02

竹取物語 〜 あらすじ 〜
 竹を切って来ていろいろな製品を作って暮らしていた、竹取の翁とその妻の嫗がいた。ある日、竹取の翁が竹林に出かけていくと、根元が光り輝いている竹があった。なんだろうと思って切ってみると、中から9センチほどの可愛らしい女の子が出てきたので、自分たちの子供として育てることにした。その日から竹の中に金を見つける日が続き、竹取の翁の夫婦は豊かになっていった。翁がみつけた子供はどんどん大きくなり、三ヶ月ほどで年頃の娘になった。この世のものとは思えないほど美しくなった娘に、人を呼んで名前をつけることになった。呼ばれてきた人は、「なよ竹のかぐや姫」と名づけた。この時、男女を問わず人を集め、3日にわたって様々な遊びをした。

世間の男たちは、高貴な人も下層の人も皆なんとかしてかぐや姫と結婚したいと思った。その甲斐もないのに、竹取の翁の家の周りをうろうろする公達は後を絶たなかった。彼らはまるでストーカーの様に竹取の翁の家の周りですごしていた。そうこうするうちに、熱意のないものはこなくなっていった。最後に残ったのは、好色といわれる五人の公達で、彼らはあきらめず、夜昼となく通ってきた。彼らの名は石作皇子、車持皇子、右大臣阿倍御主人、大納言大伴御行、中納言石上麻呂といった。

彼らがあきらめそうにないのを見て、翁がかぐや姫に「女は男と結婚するものだ。お前も彼らの中から選びなさい。」というと、かぐや姫は「『私の言うものを持ってくることができた人と結婚したいと思います』と彼らに伝えてください」と言った。夜になると、例の五人が集まって来た。翁は五人の公達を集め、かぐや姫の意思を伝えた。

その意思とは石作皇子には仏の御石の鉢、車持皇子には蓬莱の玉の枝、右大臣阿倍御主人には火鼠の裘、大納言大伴御行には龍の首の珠、中納言石上麻呂には燕の子安貝を持ってこさせるというものだった。どれも話にしか聞かない珍しい宝ばかりで、手に入れるのは困難だった。

石作は只の鉢を持っていってばれ、車持は偽物をわざわざ作ったが職人がやってきてばれ、阿倍はそれは燃えない物とされていたのに燃えて別物、大伴は嵐に遭って諦め、石上は大炊寮の大八洲(日本の別名)という名の大釜が据えてある小屋の屋根に上って取ろうとして腰を打ち、断命。結局誰一人として成功しなかった。

そんな様が御門に伝わり、御門が会いたがった。翁が取り持ったが、彼女は拒否し、一度は姿を見られたものの、姿を消して見せたりして結局御門も諦めさせた。しかし、彼と歌の交換はするようになった。

そうしているうち、ある旧暦も8月、姫は夜に泣くようになった。はじめは話さなかったが、(旧暦の、以下略)15日が近づくにつれ、泣き方が激しくなり、翁が問うと、「自分は別世界のものであり、15日に帰らねばならぬ」という。それを御門が知り、勇ましい軍勢も送った。

そして当日、子の刻(2時)頃、空から人が降りてきたが、軍勢も翁も嫗も抵抗できないまま彼女を連れ去った。かぐや姫は罪を償うために地上に下った月の都の住人だったのだ。別れの時、姫は御門に不死の薬を贈った。しかし御門はそれを駿河の日本で一番高い山で焼くように命じた。それからあの山は「不死の山」(後の富士山)と呼ばれ、また、その山からは常に煙が上がるようになった(当時、富士山の火山活動は活発であった)。

 昨晩は浅川嘉富さんの地元講演会に参加しました。12月に入ってから急遽開催が決定した緊急講演であり、わずかな期間、それも年末の寒い小淵沢の平日にも関わらず、会場は50名以上の超満席で埋まって大盛況のうちに終わりました。

今回の講演は「かぐや姫物語は真実だった」というテーマであり、あの日本最古の昔話で有名な竹取物語が実話に基づいたストーリーであったことを説明してくれました。

今後も各地で講演会などがあるかと思いますので、詳細を知りたい方は是非ともそちらにご参加頂きたいのですが、ただ来年以降にこの話題を話されるのかわかりませんので、簡単な概要だけお伝えしておきます。

竹取物語といえば、冒頭のあらすじ(ちょっとラフなあらすじですが…)にあるとおり、竹から生まれた女の子が、おじいさんとおばあさんに育てられて、一瞬で大人になり、美人であるが故に男どもに狙われて、しまいには天皇まで狙うが誰も妻にすることができず、やがて本人が「実は別世界(月)から来た」と暴露して、満月の夜にお迎えとともに月に帰っていくというファンタジーストーリーです。

しかし、ちょうど先日のメドベージェフ首相の宇宙人存在発言、それにアポロに関するお話をしたばかりなので、皆さんはある程度概要を察することができるかと思いますが、実際は、かぐや姫は月からやってきた高次元の宇宙人であり、UFOに乗って元の月の基地へと帰っていったのが真実のようです。

浅川さんが、竹取物語が真実であると最初に知ったのは、今年の夏に出会ったある男性の話がきっかけであり、その男性は昔から何度もUFOに搭乗したり、宇宙人よって様々なビジョンを視せられている方のようです。

その方の話によると、かぐや姫は、プレアデス星団のマイヤ星からやってきた宇宙人であり、現在も月の地下基地において地球での思い出の体験を再現した施設を造って生活をしているそうです。地球での思い出の体験とは、まさに竹取物語の舞台であり、育った家、竹やぶ、そしてミニサイズの富士山もしっかりと近くに造ってあるそうです。

なぜ、地球にやってきたかといえば、プレアデス星団にある星々は、地球よりも高次元の世界であり、人々は豊かで平和な生活をしていることは有名ですが、一方で平和すぎる、刺激がないことは感情が育たなくて退屈のようで、そこで良くも悪くも感情がありすぎる地球人から感情を学ぶために接触をしたようです。

子どもを育てる親の無償の愛を受けたり、異性から自分が愛されたりすることを学び、そして最後は涙を流して地球を去ることになったので、そういった意味ではかぐや姫が地球で得た感情の成果は非常に大きかったものかと思われます。

浅川さんは、こういったかぐや姫の真実を話で聞いた上で、あらためて竹取物語の原文を読んで「これは間違いなく真実を描いている」と驚かれたそうです。

例えば、天皇に必死に迫られたかぐや姫は、自分がこの国に生まれた人間ではないと必死に主張し、そしてその証拠として半透明となって姿を消して再び現れるような現象を見せつけました。

<原文>
「おのが身は、この國に生まれて侍らばこそ使ひ給はめ。いと率ておはし難くや侍らむ」と奏す。帝、「などか然あらむ、猶率ておはしまさむ」とて、御輿を寄せ給ふに、この赫映姫、きと影になりぬ。果敢なく口惜しと思して、實にたゞ人にはあらざりけり、と思して、「さらば御供には率ていかじ。もとの御形となり給ひね。それを見てだに歸りなむ」と仰せらるれば、赫映姫もとの形になりぬ。


<現代語訳>
「私の身は、この国に生まれておりましたら、召使としてお使いにもなれましょうが、そうではないので連れていらっしゃるのはたいそう難しいことでしょう」と申し上げた。帝は「どうしてそのようなことがあろうか。やはりどうしても連れていく」と言って、お輿を寄せられると、このかぐや姫は、急に姿が消えて影になってしまった。惨めで情けなく無念にお思いになり、まことに普通の人ではなかったと思われ、「それならば御供には連れて行くまい。元の姿におなりなさい。せめてそれを見るだけにして帰ろう」と仰ったので、かぐや姫は元の姿に戻った。

これは宇宙人や聖者特有の5次元体以上のボディを持っている高次元の存在だからこそできる芸当であります。

また、かぐや姫のお迎えの場面も、明らかにUFOの登場と宇宙人が降り立った情景を描いているといいます。

<原文>
斯かる程に宵打過ぎて、子の時ばかりに、家の邊晝の明さにも過ぎて光りたり。望月の明さを十合はせたるばかりにて、在る人の毛の孔さへ見ゆる程なり。大空より人雲に乘りて下り來て、地より五尺ばかりあがりたる程に立ち連ねたり。


<現代語訳>
こうしているうちに、宵の時刻が過ぎ、午前0時ごろに、家の周りが昼の明るさ以上に一面に光りわたり、満月の明るさを十倍にしたようで、そこにいる人の毛穴まで見えるほどだった。空から人が雲に乗って降りてきて、地面から五尺ほど上がったところに立ち並んでいる。

この夜なのに昼間以上の光とは、まさにUFO特有の発光方法であり、そして地面から五尺を立ち並ぶとは、地上150cmの辺りを宇宙人が空中浮遊していることを意味しているようです。この150cmというのは、現代でも宇宙船から降り立つ時の標準的な高さなようです。

01

浅川さんは、浦島太郎の伝説も実話であったと著書の「シリウス・プレアデス・ムーの流れ 龍蛇族直系の日本人よ! その超潜在パワーのすべてを解き放て」でご紹介されていますが、今回の竹取物語の話も含めて、ただ昔話が実話だったことだけを人々にお伝えしたいだけでなく、こういった竹取物語のような出来事、かぐや姫のような存在が今後の地球でも当たり前に見受けられるようになることを知らせたいようです。むしろ、今の地球人が今後はかぐや姫のような高次元ボディの存在になれると…。

それは人類の進化を示す明るい話題でもありましたが、一方でこれから先の新しい地球へと移行する過程の超大激変に関しては、多くは語らないもののかなり厳しい見解を示してました。

とにかくこの世に執着を持たず、肉体を離れることに恐怖を持たないことをしきりに強調されていました。それは1年半ほど前に浅川さんの講演を初めて聞いた時にも同じことをお伝えしていたので、浅川さんの中では、これから先に起こることへの心構えとしては、これらを最も重用視しているポイントのようです。

02

また、今月上旬に起きた笹子トンネルでの事故に関しても興味深いことを語っていました。

あれも上からのメッセージであり、いくつか意味があるようですが、その中でも6人乗っていたワゴン車がペシャンコに押し潰されたにも関わらず、その内の1人が奇跡的に脱出したことに注目をされていました。

02

救出された本人も「気づいたら外にいた」と説明していますし、現場を調査した警察や消防も「天井板が隙間なく重なっているような感じ。たまたま窓ガラスが壊れて飛び出たとか、そういう奇跡的な状況がないと無理だろうというくらい押しつぶされている」と説明しているように、どう考えても脱出できない状況下であったにも関わらず、女性は確かに外に飛び出していた不可解な事実に多くの人々が頭を悩ましていましたが、浅川さんは「これはテレポーテーションしたからだ」と仰ってました。

つまり、こういった人間がテレポーテーションするような今では考えられないような事態が、今後の世の中では頻繁に起こってくることを象徴しているようです。

尚、講演終了後は、小淵沢の宇宙カフェとして有名なサンディア・カフェさんにおいて、懇親会が夜中まで続いたのですが、偶然なのか皆様のお計らいなのか、浅川さんの隣に座らせて頂き、ゆっくりと色々なお話をさせて頂きました。

有り難いことにサンディア・カフェのママより、浅川さんは以前より当ブログや自分のことは耳に挟んでご存知であったようで、発信する立場の人間としてのアドバイスや表に出せない深い話などを色々と聞かせてくれました。

その中で「あんたはどこに住んでいる?」と、以前に五井野博士にも聞かれた質問が浅川さんからもあり、そこで「河口湖です」といつもながら答えると「富士山はすぐではないが、間違いなく噴火するぞ…」と、これまた博士とも同じ回答を仰ってました。もちろん、それはある程度承知なのですが、それでも今のうちにやれることはやる必要がありますからね…。

そして「この世界に踏み入れたきっかけは?」と聞かれたので、そこで今回の講演にも出てきたプレアデス星団、そして、そこのレモリア星からストレートに地球へとやって来ている息子の話をしました。つまり、宇宙人の親に選ばれ、宇宙人の親になってからすべてが動き出したことを。

浅川さんの元にも同じような子供達や親御さんが集まっているようなので、自分の話もとても興味深く聞いてくださり、色々とお話を聞いて下さった上で最後のお別れの際に「お子さんにバカにされないように頑張りなさいよ」と激励してくれました。

それにしても、いくつもの著書を書いてベストセラー作家ともなっている浅川さんが、実は文章を書くのは大の苦手で、大学受験で作文が出た大学の試験では、原稿用紙5枚の題目のうち1行しか書けなかったという裏話は驚きでした。

それは「水」に関する作文を書く試験だったようで、浅川さんは「雨が降って川が流れる」の一文で終わってしまったらしいです。これに関しては、勝手ながら非常に親近感を覚えるのですが、自分も文章を書くのは超苦手であり、同じ様に試験や宿題といった作文に関してはお話にならないほどお粗末な文章しか書けませんでした。

中学の卒業文集にいたっては、まともな話が書けないので、死後に地獄の異次元世界へ行ってエンマ大王を倒してくるという、笑えるようで今ではリアル過ぎて笑えない短編小説を書いたほどです。ある意味、文章力というか妄想力はあったのかもしれませんが、とにかくテーマが決められた作文などは小さい頃から本当に苦手であり、それこそ1行、2行しか書けずに親が本当に驚いて本気で心配された記憶があります。

しかし、浅川さんも仰ってましたが、同じ「書かされる」ということでも、人間の指示で書かされるのと上からの指示で書かされるのではまったく状況が異なり、全部ではありませんが、今のように上からの指示の場合は不思議とスラスラと文章が書ける時があります。こればかりは、自分でもどのように書いているのかわからない時もあったり、とりあえず脳裏に浮かぶビジョンや世界観を文章化させているだけなので、説明が難しいものです。

いずれにしても、浅川さんとお話をするのは初めてでしたが、辛口で個性的であり、一方で優しくて面白い一面もあってとても好感を持てる方でした。年齢は40歳以上離れている大先輩ですけどね。

まだ著書を一度も読んでいない方は、是非とも「シリウス・プレアデス・ムーの流れ 龍蛇族直系の日本人よ! その超潜在パワーのすべてを解き放て」だけでも一度はお読み下さいませ。

これは自分が初めて書店で本が光って視えた唯一の一冊であり、まさに上より急いで「書かされた」本であります。龍蛇族、ドラコニアンとも最近は呼ばれている我々日本人のルーツがよく分かり、敏感な人は読めば目覚める一冊であるかと思います。



また全国各地で浅川さんの講演会も開催されておりますので、浅川さんが動けるうちは、一度はお話も聞いてみてください。

ようこそ!!浅川嘉富の世界へ

ちなみに「動けるうち」というのは2つの意味があり、1つは年齢や健康的な問題ではありますが、もう1つは日本や世界の交通網が動けるうちにという意味になります。

浅川さんは、今回の講演の冒頭で「来年は早々から国内でも簡単に旅行に行っても帰ってこれなくなる可能性がある」と仰ってました。

それは昨今の世界各地や日本での異常気象、そして笹子トンネルの事故などでも分かるように、今はいつどこで何が起こってもおかしくはない世の中の状況となっているからです。

もちろん、平和に過ぎ去る2013年の可能性もありますが、旅行や出張が多い方は、くれぐれも用心しながらお出掛けされるようにして下さいね。