dd5dc878.jpg※ベンジャミン・フルフォードのブログより転載


ロシアのKGBの工作員からの情報によると、欧米の闇の政権が東京を大量破壊兵器で攻撃し、北朝鮮のせいにすることを企んでいるという。この攻撃は8月6日の広島原爆の記念日に予定されているらしい。しかしCIAの幹部や他の情報源に確認すると、「東京を攻撃することは危険すぎるために出来ないだろう、何かをやるとしても発展途上国を狙うだろう」とのことだ。
いずれにしても欧米の闇の政権の終わりが近づいているので、何かとんでもないことを試す可能性は高い。この様な計画を止めさせるためには、少しでも可能性があれば事前にその計画を公に知らせることが必要である。
(転載終了)



最近めっきり情報を発信しなくなったフルフォードさんですが、たまに出すと、なかなかパンチの効いた内容です。
さすがに東京を攻めることはしないと思いますが、何か起こりそうな気はしなくもないです。
それほどイシヤ(闇のフリーメイソン、爬虫類宇宙人の残党)は追い詰められてます。

しかし、地球を滅亡させるような行動に入った瞬間、宇宙(人)が介入することになっているので、それは出来ないでしょう。ご心配なく。


ちなみにフルフォードさんは、今の時期は情報を流さないように、フリーメイソン達から口止めされてます。

北米のある場所で、フリーメイソントップ達が、水面下で非常に重要な取引を行っているからです。


いずれにしろ様々な局面で、地球の変化は最終コーナーに入ってます。


※「みんなを幸せにするおカネの話」無料配信中!
ダウンロードはコチラ