11月になりました。恐らく今月から世の中も動いてくると思いますので、引き続き様々な情報をお伝えしていければと思います。
ただ、大事な時期になってくるので、なるべくポイントを絞った話題を中心にしていきたいと思います。なので更新回数も減るかと思います。
今後のポイントとは「宇宙」です。お気づきかもしれませんが、最近宇宙という単語が多く使われているかと思います。恐らく宇宙にこそ僕が求めている世の中の構造の最終章が待っている気がします。

自分のことながら価値観の変革推移をみていくと3度目の変革期を迎えていると思います。
当然ながら幼い頃からこんな価値観の人間かというと決してそうではありません。今の現実社会や情報にどっぷり浸かってました。人間なんて普通に働いて、家族を持って、孫に囲まれて死んでいく生き物なんだろなって。一度きりの人生なら金持ちになって、自由に生きて、美人と結婚したり、様々願望を満たして死にたい!ってそこまで過激でなくとも思ってました。
でもエゴや欲、競争にまみれた世の中に嫌悪感を抱く自分もありました。とても悩んだ時期です。
しかし、先祖が霊能者ということを途中で知らされたり、自分自身の不思議体験も照らし合わせてくると、少なくともあの世はあるのでは?と、今とは違う世界について考え出しました。
そして調べて考えていくうちにそれは確信に変わりました。
「人は死んでも終わりじゃない」
これが最初に訪れた価値観の変革期です。
あの世はあるし、人は皆それぞれ目的を持ってこの3次元に生まれてくる。であれば、今ある現実を一生懸命生きようと思いました。仕事でもプライベートでどんなに辛いことがあっても、この試練を乗り越えたらもっと成長できるし、いつ死んでも自信を持ってあの世に帰れる生き方をしようと。
ちなみにそれまでの自分は完全にネガティブ人間でしたが、この第一次価値観変革期?はポジティブ人間になれたきっかけでもあります。どんな状況でも人間は内なる平和があれば幸せになれるんだなぁって今は実感してます。別に名誉やお金がなくてもですね。
ただ、ポジティブ人間になると仕事でもみるみる成果を出せたり、プライベートもかなり順調になりました。
プライベートも落ち着くと、段々仕事ややりたいことに注力がいきます。
そして、仕事を頑張っていくうちに見えない現代社会の裏構造にぶち当たることになりました。
それがフリーメイソンの存在です。
調べれば調べるほど、今までの現実が180度変わる現実がそこにはありました。これが第二次価値観変革期です。
第一次は「自分を見る目」が変わりましたが、第二次は「世の中を見る目」が変わりました。
どう変わったかは、今までお伝えした日記などを通してご理解頂けたと思います。

そんな最中に最近は第三次価値観変革期を迎えてます(完璧に造語ですので気にしないで下さい)。

これは今まで繋がらなかった第一次の「あの世」と第二次の「裏社会」がすべて繋がり、世の中の構造がわかりつつあるからです。
そしてすべての答えは「宇宙」にあるのです。
このタイミングに僕が変革期を感じるのも理由がありそうです。キーワードは「アセンション(次元上昇)」。ちまたで話題沸騰の2012年に地球がアセンションすることが近づいているからのようです。
なぜなら僕は2012年12月の世界を、最近夢で見たからです。僕が行った未来では不思議な太陽が見えました。そして地球の磁場が変わる(ポールシフト)も体験もしました。ほとんど人々が何が起きたのかわからない状況でいる光景でした。
アセンション理論は様々な意見に分かれて、何が正しいかわからない世の中になってます。
僕の感覚でも、現実が極端に変わるかどうかもまだ半々です。
ただパラレルワールドの観点からすると、人によって2012年を境に、住む次元が変わる可能性があります。今とあまり変わらない現実の人もいれば、みろくの世と呼ばれる5次元に行く人も。やはり魂のレベル次第で行き先が変わるのかもしれませんね。

さて宇宙を解明するためにも、様々なシンクロが重なり、今は超古代文明について研究中です。その中でアトランティス文明について「エメラルドタブレット」という文献に気になる話が出てました。
「エメラルドタブレット」は紀元前3万6千年前の超古代文献です。9次元まである宇宙の話や古代の人類、未来についてなど様々なことが記録として書かれてます。伝説でアトランティス文明の人々は崩壊する直前に一瞬で地球から消えたといわれてますが、この文献の中では5次元に次元上昇し、金星に行ったと書かれてます。
さらに、エメラルドタブレットは太陽に近い星ほど高位の意識をもっていると書かれてます。つまり木星、火星、地球、金星、水星に行き、最後は太陽に生まれ変わって1つのサイクルを卒業できると出ています。幼稚園から大学を卒業するイメージですかね?そうすると宇宙を創ったサムシンググレートに一歩近づけるんでしょうか…。つまり、アトランティス人が地球を去ったあと、未熟な人類(霊的意識体)が木星、火星から地球に来たのが今の地球であるということです。僕達は地球という学校で輪廻転生を繰り返して意識レベルをあげてきましたが、いよいよ2012年には進学できるということになります。それは果たして金星に行くのでしょうか? これは3次元で考える単純に目に見える星の移動ではないので、どんな世界になるかはまだわかりません(あっ、そういえば、鳩山幸夫人はUFOに乗って金星に行ったと言ってましたね)。
しかし、かなり宇宙からの影響は今後ありそうです。
ちなみに以前、アトランティスとムーが対立していたと言いましたが、そこには闇の勢力(星力?)の影響が関連してそうです。
この2大文明は戦争を騙されてさせられたと考えた方がいいのかもしれません。まだ真相は研究中なので確証はないです。
ただアトランティスもムーも一般の人々は非常に平和主義だったようです。

また、火星から地球に来たと言いましたが、あくまで意識向上のために存在していた星なだけです。星人と考えたら地球人の祖先はプレアデスやシリウス、その他の星からの混血になりそうです(笑)。

では、こんなところで11月もよろしくお願いいたします。