02
発生時刻:2013年4月13日 5時33分頃
震源地 :淡路島付近
最大震度:震度6弱
位置 :緯度 北緯 34.4度
経度 :東経 134.8度
震源 :マグニチュード M6.3
深さ :約20km

01
発生時刻:2013年4月17日 17時57分頃
震源地 :三宅島近海
最大震度:震度5強
位置 :緯度 北緯 34.1度
経度 :東経 139.4度
震源 :マグニチュード M6.2
深さ :約20km

03
発生時刻:2013年4月17日 21時3分頃
震源地 :宮城県沖
最大震度:震度5弱
位置 :緯度 北緯 38.5度
経度 :東経 141.6度
震源 :マグニチュード M5.8
深さ :約60km

13日の淡路島の震度6弱に続き、昨日17日は三宅島で震度5強、その後に宮城県沖で震度5弱と、最近になって世界各地だけでなく、日本でも大きな地震が目立って発生するようになってきました。

ただ慣れというのは恐ろしいものであり、最近では震度5という数字ではあまり驚かないようにもなっていますが、とにかく誰がどう考えても、これだけ大きな地震が連続して発生しているのは普通ではなく、明らかに世界も日本も異常自体ではあります。

そして、異常自体で話題になっているといえば、やはり富士山です。

先日の地割れ報道に続き、いまだに河口湖の水位低下は継続しており、おかげでむき出しになった六角堂には、連日観光客が連なって大変賑やかになっています。

そんな噴火が怪しまれている富士山ですが、どうやら冒頭でお伝えした最近の地震とも何か関係しているようなことがネット上で話題となっています。

01
※最近の大地震は富士山と関係しているのか?

「ここ数日でおきている大きな地震の震源地を線で結ぶと、きれいな二等辺三角形になる… さらにその二等辺三角形の頂点とそれぞれの中点を線で結ぶ。 すると三本の線の交点は、富士山、富士五湖周辺になる…」

それが上記の地図と解説ですが、見事に最近発生した3つの地震を繋げると二等辺三角形になり、そして中点を結んだ中心には、富士山が存在しています。

果たして現在起こっている各地の地震は、富士山噴火の前兆なのでしょうか?それとも富士山の噴火を抑えるためのガス抜きとしての地震なのでしょうか?……両方の意味があるのかもしれませんが、とりあえず個人的な見解では、まだしばらくは富士山は大丈夫だとは思います。

しかし、しばらくといっても、10年も20年も先ではなく、1ヶ月2ヶ月は大丈夫だろうといった感じで、今年いっぱいとなると判断はできません。

ただ、なんとなく今年は前半(6月)までは何も起こりそうにないとは思っていますが、一方で7月以降に関してはなんともいえません。

というのも、今年2013年は、7月以降に見えない世界の方で超強力なスイッチが次々に入れられる年だからです。

見えない世界のスイッチというとわかりづらいかもしれませんが、ようは原因の世界の方で様々な構造改革が予定されており、20年ぶりの伊勢神宮の遷宮や60年ぶりの出雲大社の遷宮だけでなく、今年は日本の八百万の神々が、600年ぶりに総取っ替えされたり、専門家達による大規模な鎮魂や浄化の儀式も行われたりと、時間差はあるものの、100%結果の世界である現実社会にも大きな変化が訪れると思います。

その時間差がすぐに起こるものなのか、1年、2年先に起こるものなのかはわかりませんが、とにかく、7月以降は神々を中心に旧時代のシステムから新時代のシステムへと見えない世界は確実にバージョンアップをされるので、旧時代の現実は大きなものから順に変化や崩壊の予兆が出て来ると思います。

日本においては、その象徴たるものとして、皇室という存在に大きな変化が生まれてくると思います。そして、また皇室と富士山(富士王朝)とも繋がりがあるので、同様に富士山にも変化が生まれてくると思います。

最近になって、防災用具などを改めて意識して、必要なものを準備したりしています。ただ、大体は予想されているところ、注目されているところというのは、実際は何も起こらず、誰もが予想しなかったところで予想しない出来事が発生するのが世の中であり、これだけ富士山が注目されている間は、富士山は大丈夫なのかもしれません。

首都直下型地震や南海トラフも同様で、逆に今、何も騒がれていないところで何かが起こる可能性があるかもしれません。何かというように、地震だけでなく誰もが思いもよらない大きな出来事がある日突然起こることだってありえると思います。

とにかく、霊能や予言関係の噂では、相変わらず今年の夏に首都直下型地震などが予想されていますが、まったく新しい時代に入った今日では、そういった情報はほとんど当たらなくなると思います。

ただ、いつ何が起こっても良いように、心の準備と最低限の防災準備は怠らないようにご注意下さいませ。