02

自民単独で300議席確保? 衆院選「終盤」世論調査を読む(J-CASTニュース)
衆院選終盤。大手メディアの世論調査によると、自民党「圧勝」が濃厚だ。
「自公300議席をうかがう」(朝日新聞)、「自公300の勢い」(日本経済新聞)、「自民勢い変わらず」(読売新聞)といった見出しが躍っている。東京新聞は「自民 単独過半数の勢い」と報じた。世論調査の「生数字」はこれ以上に自民が優勢との見方もあり、自民単独で300議席確保も夢ではない勢いだ。

自民「絶対安定多数269議席はクリアできそう」

2012年12月14日の新聞朝刊は、衆院選の終盤情勢調査がトップ記事を飾った。
読売新聞は、「政権奪還を目指す自民党は単独で過半数(241議席)を上回る勢いを保っている」と報じた。
朝日新聞は「自民党が単独過半数ラインを超えて280議席以上をうかがう」とし、日本経済新聞は、自民党は序盤の勢いを維持しており、「接戦を続ける選挙区でも優位に戦いを進めている」と伝えた。自民は小選挙区で前回(2009年)の衆院選で議席を失った東京や神奈川など都市部で復調し、すでに小選挙区で180程度を固めつつあるという。比例区では60議席を確保しつつあり、「単独過半数(241議席)を突破するのは確実な情勢」だ。
産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査によると、自民党は選挙区と比例区ともに優位に立ち、単独で280議席以上を確保する勢いにある。
時事通信は「120を超える選挙20+ 件区で(自民の)公認候補が当選圏に入った」と伝えた。比例でも60議席を超える見通しで、衆院のすべての常任委員会で委員長ポストを独占したうえ、過半数の委員を握る絶対安定多数の269議席をクリアできそうな情勢だ。
公明党は公示前の勢力(21議席)を超える、30議席に確保にめどをつけた。自公で300議席を超え、「政権復帰が確実な情勢」(産経新聞)となった。
自公は、民主と競り合う選挙区でさらに上積みできれば、衆院の3分の2にあたる320議席が視野に入ってくる。(転載終了)

 選挙戦も終盤へと差し掛かり、ついに残すところ2日となりました。選挙戦の中盤からすでに世論調査による選挙戦の結果予測が各メディアより打ち出されていましたが、その予測内容はどこのメディアも中盤から終盤まで一貫して同じであり、常に「自民党圧勝」となっています。

もはや、どこが勝利するかは問題ではなく、自民党がどれだけ議席をとるかに焦点もずれており、一見すると、もう選挙は結果が出てしまって終わってしまったような雰囲気が漂っています。

「これじゃあ、今さらどこに投票しても無駄だね。投票はしないで遊びに行こう」と思っては当然ながらダメであり、このように思わせて「投票率を下げさせること」「勝ち馬に乗るようにさせること」がメディアと自民党の狙いであります。

それにしても、ここまで大きくメディアや世論を動かすには莫大なお金が裏で動いているようであり、同じ名前でも、どこかの代表とはエラい違いの安倍芳裕さんは、自民党は経団連から「原発を推進する」との約束で100億円借りたのだと痛烈に自民党を批判しています。ちなみに、この情報は元首相の政策秘書からの内部情報のようです。

また、選挙に関する世論調査がまったくあてにならないことは、ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが週刊誌で暴露しています。

04

鳥越:「毎日新聞の記者時代の経験ですが、例えば、選挙に関する世論調査の結果を発表する前に選挙の担当者が数字を“調整”するのをしばしば見てきた。担当者が取材で掴んだ選挙区情勢と違うという理由です。そういった裏事情を知っているので、私自身は世論調査の数字を疑っています。」(※週刊ポスト2012年8月3日号)

ということで、実際の選挙結果がどうなるなるかは、やはり当日を迎えてみないとわからないでしょう。

そして、この世論調査がインチキだったことを証明するために出来ることは、まずは「国民全員が投票をする」ということが大事であると思います。

07
※30%以上の国民が投票していない

過去の総選挙データを元に考えると、全有権者の20%の得票を得た勢力が政権を担うと云われています。日本の投票率は、以前より少しずつ上昇しているものの、前回の総選挙でも70%まで到達していません。つまり30%以上の人々、国民の3人に1人は投票をしていないので、これらの人々が投票をすると、今後の選挙結果にかなり大きな変化・影響を及ぼすことができます。

ただ、世論調査の予測が、必ずしもすべてがインチキであるとは思っていません。実際に地方の高齢者の中には自民党を支持している方々は大勢います。高齢者だけでなく、身近な若い知人や友人でもいます。

それはそれで個人の自由なので構いませんが、ただ国防軍や徴兵制、それにTPPや原発推進にしろ、この先にこれらがとんでもない事態へと発展した時に「まさか、こんなことになるなんて」という言葉は通じないので、そういった人々は命懸けでお国のために頑張ってもらいたいものです。

自分の場合は、偽りの日本がこれ以上続き国家が暴走するのであれば、海外へと亡命するか自治区を作って独立する選択をするでしょう。

まぁ、いずれにしてもどこかで神一厘の仕組みが発動されるわけであり、悪くなっていくのであれば、早く豪快に悪くなってもらっても良いかなと最近は思う次第です。闇が深まれば、夜明けは近くなりますので……。

ということで、どこに一票入れるのも自己責任として、まずは選挙にはいきましょう。