01
※泉パウロ氏の最新著はイルミナティカードの解説本

 イルミナティクロックも結局のところ何事もなく終わり、昨晩遅くに無事に東京から戻ってくることができました。

それにしても昨日は、朝から晩までびっしりのスケジュールでしたが、非常にインパクトに残る一日でした。

まず昨日は、人工地震シリーズの著書で有名な泉パウロ氏、そして泉氏のご紹介を通して現役のイルミナティ幹部であり、縄文時代から続いている天皇家のフリーメーソン「セムメーソン」の幹部である高山長房氏とお会いしてきました。

高山長房氏プロフィール
アジア・日本地域イルミナティ・セムメーソン幹部
部下は日本国内で2万6,000人
生まれながらにイルミナティ・天皇家のセムメーソン
宇多天皇家35世代
高山右近大夫長房16世(テンプル騎士団継承者)
宇多天皇家旭日会 総裁
大正天皇家扶桑会 総裁
ROYAL BANK GROUP ASIAN GENERAL MANAGER(ロスチャイルド系)
国際政治経済文化研究会 会長
国際科学技術研究所 顧問
日本名誉毀損防止同盟 会長

誤解のないように伝えると、高山さんはイルミナティの中でも「ドラコニアン・イルミナティ」であり、今世界人類家畜のように支配し、地球を滅亡へと追い込もうとしている「レプティリアン・イルミナティ」とは事実上対立している立場の組織の方です。

皆さんの中には、まだ半信半疑の方も多いと思いますが、この「ドラコニアン」は天皇家一族系統でり、ムー大陸出身の爬虫類人、そして有名な「レプティリアン」は、欧米を中心とした王族・貴族系統であり、アトランティス大陸出身の爬虫類人です。

「え?爬虫類人?」と思うかもしれませんが、これは何もオカルト好きや陰謀論者が言っているのではなく、フリーメーソンのトップ、イルミナティの最高幹部である高山さんが直接言っていることであり、やがてこの事実も近い将来に一般の人々に公開される可能性が強いので、まだ半信半疑の方は今のうちに心の準備をしておかないと、今後の公への暴露の際に心臓発作を起こすか頭がパニックになってしまいます。

さすがにこの日に一緒に集まった我々のメンバーは、その話題を聞いて誰一人とも疑問を持つ人達ではなく、それどころか、こちらも超大物の人々達を一同に引き合わせたスペシャル会合であったので、高山さんと連携することによって今後は人類の解放、地球の滅亡を防ぐことに大きく関与していくことになると思います。

いずれにしても、高山さん曰く、今も昔もドラコニアンとレプティリアンの爬虫類人同士の抗争がひたすら続いている状態であり、やがてこのままいくとムーとアトランティス以来、再び地球人類を滅亡させてしまう可能性が強いようです。

自分も何度も伝えてきましたが、これから先、地上は人類が住める環境ではなくなるかもしれません。

氷河期による食糧生産の激減、HAARPなどのプラズマ兵器の乱用によるオゾン層や熱圏の崩壊、地軸の傾きや太陽フレアや太陽放射線の影響…さらには原発事故や核戦争による地球の放射能汚染、そして大陸沈没など、数え上げたらきりがないほどの様々な事態が起こりえる可能性があります。

当然ながら、現在の支配層でありすべてを知っているレプティリアン・イルミナティ達は、その事態をかなり前から想定しており、すでに地下シェルター建設(ロシアでは5,000カ所以上)も終わり、地球以外の惑星(火星基地など)への脱出も始めています。彼らは生き残り、そして再び人類が滅亡した後の地球でも権力を掴もうとたくらんでいるのです。

しかし、今はそれを防ごうとドラコニアン・イルミナティ達は立ち上がり、積極的に動き出しています。

すでに地底世界で3,000万人以上のドラコニアンの人々が文明を持って生活をしているようですが、ここへ地球上から新たな人々(地上人)を大量に受け入れようとしています。また地底世界に入りきれない人々は、UFOを使って他の惑星へと移住させる準備もしているようです。

高山さんから聞いた話では、目標は30年以内。宇宙戦争、そして自然と支配者達によって人類が淘汰されてしまう30年以内に地上から人類を0にする計画があるようです。

ただ、当然ながらレプティリアン・イルミナティもその計画に気づいており、地球から地上人を脱出させないように妨害しているようです。

以前もお伝えしましたが、今の支配層のトップは13人の優秀なレプティリアンであるサンヘドリンが君臨しており、彼らが指示・命令をしてレプティリアン・イルミナティが動き、さらにその下部組織であるフリーメーソンが動いています。ロスチャイルドやロックフェラーも、所詮はフリーメーソンのトップであり、レプティリアン・イルミナティのトップではないようです。

サンヘドリンのメンバーは、いわゆる霊能者や魔女達とも呼ばれるようなシャーマン達であり、彼らは錬金術師でもあり、アトランティス時代から伝承されている英知から魔法陣などを使って精霊を呼び寄せたりすることも当たり前にできる宇宙人のようです。ちなみに8人は西洋人に変身して、残りの5人は混血の強いイルミナティから選ばれるそうです。

とにかくサンヘドリン達による人類削減計画は、これから本格化するようです。10月以降、また色々と世の中は大きく動き出すみたいです。具体的にはわかりませんが、アメリカは注意した方がよいと思います…近い将来内乱、FEMAの発動もあるかもしれません。

まぁ、UFOやら何やら高山さんからは他にも度肝を抜かれる話をたくさん聞いたのですが、また追々お伝えできればと思います。もちろん伝えられる範囲ですが…。

高山さんとの会合の後は、都心でこれまた大御所の方との会食がありました。皇室とも大変ご縁が深い方であり、まだ本人は一切身分を公表していない方なのでこれ以上は伝えられませんが、ここでも興味深い話をたくさん聞くことができました。

01

その方のご紹介で最後に「きみがよものがたり」という絵本の出版記念パーティに飛び入り参加しました。というより、まったく何も知らずに連れていかれたのですが、すでに自分はご招待頂いていたパーティだったのにも関わらず完全に予定から漏れており、結果的に参加することになりましたが色々と関係者の方にはご迷惑をおかけしました…。

これまた素晴らしい本なので是非ともご紹介したいのですが…そろそろ出かけないといけないので、高山さんの話を含めて詳細はまた後日。