天下泰平 イメージ画像

更新情報

インドのコルカタには、 マザー・テレサの家(マザーハウス)がありました。 コルカタの聖テレサ、マザー・テレサといえば、貧しい人々を救ってきた世界的有名な修道女。 「暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい。 所有すればするほど、とらわれて
『マザー・テレサの家』の画像

今日3月5日は、自分にとって思い出深い日の1つです。 今から7年前、初めて事業をスタートした記念日であるからです。 2011年03月05日「優良星に向けて」 この日、今の「やつは -八ヶ岳Life Shop-」の前身となる「tenkataihei.shop」をオープンしました。 ホームページも
『事業開始から7年目』の画像

さて、約2週間ぶりに日本に戻ってきました。 気づけばすっかりカレンダーも3月に。 学生にとっては進級や卒業の節目となる3月ですが、宇宙にとっては大きな始まりのタイミングの月。 2017年3月21日は春分の日であり、太陽が1時15分の春分点に牡羊座に入ります。 「12星
『3月21日は宇宙新年の幕開け』の画像

インドの旅も終えて、バンコクで乗り換えて現在はタイのチェンマイに来ております。 チェンマイには、うさと服のデザイナーさとううさぶろうさんの本拠地「USAATO SIAM」があり、ここにもう3日間ほど滞在させて頂いております。 実に4年ぶりの訪問ですが、ここはまさ
『さとううさぶろうと行くオーカス島』の画像

釈迦の足跡を辿る旅から一転、コルカタでは毎日日印文化交流の日々。 といっても、自分自身は文化人の皆様にお供させて頂いているだけですが、領事館なども絡んだイベントだったりもして、新聞やテレビ、インターネットニュースをはじめとするメディアでも、すっかり今回
『タゴール国際大学』の画像

カオスの中にも調和あり。 インドに来て感じたことの1つです。 「信号と車線は飾り」 現地ガイドが、ブッダガヤなどの地方のインドの道路事情について、こう説明していましたが、とにかくインドの交通状況は田舎も都会も基本的に超カオスです。 もう車からバイク、自転
『インド番外編「カオスの中にも調和あり」』の画像

さて、仏跡を辿る釈迦の世界も終わって、ただいま大都市コルカタへ来ております。 コルカタ。 昔、学校の世界史ではカルカッタと習ったような気がしましたが、このカルカッタは、もともと「カーリカタ」という呼び名であり、これは「カーリーの町」という意味だそうです。
『破壊と創造の神シヴァ、そしてスサノヲ』の画像

インド2日目は、シャカ族の王子「ゴータマ・シッダールタ」が悟りを開いた場所「大菩提寺」へやってきました。 まさに、この菩提樹の下でシッダールタは悟りを得て「ブッダ(悟りを開いた者)」となったのです。 ここには金剛宝座という悟った聖地ポイントがあり、今は柵
『誰もがブッダ(覚者)でありキリスト(救世主)』の画像

タイ経由から遠路はるばる、ようやくインドへ入りました。 最初に入ったのは、ブッダガヤという場所。 ブッダガヤは、なんといっても「釈迦(ブッダ)が悟りを開いた場所」として有名な仏教最高の聖地です。 菩提樹の下で釈迦が覚醒しブッダ(悟りをひらいた)となった、
『インド滞在初日「印度山日本寺」』の画像

みなさん、サワディーカップ(こんにちは)。 ただいま、タイのバンコクのスワンナプーム国際空港でインドへの乗り換え待ち中です。 スワンナプーム国際空港のターミナルビルでは、なんとも立派なディスプレイが待ち受けていました。 蛇のような龍を両端から引き合ってい
『ヒンドゥー教における天地創造神話の乳海撹拌』の画像

↑このページのトップヘ