--------------------------------------------------------------
「CRYSTAL CHILDREN」
--------------------------------------------------------------
作詞:めけて と にせん
作曲:めけて
編曲:めけと と みみ


戦わなくっていいんだよ
好きになっちゃえばいいんだよ

顔も知らない同士 敵も味方もないでしょ?

仕返しなんていらないよ
誰も嬉しくならないよ

スッキリするのは一瞬だけ

見上げれば 遥か雲の向こうで
太陽は いつも何でも見ている

BRAVE!
憎しみも涙に代えて
許せる勇気もって生まれてきたんだ

LOVE!
この地球(ほし)を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)

淋しくなんかないんだよ
人は誰でも独りだよ
だから色んな人の ステキが見えるんでしょう?

恐怖がらなくっていいんだよ
みんな同じ人間だよ
傷つき 傷つけ 泣き 笑い

見上げれば 広い空のどこかで
月はいつも 何でも知っている

BRAVE!
怒りさえ歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれて来たんだ

LOVE!
この地球(ほし)を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)

生まれて 生きて いつかは死んでゆく
奇跡起こす命 輝け!!

BRAVE!
憎しみも涙に変えて
許せる勇気持って生まれてきたんだ

LOVE!
この地球(ほし)を光で満たす
心の愛を持って生まれたんだ

CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン) 
BRAVE!
怒りさえ歯をくいしばり
飲み込む勇気持って生まれて来たんだ

LOVE!
この地球(ほし)を光で包む
祈りの愛を持って生まれたんだ
CRYSTAL CHILDREN(クリスタルチルドレン)

2008年4~5月の「NHKみんなのうた」 で放送された伝説の名曲「CRYSTAL CHILDREN」

これは、この星にやってきた使命を忘れてしまい、もがき苦しんでいる「クリスタルチルドレン」達に大きな勇気と気づき、そして感動を与えるために降ろされたメッセージ。

「クリスタルチルドレン」とは、一般的に1995年以降この地球に大量に降ろされたある霊団の魂達です。

今の高校生以下に多いタイプの魂ですが、あくまでも大量に降ろされたのがその時期であって、それ以前からも少数の「クリスタルチルドレン」は度々地球には降ろされており、今の20代や30代以上にも少なからず紛れ込んでいます。

また、同じく地球に送り込まれた別の霊団としては「インディゴチルドレン」が有名です。

彼らは「クリスタルチルドレン」よりも少し早い時期の1977年〜1994年までに多く降り立っていますが、もちろん彼ら「インディゴチルドレン」の中にも先駆けタイプで早くから降ろされた魂も少なからずいるので、現在の40代や50代以上の方にもそういった方はいます。

「インディゴチルドレン」「クリスタルチルドレン」【新しい地球(優良星)を創る】という共通する大きな同じ目的を持っていますが、それぞれの具体的な役割は違います。

「インディゴチルドレン」の役割は、古い体制(不良星の仕組みや地の理)を破壊して、次の世代のために道を拓いていくことであり、一方で「クリスタルチルドレン」は、「インディゴチルドレン」が拓いた道を、さらに整えてより安心で安全な地球を創ることです。

「インディゴチルドレン」「クリスタルチルドレン」も、年代的には今の35歳以下の人々が中心で、彼らが一部の先駆けタイプの人々と一緒にこれから先の日本、世界でそれぞれの役割を本領発揮してくるものと思われます。

ただ、これもかなり早い段階から先駆けで地球にやってきた今の40歳以上の「インディゴチルドレン」のリーダー達が、命懸けで闇やタブーを暴いて真実を世に引き出した貢献が非常に大きいと思っています。

今でこそ、闇の勢力や霊的な世界、宇宙人のことまでもオープンに話せるようになってきた世の中ですが、一昔前まではそういった話題は陰謀論やオカルト扱いとされて本当に大変だったと思います。

そんな逆風にも負けずに「インディゴチルドレン」のリーダー達が活躍してくれたからこそ、これから目覚めた「インディゴチルドレン」が大暴れをして旧社会・非支配体制を壊していき、そして、これから大人になる「クリスタルチルドレン」へとバトンを繋げることができると思います。

特に、間もなく大転換期を迎えて新しいステージに入る地球において、旧人類に「愛(包み込み)」を伝えて「善と悪、光と闇」といった【二元性の時代】を完全に終わらせる役目がある「クリスタルチルドレン」は、これから先の社会においては、非常に重要な存在ともいえます。

近い将来、地球上のあらゆる嘘や秘密がバレて、一部の支配層が窮地に立たされるのはもうお分かりだと思います。そして、日本においても散々いじめられた過去から現代までの様々な真実が表に出て来ると思いますし、その中には、昨年の震災を含めた人工地震に関わることも多く出てくるかもしれません・・・。

しかし、そこで決してやってはいけないのが「復讐」「仕返し」です。

日本人は、想念力も強く、潜在的なエネルギーは善悪関わらずに非常に強力です。
ネガティブなエネルギーに支配されると「龍人」の牙をむき出しにして現実で行動してしまいます。

何が真実で、どんなことがあっても、日本人は怒ってはいけなく、ポジティブだけでもネガティブだけでもなく『中庸』のエネルギーの「包み込み」の発想が求められます。そして、それを当たり前にできるのが「クリスタルチルドレン」の魂達。

残念ながら「インディゴチルドレン」には、それを完全にやりきり、多くの人へと啓蒙していくことは難しいと思います。それは「クリスタルチルドレン」より劣っているというより、役割が違うからです。

憎しみも涙に代えて
許せる勇気もって生まれてきたんだ

改めてこの「CRYSTAL CHILDREN」の歌詞を見ると、もちろん日常の当たり前の生き方ではありますが、すべてはひな形なので、これはこれから先の日本人が最も必要な生き方でもあります。

そして「クリスタルチルドレン」から生まれてくる子供達は、さらに次の世代である「レインボーチルドレン」と呼ばれる霊団であり、彼らは「クリスタルチルドレン」が整えた道を、怖れなく、奉仕のためだけに歩いていきます。

「レインボーチルドレン」は、カルマを持たなくてDNAの螺旋構造も違う本当の新人類(優良星人)であり、世の中や誰かを怖れるということが全くなく、ただ惜しみなく与えるためだけに生まれてきています。
何せ地球初心者の純粋な宇宙人の魂達が多いので、単純に新しい地球を楽しむためだけにもやってきていますが、初心者といっても魂としてはどの霊団よりも古いので、ずっと高次元の存在ですけどね。

今はまだ先駆けタイプが多いですが、やがて今の高校生以下の「クリスタルチルドレン」が親になる時代には、かなりたくさんの「レインボーチルドレン」が世の中に溢れ出てくると思います。

それは今の「クリスタルチルドレン」の青年達、そして少しずつ生まれて来ている「レインボーチルドレン」の姿を見るととても実感します。彼らが生まれてくることは地球がそれだけ「優良星」に近づいていることを意味するので、本当に嬉しく思います。

新人類である彼らが大人になって活躍する頃の未来の地球は、戦争も差別もエゴもない本当に素晴らしい世界になると思います。

そして、このブログを見て下さる皆さんは、時代は別々とはいえ、間違いなく「インディゴチルドレン」「クリスタルチルドレン」が多いと思います。特にどちらも先駆けタイプの方がほとんどだと思いますので、周囲と気も話も合わなくてかなり苦労されて生きてきた方も多いと思います。

でも、ようやく大活躍できる出番がやってきそうです。みんな、この時代にタイミングを合わせて生まれてくる約束をしたんですもんね。最近、そんなことをちょっと思い出します・・・。

だから、特に「クリスタルチルドレン」の方は、「CRYSTAL CHILDREN」の歌を聞いて元気出して下さいね。「インディゴチルドレン」の方は、この歌を子供達に聞かせてあげて下さいね。そして、早くみんなで「レインボーチルドレン」にバトンを繋ぎ地球を「優良星」にしましょう。