01

隕石落下、負傷者1200人に 重さ7千トン、直径15m

【チェリャビンスク共同】ロシア南部チェリャビンスク州に落下した隕石について、米航空宇宙局(NASA)は15日、大気圏突入前の重さは約7千トン、直径は約15メートルとの推計を発表した。1908年にシベリアに落下して森林をなぎ倒した隕石か彗星とみられる落下物以来の大きさで、直径は地球近くを日本時間16日未明に通過した小惑星「2012DA14」の3分の1だった。

 チェリャビンスク州のまとめによると、割れた窓ガラスの破片などによる負傷者は16日までに約1200人となった。

 小惑星の地球最接近と重なったこともあり、被災地などでは新たな隕石落下への不安の声も出ている。(転載終了)

最初は数百人かと思いましたが、一晩明けてみると負傷者の数は1200名以上となった今回のロシアの隕石落下事件。

我々は映像でしか知ることが出来ませんが、現地の人々は本当に映画が現実化したような恐怖や驚きの現実であったと思います。

37)
※衝撃波によって破壊された建物の窓ガラス

56)
※15日、ロシア南部チェリャビンスク州中部の湖で、隕石の落下でできたとみられる氷の穴

負傷者の数の割には、幸いにも死者が出なかったのが何よりですが、このウラル地方には使用済み核燃料再処理工場や原子力発電所もあるので、一歩間違っていたら地球史上最悪の大災害にも繋がっていた可能性もあったようです。

地元住民は「航空機爆発」「ミサイル飛来」などと騒ぎ出し、一時パニックに陥って辺りは騒然となっていたようですが、確かにまさか隕石が突然空から降ってくるとは普通の人は思わないので、これは仕方がないことだと思います。

ただ、この日にピンポイントで隕石が落ちてくることは予想できませんでしたが、今年のバレンタインデーのある2月14日前後は、大きな災害や事件が起こる可能性があることは、昨年の秋より一部の科学者達によってずっと警告されてきたことでもあります。

今の時期は、惑星ニビルが地球へと最接近をしてきている時期であり、それに伴ってニビルが引き連れてきた隕石やはじき出した隕石が地球へと落下することが懸念されていたからです。

ただ、いまだにニビルの存在に確証があるわけでもなく、また今回の事件が直接ニビルに関連していたのかはわかりません。

最近聞いた話では、ニビルは当初の予測とは違った軌道を通っており、地球と太陽の間ではなく、太陽の裏側にまわってしまったので、地球に最接近している時期も少し遅れているとも聞いています。

果たして今後どうなるかわかりませんが、ニビルはともかく、この先も隕石の落下現象はもっと増える可能性はあると思います。

というのも、隕石といえば、昨年末の12月30日に【隕石の落下と惑星ニビルの近況】という記事を書き、ここで、以下のような松原照子さんの世見を紹介しました。

幸福への近道(<世見> 2012/12/30)
近年中に隕石の話題が世界中で起きる気がして来ています。

<世見> 2012/12/30
今年は天体ショーを楽しめた年でしたが、近年中に隕石の話題が世界中で起きる気がして来ています。
楽しみと云うより、少し不安かなぁ~とも思っています。
隕石って、大火球が大音響で宇宙から落下してきた石の事でしょう。
大抵は海に落ちるそうですが、今回は日本にも落下しそうなのです。
もしかすると月や火星から飛んで来るかもしれません。
そう云えば何年か前になるのですが、人類が初めて月に降り立ち、宇宙飛行士が持ち帰ったのは・・・
その後、月への旅が計画されなくなったのが何故なのか分かりませんが、一番身近な月様の事をもっと知りたいと私は思います。
隕石が落下する時のスピードって物凄いそうですネ。
市街地にこの大隕石が落下したら大パニックになる事でしょう。
「南極大陸」と書きたくなりましたが、意味不明ですがこの隕石と関係がある気がします。
出来る事なら隕石落下の場所は大海原にして欲しいと願わずにはおれません。
「ある日 隕石の雨が降る」
こんな事を書くときっと心配されるでしょうネ。
でも、先日の12月21日も地球は滅亡しませんでした。
暫くの間は大丈夫でしょう。
「イリジウム」この物質。もしかすると何処かの星の物かもしれません。
イリジウムを持っているとUFOが見られるかなぁ。
こんな事を思っちゃいました。(転載終了)

「ある日 隕石の雨が降る」とは、果たして今回のロシアの一件がそうであったかというと、まだまだ雨というほどの数ではないと思います。それに、この世見だと日本にも落下すると出ています。

ただ、これは実際に1月20日の未明に茨城方面で火球として出現しており、恐らく火球の一部は海へと隕石として落下したものと思われます。

こういった地球外からの思わぬ攻撃?というか災害について、実は誰よりも一番神経質になっているのが、闇の政府の人々です。ニビルについても、彼らは必死になって最先端科学技術や宇宙技術を使って、地球へと接近して来ないように試行錯誤しながら慌てふためいています。

それでも、万が一に備えて各国には巨大な核シェルターや地底都市が建設されており、日本も東京の地下は大要塞となっています。最近になって東京駅が改装されたのにもちゃんと意味があり、それを考えると大きな異変が差し迫っていることを感じさせますが、いずれにしても、それらの施設は大衆のためではなく、一部の要人のためであります。

正直にいって、諸外国においてはある程度国民も認知していますが、日本は一般人にはまったくもって、この地下施設の事実などは知らされていないので、万が一地表で大きな災害が発生した場合には、世界で日本人は一番不利な状況ではあると思います。

まさに映画2012のように、彼らは政府要人や一部の富裕層のみしか残らないように着々と準備を進めており、他の多くの大衆は何も為す術もなく大災害に巻き込まれて命を落とすことを前提としています。

だから、巨大隕石落下などによって大津波が発生して短時間の間に一瞬で大災害が発生した場合にはどうしようもありませんが、ある程度発生する災害の内容や規模が事前にわかるようであったり、または災害が発生した後も長期に渡って避難生活が必要な場合は、日本では標高の高い山脈地域へと避難するしかありません。

地下がダメなら、地上の中でも高い場所へとまずは行くことが大切となります。標高が低く、かつ海も近い都市圏は、やはり厳しい自然との共存の中では、かなり不利な地域となります。それに、山脈には別の意味で地下世界へと行ける秘密の入口もありますしね…。

とにかく闇の政府、はたまたその上にいるレプティリアン達は、異常なまでに隕石落下などの空からの落下物には恐怖を感じています。

というのも、恐らくはアトランティス帝国が滅んだ頃の記憶が残っているからだと思います。

今から1万2000年前にアトランティス帝国とムー帝国の2つの大帝国が一夜にして崩壊して沈没した話は有名であり、その沈んだ原因は戦争やら隕石落下など様々な説があげられています。

ただ、当時の科学技術は今とは比べ物にならないほど進んでおり、特にUFO技術も発展していたムー帝国は、小惑星を兵器として地球上の狙った地域に落下することなどは、簡単に出来たようです。

地上では、ムー帝国を崩壊させて勝利したとアトランティス帝国は喜びに酔いしれていたようですが、その喜びは長くは続かず、ムーの科学者達が仕掛けておいた小惑星が地球の大気圏に突入して上空で爆発し、多くの隕石となって地上を襲い、その結果アトランティス大陸が崩壊したようです。

そして、今も、どちらの末裔は地球や他の天体には残っており、特にムーの末裔は高度な技術を持っています。

だから、今までも今後も隕石の落下には偶然は絶対にありえないと思います。

何かの意図があって落ちるものであり、必要でなければ、彼らの技術で小惑星の軌道をずらしたり、隕石が地表に落下する前に消し去ることも可能のようです。今回、死亡者がゼロだったのも何か意味があるようにも思えます。

ただ、地上人達では、この先の地球を改善したり悪を抱き参らせることも不可能であると判断された場合には、敵味方なしに地表に大きな災害を発生させる可能性はあると思います。

でも、それはまだまだ先のことでしょうし、着実に良い世の中への切り替わりは進んでいるので、今の段階ではその可能性は極めて低いでしょう。それに、またリセットしても何の意味もないので…。

とはいえ、軽い隕石の落下は今後も続く可能性はありますので、今回のロシアの教訓を生かして、隕石っぽいものが通りすぎるのが見えたら、すぐに窓際からは離れた方が良いと思います。

そして、これを期に一段と原発の存在を見直し、本気で無害にする方策を考えないと、これから先に大変なことが待ち受けていると思います。