天下泰平 イメージ画像

更新情報

今、健康を意識している人達の中でブームになっている「春ウコン」。ブログの記事でも何度か取り扱ってます。 http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51686340.html ブームの火付け役となったのは、なんといっても「春ウコン研究会」です。 ■ 春ウコン研究会 http://
『専門家も認める「ゼオライト」の必要性』の画像

3月5日の新月に合わせて、祈り投稿サイトである「宇宙への短冊」というものをオープンしました。 それは、3月9日から始まるコルマンインデックスの第9サイクルに伴い、これから先は日本も世界も大激変(大難)が予想されていたので、少しでもそれを緩和させる(小難に
『2011年4月3日(23時32分)“ 新月の祈り ”』の画像

海外からの詳細のデータを集め、いつも有効的な情報を教えてくれるサイトに「ヤスの備忘録」があります。 その中で、本日4月2日に関する情報と、水道水の安全性に関する情報があったので、参考までに転載致します。 ▶ ヤスの備忘録より転載 http://ytaka2011.blog105.fc
『基準値を変更した水道水の安全宣言』の画像

ここ数日、ようやくテレビで「ゼオライト」の話題が出て来たようです。 1つは、3月29日放送のNHK「ニュースウオッチ9」において、東京大学大学院の岡本孝司教授が、「ゼオライト」を使って原発の高濃度の放射性物質を含む汚れた水を処理する方法を説明していたそう

現在のところ、震災による被害総額は、25兆円前後にまで及ぶと報道されていますが、原発問題の展開次第ではその金額は天文学的な数値になる可能性もあります。 潜在的な影響も含めると桁が1つ変わるでしょうね。 特に地震の被害によって、日本を支えている機械や自動車

「悪神よ、日本の国をここまでよくも穢したな。これで不足はあるまいから、いよいよこの方(ほう)の 仕組み通りの、とどめにかかるから、精一杯の御力でかかりて御座れ。学問と神力の、とどめの戦ざぞ」 (『松の巻』第18帖) 中矢伸一さんが、日月神示の引用をホームペ

テレビ出られて福島原発の放射線について「安全だ」と言っておられる専門家の方に自重を求めたいと思います。 わたくしたち原子力の専門家は、原子力や放射線の正しい利用を進めるために、国際的な勧告や放射線障害防止に関する法律を厳しく守ることを進めてきました。 決し

核爆発でできた放射性物質がどのくらいの時間でなくなっていくかということには一つの目安があります。 1) できた瞬間から4日目までに1000分の1になる、 2) 4日前から4ヶ月の間に、さらに10分の1になる、 3) 4ヶ月から後はあまり変わらない。 最初に1000分の1に

乳幼児がいらっしゃるご家庭の人々は、今回の水汚染で様々なことに敏感になっている方も多いと思います。 先日もご紹介しましたが、かなり信頼度の高い情報を発信して下さる、武田邦彦教授(中部大学)が「赤ちゃんのお風呂は大丈夫か?」についての見解を示しているので、

今回の震災を踏まえた上で、経済予測のスペシャリストである朝倉慶さんの今後の日本経済の見通しが出たので、転載させて頂きます。 厳しい見解ですが、事実だとは思います。 やはり、物価上昇、食糧不足などは避けられない現実となりそうなので、個人の買い占めではなく、

↑このページのトップヘ