天下泰平 イメージ画像

更新情報

コロナストレスは畑で解消。 自粛自粛の世の中ですが、自然界は自粛している余裕もなく、八ヶ岳は桜が美しく咲き誇っており、すっかり農業も本格的な季節へ。 もはや夏休みを超える長期休暇で暇をもてあそぶ八ヶ岳の子供達を連れ出し臨時農業学校の開催。 小学校低学
『コロナストレスは畑で解消』の画像

ウイルス対策には湿度を40%から60%に保つのが有効。 室内の湿度レベルがウイルスの移動速度に影響を与える=研究者 インフルエンザウイルスなどをはじめ、ウイルスが一定の湿度に弱く、特に40%から60%の湿度環境内だと活動できずに感染リスクを大きく抑えることができる
『ナノミストテクノロジーによる加湿器「ナノリフレ」再販スタート』の画像

MAYIM TV(滝沢泰平×長典男 4月対談)「緊急事態宣言から一夜明けて」 <内容紹介> 日本は検査ができない? インフルエンザもコロナウイルスに? 人口削減が目的のコロナウイルス さらなる人口削減が目的の時限爆弾コロナウイルスワクチン 緊急事態宣言と非常事態宣言は
『MAYIM TV(滝沢泰平×長典男 4月対談)「緊急事態宣言から一夜明けて」』の画像

緊急事態宣言の発令とともに始まる異常事態の日本社会。 1ヶ月で終息するのか、それとも1ヶ月後にはもっと未知なる領域に入るのか。 「国家非常事態の中、官民一体となって、この危機を乗り越えていこう」 「我々はコロナウイルスに勝つ」 今回の 「敵(悪者)」 はウ
『ウイルスの危険性からワクチン接種へ』の画像

日本のコロナ騒動も首都圏や大都市を中心に緊急事態宣言へ。 表世界の情報も展開が目まぐるしいですが、裏世界の情報もまた展開が目まぐるしいもの。 以前より、現在起こっている世界的パンデミックについては、主に3つのパターンがあるかもしれないと伝えていました。 A
『少しずつ明らかになる偽パンデミック情報』の画像

新型コロナに続き「世界的食料危機」の恐れ、国連とWTOが警告 【AFP=時事】現在進行中の新型コロナウイルス危機に当局が適切に対応できなければ、世界的な食料不足が発生する恐れがあると、国連専門機関の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)、関連機関の
『来たるべき食料危機に備えて』の画像

発生当初から、コロナウイルスの感染者数と5G導入国との関連性が指摘されていましたが、今もなお、その噂は広がっており、ついにイギリスでは5G基地局が燃やされるという事件にまで発展しました。 Mast fire probe amid 5G coronavirus claims pic.twitter.com/WUr5NHruyO
『5G普及地域とコロナウイルスの関係性』の画像

中部大学の武田邦彦先生は、自身のYouTubeにて 「日本の感染は拡がっていない」 「自粛する必要がない」 と声を上げています。 各国の感染者のグラフ推移を見ると、日本以外の国々は、わずか3週間ほどで10万人の感染者が出ているのにも関わらず、日本は僅か1000人に
『「日本の感染は拡がっていない」中部大学の武田邦彦先生』の画像

我が家にも話題の書 「マテリアメディカ(上下巻)」 がやってきました。 ホメオパシーの世界的権威者である森井啓二先生の叡智がテンコ盛りのバイブル書。 令和の時代、2020年以降は、医療や健康分野も大きな転換期となり、その中でホメオパシーの持つ役割は非常に重要
『物質的な側面、目に見える領域だけの医療からエネルギーの側面、目には見えない要素の両方をバランス良く生かす治療へ』の画像

↑このページのトップヘ