09
※高校卒業時に撮影されたボストン連続爆破テロのジョハル・ツァルナエフ容疑者

兄はドロップアウト、弟は優等生 何が兄弟をテロに駆り立てたのか(産経ニュース)
 何が兄弟を凶悪なテロに駆り立てたのか。それぞれの夢を持ちながら、人生を歩んでいた移民一家の兄弟。アマチュアボクサーで活躍した兄は大学を中退、弟は成績優秀者で、多額の奨学金を得て大学へ進学していた。2人の間で、どのように「テロの兆し」が醸成されたのか、捜査が待たれる。

 地元紙「ボストン・グローブ」(電子版)によると、兄弟は約10年前に一家でキルギスタンから移民してきた。元弁護士だった父親は、米国では自動車の修理工として働き、母親は美容師だった。地元テレビなどによると、両親は2年ほど前に帰国したという。

 死亡した兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)は、エンジニアを目指し、ボストン近郊にあるバンカーヒル・コミュニティ短大に進学したが、単位を取れずに退学した。元アマチュアボクサーで、全国大会のタイトルも持っていた。近所の住民によると、最近はイスラム風の服装をまとうことが多くなっていたという。

 別のテレビ報道によると、3歳の子供がニューヨークにいるといい、家庭内暴力も起こしていた。

 弟のジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)は、ハーバード大に隣接するケンブリッジ・リンジ・ラテン高校を卒業し、多額の奨学金を得てマサチューセッツ州立大学ダートマス校へ進学。海洋生物学を学んでいたという。

 同高校で教鞭を執っていたグレース・テイラーさんは、「教育レベルが高く、ハリウッドスターのマット・デイモンさんも卒業した名門。多くがハーバード大やMIT(マサチューセッツ工科大)に進学し、音楽家や科学者になっている」と、産経新聞の取材に答えた。

 高校時代は、レスリングの選手として活躍するなど、文武両道だった。

 元クラスメートや進学指導教師らは地元テレビのインタビューに、「物静かな少年だった」「とても頭が良かった」と話し、「(事件は)信じられない」と繰り返した。

 その順調な歩みに、陰りが見え始めたのは大学進学後。同紙によると、多くの単位を落とし、成績が悪化する一方、大学の歴史教授に「チェチェンの歴史に興味がある」と申し出るなど、イスラムへの関心を見せ始めていたという。(転載終了)

 しばらく静観をして様子をみていましたが、例のボストン•マラソンでのテロ事件は、ついに容疑者である兄弟の死と逮捕によって幕を閉じることになりました。

マスコミは、こぞって容疑者の動機の背景を調査しており、上記のニュースにもあるように、あたかもイスラム系に刺激された若者が、今回アメリカに対するテロを引き起こしたような報道をしています。

しかし、すでに911の真実を知っている人々にしたら、アメリカで「テロ」という言葉を聞くと、すぐに「イスラム」と頭に浮かぶ人は少なく、どちらかといえば「自作自演」という言葉でしょうが、案の定、今回のマラソンテロも「自作自演」の可能性が非常に高くなっています。

すでに海外では、今回のテロが自作自演であることが、かなり大きな問題として取り上げられていますが、日本では、まだ情報が少なく、そういった点では、以下の井口博士のブログが大変参考になるので転載をさせていただきます。

ボストン・マラソン爆破テロ事件、すでにネット上では「真犯人の姿」がキャッチ!?
みなさん、こんにちは。

いや〜〜、さすがに欧米のフリーのジャーナリストたちは根性が座っている。すでにインターネット上では、本当の「真犯人」の姿がキャッチされ、ほぼ特定されたようである。以下のものである。

(あ)まずは、爆発物の置かれた場所と問題の爆発物の爆発する前のものとされたもの。
01

これを見る限り、そうとうに大きな物体である。しかし、実際の映像から見た限りでは、爆発はこの場所ではなかったようにも見えた。

爆発後のものとされた残骸はこれ。
02


(い)311東日本大震災の人工爆発の証拠を流布して米偽ユダヤ人権力から目の敵にされてメキシコに身柄を移した、フリージャーナリストのジム・ストーンのサイトによれば、今回の事件もまた用意周到に計画された「プロによる犯罪」だということのようである。その証拠がすでにインターネット上で拡散中である。以下のものである。
犯人たちは、少なくともこの3人と別の2人の数人の特殊部隊。
REAL PERPS IN THE BOSTON BLAST FOUND
03

そして、この2人も現場で連絡を取りながら、行動していた姿が捉えられていたという。以下のものである。
04

05


(う)一方、犯人とされた兄弟の姿。
06

07

はっきり言って、観客の大半はこの兄弟のような恰好をして来ている。バックサックもそれほど大きなものではない。一方、特殊部隊の3人のものは、非常に大きく、重そうである。

まあ、そんなわけで、インサイダーの裏情報との連携によって得られたジム・ストーンの情報の方がより真実に近いといえるだろう。

いずれにせよ、いわゆる「シープル」や「B層」は、こうやってまた偽の歴史を頭に埋め込まれるのであるというわけですナ。

「死人に口なし」とはよく言ったもので、えん罪でも犯人とされた容疑者が死んでしまえば、それまでなのである。アメリカや欧州では昔からの伝統的手法の一つというわけですナ。

いまだに地球はアセンションしているなどというでたらめを信じている人々はいったいどういうふうにこういうものを見るのでしょうナア。

自分の知らぬ間に犯人にされ、殺されてしまったチェチェン人の兄弟に黙祷を捧げます。ご冥福を祈ります。

俺が、「偽ユダヤ劇場」という意味分かるよナ?

001
※車いすで運ばれる両足がもげた人がクローズアップされて報道された

さて、今回のテロですが、まず事件のインパクトを人々に与えたのは、上記にもあるように爆発によって両足をもがれた人の映像です。海外のテレビをはじめ、日本でもインターネットを中心に情報が出回り、今回のテロの悲惨な惨状を人々にうえつけました。

002
※アフガニスタンで足をなくした米軍兵士と同一人物

ところがどっこい、この両足がもがれたと思われた男性ですが、実は彼の名前はNick Vogtという人物で、アフガン戦争に陸軍の兵隊として参加し、その戦争で2011年11月に両足を失った元軍人だったようです(追記:一方でまったくの別人という見解もあり、真偽は不明)。

つまり、彼は今回のテロで足を失ったのではなく、はじめから両足がない人物であり、それが、メディアの報道によって、あたかも爆発によって両足がもがれたように報道されていたのです。

25
※ユニコーンレディの角も偽物?

また、頭に角が刺さって血を流している衝撃的な女性の映像も報道されていましたが、これもまた、今回のテロとは関係ないようで、実はボストンマラソンのロゴがユニコーンであり、この女性は、それに合わせた演出だったようです。

13
※ボストンマラソンのロゴはユニコーン

こうなってくると、先ほどの両足をもがれた男性の怪我や血、そして事件現場のおびただしい量の血も、そのほとんどが偽物であった可能性が高く、911のテロを演出したグループが同じような演出をした疑惑が高まってきます。

58
※意図的にイスラエルの国旗をアピール?

他にも会場にあったイスラエルの国旗を意図的に事件写真に出したりと、次から次へと「自作自演」のキーワードとなるような証拠が出てきており、本当の真相はまだわかりませんが、この事件も近い将来にすべてが明らかにされると思います。

もし、これらがすべて演出であり、本当に何の罪のない若者がえん罪で殺されて逮捕されたのであれば、メディアというのは、本当に恐ろしいというか愚かであり、そして、アメリカという国は将来がもうないとしか思えません。

それでは、一体何のための「自作自演」だったかといえば、単純に考えられるのは、テロ対策と称して今後の国民の監視•取り締まりを強化する目的があると思われます。

やがては、国民から武器も取り上げ、無防備になった状態で徹底的な弾圧を行う可能性があるので、アメリカ在住者はくれぐれもご注意くださいませ。

53
※テキサスの工場爆発事故でミサイルが使われていた?

おまけに、その後に発生したテキサスの工場爆発事故も本当に事故かどうか何とも怪しい疑惑だらけのようであり、一説ではミサイルのような兵器が打ち込まれたという話まで出てきています。

これも事実なら、また911のペンタゴンへのミサイル攻撃と一緒であり、10年以上たってもやることは変わらないのだなと思ってしまいます。

003
※悪名高きイルミナティカードで911テロを予告

29
※ボストンマラソンのカード?これは考え過ぎかな?

004
※オバマ大統領の登場を予告。アメリカ崩壊のすべての罪をなすりつける?

いずれにしても、今後はアメリカに限らず、日本でも世界のどこでも「自作自演」という形で、何かしらの事件が引き起こされる可能性が高く、特に北朝鮮などは、その最たるものであり、戦争を起こしたい人々が必死になっているのがよくわかります。