11
※2001年9月11日に世界貿易センタービルに突っ込んだ「はず」の飛行機

 今日は4月1日で年に一度ウソをついても良いと言われているエイプリルフールです。
では、この有名な911のテロの現場写真、実は「飛行機は突っ込んでなくて、あれはCGだったんだよ」と言ったら多くの日本人はどんな反応をするのでしょうか。

テロがアメリカの自作自演だったことを知らない9割以上の日本人は「は?意味不明なつまらない冗談だね」と相手にしないでしょうし、自作自演を知っている人の中でも「え?あれは陰謀なのは知っているけど、飛行機は実際に突っ込んでいるでしょ?冗談だよね?」と言うかもしれません。

しかし、あれから10年以上が経過し、多くの専門家が力を合わせてあの現場映像を検証した結果、どうやら冗談でもなく、本当に飛行機も何もかもがCGであった可能性が出てきたようです。といっても、随分前から言われてましたけどね。

詳しくはこちらをご参照下さい。

34)
※飛行機は簡単にCGで作成できる

56)
※煙までもCG

52)
※突っ込んだあとの穴もCG
33)

56)

 もう一つのテロ現場であるペンタゴンには、実際に飛行機が突っ込んでなくてミサイルが打ち込まれた話は有名ですが、同じく世界貿易センタービルも飛行機は突っ込んでなく、ここは事前に仕掛けておいた爆弾にて倒壊させたようです。

警備が厳重であろう世界貿易センタービルに爆弾を仕掛けるのは到底不可能に近いように思えますが、実はビルの警備を請け負っていたのは警備会社「セキュラコム社」という企業であり、その経営者の名前は「マービン・ブッシュ」、つまりは「ジョージ・ブッシュ」の実の弟です。

まぁ、何から何までもすべて「計画通り」の事件だったわけですが、そう考えると昨年日本で起こった大震災、そして原発事故も想像以上に色々と疑って考えた方がよいとは思います。

仮に、すべてが意図的に引き起こされた可能性が強いのであれば、その本当の目的を知った上ですべてを対応していかないと引き起こした人々の策略にますますハマっていってしまいます。

確かに、目の前に起こっている様々な問題に対して今現在できることを全力でやることは大切ではありますが、ただ感情的になってガムシャラに対応しても、時間とお金だけが日本から消えて、本質的な部分は何も解決しないことだってあるかもしれません。だからといって「陰謀だ、陰謀だ」と言うだけで何も行動しないのもどうかと思いますけどね…。

とにかく、学校の教科書で習った歴史の主要な出来事は、ほぼすべてが意図的なシナリオに沿って必然的に引き起こされたものであるのは間違いないようです。

すべては現在の文明を運営(支配)するために、前文明で作られた脚本通りに実際の歴史も作られ、世界中の主要な国の大統領や宗教団体を含めた様々の機関のトップ達は、そこに書かれた年表通りに現実世界を動かしているだけに過ぎません。ただ、そのシナリオ通りの歴史を作るための徹底ぶりは並大抵のことではないように思えます。主要な人物は、ほとんどクローン人間と考えても過言ではないかもしれませんね…。

まぁ、そのことはさておき、このシナリオの一部を垣間みることができることで有名なのが「イルミナティカード」という悪い冗談のカードゲーム。


01
※イルミナティカード

 すでにご存知の方も多いと思いますが、このゲームは1995年「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ」という企業が発売したトレーディングカードゲームです。

名前からしてヤバさ満点のゲームですが、これは秘密結社のトップとなり、資金源や防衛ラインとなる様々な組織や個人などを配下に治め、最終的に世界を支配するという、日本でお馴染みの「人生ゲーム」の完全裏バージョン。あまりに裏過ぎて当然ながら販売中止になりましたが、恐ろしいことに、ここで出てくるカードの中で、発売された後の歴史を予言するものがいくつかあり、ネット世界を中心に大きな話題となりました。

繰り返しますが、このゲームが発売されたのは1995年です。

例えば、先ほどの911のテロであれば、以下のようなカードがあります。

02)

50)

近年であれば、2010年のメキシコ湾の原油流出のカードもあります。爆破されたBP社はロスチャイルドの管轄会社でしたね。

14)

02)

あと、人物に関しても色々とあります。

14)

27)

オバマ大統領の出現も予言(というより予定通り)。ただ、このカードの絵が非常にネガティブな感じなので、この先のオバマさん大丈夫でしょうか…。

obama

obama2

そして、昨年に最も話題になったカードが、この日本の銀座和光の時計塔のカード。

43)

絵の中の時計の針が「3」と「11」を指していることから「おいおい、ちょっと待て」と日本人の怒りを買ったわけです。

他にも人工地震を象徴するようなカード、それに津波、原発事故、さらには放射能汚染(おまけに日本)に関するカードまでもがずらり。

16)

29)
※地震兵器に関係するカード

02)
※日本列島の沖に地震兵器を打ち込む?

44)


59)


10)
※ゴジラ(日本)は口から放射能をまき散らす

ここまで来ると、もはや単なる偶然とは呼べない本当に笑えないカードではありますが、これだけピンポイントに予言が的中するのであれば、他のカードにもこの先の未来のヒントが何かあるのかもしれません。

と思って、すべてのカードを以前に調べてみましたが、あまりに数が多すぎて挫折しました。
興味のある人は、以下のサイトに全カードが公開されているので、一度目を通して頑張ってみて下さい。

イルミナティカード全種類公開サイト

02


japan

 まぁ、そんな中でもちょっと気になったといえば上記の2つのカードでしょうか。
1つは「火山の噴火」と、もう1つは「日出ずる国の日本」のカード。何を意味しているんでしょうか…。

もう、すでに彼らの脚本は最終章へと突入。でも、そこには彼らも知らない裏のあらすじがあるので、本当のエンディングは別の形になるでしょうね。

以上、本日はエイプリルフールなので、あまり深く考えずに。
でも、世の中の本当の真実を知った時、ずっと感じていた世の中への違和感が解けたのは嬉しかったですが、何度ウソであって欲しいと思ったか…。