天下泰平 イメージ画像

更新情報

インドの旅も終えて、バンコクで乗り換えて現在はタイのチェンマイに来ております。 チェンマイには、うさと服のデザイナーさとううさぶろうさんの本拠地「USAATO SIAM」があり、ここにもう3日間ほど滞在させて頂いております。 実に4年ぶりの訪問ですが、ここはまさ
『さとううさぶろうと行くオーカス島』の画像

釈迦の足跡を辿る旅から一転、コルカタでは毎日日印文化交流の日々。 といっても、自分自身は文化人の皆様にお供させて頂いているだけですが、領事館なども絡んだイベントだったりもして、新聞やテレビ、インターネットニュースをはじめとするメディアでも、すっかり今回
『タゴール国際大学』の画像

カオスの中にも調和あり。 インドに来て感じたことの1つです。 「信号と車線は飾り」 現地ガイドが、ブッダガヤなどの地方のインドの道路事情について、こう説明していましたが、とにかくインドの交通状況は田舎も都会も基本的に超カオスです。 もう車からバイク、自転
『インド番外編「カオスの中にも調和あり」』の画像

さて、仏跡を辿る釈迦の世界も終わって、ただいま大都市コルカタへ来ております。 コルカタ。 昔、学校の世界史ではカルカッタと習ったような気がしましたが、このカルカッタは、もともと「カーリカタ」という呼び名であり、これは「カーリーの町」という意味だそうです。
『破壊と創造の神シヴァ、そしてスサノヲ』の画像

インド2日目は、シャカ族の王子「ゴータマ・シッダールタ」が悟りを開いた場所「大菩提寺」へやってきました。 まさに、この菩提樹の下でシッダールタは悟りを得て「ブッダ(悟りを開いた者)」となったのです。 ここには金剛宝座という悟った聖地ポイントがあり、今は柵
『誰もがブッダ(覚者)でありキリスト(救世主)』の画像

タイ経由から遠路はるばる、ようやくインドへ入りました。 最初に入ったのは、ブッダガヤという場所。 ブッダガヤは、なんといっても「釈迦(ブッダ)が悟りを開いた場所」として有名な仏教最高の聖地です。 菩提樹の下で釈迦が覚醒しブッダ(悟りをひらいた)となった、
『インド滞在初日「印度山日本寺」』の画像

みなさん、サワディーカップ(こんにちは)。 ただいま、タイのバンコクのスワンナプーム国際空港でインドへの乗り換え待ち中です。 スワンナプーム国際空港のターミナルビルでは、なんとも立派なディスプレイが待ち受けていました。 蛇のような龍を両端から引き合ってい
『ヒンドゥー教における天地創造神話の乳海撹拌』の画像

さて、これから空路はるばる日本からインドへと旅立ちます。 その後、タイにも寄る予定なので、約2週間ほど日本を離れます。 ネット環境次第ですが、できる範囲にて現地レポートとしてブログやFacebookも更新していこうと思っていますが、環境が悪くしばらく更新できない
『聖イッサ伝とイエス・キリスト、スサノオの本拠地であるインド』の画像

ディジュリドゥ奏者のKNOBさん。 もう、すっかりお馴染みでご存知の方も多くいるかもしれませんが、初めてお名前を耳にする方もいるかもしれません。 KNOB(ノブ) 本名 中村亘利 雅号 恒堂 13歳からダンスを始め芸能界で活動後、25歳の時にオーストラリアにて先住民
『滝沢泰平  ∞  KNOB ー いま ぼくが、、、ー(満席)』の画像

「地球を変える男」の大政龍晋博士。 放射能を無害化させるだけでなく、セシウムをプラチナに変えてしまう錬金術師であり、そして、ついには水からガスを発生させて燃やしてしまう「オオマサガス」を生み出し、今となっては世界的に注目されている研究者の1人となっていま
『あの燃える水の“オオマサガス”が作った水「αトリノ水」が発売』の画像

↑このページのトップヘ