやさしく言う。
ありがとうございます。こちらは、少し頭を下げる。
どんな病院でも、見かける光景だ。そもそも“痛みどめ”の薬って、いったいなんだろう?

それは、頭痛、腰痛、ひざの痛みから生理痛まで処方される。それどころか歯医者さんまで抜歯のあと、「“痛み止め”飲んでくださいね」と出す。これらをお医者さんの世界では、消炎鎮痛剤と呼ぶ。 文字通り「炎症」を消して、「痛み」を鎮めるために投与する。

患者が訴えるとありとあらゆる「痛み」に用いられる。
患者は、「これで痛みがとれる。ありがたい」と、医者に感謝する。医者の言うとおり、まじめに服用する。しかし、それが思わぬ悲劇の入り口となる。そんなことは、誰も気づかない。知りもしない。 医者は、絶対に教えてくれない。

◆やめれば痛み、病気も治っていく

これら“痛み止め”の薬は、大別して三種類ある。

①解熱鎮痛剤(昔からある)
②非ステロイド系・消炎鎮痛剤
③モルヒネ

たかが“痛み止め”なのに、こんな種類があることにビックリしてしまう。
安保教授は、「消炎鎮痛剤を常用してはいけない」と厳しくいましめる。

「体調が悪い、病気がなかなかよくならない。このような場合は、何か薬を常用していないかどうか振り返ってみましょう。たとえば頭痛持ちの人や、生理痛で悩んでいる人は、痛みがくるたびに“痛み止め”(消炎鎮痛剤)を使っていませんか」(『「薬をやめる」と病気は治る』 安保徹著)

消炎鎮痛剤を「使い続けてはいけない」理由は、

「作用が強い」、
「交感神経を緊張させ」、
「血流障害をおこし」、
「顆粒球が組織破壊する」、
「炎症を起こし痛む」…。

痛みの原因は、“痛み止め”だった!

先生の著書、『「薬をやめる」と病気は治る』は、まさに言い得て妙。現代医療に対する皮肉というより笑い話だ。

「薬の量を減らしたり、薬をやめたりすることで、現在抱えているさまざまな不調や病気は治っていきます。あきらめることはありません。これこそ、本書が一番伝えたい真実だ。“痛み止め”も同じ。痛みから解放されたかったら、痛みどめをやめなさい。」

◆痛みはクスリの禁断症状

痛みを引き起こすのは体内のプロスタグランジンと呼ばれる成分。消炎鎮痛剤はこの成分を減らす。よって知覚神経がマヒし痛みは、“一時的”に和らぐ。

「痛みが起こるそもそもの原因は、血流障害です。消炎鎮痛剤でプロスタグランジンの産生を無理に抑えてしまうと、血管が閉じ、血流障害はさらに悪化します。 知覚が鈍麻(どんま)して痛みがおさまっても、根本原因である血流障害は改善されないままです」(安保教授)

やれやれ、痛みがとれた、と安心して “痛み止め” を飲むのをやめる。すると、体は血流を再開させるために、再びプロスタグランジンを動員して血管を開く。また痛みがぶり返す。

だから、また“痛み止め”を飲む。 まさにいたちごっこ。早くいえば、消炎鎮痛剤が切れた禁断症状が“痛み”なのです。

だから頭痛持ちなら、「頭痛薬」が手放せなくなる。 病院がドラッグ中毒患者をつくっている。

「非ステロイド抗炎症解熱剤で脳症になる!」浜六郎医師も警告している。
「動物実験でもこの解熱剤を投与した群は 死亡例が10倍に跳ね上がる」という。

◆病院ではまる “悪魔のサイクル”

消炎鎮痛剤の悲劇は、さらにここからが始まりだ。この薬剤は常に交感神経を緊張させ、慢性的な血流障害を起こす。

「血流障害は全身の細胞の活力を奪い、さまざまな病気を招きます。
消炎鎮痛剤を常用している人の中には、血流が途絶えてしまうために冷えや耳鳴り、めまい、頭痛、腰痛を併発している人が少なくありません」(安保教授)

さらに長期使用していると、「怒りのホルモン」と呼ばれるアドレナリンが増加する。 これは毒蛇の毒の二、三倍といわれる毒性をもつ。

それが体内をめぐる。だから気分が悪くなる。イライラ、ムカムカする。

「それに連動して顆粒球が増加し、活性酸素が治療発生し、組織破壊が進みます」(安保教授)

あなたが腰痛を患って、医者を訪ねたとしよう。

<腰痛 → 消炎鎮痛剤を使う → 腰の痛みがぶりかえす → 消炎鎮痛剤を使う → 交感神経の緊張 → 顆粒球の増加 → 血流障害 → 組織破壊(炎症)→ 痛み悪化 → 消炎鎮痛剤の増量 >

「病院に通ってるけど腰痛がひどくなった」という人は、このサイクルに引きずり混まれているのだ。

さらに交感神経緊張は
<……リンパ球減少 → 免疫力低下 → 発ガン・感染症 ……>など万病を 招き、さらなる悲劇を引き起こす。

◆病院でさらに地獄のクスリ漬け

たかが “痛みどめ”されど“痛み止め”…。それが引きおこす病気の数には、めまいがする。これらの症状に悩むひとは、まさか、それが医者が処方してくれる鎮痛剤が、引き金とは死ぬまで気がつかない。

--「便秘」、「排尿障害」、「口の渇き」、「不眠」、「高血圧」、「疲れ」、「だるさ」、「不安」、「恐怖」、「やつれ」、「頭痛」、「腰痛」、「不妊」、「頻尿」、「関節痛」、「子宮内膜症」、「胃かいよう」、「胃炎」、「痔」、「歯槽膿漏」、「白内障」、「急性肺炎」、「膵炎」などなど。 <中略>

◆おなか、お尻が氷のように冷たい

「消炎鎮痛剤」は炎症を抑えて痛みをとる。
そのために血流を止めて患部を冷やす。つまり血流障害を起こす。常用しているひとは、全身が血流障害となる。だから全身が冷える。

「痛み止めを使っているひとは、体がものすごく冷えている。手足やお腹、お尻がまるで氷のように冷たい」。これは臨床現場の医師達の証言。さらに「消炎鎮痛剤を長く使っている人で、頭痛に悩まされている人があまりに多い」。

昔から「冷えは万病のもと」という。
あらゆる病気は血流障害、つまり「冷え」から発病する。 だから”痛みどめ”(消炎鎮痛剤)は、「悪魔の薬」でしかない。

最期に待つのが発ガンだ。「ガン細胞は低体温ほど増殖が激しい」からだ。

痛みどめ → 低体温 → 発ガン・抗ガン剤・放射線 → 免疫力低下 → ガン悪性化 → 衰弱 → …死亡……。

この死のサイクルをたどった犠牲者は、何十万人もいるだろう。 (転載終了)




「THE PROMISED LAND」大イスラエル帝国の建国

20150112200651167

銃撃テロ追悼大行進370万人…パリ解放上回る
 フランスの連続銃撃テロ事件の犠牲者を追悼する大行進について、仏内務省は11日、全国の参加者の合計が370万人に達したとの推計を発表した。

 同国では1944年8月のナチス・ドイツからのパリ解放を上回る市民行動となった。表現の自由への脅威や反イスラム感情を背景とした社会の分断への懸念が広がる中、結束を訴える声はパリから世界各地に広がった。

 このうちパリの大行進には120万人超が参加、約50か国などの首脳級も顔をそろえた。事件の犠牲者の遺族に先導され、市中心部の共和国広場からナシオン広場までの約3キロを、二手に分かれて練り歩いた。大通りは「ヌ・ソンム・シャルリー(私たちはシャルリー)」と記された横断幕を掲げた市民らで埋め尽くされ、「リベルテ(自由を)」などのスローガンが街に鳴り響いた。オランド仏大統領やメルケル独首相、キャメロン英首相ら欧州に加え、中東で対立するイスラエル、パレスチナなどの首脳らも腕を組んで歩いた。日本からは鈴木庸一駐仏大使が参加した。(転載終了)

 フランスにおける前代未聞の大量虐殺テロ事件から1週間。この事件が残した「反イスラム勢力」への影響は治まるどころか、日に日に勢いが増しており、フランス全土、世界中で飛び火して騒ぎが大きくなってきています。

各国の首脳陣も「反テロ」「反イスラム」の姿勢を見せて結束を固めていますが、一方で、この事件において疑惑を持っている首脳陣もいて、ロシア連邦チェチェン共和国のラズマン・カディロフ首長は、このテロ事件は「反イスラム感情に火をつけるため何者かによって計画された行動ではないのか?」「テロリズムとの戦いをしているように装うようで自分は気に入らない」などと公言しています。

ru

チェチェン首長「フランスでのテロ事件の裏には『ある影響力のある勢力』がいる」と推測
ロシア連邦チェチェン共和国のラズマン・カディロフ首長は、自身のInstagramのブログの中で、フランスでのテロ事件の裏には、ある「影響力のある勢力」が存在するとの推測を明らかにした。

カディロフ首長は、次のように書き込んでいる―
「私は、パリでの武器を持たぬ人々の殺害を断固非難する。しかし一方で、これは、反イスラム感情に火をつけるため何者かによって計画された行動ではないのか、あるいは、他の何らかの差し迫ったグローバルな問題から注意をそらそうとの試みではないかとの、疑いも持っている。
我々は、パリで世界の大国のリーダー達が心を一つにして、テロを非難した事を歓迎する。しかし、彼らは、いかなるテロリズムを非難したのだろうか? 世界中のテロリズムなのだろうか、それともフランスだけを襲ったテロリズムだろうか?
なぜ大統領や国王、首相らは一度も、何十万ものアフガン人やシリア人、エジプト人、リビア人、イエメン人、イラク人の死に抗議して、行進の先頭に立たなかったのだろう?
なぜ彼らは、チェチェンの首都グローズヌィで政府庁舎が爆破された時、北オセチアのベスランで学校が襲撃され占拠された時、モスクワのドゥブロフカで劇場が占拠された時、沈黙していたのだろう。昨年12月にグローズヌィで起きた新聞・雑誌会館と学校占拠事件では、50人以上の死傷者が出たにもかかわらずである。もし世界全体が、在野勢力支援を装って、一連の国々全体で、テロリストに武器や資金を与え、彼らを育てるならば、世界中の国々の首都が安全になる事はない。フランスでのことは、テロリズムとの戦いをしているように装うようで自分は気に入らない。」(「ロシアの声」より転載終了)

先日の《パリ銃撃事件もまた「偽旗作戦」か?》でもお伝えしたように、この事件は恐らくは自作自演の計画的な犯行であったことが濃厚だと思います。

その件について、やはり同じようなスタンスで当初から事件の状況を考察していたのが、日本を代表する青い目のサムライジャーナリストのベンジャミン・フルフォードさん

パリ銃撃事件の直後の「国家非常事態対策委員会」の放送の中で、この事件が茶番劇であることを強く語っています。



[フルフォード氏]国家非常事態対策委員会:パリの新聞社で起きた銃撃事件は捏造!?
【パリの新聞社で起きた銃撃事件は捏造!?】 
MC:いつも皆さんからの質問を読んで始めさせていただくんですが、昨日の夜からパリでテロが起こっております。12人も死んでるということで、私たちもびっくりしてるところなんですが、その話をしたらベンジャミンさんから突然、えぇっていうような、すごいお話で、はい!お願いします!

ベンジャミン・フルフォード:これはパリ警察の茶番劇なんですよ。これは、世論操作のための芝居です。前から準備されてるもので、例えば、最初に出た映像で、警察か何かが頭打たれてるシーンが出てるけれども、白い煙が出てるんですよ。白い煙というのは、ブランク(空包)、弾が入ってないやつ。
で、頭が近くから軍用の鉄砲玉に打たれてるのに、穴もないし、血もない、脳みそも吹き出てない。まったくの下手くそな芝居なんですよ。これは、順番でやってる。カナダの国会議事堂でやって、今度オーストラリアのどっかのレストランでやって、パリでやって、全部国際世論捜査のスケジュール通りに動いてるけど、わかってる人は唖然としてるんですよ。こういう下手な芝居で、イスラム教とキリスト教を対立させて、最後に統一宗教を作る長期計画のための、猿芝居。もう相手にするな!そんなくだらない芝居やる連中。騙されてはいけない。冷静に分析してみてください。心配しないでください。そんなことを中国のニュースは流さないわけ。わかってるから。嘘だと。残念ながら日本の新聞とか、ああいう嘘をニュースとしてそのまま流してること、恥ずかしいことですね。


MC:ということで、私もとてもびっくりしてるところなんですけども、私もちょっと不思議だなと思ったところは、警官の人が倒れてるところは見えるんですけど、そのあと最後のトドメをしたっていっても、そこの場面が写ってないですよね。

ベンジャミン・フルフォード:最初映ってたけどバレバレすぎだからカットされた。こういうのは一番最初に出るもの見ないとダメ。で、いろんな人がネットでここがおかしいって言うと、その部分が削られる。後から。とにかくね、誰も死んでないから安心してください。

MC:とてもじゃないけど、それはみなさんびっくりする話ですよ。

ベンジャミン・フルフォード:クライシス・アクターっていう職業があるんです。危機役者といって、何かの事件を演出して与論捜査やる劇団あるんですよ、昔から。それが、最近になって、ネットなどの、みんなカメラ持つから、バレるようになってるんですよ。一回わかると、だんだんと見えるわけ。あ~またかって。

MC:今度は2人が逃げていくところが堂々と見えておりましたけど、その容疑者の一人が自首してきたとかいうことになってますが。

ベンジャミン・フルフォード:とにかく今度順番で行くと、フランスかな、イギリスかな。とにかくこの連中がなんのためにこんなバカなことやってるのかわかんないけど、今更あんなことやって、恥ずかしくないのか?お前たち!

MC:なんか一人自首してきたっていうのどっかで見ましたね。

ベンジャミン・フルフォード:最初から脚本に書いてるから、気にするな。とにかくこういう話すること自体、あの人たち相手にしてるから、あんなくだらないやつ相手にもしたくないから。質問行きましょう!

MC:わかりました(笑)

(中略)

【Q,イスラエル国民はアシュケナージユダヤ人?】

ベンジャミン・フルフォード:世界情勢で言うと、一番ニュースに出てなくて大きなことは、中近東なんですよ。デンブカーというイスラエル政府がパイプ持ってるサイトによると、エジプトの軍隊が、シナイ半島に入ったんですよ。ものすごい数の戦車とか。それがイスラエルのすぐ近くに入ったということは、何が起きてるかというと、あの地域の地図を塗り替えようとしてるんですよ。

今サウジアラビアの王様もやめようとしてるわけ。イスラエル軍とエジプト軍が共同で戦おうとしてる状況なんですけど、なんでかというと、シリア、トルコ、イラン、あとペンタゴンの人たちが、中近東の平和のためにその地域の紛争を起こしてる連中の大掃除をやってるわけ。ISISというインチキな、イスラム教ではないイスラエルの問題起こす役者劇団も、片付けようとしてるんですよ。とにかくあのところでいつまでも悪さやってる連中はこれから封印されようとしてるってことですね。非常に歴史的な変化。次は南北朝鮮統一。あと日本と朝鮮半島の連携プレーが予定されてるというふうに聞いてます。

あと、確かにユダヤ人、アシュケナー人とか結局イスラエル人が目が覚めて、自分たちの先祖は、あの地域の人ではなくて、今のウクライナから来たってことがみんなわかるようになったんで、じゃあなんでこの国に住んでるのかっていう素朴な疑問を持つようになったから、このプロジェクトをこれからうまい具合に円満に終わらせて、洗脳されたユダヤ人を洗脳から助けるという準備、プロセスがはじまってる。本当の歴史、本当の事実に自分たちの過去を学び直す時期が来ている。
(転載終了)

事件が自作自演の茶番劇であることの内容はさておき、ここでベンジャミンさんは、この事件の背景にある中近東の情勢について重要なポイントを伝えています。

「あの地域の地図を塗り替えようとしてる」と・・・。

旧約聖書の創世記には、以下のような記述があります。

Genesis 15 18 : On that day the LORD made a covenant with Abram and said, "To your descendants I give this land, from the river of Egypt to the great river, the Euphrates--

エジプトの川(ナイル川)から、ユーフラテス川までをユダヤ人に与える。そう、神がユダヤと契約した

14

「THE PROMISED LAND」。中近東に建国するユダヤ念願の「大イスラエル帝国」

聖書の中には、ユダヤが中東に広大な帝国を建設すると予言されており、この予言を成就させるために死に物狂いで用意されたシナリオを忠実に遂行しているのが、一部の熱狂的な“ユダヤ教徒(シオニスト)”です。

それが通称「偽ユダヤ人」「金融ユダヤ人」と呼ばれる、近代イスラエル国家を意図的に建国したハザール王国(北コーカサス地方)の末裔で後にユダヤ教に改宗した白人系「アシュケナージユダヤ人」です。

世界のユダヤ人の9割ともいわれるアシュケナージユダヤ人ですが、前述したように暴走しているのは、この一部の狂人となっているグループや家系であり、彼らがイスラエル建国に限らず、アメリカ建国から乗っ取り、911テロから世界中の大事件、大戦争、さらにいえば大災害までも意図的に引き起こして歴史を動かしています。

そんな彼らの最終目標が「神がイスラエルの民に与えると約束した土地(The Promised Land)」に大イスラエル帝国を建国することであり、そのために必要な世界大戦を引き起こそうと最終段階のステージに入っています。

すべては、この最終戦争に向けて数千年以上もの長い年月をかけて準備していた計画であり、古代より人々を洗脳して宗教を生み出し、やがて「イスラム教」「キリスト教」の双方を手玉にとって操り、対立を生み出して衝突させる策略を今も遂行中であります。

この大イスラエル帝国の構想案では、シリア、レバノン、ヨルダン、イラク、エジプトの一部が取り込まれており、その地域は常に紛争や革命などが起こって治安が不安定であります。

そして、大イスラエル帝国の東の端はユーフラテス川であり、そこにあるのはイラクという国。

なぜ、911テロが引き起こされ、なぜ、イラクは大量破壊兵器がなかったのに戦争に巻き込まれたのでしょうか?

単なる報復戦争ではないのは明らかですが、その背景にあるのは戦争によるお金稼ぎ、石油資源の争奪戦等々、色々な意味もあるものの、最大の目的は、この大イスラエル帝国の建国のためだと思います。

イラク侵略戦争後、アメリカの送り込んだ暫定占領当局が最初に行った改革は「イラクの土地を外国人が購入することができる」ようすることだったそうです。その後、ユダヤ人によって相場の3倍の高値で北部イラクの土地が買い漁られたようです。

果たして、このまま世界は彼らの目的通りに「世界大戦」「大イスラエル帝国」が建国され、予言成就となるのでしょうか?

残念ながら、そうは問屋が卸さないのが、この地球を舞台とした映画の最終章であり、偽ユダヤ人がもっとも恐れ、一部の残された正統ユダヤ人の末裔が心底待ち望んでいる“救世主”は、太陽の昇る東の国からやって来ると言われています。

いよいよ、本当の意味で世紀末となった今、ここから本当のユダヤ人(YAP-遺伝子)の末裔である日本人の出番と役割が始まると思います。

すべては「地球環境を取り戻して生態系と惑星を維持する」という地球人としての自覚とモラルを世界中の人々に伝え、支配者達が望むのとは別の「ワンワールド」を実現するために・・・。そのために、ムー、および縄文スサノオ時代からグループ転生した人々が、今着実に動き出しています。

電磁波対策が放射能対策になる?

「電磁波防御商品」ポイント2倍キャンペーン
11
30

 今年から放射能対策における情報をお届けするとお伝えしましたが、前回の“ラジウム石(温泉)”に続き、実際に身につけるものとして便利なため、個人的に重宝しているのが「テクノAO」シリーズ。

これは世界の科学アカデミーにも出入りしている電磁波研究の権威者「増川いづみ博士」が中心になって開発プロデュースした製品ですが、開発費は17億円以上、開発・臨床時間は10年以上もかけ、現在は世界中に普及しているハイクオリティな電磁波対策製品です。

その効果は、国際基準の臨床データで証明されており、心身の細部からホルモンやDNAに至るまで、あらゆる分野における臨床実験で有効的な結果が出ています。

《臨床データ:電磁波から健康を守る「テクノAO」をご参照》

55

「電磁波対策が放射能対策になる?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、広義では放射線も電磁波の一部であり、違うのは周波数と波長だけとなります。

そのため、携帯電話や家電製品から放射される電磁波も、長時間にわたって“被ばく”すると細胞の破壊やDNAの損傷などの健康被害が及び場合があり、その中で実際に現在問題となっているのは「携帯電話の基地局」からの電磁波です。

001

2012年には、福岡県太宰府市の小学校で健康被害と携帯電話の基地局からの電磁波に深い関連性があると九州大学の研究グループが発表しました。

また昨年秋には、同じく携帯電話の基地局からの電磁波で健康被害があったと住民がKDDIに提訴した出来事が起こったのも記憶に新しいことです。

《携帯電話基地局の電磁波で健康被害?住民がKDDIを提訴 携帯業界に大打撃の可能性も》

携帯電話に限らず、家電を含めて電磁波による健康被害が大きいことは欧州では常識レベルであり、国民は当然理解しているだけでなく、国家が主導となって法律で電磁波も規制しています。

52

先日のマクドナルドの記事でも、日本は海外に比べて食品添加物の安全性が極めて低いことをお伝えしましたが、食品だけに限らず、この電磁波問題も同様に企業の利権が絡んでおり、海外の常識が日本の非常識となっていて、電磁波の規制も完全に野放し状態となっています。

そして、ついに2013年には長野県木曽町において「携帯電話の基地局近くで奇形植物が続々と出現」という記事が大きな話題ともなりました。

ReportsIMG_J20130912172840
※携帯電話の基地局の近くで現れたナスビの奇形。数本のナスビが野球グローブのように連なっている。(長野県木曽町で黒薮が撮影)

携帯電話の基地局設置後、周辺で奇形植物が続々と出現 電磁波と複合汚染の懸念(「My News Japan」より)
 携帯電話の基地局周辺で奇形植物が出現している――そんな住民からの情報をもとに、長野県の木曽町と伊那市の現地に赴き取材すると、ナスビやヒマワリ、クローバ、キュウリ、タンポポなどに奇形が現れていることが分かった。地元紙『信濃毎日新聞』には読者からの奇形植物の写真が多数投稿され、「公害」の認識がないまま「珍現象」として紹介されていることも分かった。生態系破壊の原因を基地局の電磁波だけに限定することは出来ないが、木曽町の学童保育所に勤める鈴木真美さんは「基地局が設置された後、あまりにも集中して奇形植物が現れた事実は重い」と証言する。木曽町と伊那市では、基地局設置と連動して奇形が出現しており、因果関係がある可能性は高い。WHO傘下の国際癌研究機関が2011年に携帯電磁波(高周波電磁波)の発癌可能性を認定しており、「基地局リスク」は否定できなくなっている。自然界が発する人類への「警鐘」を報告する。  

tinyReportsIMG_I20130912171223
※(上)巨大化したクローバ。幅が13センチ。(下)巨大化したクローバと普通のクローバを比較した。(写真提供=鈴木真美さん)

 長野県木曽町に住む鈴木真美さんが、わたしに示した奇形のナスビ(上記写真)は、「紫色の野球グローブ」を連想させた。通常、ナスビは幹から分かれた茎の先に実をつける。楕円形(だえんけい)の果実が、ひとつだけ垂れ下がる。しかし、目の前の奇形ナスビは、茎から5つか6つの果実が扇状に広がっている。

 しかも、グローブのように、親指にあたる部分の果実だけが離れていて、その他の部分は境なく一体化している。正常なナスビの形とはほど遠い。

 「これは今年になって携帯基地局の近くにある友人の畑から見つかったものです」

 鈴木さんが案内してくれた畑は、御嶽山のふもと、濃い緑の山々の間に広がる集落の、ほぼ中心に位置する。

 ここから目視できる携帯基地局は3基。このうち最も近距離にあるのは、山腹を背にしたソフトバンクの基地局で、畑から350メートルぐらいの距離である。

 だが、携帯基地局から発せられる電磁波が奇形ナスビを生み出した、とこれだけで結論付けることは、もちろんできない。

 地球を取り巻くオゾン層の減少によって生じている紫外線の悪影響など、多種多様なかたちで生態系を脅かす要因を考察するのが、常識になっているからだ。米国のケミカル・アブストラクト・サービス(CAS)が1日に登録する新しい化学物質の数が、約1万5000件に達する時代である。

tinyReportsIMG_H20130912143151
※(上)ヒマワリの裏面から別のヒマワリが。(下)キュウリの果実から、別のキュウリが。(写真提供=鈴木真美さん)

環境は常に変化している。念を押すまでもなく、福島第1原発がまき散らし続けている放射能の影響も否定できない。奇形植物が出現している原因は、「複合汚染」という視点から考えなければ片手落ちになる。

 とはいえ木曽町に現れた奇形植物は、携帯基地局からの電磁波が直接の引き金になった可能性が極めて高い、というのが、今回取材した結果としての感触である。

 木曽町で奇形直物の問題を発掘したのは、鈴木さんが代表を務める「タンポポ・プロジェクト」という住民団体だ。

 結成の発端は、2007年3月に鈴木さんが勤める学童保育所から70メートル離れた所にある町有地に、NTTドコモが基地局を設置したことである。

 近くには、民家は言うまでもなく保育所、小学校、それに中学校など子供が集団生活を営む施設もあった。

tinyReportsIMG_G20130912113047
※(上)双子のトマト。(下)双子のニンジン。(写真提供=鈴木真美さん)

◇児童に鼻血や頭痛の症状

 電磁波が人体に与える影響を知っていた鈴木さんは、PTAの役員らの協力を得て、町役場と交渉した。町長も最初は、電磁波の健康被害には懐疑的だった。自治会長、役場担当も逃げ腰で、取り合わないという。しかし熱心に交渉した結果、「教育施設から400メートル離れた移転地が見つかり次第に撤去する」という約束を取り付けた。

 基地局が設置された場所が町の所有だったうえに、木曽町には「まちづくり条例」があったので、町長は住民自治の精神を尊重し、鈴木さんたちの声に耳を傾けざるを得なかったのだ。住民が粘り強く行動力した結果だった。

tinyReportsIMG_F20130912113048
※茎が帯状に巨大化したタンポポ。(写真提供=塩田永さん)

 だが代替地の選定に入る前に、悲劇が襲った。基地局からの電磁波が原因と思われる健康被害がさっそく現れはじめたのである。たとえば鈴木さんが勤める学童保育所では、児童が突然に鼻血を出したり、頭痛を訴えるケースが見られるようになった。これらの症状は、基地局周辺で観察される典型的な症状の代表格である。

 そこで鈴木さんたちは、健康被害の実態を把握するため、同年の11月にアンケート調査に乗り出した。すると以下の通り、過半数に影響が出ていることがわかったのである.....(転載ここまで)

まるで放射能汚染による被害と同じような現象や症状が環境にも人体にも起こっているわけですが、確かに一部は福島原発由来の放射能の影響も含まれているかもしれませんが、やはり携帯電話の基地局近辺でこういった現象が起こっているのは、偶然ではなく因果関係があるようにしか思えません。

いずれにしても、家の中でも外でも放射能から電磁波などの人工的な環境汚染にまみれているのが現代社会であり、これを完全に防いで生きていくのは困難であるため、いかに影響を受けなくするかが大事だと思います。

39
※自分のスマホケースには携帯電話用と一般家電用とさらに非売品のテクノ(中央)も・・・

そんな中、増川博士が開発した「テクノAO」は、スマートフォンに「携帯電話用(MP12)」「一般家電用(PC15)」の両方をつけておけば、携帯本体や基地局からの“電波”の周波数から、携帯電話のパソコン機能から出る電磁波の周波数まで幅広く“補正”が可能であり、普段は必要以外には側に置きたくないスマートフォンが、思わぬ形でお守り代わりになります。

genri3

なお、テクノAOは“補正”という言葉を使ったように、電磁波そのものをブロックして遮断するものではなく、電磁波によって人体が被ばくしても、脳波を補正することで「影響を受けなくする」電磁波対策となります。

というのも、マイクロ波や高周波であれば、波長が粗いので物理的に遮断も可能ですが、携帯電話の電波を中心とした“超低周波”は、コンクリートまでも透過するほど波長が細かく、現代の技術と生活環境の中では物理的遮断して日常生活を送るのが難しいため、こういった電磁波対策が必要となっています。

kamejiro
亀治郎さんのコメント
公演の前は役柄の研究の為にビデオを見る機会が多くなるせいか、頭痛や目の疲れ、疲労感でつらい思いをしていました。でもそれが当たり前の毎日になっていたので、特に自分で意識をしていなかったのですが、「テクノAOエネルギーバランサー」を部屋に置いてからは、長時間ビデオを見ていても疲れずに、情報もクリアに頭に入ってくる感じがするのです。仕事が終わって自宅に戻るととても居心地がいいんです。

高圧電線の下に住んでいるなどの、よほどの電磁波被害が深刻な環境にいる、もしくは電磁波まみれの職場環境などであれば、やはり「エネルギーバランサー」がもっとも有効的な製品ではありますが、まずは一般家電用や携帯電話用、もしくはペンダントトップなどをお試し頂くのが良いかと思います。

冒頭にもご紹介しましたが、今月はエネルギーバランサーも「ポイント2倍キャンペーン」でお買い得となっています。

《テクノAOの商品一覧はこちら》

《使用者の声》
20


繰り返しになりますが、スマートフォンであれば「一般家電用(PC15)」「携帯電話用(MP12)」の2個付けが有効的です。

一般家電用は有効範囲が広いため、スマートフォンにつけたままでお守り代わりになりますが、携帯電話用は有効範囲が狭いため、外出時も“電波”対策を常時したい場合には、ペンダントヘッドを使ってネックレスやチョーカーとして活用して頂けたらと思います。

sugiyama

胸腺に近い場所にテクノAOをつけるのは、電磁波対策だけでなく、ホルモンバランスやエネルギー調整にもなるようです。

いずれにしても、放射能対策とは、放射能そのものに注意するのももちろんですが、普段より電磁波対策や食事に気をつけるなどして日常的に免疫力を高めておくことが重要だとは思います。
オーガニックヘンプ食品

11061550_545b1a4010c5c

オーガニック ヘンプナッツ
《商品ページはこちら》


11061821_545b3d7e0a519

オーガニック ヘンプオイル
《商品ページはこちら》


11071700_545c7c1a3fc66

オーガニック ヘンプパウダー
《商品ページはこちら》
セール商品
最新記事
facebook(滝沢 泰平)
facebook(天下泰平)
レインボーチルドレン
目覚めよ<<宇宙の雛型>>スーパー日本人!
今ここ日本列島が<<ノアの方舟>>となる
宇宙のヘソ富士山と共にアセンションせよ
これから10年「世界を変える」過ごし方


天下泰平メルマガ(無料)
やつはの会員登録(無料)をすることで毎週月曜日に会員メルマガが届きます。

会員登録ページ
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ