s_04
※1つでも効果は十分

 さて、週末は泊まりがけで出かけて更新が難しいと思われるので、連絡事項は早めにお知らせしておきます。今回は、お店で先日に新発売した「コトタマテバコ」について訂正と補足について。

まず、大変ご好評を頂いている「コトタマテバコ」ですが、一方で同じ内容のお問い合わせが非常に多くありました。

それは「1個では効果がないのか?」というものです。

「はて?」と思って、前回ご紹介した記事やお店のデータを見直してみると、どうやら使用方法に「最低4個を使う」という表現が出されていたからのようです。

これは、家全体を調整する時の使用方法に関する一文であり、間違ってこれだけが使用方法のところに掲載されてしまっていたようです。大変失礼致しました。

商品と一緒に同封されている簡単な使用説明書にも書かれてますが、もちろん1個だけで使うのもまったく問題ありません。

そもそも、木炭を埋設する方法では量が多く必要で大変だったので、それを改善するためにコンパクトにしたのが「コトタマテバコ」であります。本来は少量でも十分な効果を発揮する商品として設計されています。

ただ「四隅に置いて結界をはること」もベースとして作られている商品でもあるので、4個で使う方がより強力であるのは間違いありません。

1個をお部屋で使う場合は、なるべく部屋の中央部分に置くのが効果的ですが、置く場所がなければどこでも大丈夫です。強い磁気が出ていますので、電化製品などの上には置かないようにだけご注意下さい。あとは1個なら玄関(邪気をいれない)や家の気になる場所に限定して使うのも効果的です。

もう一点「コトタマテバコ」についての修正点です。

オリジナルコトタマテバコを作る時に、複数枚オリジナルチップを使用する場合は、2枚目からはコピーチップとして1枚5,000円となります。当初、2枚目以降も一律20,000円という表記をしていましたが、こちらは間違いでした。失礼致しました。

尚、オリジナルチップも複数枚使用する方がより効果(情報)は発揮(発信)されやすいのですが、1枚でも十分に効果はあるので、4個セットに1枚だけオリジナルチップを入れるのでもまったく問題ないかと思います。

以上、圧倒的に「白」が人気で、こちらの在庫はギリギリとなっておりますが、週明けには新たに入荷される予定なので、一個からでも是非お試し下さい。


手軽に、居心地の良い空間(イヤシロチ)を作る「コトタマテバコ」
s_01

・炭素・磁石・LTSチップを組み合わせた世界初の新技術!
・お部屋の中に置くだけで磁場の乱れや電磁波の害を自動的に調整!



【ポイント1】住めば健康!「イヤシロチ」の秘訣は炭素

人間や植物にとってちょうどいい磁場の強さがあります。その居心地の良い土地を「イヤシロチ」、逆に居心地の悪い土地を「ケガレチ」と呼びます。

原理を発見したのは天才物理学者の楢崎皐月博士(明治32年~昭和49年)であり、住むと健康になったり、動物が集まったり、植物・農作物が良く育つ土地が「イヤシロチ」であり、その逆に住人が常に不健康だったり、動植物の発育状態が悪かったり、建物の老朽化が進んだりするのが「ケガレチ」です。

s_11(1)
※イヤシロチは電子がたっぷり集まっている

戦後、この両方の土地を科学的に調べたところ、電子が土地にまんべんなく豊富にある場所が「イヤシロチ」であることがわかりました。

楢崎皐月博士は「ケガレチ」に穴を掘り、木炭(炭素)を埋設することで土地を還元地化(電子が集まるように)し、「ケガレチ」「イヤシロチ」にできることを発見しました。

コトタマテバコは、この原理をベースとしており、本体は、炭素が主要成分として構成されています。

しかし、炭素だけで「イヤシロチ」を作るには

・ 大量の炭素が必要
・ 周辺の土地・空間の電子を奪ってしまう


という問題もありました。


【ポイント2】炭素に磁石を加えた特許取得技術

その問題を解決するために、コトタマテバコの中身には、強力な磁界を発生させる永久磁石が3つ内蔵されています。

永久磁石を中に入れることで、永久的な電子の循環が行われるようになり、少量の炭素だけでも大きな磁場調整の力を持たせることに成功しました。

s_12
※磁場を形成して電子を循環させる

この炭素磁石を組み合わせる技術は、井上匡弘氏が開発したもので、地磁気の乱れを調整し、農作物の収量を上げるものとして、特許(特開平 9-125059)も取得されています。

この技術の公開特許公報(公開日平成9年5月13日)では、

・ 効率よく土地を還元電位にし、農地の収量を上げること
・ 部屋の空気を還元電位に変えること
・ タバコのにおいを軽減する効果があること


という効果が記載されています。

これは、炭素磁石が土地・空間の電場・磁場を調整したことで生まれた結果であるといえます。


【ポイント3】言語エネルギー技術「LTSチップ」を加えて完成したコトタマテバコ
s_06
※炭素・磁石・LTSチップの三位一体による強力な磁場でイヤシロチ化をする

コトタマテバコには、この永久磁石に加えてLTSチップという特殊なチップも内蔵されています。

LTSチップには、ロゴストロンシステム(LTS)という、コード化された言語周波数の特殊プログラミング技術をもとに書き込まれた情報が入っています。

このシステムを採用したロゴストロンシリーズは、微電流や磁気の作用により、人体の細胞レベル・住空間・電子機器にまで高く調和する周波数を発します。

≪LTSチップ基本情報≫
① ロゴストロンの定義
② 創造意志情報の展開
③ 公響詞
④ 健康学序説
⑤ 空間調整情報
⑥ 意識進化の為の情報
⑦ その他 このロゴストロンが本来の目的(意識進化)に従って利用されるための情報。


コトタマテバコは、七沢研究所が井上氏と十年以上かけて製品の開発・改良を行い、最終的にLTSチップを内蔵することで、より強い磁場調整能力を持つツールとして完成しました。 炭素・磁石・LTSチップが三位一体となった結果

・ 寝つきの悪い子どもがすぐ寝るようになった
・ 妊娠中の気持ちが安定した
・ ホテルで簡単に居心地の良い空間がつくれる


などの報告を頂いております。

使い方は、お部屋に置くだけでとても簡単です。小さくて軽いので持ち運びにも便利なコトタマテバコを、是非とも生活のあらゆる場面でご活用下さい。

--------------------------------------------------------------
【商品詳細】

s_05

s_04
※黒色と白色の二色から選べる

コトタマテバコ 1個
¥14,700(税込)


商品ページはこちら


s_03
※4個セット(白色)

コトタマテバコ 4個セット
¥58,800(税込)


商品ページはこちら


s_02
※十種神寶(とくさのかむだから)のお祓いシールがついてくる

※4個セットには、 古神道の叡智を凝縮したお祓いシール「十種神寶(とくさのかむだから)」8枚がセットになっています。


オリジナルLTSチップ 1枚(本体は別売り)
¥20,000(税込)


商品ページはこちら

※オリジナルのLTSチップ(別売り)を内蔵希望の方は、商品(コトタマテバコ+オリジナルLTSチップ)をご購入後メールにて必要情報(名前、ふりがな、生年月日、住所、100文字以内の情報)をお知らせ下さい。尚、ご注文後に制作をするので完成まで1週間前後かかります。
※オリジナルのLTSチップは、1枚の価格となります。同じ内容を複数枚コピーする場合は1枚につき5,000円となります。

--------------------------------------------------------------
【製品仕様】
商品名  :コトタマテバコ
本体寸法 :全高35mm×全幅63mm
重量  :90g
本体材質 :三河土、珪藻土、炭素、トルマリン、ベントナイト、和紙、磁気体、LTチップ
製造販売元:(株)ロゴストロン研究所

--------------------------------------------------------------
【設置方法】
①基本的な設置方法
s_07

屋内に設置する場合は、部屋の4隅に置くともっとも効果が高まります。1個の場合は、部屋の中心に置くことをお勧めします。
そのほかに、玄関に置いたり、神棚に置いて、邪気が家に入らないようにする置き方もあります。


②マンションの設置方法
s_09

マンションやアパートの場合、お部屋全体の四隅にコトタマテバコを設置することをおすすめします(赤い丸)。次に、壁側の四隅に(青い丸)に設置するとよいでしょう。さらに、寝室やキッチン、トイレ、神棚などの大切にしたい場所に補強的に配置します(緑の丸)。また、分電盤にミニロゴストロンを設置するのもおすすめです。


③一戸建ての場合
s_10

まず、建物の1階床の四隅にコトタマテバコを設置します。さらには、立体的にコトタマテバコを設置、つまり、2階建てなら2階の床の四隅に設置することで、1階床四隅やのコトタマテバコとの共鳴が起こり、エネルギーが高まります。追加で置く場合は、マンションアパートと同様に、おいてください。
新築であれば、基礎部分(床下)にも設置します。その場合は、※<迦具土(かぐつち)や※天御柱(あめのみはしら)を埋設します。

※後日発売予定


④鬼門、裏鬼門を使った設置方法
s_08

日本では、昔から家の中心から北東を表鬼門、南西を裏鬼門と呼び、大変重要な場所とされています。つまり日本列島は、弓なりに北東から南西へと地磁気の流れがあり、鬼門から裏鬼門とエネルギー(神様の通り道として有名です。)の通り道になっているのです。
この、家の中心から北東の表鬼門、南西の裏鬼門に「コトタマテバコ」設置することで、家全体をイヤシロチにすることができます。
それでも不十分な場合は、対角に2つ追加するなどの必要があります。

--------------------------------------------------------------
【 開発者の声】
001
※開発者 七沢賢治

この「コトタマテバコ」は、浦島太郎伝説の玉手箱をモチーフにしています。
浦島太郎は、乙姫様から開けてはいけないと言われた玉手箱を開けると、けむりが出てきたというおとぎ話。玉手箱の中には、本当に煙のほか何も入っていなかったのでしょうか。
乙姫様の玉手箱の中には大切な言霊が入っていたといわれています。
すなわち、「玉」=「霊(たま)」です。玉手箱には、目に見えない「言霊」が入っていたのです。乙姫は音(言葉)を秘めるという意味です。開けないでくださいと言ったのは、中を見ないで、かく(秘)して使ってくださいということでした。浦島は玉手箱を開けてなければ不老不死が約束されたのでした。
さらに、古事記を読みますと、高天原から葦原の中津国に降臨されるニニギの命に託された玉(三種の神器の一つ)が言霊です。その言霊の叡智を使って、現代まで日本はその文化と繁栄の基を築いてきたことがわかります。
日本語には言霊がやどり、その言霊が日本の豊かさをもたらしたのです。その言霊のあたたかいエネルギーが充満した、言霊の玉手箱「言玉手箱~コトタマテバコ~」を置くだけで、家を守り、家族を幸せにしてくれることでしょう。

株式会社七沢研究所代表取締役 七沢 賢治


--------------------------------------------------------------
【体験者の声】

<体験談1>
コトタマテバコが送られてきたときに、何かすごいエネルギーを感じ、このコトタマテバコに期待しました。早速、ベットの下に置いた時に、とてもぐっすり眠れて、かつ朝スッキリ起きれました。


<体験談2>
コトタマテバコを開発していたころ、多くの人が手に持つと、地に足がつく感覚を多くの方が持って下さいました。一時的に、憑依の影響か意識が薄れやすくなっている方が、コトタマテバコを手に持ったら、すっと気が降りて、鎮魂されたこともありました。
ただ、部屋や土地の磁場調整用に作っているので、中には、手に持つには力が強すぎるという方もいらっしゃいます。
そういう方は、近くの床などにおいて効果を体感されるといいかもしれません。 (言玉手箱 開発チームのメンバーより)


<体験談3>
私はホテルに宿泊する時に、たまにそのホテルに何かいるのかわかりませんが、体が重くなったりしてよく寝むれないことがありました。しかし、コトタマテバコをホテルの部屋の四隅におくようになってから、そういったことが一切なくなりました。


<体験談4>
市営住宅に住んでいるのですが、寝室の壁のすぐ裏を水道管が走っていたりするため、磁場が不安定で、子供の夜泣きや、落ち着かないといったことが茶飯事で、困っていました。
そんな折、磁場調整ツールの紹介を受けお願いしたところ、今までが嘘のように、子供の夜泣きがなくなり、気が上がって落ち着かないといったこともなくなりました。
感謝しています。


<体験談5>
長年、子宝に恵まれずあきらめかけていました。そんな折、友人の方に紹介していただきました。担当の方に、事情を説明したところ、高圧電線の近くに住んでいることが原因ではないかといわれ、その害を軽減できるくらいの数を入れていただきました。
その結果、本当に無事子供に恵まれ出産できました。そのおかげかどうかはわかりませんが、感謝しています。


商品のご購入・お問い合わせは「tenkataihei.shop」まで