1

 先が見えない時代が本格的に始まりました。経済や環境問題を真剣に学べば学ぶほど、いままでと同じことを続けていたら、私たち人類は生き残れないことに多くの人が気づき始めました。でも、多くの仲間が集まって一人ひとりの叡智を結集すると、いままでの常識から考えると奇跡のような力を発揮できるのです。
奇跡を起こす鍵は、「有意の人」である私たちが自分の考えをきちんと持つという当たり前のことから始まります。
本当の情報を知って、その本物情報を自分の言葉に変換して、それが周りの人たちに伝搬していくだけの力を持った時、奇跡が始まります。そして、自分で考えて、意思決定し、自己責任で行動するためには、現実を直視することが最低限必要なことになります。
目の前に起こっている現実を、自分の都合のいいような勝手な解釈で見るのではなく、ありのままの状態で素直にみることが何をするにも原点になる時代がやってきました。既成概念を外して、常識から飛び出して、触れてはいけないタブーにもどんどん挑戦していく姿勢で『船井幸雄オープンワールド2012、にんげんクラブ全国大会』を作っていきます。
さあ、未来を、人生を、社会を私たちの手に取り戻す時が来ました。船井幸雄オープンワールドに集まっていただいて、世界中の子どもたちが幸せに暮らしていけるような理想の世の中を一緒に作るために、共に奇跡を起こしていきましょう。(船井勝仁)


● タイトル: 船井幸雄オープンワールド2012
      にんげんクラブ全国大会
      「奇跡はおこる~明るい未来は「有意の人」がつくる~」

●開催日時:2012年9月22日(土・祝)・23日(日)

●会場  :パシフィコ横浜国立大ホール 

● 講演スケジュール (敬称略)
<9月22日(土・祝)>

【大ホール】
10:00~19:30
(開場9:00) 10:00-11:10 船井 勝仁
11:30-12:40 高島 康司 / ウィリアム・スティックエバーズ
14:00-15:30 飛鳥 昭雄 / ベンジャミン・フルフォード
16:00-17:30 五井野 正
17:50-18:50 澤田 升男
18:50-19:10 澤田 升男 / 木村 隆之 / (コーディネーター 船井勝仁)
19:10-19:30 小川 雅弘 / 森 健志郎 / (コーディネーター 船井勝仁)

【小ホール】
10:00~18:30
(開場9:00)
10:00-11:00 jimi
11:30-12:30 宮島 賢也
13:30-15:30 ジェナ・クローリー / 亀井 土門
16:00-17:00 宮崎 ますみ
17:30-18:30 池田 整治


<9月23日(日)>

【大ホール】
10:00~18:50
(開場9:00) 09:40-11:00 山元 加津子
11:20-12:30 中田 宏
13:50-15:00 天外 伺朗
15:30-17:00 中矢 伸一 / 副島 隆彦
17:20-18:10 佐野 浩一
18:10-18:40 船井 幸雄
18:40-18:50 フィナーレ

【小ホール】
10:00~17:00
(開場9:00)
10:00-11:00 岩本 沙弓
11:30-12:30 天野 聖子
13:30-15:30 光田 秀 / 光田 菜央子
16:00-17:00 荒井 義雄

※詳細、お申込はこちら

 ご存知の方も多いかもしれませんが、今年も「にんげんクラブ全国大会」が9月に開催されるようです。今年は、大ホールと小ホールをわけて複数の講演会が同時に進行する「オープンワールド」のスタイルを復活させたようです。

それにしても初日の最初から豪華メンバー陣が続出ですごいですね。五井野博士も、ついにこのイベントにも登場します。3,000人以上の人々が五井野博士の講演を聞くことは、非常に重要な意味があると思いますので、これは大変楽しみであります。昨年は、何かとバタバタしていたので参加できませんでしたが、今年は可能な限り参加したいと思いますので、ご興味のある方は是非とも一緒にどうぞ。

『船井幸雄オープンワールド2012、にんげんクラブ全国大会』

2

 思い返せば、初めて「船井幸雄オープンワールド」に参加したのは、今から4年前の2008年でした。当時は、まだまだ知識不足だった自分には目から鱗の情報が盛りだくさんだったので、このイベントに参加したその日から、自分の人生の方向性は大きく変わった気がします。

そして、当時から体調を崩していたものの、長い間憧れであった船井幸雄会長の姿を生で見たとき、そのオーラの凄さに圧倒されたのを今でもはっきりと覚えています。

「いつかお話をしたいなぁ…」と想い続けて早4年。ご縁があって、昨日は熱海の船井本社にて船井会長とお会いしてきました。想像していたよりお元気そうで本当に安心しました。

自分にとっては雲の上のような存在であり、それこそずっと片思いの人と直接お話のできる夢のような時間だったので、昨日は生涯にとって大きな節目の日となりました。

ちょうど半世紀ほど年は離れてはいますが、自身の人生観を最も大きく変えた心の師であり、自分も同じように次の世代、さらにその次の世代にまで大切なことを伝えられる存在でありたいと強く思いました。

船井会長には、まだまだ重要なお役目が残っているので、本当に元気になってほしいと願っています。
そして、また大勢の前で元気な姿でお話をされる日を楽しみに待っていたいと思います。

3img029
※新書「4つの超常識対談 飛鳥昭雄×船井幸雄」を戴きました。これは面白いです。