01

ローマ法王、28日に退位 「高齢」が理由(CNN)
ローマ(CNN) ローマ法王ベネディクト16世(85)は11日、「高齢のため」今月28日に退位すると表明した。法王が存命中に退位するのは約600年ぶり。
法王はローマ法王庁(バチカン)を通し、「この数カ月間、必要とされる心身の力が衰え、職務が十分に果たせないことを自覚するようになった」と、退位の理由を説明した。
バチカンの報道官によると、枢機卿らが28日以降に後継者を選ぶ。3月末の復活祭までには新たな法王が誕生する見通しだ。
同報道官によれば、法王自身は後継者選びに関与しない。ただ、現在の枢機卿118人のうち法王から任命されたのが67人と多数を占めることなどから、法王の影響力が表れるのは必至とみられる。
後継者を途上国から選ぶべきだとの声もある。専門家の間では、次期法王がどこの出身であろうと、人工妊娠中絶や避妊、離婚といった問題に対する保守的な立場を受け継ぐだろうとの見方が強い。
同報道官は、法王が熟慮の末に出した結論だと述べた。退位後は教会運営にかかわらず、バチカンの修道院で思索と祈りの日々を送るという。法王の生前退位は、1415年のグレゴリウス12世以来初めて。このようなケースは珍しいため、退位後の肩書きがどうなるかは未定だ。
ベネディクト16世はドイツ生まれ、05年、78歳で法王に即位した。在任中に聖職者による性的虐待問題が相次いで発覚し、対応に追われた。(転載終了)

 新時代へと切り替わるが進む中、その中で最も重要な要素の1つである「宗教」の分野において大きな動きが出始めました。

ご存知の通り、現在のローマ法王であるベネディクト16世が突然の退位を発表しました。

生前退位は、約600年ぶりとのことなので、これが単なる「高齢のため」という理由では済まされない、何か大きな力が裏で動いていることは、誰でも容易に推測できるかと思います。

01
※退位発表の夜、サン・ピエトロ大聖堂に雷落ちる

この退位を発表した日の夜、カトリック教会の総本山であるサン・ピエトロ大聖堂には大きな雷が落ちたようで、やはり、この一件は、これから始まる大転換のきっかけを予兆する出来事であったと思います。

02

まず、すでにご存知の方が多いように、今回退位するベネディクト16世を始め、歴代のほとんどのローマ法王どころか、このバチカンという国、そしてカトリック教会そのものは、いわゆる闇の勢力の傘下であるのは今となっては有名なことです。

つまり人類家畜化計画、人口削減計画を目論んでいるグループの宗教部門を担当しているのが、彼らということであり、その辺は、上記の支配図にある通りです。

とはいえ、この支配図は、概要は正しくとも詳細の部分は必ずしも正しいことは書かれていませんし、フリーメーソンやイルミナティの捉え方も少し違っているとは思います。

ただ、天皇家(ドラコニアン)は、彼らレプティリアンにとっても特別な存在であり、簡単には手を出せないのは確かなことです。

まぁ、この辺の話をお伝えすると本当にホラー映画やSF映画のような話になってくるので、今回は詳細には触れませんが、とにかく偽りの時代である現在は、経済や政治だけでなく、当然ながら宗教においても、すべて裏で同じ組織が絡んでおり、そして金によって支配されて動かされています。

03

 そんな中、今回のベネディクト16世の退位発表を聞いて、恐らく「いよいよ【最後の法王】の時が来た」と思われた方もいたと思います。

知らない方もいるかもしれませんが、実はベネディクト16世の次の法王は、予てより「最後の法王」として予言されていた人物であり、この予言は「聖マラキの予言」という一部の人々の間ではとても有名な話です。

聖マラキの予言とは、1100年頃にアイルランド出身のカトリック聖職者の聖マラキによって書かれたものであり、その中で歴代の「ローマ法王の氏名を特定する簡単な情報」を伝えており、これは1100年代の当時から現在のベネディクト16世に至るまで、驚くことに111人すべてを当てている驚異的な予言となっています。

聖マラキの予言
1.「ティベリウス川の城より」=ケレスティヌス2世(1143年-1144年)
彼はテヴェレ川(ティベリウス川)沿いのチッタ・ディ・カステッロ(Città di Castello, 城の都市の意)の出身だった。

2.「追い払われた敵」=ルキウス2世(1144年-1145年)
彼の姓カッチャネミチ(Caccianemici)は「敵を追い払う」の意。

3.「山の大きさから」=エウゲニウス3世(1145年-1153年)
彼の姓はパガネッリ・ディ・モンテマニョ(Paganelli di Montemagno, モンテマニョは大きな山、の意)だった。なお、彼の姓は文献によっては単にパガネッリやピガネッリとだけ書かれている場合もある。



というように続いていき、最後は…



108.「花の中の花」=パウロ6世(1963年-1978年)
彼の紋章は「花の中の花」とも言われる百合だった。

109.「月の半分によって」=ヨハネ・パウロ1世(1978年)
彼は半月の日に生まれた。また、教皇就任の日に下弦の月だったことなどと結びつけられることもある。

110.「太陽の働き(作用)によって」=ヨハネ・パウロ2世(1978年-2005年)
彼は1920年5月18日[1]インド洋上で部分日食が観測された日に生まれ、2005年4月2日に84歳で他界した。2005年4月8日[2]に南太平洋から中南米にかけて、珍しい「金環皆既日食」が起こった。

111.「オリーブの栄光」=ベネディクト16世(2005-2013年)
彼が襲名したベネディクトは聖ベネディクトゥスと結びつきが深い(ベネディクトゥスはオリーブの枝をシンボルとするベネディクト会の設立者である)。

112.「ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう。ローマ人ペトロ、彼はさまざまな苦難の中で羊たちを司牧するだろう。そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。」=?????(2013年-)

この予言をご覧頂くとお分かりであるように、聖マラキに予言された法王は112名であり、今回退位を発表したベネディクト16世の次の法王が「最後の法王」となっていて、その先の法王は指名されていないのです。

そして、次に即位する予定の最後の法王「ローマ人ペトロ」に添えられている言葉は、他の言葉と違って長文であり、それが、とても不気味な内容となっています。

ローマ聖教会への極限の迫害の中で着座するだろう。
ローマ人ペトロ、彼はさまざまな苦難の中で羊たちを司牧するだろう。
そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。

「7つの丘の町」とは、一般的にローマを指すと言われております。
いずれにしても、この言葉だけからすると、ローマが崩壊したり人々に審判が下ったりと、次の法王の時代は、かなり大混乱が生じて法王自体も窮地に追い込まれてしまう状況になることが予測されます。

そして、その次の法王が存在しない、それは存在しないような世の中がやってくるという意味でしょうが、上記の言葉から推測すると、恐らくは「ローマ法王庁の崩壊」がやってくるからだと思われます。

果たしてそれは良いことなのか?

というと、もちろん色々な意味で混乱は生じると思いますが、冒頭でもお伝えしたように、残念ながら今の教会は闇の組織に完全に乗っ取られてしまっているのが実情であり、そして彼らの支配が弱まっている今、このローマ法王庁の崩壊というのは、必然・必要であり、むしろこれが起こらないと次の時代へは進めません。

ただし、その崩壊の仕方にも2通りの未来があり、1つはソフトランディングで一方はハードランディングとなるようです。

そして、ソフトランディングに崩壊するのは簡単とは言いませんがシンプルであり、結局のところ、今までのローマ法王庁、バチカンという国家が過去に行った数々の不正や犯罪を認め、様々な真実の情報を世の中に公開し、謝罪をすることのようです。その真実の中には、古代文明の存在や歴史上の遺産などの公開も含まれているようです。

いずれにしても、バチカンという国家は、実際は宗教というよりは欲と金にまみれた国家であり、バチカン銀行と呼ばれる宗教活動協会(IOR)という組織を通じて長年に渡って不法行為を行ってきた歴史があります。

先ほどの「聖マラキの予言」を見ると、109番目の法王であるヨハネ・パウロ1世(1978年)の在位期間が気になった方もいたと思いますが、ヨハネ・パウロ1世は、なんと即位してから33日で亡くなっており、これは表向きは心筋梗塞という発表になっていますが、明らかに暗殺であったようです。

05
※ヨハネ・パウロ1世

ヨハネ・パウロ1世は、他の法王達と見た目も中身もまったく違うように、闇側に属していない方であったようで、逆にケネディ大統領などと同じように今の乗っ取られた教会を変えようと考え、その中でバチカン銀行の不正を正そうとしたために暗殺されたようです。

001
※ヨハネ・パウロ2世

その結果、ヨハネ・パウロ2世(1978年-2005年)という闇の組織の息の掛かった者が継ぎの法王となり、彼は、1738年以来「フリーメイソン及び類似の組織に加盟した信者は自動的に破門」というカトリック内のルールを1983年に新教会法の条項から削ったりもしています。

さらには、911テロの情報を事前に知って空売りに参加するなど、平和を祈るべき法王の本来の姿とはまったくかけ離れた存在であったようです。

01
※「聖書の暗号は読まれるのを待っている」著:イオン・アルゲイン

実は、これらのことは人類史上最大の暗号である「聖書の暗号」にすべて書かれています。

例えば、110番目の「ヨハネ・パウロ2世」から112番目の「最後の法王」までを聖書の暗号で調べると以下のようなキーワードが出てくるようです。

解析結果:「ヨハネ・パウロ2世」
『110法王は、バチカン銀行のAPCM(大司教ポール・カシミール・マルチンクス)を有罪から守った。911事件について彼はその情報を事前に知り、株の空売りを行った。フリーメイソンの指示に従う者であった。』

解析結果:「ベネディクト16世」
『111法王は操り人形である。支配の終わりを告げる聖母マリアの第3の予言を隠し、嘘をついて騙していることを、聖書の暗号により公開される。』

解析結果:「最後の法王」
『最後の法王は操り人形である。聖マラキの112番である。最後のペトロである。911事件、攻撃の市場操作の証拠、JK35(ジョン・ケネディ第35代大統領)暗殺、LBJ36(リンドン・B・ジョンソン第36代大統領)、法王暗殺、銀行、ファティマの予言のキリスト教の崩壊、ムーの時代、計画、宇宙人、アトランティス(アトランの娘)から遺産、暗号に向き合う。』

解析結果によると、残念ながら次の法王も闇の組織の操り人形に過ぎず、そういった意味では、法王が封印された様々な情報を公開するとは考えづらいことであり、このままいくとローマ法王庁やバチカンはハードランディングによって崩壊せざるをえない状況となります。

聖書の暗号を読み解くと、そこにはローマ法王が今まで隠されてきた情報を公開して、平和にバチカンが役割を終えていく未来(ソフトランディング)と、それが出来ずにベスビオの噴火を伴ってローマが破壊されてバチカンが終焉をむかえる未来(ハードランディング)の両方が書かれているようです。

また、上記の解析結果の中に「聖母マリアの第3の予言」「ファティマの予言」という言葉が入っていますが、これはカトリック教会が公認している「ファティマの第3の予言」の話のことです。

この「ファティマの第3の予言」も、これから先のローマ法王庁、バチカンの行方を大きく左右するものであり、この情報についても、いよいよ真実を公開していく時期に入っていると思います。

03
※ポルトガルにある田舎町ファティマ

1981年5月2日、アイルランド航空の航空機がハイジャックされましたが、その犯人の要求は「ファティマの第3の予言」を公表しろ!」という奇妙なものであったそうです。

また「ファティマの予言」はローマ法王庁に厳重に保管されており、その内容はローマ法王以外誰も目にすることが出来ないのですが、パウロ6世(1963年-1978年)は「ファティマの第3の予言」を目にしたとき、その恐ろしい内容にその場で卒倒してしまったことも有名です。

人々がハイジャックしてまでも内容が知りたく、そして内容を知った法王さえもがぶっ倒れてしまうほど驚愕の内容が書かれている「ファティマの第3の予言」とは一体何なのでしょうか?

01
※ファティマに出現した聖母

 まず「ファティマの予言」とは、1917年5月13日に、ポルトガルの田舎町ファティマに住んでいた3人の子供たちの前に現れた「聖母マリア」が、そのうちの1人「ルチア・ド・サントス」に託したメッセージのことです。

02
※左から、ルシア、フランシスコ、ジャシンタ、1917年撮影 
                         
この聖母マリアは、3人の子供たちに、毎月13日の同じ時刻に6回続けてこの場所に来るように告げて消え去ったようですが、その後に噂を聞きつけて集まった群衆の前でも聖母マリアは出現して様々な奇跡的な現象を見せつけたようであり、最後の日には7万人〜10万人の大観衆の前で大奇跡を演出したとも語り継がれています。

そして、その際に「人類の未来にかかわる3つのメッセージ」が託され、それは、ルチア・ド・サントスが後に書き記した「3つの予言書」で成り立っています。

「第1の予言」は当時起こっていた第一次世界大戦の終結を告げるもの、「第2の予言」は第二次世界大戦が勃発し、広島・長崎の原爆投下についての内容が書かれており、いずれも的中していたようです。

しかし「第3の予言」の内容については、すぐに発表はされませんでした。それは、聖母マリアが子ども達に「予言を理解しやすい環境になる1960年を待つように」と告げたからのようです。

そのため「1960年以前に開けてはならない」という条件付きで、予言はバチカンによって厳重に保存されることになったようです。
 
やがて、人々は「第3の予言」の公表を待ちましたが、解禁となる1960年を過ぎても「第3の予言」の内容はバチカンから発表されませんでした。

それは先程もお伝えしたように、当時のローマ法王がぶっ倒れてしまうほど驚愕の内容が書かれていたので、彼らは絶対に人々には知られないように封印してしまったのです。

ところが、2000年になってからバチカンは、やっと「3つ目の予言は既に過ぎ去った危機」という理由から、予言の内容を公表することになりました。

その内容とは「1981年の教皇ヨハネ・パウロ2世の暗殺未遂事件であった」ということであったそうです。

「はぁ?第一次世界大戦、第二次世界大戦と来て、いきなり法王の暗殺?これだけ長い間隠しておいて??」ということで、当然ながらこの内容に納得する人々は誰もいなかったようですが、それ以上に公式な発表は今のところなく、一応は「ファティマの第3の予言」に関するバチカンからの公式な発表は、これがすべてとなっています。

しかし、当然ながらこの発表は嘘ではないにしろ、すべての真実を公開していないのは間違いないことです。

では、一体「ファティマの第3の予言」には何が書かれていたのか?というと、これもまた、聖書の暗号からは様々なヒントが出てきており、やはり「聖マラキの予言」と同様に「ファティマの第3の予言」には、ローマ法王庁の崩壊に関する予言が書かれているようです。

そして、聖母マリアの正体は、やはり宇宙人(エイリアン)とUFOの仕業であり、彼らはムーの時代からメッセージとして送ってきたようです。

「予言を理解しやすい環境になる1960年を待つように」というメッセージも、ちょうどこの頃より少しずつUFOの出現や理解も進んでいた時代であったので、こういった存在が実在することを公表しても問題ない時期であったことを意味していたのだと思います。

とにかく自分達の支配が終わること、それに人々の洗脳を解く真実の情報がてんこ盛りの「ファティマの第3の予言」の全容を人々に知られてしまうのは、闇の組織にとってはエラいことであり、そのために今に至るまでローマ法王庁は必死に隠し続けています。

いずれにしても、間もなく新しい法王が早くて3月24日に決まるようですが、その人物が最後の法王「ローマ人ペトロ」となるのか注目であり、そして、その場合にどこまで真実を公表できるかが、ローマ法王庁やバチカンの今後の行方を大きく左右すると思います。

もしかすると、真実の中には「人類創世の秘密」の公開も含まれているかもしれませんが、皆さんはすでにご存知であると思いますので、いきなりこんなことが世の中に出て来ても驚かないとは思いますけどね。