暗号研究者達が現在こぞって解読にはまっているのが聖書です。

3000年以上前に書かれた旧約聖書には人類史上最大の暗号が隠されてました。

旧約聖書はヘブライ語で書かれてます。
そのヘブライ語を等間隔で拾っていくと様々なキーワードが出てきました。
内容は過去から現在(2030年くらいまで)の人類の歴史がすべて書かれているそうです。

最初は数十年前にイスラエルの3人の研究者が発見したのですが、当時はコンピューターが発達してなかったので手作業で解読をしてました。

そのため膨大な時間がかかったので大して解読は進みませんでした。
しかし、近年のコンピューター技術の発展で解読は一気に進み世間に衝撃をあたえました。

歴史のすべてとは何かというと、本当に調べればすべて出てくるようです。

近代でいうとヒットラーの出現や、誰がアメリカ大統領になるだの暗殺されるだのすべてです。
暗殺に関しては犯人の名前についても出ているようです。
9.11についても出ています。やはりテロではなく自作自演だったみたいですね。

日本に関していえば坂本竜馬なんかも出ており、そこには歴史の教科書には出てない真実も多くあったようです。

ちなみに坂本竜馬は秘密結社のメンバーだったみたいですね。

また、比較的最近に起きた秋葉原の大量殺人の事件も聖書の暗号には出てきます。

個人の名前を調べると、その人の職業や誕生日、おまけに死ぬ年齢も出てくるみたいです。
さらに前世についても出てくるそうです。

ということで、1995年までの歴史から個人のことまでは99%あっているようです。
ただし、1995年以降の歴史から多少外れてきました。

予言されていた暗殺が起こらなかったり、景気に関する情報も時期がずれたりと(ちなみに現在の不況はバッチリあたっているみたいです。やはりしばらくは回復はしないと)。

他にも地震や災害に関する予言も外れるようになりました。

そして聖書の暗号にはご丁寧に外れる理由も書いてるそうです。

暗号がいうには、1995年に「闇の勢力の本体が地球の領域から去った」と出ているようです。


この闇の勢力が何万年も地球を支配しており、人類に悪い影響を与えていたそうです。
その影響力が弱まったので暗号の予言も外れ出してくると。

闇の勢力ってSF映画か!って突っ込みたくなりますが、これは物質世界には存在しない意識体であると思います。

なぜなら、近年、霊能者達も同じようなことを言っているからです。

霊能者達が言うのは、幽界と呼ばれる悪い想念が集まった集合意識の次元があるのですが(地獄に近いんでしょうかね)、それが10数年前からほとんどなくなってきているそうです。

今の世の中が苦しいのは、その残った闇の勢力(意識体)が最後の抵抗に出ているからと。

そして闇の勢力が現実社会で物質(人)として出てきたのが、フリーメイソンなどの秘密結社の人達みたいです。
意識体なので魂も含まれますから。

聖書の暗号についてはもちろん今も解読は進んでます。
今日までの研究成果を各学会で検証したところ、今のところ反論できる根拠がないみたいです。

ここ最近は外れてきているものの、8割~9割はまだ当たっているようです。

そして気になる日本の地震も今年と来年に出ています…。日付まで出ています。

ただ聖書の暗号について最近わかった良いことは、予言は変えることができるということです。
そのためにはポジティブ思考の意識が大事になってくるみたいです。

天変地異ももちろん避けたいですが、さすがに決められた人生だったらつまらなくてやる気出ないので本当なら素晴らしい発見だなと思いました。

ポジティブ思考の集合意識がある一定の数集まれば、こういった天変地異の変化にも影響を与えられるといいます。(個人の未来に関しては、良い想いの思考であれば現実化しやすくなったと)

なので、是非日本や世界に天変地異が起こらないことを前向きに願って頂けたらと思います。

もちろん僕は何の信仰もないですよ。

ちなみに僕の知り合いがこの暗号解読ソフトを持っています。
パソコンフル回転で使っても1つのことを調べるのは1週間くらいはかかるみたいです。

人生の楽しみを奪われてしまいますから、自分のことをさすがに聞いてみたいとは思いませんけど。

ただ、今までの人生は良いことも悪いことも、ちゃんと意味があったんだなぁってくらいには思いました(霊能者は世の中偶然はなく、すべては必然なんだとよくいいますが)。

そして最大の疑問としては、聖書の暗号は誰が作ったか?ということがあるかと思います。


ここまでくるともはやオカルトか妄想か何だかわかりませんが、今のところは、ある意識体が作ったと思われてます。

それは宇宙を創ったサムシンググレート(偉大なる何か)かもしれませんが、詳細はわかりません。

サムシンググレートは筑波大学名誉教授の村上和雄先生が提唱した言葉です。
村上先生は遺伝子(DNA)解読に関する世界的な発見をした第一人者です。

村上先生は「DNAを解読すればするほど、明らかに意識ある何かよって書かれている」といい、それをサムシンググレートと呼びました。

人も小宇宙と言われてれように、すべては何かによって創られたのかもしれませんね。

こういったマクロの視点からも良い方向に世の中が動いているみたいので、明るい未来に期待をしたいと思います。