01

地震雲の第一人者が緊急警告
6月25日から7日間以内に関東地方でM7以上、震度6、7規模の地震が起こる。

きのう(25日)、こんな予想を出したのが北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之所長だ。上出氏は地震雲の研究の第一人者。30年間もライフワークとして観測を続けている。

その上出氏がきのう、見たのが空いっぱいに広がる地震雲だ。

「きのう(25日)の午後から白い放射状の地震雲が空一面に出ているのです。実は2、3日前にも地震雲は出た。そのときは関東地方、とりわけ千葉、茨城県あたりで、M5・5程度、震度4、5程度の地震が1週間以内に起こると予測しました。この雲がもっと大きくなり、東京方面を指している。そこで、緊急の予測を出したのです」(上出氏)

地震雲予知のメカニズムは「地震が起こる前に岩板に強い力が加わり、電磁気が発生、プラスイオンが電磁気とともに上昇し、水蒸気に影響を及ぼす。それが地震雲になる」(上出氏)というものだ。いまひとつ、よく分からないが的中率は高い。

2010年は35回中30回、2011年は54回中46回的中。上出氏は地震を予知すると自治体に情報を送っている。大学の先生による予知は数年以内の確率くらいしかわからない。

それだけに上出氏の予知が気にかかる。(日刊ゲンダイ2012/6/26)

 新聞もテレビも見ないので表の情報はあまりわからないのですが、最近「日刊ゲンダイ」という駅の売店で販売されている新聞で、上記のように地震予測専門家が6月25日〜7月1日までの間に関東でM7以上、震度6〜7規模の地震が発生する可能性が強いと警告をしたそうですね。

この専門家の方、昨年の3月11日の震災とその2日前の前震も、規模と場所は外れたそうですが、日付は当てたらしいので、それなりに的中率は高いようです。確かにいつもトリガー日をご紹介している「シャク暦」のホームページも「雲にきこうよ」というタイトルのように、基本的には雲を見て地震予測をしいていますので、雲を判断して地震予測をするのは当りやすいようです。

とはいえ、すでに本日は6月29日であり、今日も何もなければ残り2日となりますが、果たして本当に予想された規模の大地震が関東方面に起こるのでしょうか…。

32)

42)
※6月30日〜7月4日までは連続地震トリガー日

 結論から先にいえば、地震の規模はわかりませんが、シャク暦を見ればわかるように明日からの2日間は確かに要注意の日ではあり、実際に関東方面でも地震が起こる可能性は高いように思えます。

というより、明日の彗星近日点、さらには7月4日の満月、そして7月5日のEF(地球遠日点)を考えると、明日と明後日だけでなく7月4日までは連続して地震のトリガー日となっています。

no title
※7月5日は地球遠日点

特に7月5日は、1年間の中で地球が最も太陽から遠ざかる「地球遠日点」であり、毎年この前後には世界のどこかで比較的大きな地震が発生しています。

ということで、明日から5日間は関東方面、特に千葉・茨城を震源とした地震には注意した方がよいと思います。

ただ、仮にある程度規模の大きな地震が首都圏方面で起こったとしても、これは本震ではなく前震かと思います。
今のタイミングでいきなり本震、つまりは本番の首都直下型地震がやってくるとは思えないですし、大きな地震の前には必ず前震があります。

そのため、この5日間で発生した地震は、その次にやってくる本震がどこになるかを判断する材料ともなるので、単純に規模が小さかったからといって安心するのではなく、今後のためにしっかりと分析しておいた方が良いと思います。

もちろん、自分がトリガー日にピンポイントで首都圏に出張するのはお決まりのパターンなので、バッチリと小難になるように週末は旅立ってきます…。

01
※Fuckyoushima→Fuck you shima(ファックユー シマ[島国=日本人?])

さて、話は変わりますが、先日に再び名無しの権兵衛さん(差出人不明)よりお手紙が届いていました。

中身を開けると、案の定またイルミナティカードの暗号解読についての話でした。

今回取り上げられていたのは、この「Fuckyoshima」という見たことのないカード。名無しの権兵衛さんの解説によると、これはイルミナティプレミアムカードという最近出た特別なカードのようです。

そして、タイトルの「Fuckyoshima」は、一瞬「フクシマ」のように見えますが、どうやら「Fuck you shima」と解釈するようです。この「shima=島国=日本(人)」のようで、汚い言葉で恐縮ですが「ぶっ殺す(クソッタレ)日本人」とも解釈できる、とんでもないカードのようです。

確かにカードの絵は、明らかに日本の国会議事堂であり、その上にはHONDAのマークまでバッチリと入っています。

さらに名無しの権兵衛さんの指摘によると、このHONDAのマークのすぐ左に、やはり「711」という数字が隠されているとのことです。

つまりは、他の暗号カードと一緒で「7月11日に首都圏を地震と津波でハチャメチャにやりまっせ」というわけです。

ただ、このプレミアムカードとやらが、本当に正規に販売されたものなのか、誰かがいたずらで作ったものなのかはわかりませんが、タイトルにしろ絵の内容にしろ、あまりに露骨すぎて逆に信憑性もへったくれもなくなるカードのように感じます。

仮に、これが本当に計画をしている人々が一生懸命に作ったカードなら、そのセンスを疑うし、かなりヤケになってパニック状態のように思えますが…。

しかし、時期のずれはあったとしても、首都直下型地震や東海連動地震は近い将来確実にやって来る可能性が大きい災害なので、人災だろうが天災だろうがいつ何が起こっても対策をとれるように、物理的な準備と心の準備は忘れずにしておいた方が良さそうです。

まずは心の準備を高めるためにも、マインドコントロールシリーズで有名な池田整治さんが提唱した、災害時における「万が一の3の原則」を再度掲載しておきます。

「万が一の3の原則」
30秒間(自己責任) 
大きな揺れは最大でも30秒くらいなので自分の命は自分で守ること。テーブルの下にもぐりテーブルの足羽しっかりつかむ。大きなタンスや本棚は固定しておき、寝る部屋には大きな家具置かない。自分が助かったら、今度は「助ける側」にまわれる。

3分間(家族責任)
自分が助かったら家族を助ける。ガスの元栓閉める、火災になったら消火、海岸にいる場合高台にすぐ逃げる(高台が無かったら、は3階以上のビルに逃げる)、普段から家族で逃げる場所を決めておく。

3日間(隣近所、自治会責任)
地域で助け合って何とか3日間生き残る。3日あれば全国から自衛隊、消防が助けに来る。

3週間(自治体責任)
 避難所生活出の生活を余儀なくされる。生きる力を芽生えさせる時期。

3ヶ月間(国の責任)
 人生の再出発、避難所を出て新たな人生に向かう。

とにかく、まずは最初の30秒がポイントなので、突然の出来事でも冷静かつ迅速に動けるように普段から避難のシュミレーションをイメージしておくことが大切のようです。

そして、自分が無事だったら、次は救助が必要な方を助ける意識と行動が必要になります。

自分が首都圏に行く時は、この救助である次の段階を常に意識しています。

思考が現実化するのであれば、生き残れるかどうかビクビクしていたら、本当に被災して命を失うかもしれませんが、人を救助出来るかどうかに意識を向けていれば、当然ながらその前段階である自分自身は無事でいることが前提の未来になります。

過信ではなく、根拠のない自信を持って「自分は大丈夫」だと思っていれば、意外と大丈夫なものです。

皆さんは、大丈夫だと勝手に思っていますし、救助の使命を持った方も大勢いるかと思いますので、是非とも「いつでもかかって来い!」の意志で本番を一緒に乗り切れたらと思います。