01

日本の神話に隠された日本人のルーツは、龍蛇族系の宇宙人であることを突き止めてしまった著者の下に、マオリ族よりはるかに古いルーツをもつワイタハ族から招待状が届いた。ワイタハ族長老と共にニュージーランドのパワースポットを巡り、封印された龍神数千体を解き放ったとき、ワイタハ族の長老から聞かされた言葉、それはまさに驚愕であった。「われわれ世界に散らばる龍蛇族のトップは日本の天皇家である。われわれは時めぐり来て龍神の封印をとく日本人が来るのを待っていたのだ」と。
世界の最先端をいく龍蛇族系宇宙人の歴史的研究!日本人必読の一冊!!

先日東京に出張に行った際、短い合間時間ができたので、近くにあった本屋にふらっと立寄りました。
そこで、見つけたのが浅川嘉富さんの著書『シリウス・プレアデス・ムーの流れ 龍蛇族直系の日本人よ! その超潜在パワーのすべてを解き放て 』という本。
浅川さんのことは、名前を聞いたことがあるくらいで本も読んだことがなかったのですが、なぜかこの本には惹かれて、中身も見ずにこれだけを購入して店を出ました。

早速読んでみましたが、日本の神話から天皇家、そして龍と宇宙人の関連など、まさに最近このブログでもちょこちょこ書いていることがてんこ盛りのヤバヤバの本でした。よくぞこの国でここまでタブーのことを書いたものだなって感服しましたね。
まぁ、浅川さんは「書かされた」と著書の中でも仰ってますが、まさにその通りかもしれません。普通の神経をしていたら、恐ろしくてなかなか書けない内容です。


そして、久しぶりに買った本で面白い本に出会えてよかったなぁって思っていたら、つい先日に神々のメンバー(ククリヒメ、サルタヒコ、ヤマトタケル)と山梨県の小淵沢にあるバーで飲んでいたら、面白いシンクロがありました。

なんとそのカフェのカウンターには、冒頭で紹介した浅川さんの本が3冊も一緒に並んでいました。さっそくお店のママに話かけてみました。

「ママ、この本面白いよね?でも、なんでこんなにたくさん同じのがあるの?」

ママ「浅川さんは、ここのすぐご近所で良くお店にも来られるんですよ。私は、ずっと浅川さんのファンなの」

「えぇ!?そいういえば本の中に八ヶ岳近辺に住んでいるとか書いてあったなぁ・・・」

最近、こういった不思議なシンクロみたいなことが日常茶飯事で起きますが、この日もとても驚きでした。まぁ、たいがい神々のメンバーに連れられていって起こるので、何か仕組まれているのかもしれませんが・・・。

とにかく浅川さんの本がきっかけで、このママととても仲良くなり色々話をしてました。
すると、UFO好きのママの最近の趣味で、毎日のように外に出て撮影している月の写真集を見せてくれました。

ママ「月から不思議な光が映るのに、誰も信じてくれないの」

と嘆いていたので、興味津々にママが撮った月の写真を十数枚見せて頂きましたが、確かにすべての写真の月から手のような不思議な光が飛び出してました。

「これは、手ぶれとかじゃなくて本当に何か映っているね」

と伝えると、とても喜んでテンションが上がり、他の写真も色々見せてくれました。

ママ「じゃあ、この写真は何かわかる?これは、絶対街灯とかの光じゃないよね。でも、この線のような光がなんなのかずっとよくわからなくて・・・」

と言いながら、近所の山を夜に撮影した時に映った別の不思議な光の線の写真も見せてくれました。

「・・・とてもかわいい龍に見えるけど。というか龍だよ。ママは龍に守られているね!」

ママ「龍!?・・・そういえば、このお店を建てている時、不思議な龍が出てくる夢をみたの。あぁ、何だか納得したわ!この光は龍だったのね!」

一応断っておきますが、僕は特に霊感があるわけでないので直感で感じたことをポイポイ口に出しているだけです。でも、少なからず的を得ていたようで、ママは大喜びでした。

その後も雨が降ってましたが、一緒に外に出て宇宙を見上げて不思議な光探しを楽しみました。それにしても楽しかった。初めて会った時から他人とは思えませんでしたが、何か同じ星の匂い感じます。


しかし、一冊の龍に関する本が結びつけた不思議なシンクロの連続とご縁。
浅川さんにも近いうちに会えたりするかもしれませんね。ママは龍が守っているけど、浅川さんも超強力な龍神様が背後にいるようですしね。


ちなみに、僕にも龍がいます。
でも、普段はあまり動かさないように心がけています。下手に発動すると人への影響力がとても大きいからです。
だから「あなたは、怒らなさそうですね」って言われることが多いですが、これは僕が感情を持ってしまうと龍が反応してしまうので、龍を起こさないために感情を消しています。

・・・まぁ、あんまりこんなこと言っていると人間界で相手にされなくなるので、今日はこの辺で。

※東京の神田にある「宇宙カレー屋」に続き、小淵沢で見つけた「宇宙バー」は『Sandia Cafe (サンディア カフェ)』というかなりオシャレなお店です。
東京のプレアデスマダムに小淵沢のドラゴンママ。どちらも素敵な女性達がおりますので、お近くに来られた際は、是非お立ち寄り下さいませ。