04

東北地方の強い地震で宮城県に津波警報、原発に異常なし
[東京 7日 ロイター] 7日午後5時18分ごろ、東北地方でマグニチュード7.3の強い地震があった。気象庁によると、青森県、岩手県の一部で震度5弱の揺れを観測。宮城県に津波警報が出ている。津波到達予想時間は午後5時40分ごろ。予想される津波の高さは1メートル。

 これまでのところ、東京電力福島第1原子力発電所の放射能水準に異常は出ていない。水処理設備、原子炉内の圧力など主要なパラメーターにも異常はないという。

 また、東北電力でも、宮城県の女川原発、青森県の東通原発ともに現時点で異常がないとしている。

 日銀によると、日銀と取引先金融機関との間の資金決済をオンライン処理する日銀ネット(日本銀行金融ネットワークシステム)に異常はない。

 野田佳彦首相は地震の報を受け、都内で予定していた街頭演説を急きょとりやめ、官邸に戻った。(転載終了)

 さて、ご存知のとおり本日夕方に三陸沖を震源とするM7.3の大地震が発生し、東日本を中心に広い範囲で大きな揺れがありました。とりあえずは福島原発は無事なようです。ここが倒壊したら、1日以内に300km圏外へと脱出する必要があります。

ここ山梨県の河口湖町は震度3でしたが、非常に長く気持ちの悪い揺れが続きました(富士山の火山性地震の場合は、「ドンッ」と一瞬なので)。

44)
※地震トリガー日(▲)は4日〜7日、12日〜20日

12月2日の記事【災害は忘れた頃にやってくる】でお伝えしたように、今日までは12月の最初の連続地震トリガー日でした。本日は最終日であり、そして特に地震が発生しやすい下弦の月でした。昼間は、富士山からモクモクと水蒸気が立ちのぼっており、嫌な予感がしていたらやっぱり起こりました。

果たしてこの地震は一体何なのか?

色々と調べてはいますが、とりあえず明日8日〜11日までの4日間、まさに自分がちょうど出張に出ている間はトリガー日からは外れてはいますが、今回の場合はあまり関係なしにしばらく警戒した方が良いかと思います。

というのも、今回の震源の位置や深さ、規模や地震の揺れ方などを考えると、皆さんの記憶にまだ残っている、あの東日本大震災の前後と非常に雰囲気が似ているからです。

つまり、今回の地震は巨大地震の前震である可能性もあります。

01
46)
■ 発生時刻:2012年12月7日 17時18分頃
■ 震源地  :三陸沖
■ 最大震度:震度5弱
■ 位置  :緯度 北緯 37.8度
■ 経度  :東経 144.2度
■ 震源  :マグニチュード M7.3
■ 深さ  :約10km

これが、本日に発生した三陸沖地震の詳細です。具体的な震源の位置は、北緯37.8度の東経144.2度であり、震源の深さは約10kmで規模はM7.3です。

実は、この地震とそっくり同じ地震が東日本大震災の2日前、2011年3月9日11時45分に発生しています。それが以下です。

02
16)
■ 発生時刻:2011年3月9日 11時45分頃
■ 震源地  :三陸沖
■ 最大震度:震度5弱
■ 位置  :緯度 北緯 38.3度
■ 経度  :東経 143.3度
■ 震源  :マグニチュード M7.2
■ 深さ  :約10km

こちらも震源地は三陸沖であり、最大震度や揺れた地域もほぼ同じ、そして詳細の震源の位置は、北緯38.3度の東経144.3度であり、本日に発生した地震の震源地とほんの僅かしか違いがありません。震源の深さは、やはり約10kmであり、地震の規模はM7.2でほぼ同じです。

この3月9日に発生した地震がきっかけとなり、三陸沖はその後立て続けに中規模の余震が続きました。
そして2日後、36回目の余震が余震ではなく、本震となり、あの東日本大震災の巨大地震が発生しました。

00)
21)
44)
09)
※3月9日の前震から36回目の余震が本震となった

03
52)
■ 発生時刻:2011年3月11日 14時46分頃
■ 震源地  :三陸沖
■ 最大震度:震度7
■ 位置  :緯度 北緯 38.0度
■ 経度  :東経 142.9度
■ 震源  :マグニチュード M7.9(後にM9.0に修正)
■ 深さ  :約10km

この東日本大震災の位置も、やはり本日の震源地とほぼ同じであります。

とりあえず、すでに余震と思われる中規模地震が三陸沖で発生していますが、これが非常に長く細かく続くようですと、どこかで本震がやってくる可能性があるので、週末にかけて少し観察をしておいた方が良いかと思います。

ただ、逆に今回の地震でエネルギーが解放され、地震活動が落ち着く場合もあります。いずれにしても、次の12日〜20日(一応16日の総選挙日はトリガーから外れてますが)は、今回のよりも長いトリガー日が続くので、今月は地震には要注意しておいた方が良いでしょう。

でも、太陽の黒点数やフレア状況を見る限りは非常に大人しいので、個人的には年内は大丈夫かと思っています。それにしても、よりによって明日からは2日間東京です。まぁ、五井野博士と池田整治さんという、最強の二人がいるので大丈夫でしょう。