logo1111111112112111111

自然から求められる存在
                 

人類はいつから地球を汚してしまったのだろう

人類はいつから汚れてしまったのだろう

汚れる前の姿に戻すだけでなく、以前の地球よりもっとキレイにしたい 

それがこれからの人類の使命


<人間が毒へ変わっていく>

植物には化学肥料、農薬の散布。動物には、化学飼料、抗生物
質。食品には、防腐剤、着色料、あらゆる化学物質が入り混じる。
人間が毒へと変わっていく「食」

化学物質でできた住居、日用品。脳細胞を破壊し、血液をドロドロにする電磁波の携帯電話。
繋がった相手の脳細胞も破壊し、血液をドロドロにしていく。
愛する人への行動が、愛する人の命を削っていく。
人間が毒に変わっていく「生活」

電磁波と化学物質に囲まれた環境で、ストレスとお金を引き換えに人間は働く。
人間が毒に変わっていく「仕事」

病院にいけばいくほど、本物の患者が増えていく。人間を守るバクテリアを殺してしまう薬。大儲けの抗がん剤ビジネス、ワクチンビジネス。
人間が毒に変わっていく「医療」

詰め込み型の左脳教育。画一的な人間を育てる評価制度。共生ではなく、競争を植え込む受験戦争。右脳を開かなければ愛の心も育たず。変化に対応できない、自立性もなく、人の真似が得意な大人に育つ。そして個性を認めない現代社会ができた。
人間が毒に変わっていく「教育」


年間自殺者3万人以上。精神疾患患者300万人以上。
少子高齢化社会、国の借金1000兆円。耳に入るニュースはどれも同じ人間とは思えない事件。

誰が支えるこの国の将来?

一体、どうしてしまったのかこの国は?

世界は、どうしてしまったのか?

人間を、地球を毒にしていくこの世界

一部の権力者達が悪いのか?

国、政治家が悪いのか?

生産者、製造者、教育者が悪いのか?

何も知らない消費者が悪いのか?

自分は悪くない、と言っている自分が知らぬ間に毒になっている

誰かを責めても何も変わらない

人間も、地球も毒にまみれたこの世界

完全に避けることも、逃げることももうできない

だったら、毒を薬に変えよう  「-」を「+」に

人間も「薬」になる

隣のいる人の「薬」に、地球の「薬」に

そして、自然(地球、宇宙)から求められる存在へ

人間が不要だと、自然は間違いなく人間を捨てる

人間が必要だと、自然に言ってもらう

地球が優良星になる