IMG_0556
※今朝の富士山
 
 昨年のちょうど今頃の時期に知人からの紹介で富士河口湖農園の稲刈り体験に参加したことがきっかけで、今年から農業を始めることや河口湖へ拠点を移すことが始まりました。

早いものでもう1年が経ちますが、たった1日だけ参加したことで、それが翌年からの自分の人生の方向を大きく変えることになるとは、人生とは本当によくわからないものです。

とにかく今の時代は、直感的にビビッと感じたことに関しては、考えるよりもまず先に行動することで、思わぬシンクロニシティが次々に発生しますので、是非とも残り少ない今年も動けるうちは色々なことにチャレンジしたり、色々な方とお会いされることをオススメします。

ということで、昨年に自分に大きな転機をもたらした稲刈り体験ですが、今年も富士河口湖農園で集中的に稲刈りをやる時期が決まりました。

10月14日〜21日までの一週間前後であり、この期間であれば申し込めば誰でも稲刈りに参加できるかと思います。

手刈りから機械を使った収穫までを含めて、希望に応じて色々と体験できるかと思います。

ただ、確かに人員は不足して困っているのも事実のようですが、収穫で一番面倒なのは、稲刈りそのものよりは、刈った後の稲をはざ掛けしたりする作業であり、本当はそういった雑務にたくさん手が必要なようです。

手刈り体験も大事ですが、これも慣れていないと結構しんどい作業なので、ある程度刈り取りの体験に満足したら、是非ともはざ掛けなどの作業を中心にお手伝いをされると喜ばれるかと思います。

ご興味のある方は是非ともこの機会に稲刈り体験をされてみてくださいませ。自分もこの期間は可能な限り連日お手伝いをする予定です。

河口湖での稲刈り体験
02

■ 期間(目安) / 10月14日 〜 10月21日

■ 時間 午前8時から午後5時までの間。

■ 場所 〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口1927 

■ 持ち物:長靴・軍手・土汚れでも大丈夫な服装・カマ(お持ちでしたら)

<お問合せ・お申込み>
tel & fax: 050-8007-1146
携帯電話: 080-5067-1146
mail: honesty@lcnet.jp


■ 農園へのアクセス

お車をご利用される方

【中央自動車道・河口湖ICからの場合】

河口湖ICを下り、国道137号線で河口湖大橋へ向かいます。

河口湖大橋を渡り、猿回し劇場を目指し、その手前を右に曲がり、
2つめの交差点を左折し15m先のT字路を右折。
そのまま直進し突き当りの左の家です。 

【電車をご利用される方】

最寄り駅は富士急行電鉄「河口湖駅」です。

「河口湖駅」より「河口湖周遊レトロバス」または
「大石プチペンション村行 き」に乗り、猿回し劇場で下車。
徒歩10分です。

●東海道新幹線「新富士駅」下車(約2時間)
 「河口湖駅」下車  Tel:0545-64-2430

●東海道新幹線「三島駅」下車
 河口湖駅行きバス「河口湖」バス停下車(三島駅より約2時間)
 御殿場乗り継ぎあり  Tel:0555-22-7131

【高速バスをご利用される方】

●「新宿駅」(新宿西口高速バスターミナル)より、「河口湖駅」下車。
 所要時間:1時間45分/料金:大人1,700円(1時間に1本)
 Tel:0555-72-5111

●「東京駅」より「河口湖駅行き」もあります。Tel:0555-72-2922

 そのままお米の販売の予約や来年の「田んぼ塾」の受付などもやっているかと思いますので、これをきっかけに農家とのパイプを繋げてくださいね。来年は子供の田んぼ体験なども考えているようです。

01

 また稲刈り期間の後半とも重なる19日〜22日までは、富士河口湖農園内のアパレル事業の「salaam(サラーム)」で秋の展示会が開催されています。

ヘンプを使った衣服や雑貨が色々とあるかと思いますので、こちらもあわせてどうぞ。

ちなみに河口湖の観光情報として一点お知らせしておくと、名物であるほうとうを食べにくる方が多いのですが、雑誌やテレビで有名なお店よりも、地元の人が隠れ家的にやっているほうとう屋さんの方が断然美味しいですよ。

特にオススメは、稲刈りをするどの田んぼからも比較的近い「春風」というお店。食べログでの点数は決して高くありませんが、実際の味は人気店とは比べ物にならないほど麺も汁も美味しいです。その代わり、注文してからとても長く待ちますので時間に余裕を持ってご来店下さい。