おはようございます。本日は「親子の魂の絆」についてお話をさせていただきます。

その前に、ご覧頂いた方はお分かりかと思いますが、過去からの日記に一貫性がありません。説明下手で恐縮ですが、僕が得意としている分野について簡単にご案内させていただきます。たぶん大きく3つに分かれると思います。

①現実(表)世界のこと…
心理学、精神医学、健康、恋愛?や一般的なビジネスに関することなど
②現実(裏)世界のこと…
表に出ない世界経済や政治、秘密結社に関する情報、世の中の動きなど
③非現実世界のこと…
いわゆるスピリチャルといわれる世界や、その他の次元の話(宇宙とか)

ということで、本日は③のスピリチャルの話で「親子の魂の絆」について。
------------------------------------------------------------------
霊能者家系が引き寄せるのがわかりませんが、僕の知り合いには本物と言われる霊能者の方々が何人かいます。霊能者の中でも本物といわれる人は、全体の1%くらいしかいないみたいです。それ以外の人ももちろん霊感もあったり、視えたりするのですが、繋がっていける世界に違いがあります。(うちの家系は残りの99%の方に入るでしょう…)

世の中は、今生きている「現界」と、あの世と言われる「幽界」、そして神様や高次元の存在がいる「神界」にわけられてます。物理学でいう、3次元や4次元、5次元…といった世界です。

本物の霊能者は神界以上(次元では5次元以上)に繋がれることがまず基本になるようです。よくいる霊能者は幽界までしか繋がれないので、動物霊や浮遊霊、その他低級な霊としか繋がれません。中には悪い霊と繋がっている霊能者も確かにいます。

さて、本物霊能者が口を揃えて言うのが、
「人間は自分で親を選んで生まれてくる。」
ということです。
この人達は胎児の記憶やあの世の記憶、前世の記憶を持っているので、その頃の思い出話?をよく聞かせてくれます。

正確には人間は親だけでなく、人生全体もすべて自分自身で決めてこの世に下りてきているようです。
あの世で、今回の人生で学びたいポイントを整理して、自身でカリキュラムを組むみたいですね。

その中で両親はかなり重要な項目に入ってます。結婚とかも大事ですけどやはり人生の基盤を作る存在ですから。

「この両親のもとなら自分の魂は成長できる!」
という希望を持ってみんな生まれてくるんですね。
例えそれが、酒・ギャンブル・女好きのダメダメ親父でも、家庭より仕事優先のドライな親父でも…(親父ばっかり)みんな自分の魂の成長のために選んできているのですね。

「いやいや、あんな大嫌いな親を自分で選ぶ訳ない!」
と思う方もいるかもしれませんが、そんな嫌いな親だからこそ自分の魂は成長できるみたいです。
苦労・苦難こそが魂の成長に一番効果的みたいですから。


お腹に赤ちゃんがいる方はなるべく夫婦喧嘩をしないようにして下さいね。これは実際の医療でも検証されてますが、自分でへその緒を首に巻いて赤ちゃんが自殺を図ることもあるんですよ…。
ただその光景だけ見て一般的に考えたら
「私達夫婦がケンカばかりするから、こんな家庭には生まれたくないと思って死んでしまったのよ!」
って思うかもしれませんが、スピリチャルな観点で魂の本音をみると、生まれたくないのではなく
「大好きな両親のために、自分が死ぬことで大切なことに気づいてもらおう」
と思っている魂が多いみたいです。大体そういう時は次に生まれてくる弟や妹の魂のためを考えていることも多いそうです。魂(霊)の方が現界の人間より高い次元の存在ですね。


ということで、人生で苦労・苦難が多い方は、あの世でレベルの高いカリキュラムを組んだようです。是非、自信を持って今生を生き抜き、使命をまっとうして下さいませ。応援してます。僕もまだ使命があるので頑張ります。