天下泰平 イメージ画像

更新情報

お中元の季節。 ご好評だった「奄美大島の無農薬パッションフルーツ」は、本日を持って受付終了となります。 せっかくお中元などで大切な人に贈る物となれば、果物でも野菜でもオーガニックなもの、食品でも無添加の安全で美味しいものにこだわりたいところ。 やつはは、
『発酵黒にんにく Black SUN』の画像

《“やつは”メールマガジン(NO.328)》( 2018年7月30日 号 ) ********************************** 今日の小言  「これから始まる海面上昇について」 ********************************** 先週末、皆既月食の夜は「八ヶ岳さろん星の雫」にて満月会。 2014年から始
『これから始まる海面上昇について』の画像

今世紀最長の皆既月食の次は、台風の話題。 先月の大阪の地震から始まり、西日本の豪雨、日本列島の猛暑に続いて、今度は異例の台風が接近中です。 1951年からの観測史上初となる、東から西へ進む予想の今回の台風12号。 豪雨も猛暑も“史上初”のオンパレードが続いて
『東から西へ異例の進路となる台風と、その後の自然災害に警戒』の画像

明日の未明は、今年2度目となる皆既月食です。 月食は、太陽と月の間に地球が入り、太陽・地球・月の順番に一直線に並んだときに地球の影に月が入り、月が欠けて見える現象です。 今回、午前4時30分から6時13分までの1時間43分の長さの皆既月食は、21世紀最大の長さと言わ
『今世紀最長の皆既月食と15年ぶりの火星の大接近』の画像

未来のミライ(あらすじ) とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家―ある日、甘えん坊の男の子・くんちゃん(上白石萌歌)に、生まれたばかりの妹がやってくる。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。そんな時、くんちゃんはその庭で自分
『賛否両論の映画「未来のミライ」を観て』の画像

毎年、7月25日はマヤ暦における「13の月の暦」で「時間をはずした日(DAY OUT OF TIME)」。 「13の月の暦」は、マヤ暦研究の第一人者であるホゼ・アグエイアス博士夫妻の研究によって提唱された太陽暦であり、1ヶ月28日、1年13ヶ月で構成されています。 そして28日×13ヶ
『今日は「時間をはずした日」、そして逆行ラッシュの夏休み』の画像

明日から2日間は、“やつは”で“うさと”。 タイのチェンマイの村で作られた、ヘンプ、コットン、シルクの手織り・手紡ぎ・草木染めを中心としたうさと服の展示販売会です。 自然をそのまま纏(まと)う、うさとの命の服は、本当の自分に還る服。 それは、宇宙(う)の
『明日から2日間は“やつは”で“うさと”』の画像

猛暑の三連休は、八ヶ岳宇宙学校。 2日目の午後と3日目は、森井啓二先生との瑞牆山登山合宿でしたが、初日から2日目の午前までは炎天下の中の農業づくし。 熱中症にならないように、十分に気をつけながらも、夏野菜の大量収穫でした。 大根、ニンジン、ズッキーニ、エン
『未来の村プロジェクト(学校編)』の画像

↑このページのトップヘ