001

昨日も葡萄舎にカレーを食べに行きました。
というか、最近知人と食事に行くのはほとんど葡萄舎の気が…。

もちろん、(プレアデス)マダムとちょっとお話をしてきました。
今回もプレアデスについての話題であったのですが、
その中に気になる言葉がいくつか出てきました。

「インディゴ・チルドレン」と「クリスタル・チルドレン」。

今日は、このグループソウルについて。


この地球には、1970年代後半から、様々な使命を持った魂が到来して来ているらしいです。
すべての魂に共通する大きな目的は、新しい時代(地球)を創ることなんですが、
そのための役割を分担して、時代を分けて地球にきています。


最初に来たのは、インディゴ色の魂を持つインディゴ・チルドレン。
この魂は、1977年~1994年頃に生まれた子供達に多いようです。
現在の16歳~33歳くらいの方ですかね。

インディゴ・チルドレンの役割は、旧社会の破壊。
破壊と書くと凶暴な印象になりますが、実際はとても優しい魂であり、
前の世代の人類が作った世界、ルールを変えていく使命を持っています。

そのため、幼い頃からちょっと社会に馴染めないタイプの子供が多いようです。

「なんて生きにくい社会なんだ?」
「なぜ、こんなルール、規則、法律があるんだ?」
「人間って一体なんなんだ!?」

そんなこと幼い頃から思っていた方いませんか?
そんなあなたは、インディゴ・チルドレンかもしれません。

インディゴ・チルドレンは生まれつき直感力が強いようです。
そのため、彼らにウソは通じません。特に大人のウソはすぐ見破ってしまいます。
だから、この社会のウソも見破ることができ、偽りの世界に疑問を抱きながら育つのでしょう。
彼らには、その気持ちが抑えきれず反社会的な活動、発言をするタイプもいれば、
それができずに心(本音)を閉ざしてしまうタイプもいるようです。

また、ピュアインディゴと呼ばれる稀な魂の中には、
ADD/ADHD(注意欠陥障害、注意欠陥多動性障害)といった、発達障害として
この社会では認定されるケースが多いようです。

しかし、たえず落ち着きがない、集中力がない…といって、薬による治療。
これは、せっかくの直感力が抑制されてしまいます。

彼らは、素晴らしい能力、使命を持って生まれてきてます。

もし、自分の子供がそんな診断をされたのなら、どうかその個性を尊重し、愛を持って接して下さい。
また、自分がそんな診断をされて育ってきたなら、己を否定せず、認め、使命を思い出して下さい。


そして、インディゴ・チルドレンが古い土地(世界)を壊していった後、その荒れた地を
整備する役割の魂が次にこの地球にやってきました。

それが、クリスタル・チルドレン。
この魂は、1995年頃から生まれた子供達に多いようです。
今の中学生以下の子供達でしょうか。

インディゴ・チルドレンは戦士のような特性を持っていますが、
クリスタル・チルドレンはまったく正反対。
とても、穏やかで争いが大嫌いの平和主義者。

いじめをされても、決して相手を責めず、争わない。
(インディゴ・チルドレンは立ち向かうかもしれませんが…)

クリスタル・チルドレンは目がとてもキレイなようです。
彼らの目を見つめると、なんとも言えない穏やかな気持ちになり、癒されると。

彼らは、人々に愛を伝え、旧人類へ気付きを与える使命を持っています。
争っても、相手を責めても何も解決しないよ、と。

また、クリスタル・チルドレンもやはり個性的な子供が生まれるケースがあります。
この世界では、精神障害の1つである、自閉症という発達障害として診断される
子供達がそうです。

事実、1960年代に自閉症の数は、人口の0.05%前後だったのが、1990年代後半には0.15%以上と急増しており、クルスタル・チルドレンの魂がこの地球にやってきた時期と重なります。

僕は、精神障害や精神病の研究もしており、ボランティアの引率として、自閉症の子供達と出かけたり一緒に接する機会があります。

普段からほとんど人の外見などの表面上の情報は気にしないタイプなので、
彼らに接するとその魂の持つ高次元のエネルギーがとても良くわかり、伝わってきます。

これは、精神障害者に限らず、身体障害者や知的障害者、難病の子供達もそうです。

彼らは、とても大切な気づきを旧人類、社会へ伝えるためのメッセンジャー。
自分の魂のプログラムにそう刻んだ、高次元の魂達。

「かわいそうだね。大変だね」と、同情して憐れむのは上から目線。
「いやいや、障害も病気も関係ない。この世界では平等だ」と、根拠のないキレイごとだけの対等な目線で語れるほど、僕らのレベルは高くない。

崇拝するのもちょっと違うのかもしれないけど、この世界はもう少し
彼らのメッセージを正しく理解する必要があるように日々感じます。


しかし、なんだかんだこの2つの魂達の功績もあり、この地球は
目に見えないレベルでの意識の変容が進んでいます。
破壊と整備で、いよいよ次の新人類の魂を迎える準備が整ってきました。

2010年前後、ここ最近はカルマ・使命を持たない魂がこの地球に数多く到達しています。彼らは、地球での転生経験が数回、もしくは数回の魂。
その名もレインボー・チルドレン。虹の子供達。

すでに完成された高次元の魂達が、未来のこの地球にわんさか増えていきます。
レインボーチルドレン、新人類で構成された未来の地球は、戦争も差別もエゴもない本当に素晴らしい世界になるでしょう。

「あなたも、わたしも、彼らの踏み台にならなくてはなりません。その使命があります。」

ふと、先日に前世リーディングの高橋さんに言われた言葉を思い出します。
なるほど、こういった理由なんですね。

新しい地球で、新しい人類達と仲良く過ごせるように、僕ももっと意識の改革を進めていこうと思います。

ちなみに、34歳以上の人もインディゴ・チルドレンやクリスタル・チルドレンはいらっしゃいます。大集団で訪れる前の先駆者として、少なからず旧人類(紫の魂)にまぎれていたようです。
たぶん、このブログに来る皆さんは、年齢に関係せず、上記2つのグループソウルの人々が多いと思います。

龍馬やアインシュタインは、発達障害だったといいますしね。

最後に、クリスタルチルドレンの歌がNHKであったので書いておきます。
まさに、彼らの使命そのものの歌詞でビックリです。

--------------------------------------------------------------
「クリスタルチルドレン」
NHK みんなのうた


作詞 めけて と にせん
作曲 めけて
編曲 めけと と みみ


戦わなくっていいんだよ
好きになっちゃえばいいんだよ

顔も知らない同士 敵も味方もないでしょ?

仕返しなんていらないよ
誰も嬉しくならないよ

スッキリするのは一瞬だけ

見上げれば 遥か雲の向こうで
太陽は いつも何でも見ている


BRAVE!
憎しみも涙に代えて
許せる勇気もって生まれてきたんだ

LOVE!
この地球を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)


淋しくなんかないんだよ
人は誰でも独りだよ
だから色んな人の ステキが見えるんでしょう?

恐怖がらなくっていいんだよ
みんな同じ人間だよ
傷つき 傷つけ 泣き 笑い

見上げれば 広い空のどこかで
月はいっつも 何でも知っている


BRAVE!
怒りさえ歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれて来たんだ

LOVE!
この地球を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)


生まれて 生きて いつかは死んでゆく
奇跡起こす命 輝け!!


BRAVE!
憎しみも涙に変えて
許せる勇気持って生まれてきたんだ

LOVE!
この地球を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ


CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン) BRAVE!
怒りさえ歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれて来たんだ

LOVE!
この地球を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)


--------------------------------------------------------------