images


近代の日本とは180度異なる文化ですが、日本人とは、もともとは世界でも類をみない『祈り』の民でした。

そして、古代より天皇は「祭司(さいし)王」と呼ばれ、国を代表して専門に「祈る人」でありました。

日本への攻撃、天災、そのすべてを天皇が国とカミと一体となって守ってきました。

そういった秘技というか能力が実際にあり、それが天皇の役割で近代までずっと受け継がれてきました。

しかし、残念ながら明治に入り、その驚異的すぎる力は意図的に封印されてしまいました。
誰が何のために封印したか、この大地震の背景を考えればわかることです。


“ 宇宙への短冊 ”には、天皇が祈りをする効果と同様か、それ以上の効果を生み出す力があります。

なぜなら、その古代からの天皇家の秘技が組み込まれている発信機とリンクして使っているからです。
世界中が羨む、闇が封印したいこの国の最大の秘技は、すべては奪われてませんでした。水面下で、今も残っているのです。

今こそ、この国にいるタミ(民)一人ひとりが祭司王になる時です。

個人の祈りを天皇の祈り、国の祈りとして何十回、何百回と24時間代わりに唱え続けます。


いよいよ事態は切迫してきました。本当に大きな試練です。

日本は一度は潰される。これは、様々な神示のとおりになってしまいました。

ただ、その後に復活し、次は世界を救うことも神示には出ています。
宇宙からも同様のメッセージがたくさんきています。


予言や宇宙からのメッセージがすべてではないと思いますし、何を信じるかも自由かと思います。

ただ、この世の中は、振動、波で出来ています。大きく下がれば、その反動で次には大きく飛躍します。

この強烈試練により、次の光輝く明るい未来も、同時に出来ています。そうやって人類は、成長するようなシステムになっています。

次の大きな上昇で新しいステップに地球自体が進めば、もう下がることはないでしょう。最後のチャンスが、もうすぐきます。

恐らく2013年頃までは、日本だけでなく世界中でまだまだ厳しい環境が続くでしょうが、そこから先は上がるのみです。2020年前後には、まったく違う世界が出来上がると思います。

だから、今はあきらめないことです。


また、今回の大きな犠牲・被害に被災地の人々だけでなく、それ以外の人々もとても胸を痛めています。
我々は、魂のレベルではすべて繋がっているのですから、人の悲しみは自分の悲しみであり、当然なことでもあると思います。

ただ、悲しむだけ悲しんだら、是非、気持ちは前を向いて明るく元気にいて欲しいと思います。

魂のレベルで繋がっているのなら、悲しみの逆のエネルギーも繋がります。前向きなエネルギーを逆に発信することができます。

それは、今も頑張っている被災地の人々へも、すでにこの世を去った魂へもです。
特に、この世を去った魂が安心するのは、残った人々がしっかりと前を向いて生きていく姿です。

それに、多くの高次元の存在達がしっかりサポートにも来ているので、亡くなった魂達も道に迷わずに光の世界へと導かれていっています。

だから、とにかく今を生き、次の未来を目指していきましょう。


※山岡先生から福島第一原発に対する祈りの強化依頼がきています。
(記事下部)
一人でも多くの方のご協力をお願い致します。
※追記:今朝、江東区、横須賀あたりも放射能レベルが上がってきています。妊婦、乳幼児は十分ご注意ください。

▶祈りを現実化させる “ 宇宙への短冊 ”
http://www.pure-tenkataihei.com/index.php?go=BaWZY7

※追記【代理投稿機能】
直接“ 宇宙への短冊 ”に投稿が出来ない方(携帯など)は、このブログのコメント欄に「祈りの内容」「お名前」を書き込んで頂けたら、代理で投稿しておきます。尚、そのコメントはこちらのブログには公開しません。

----------------------------------------------------------------------------------------
『祈りのイメージパワーの使い方2』


祈りのパワーは一点に集中すればするほど強力に働きます。

さまざまな、思いや心配もあるでしょうが、

とりあえず今現在の、最優先事項は、

福島第一原発の炉心溶融を早急に停めることです。

いま阻止しないと、今後数十年間以上、後世に影響が残ります。


テレビで流れる津波の映像を見るのは、しばらく止めて、

ほんの5分間だけ、イメージに集中して下さい。

みなさんの意識を一点に集めましょう。


ポイントを絞ったイメージパワーを集約させて下さい。

まずは、福島第一原発2号機の炉心の温度が下がり、

炉心の溶融が止まるイメージをしましょう。

方法は考える必要はありません。

望む結果だけをありありとイメージするのです。

2号機が済んだら、その他の原子炉へも同様におこなって下さい。

最後に皆が、ホッとしてる状態をイメージして下さい。


溶融を阻止するイメージができたら、

次には拡散された放射能の除去無効化です。

周囲にまき散らされた放射能物質が、

跡形もなく消滅・変容し無くなっていくのをイメージして下さい。


いまは科学的手法も、超自然的手法もどちらも最大限使う時です。


一人でも多くの方の「鮮明なイメージ=祈り」を集中して送って下さい。


全国の多くの皆様、どうぞ宜しくお願いします。


山岡尚樹