09
※首都直下型地震は東京オリンピック(赤、青、緑、黒、黄)と関係している?

 いよいよ2013年も本格的に後半である7月へと入り、また富士山をはじめ各地で山開き、海開きとなって本格的な夏も始まろうとしています。

7月といえば、昨年2012年の7月は、大天変地異や戦争が立て続けに勃発する可能性があると話題になった月でした。

それは2012年7月上旬にアメリカのイエローストーン火山の大噴火とカリフォルニア大地震が発生し、中旬にはイラン核施設に対する核攻撃が行われて中東で第三次世界大戦が勃発、下旬には日本で南海トラフ大地震が発生するといったものでした。

しかし結果はどれも実現せず、7月も8月も、2012年は平穏に過ぎて終わり、2013年になった今も上記の事象はどれも発生していません。

個人的には、昨年は7月11日という日が、日本国内において非常に危険な日だと思っていました。

というのも【イルミナティカードの解読に成功か?】という記事でお伝えしましたが、支配者からの予告カードともいえるイルミナティカードを分析した方から手紙をいただき、その内容を見る限りでは7月11日に首都直下型地震や福島原発の核爆発などを意図的に発生させられる可能性が考えられたからです。

10)


02)


32)


48)

これも結果的には何も起こらずにホッとしたのですが、それでも首都直下型地震や富士山の噴火も起こらないというわけではなく、どこかで起こる可能性は高いと思いますが、ただ、今の流れからいくと、それは日本の開闢が始まった後の時期になりそうなので、どちらも旧日本の終焉と新日本の始まりを告げる合図、切り替えの意味を持ったメッセージになると思います。

01
※CIAの元職員、エドワード・スノーデン

ところで、福島原発に関係するようなイルミナティカードも色々とありますが、実は首都直下型地震や富士山の噴火よりも、どちらかといえば、この福島原発の今後の行方の方が気になります。

現在、アメリカの悪事を暴こうとCIAの元職員であるエドワード・スノーデンが逃亡を繰り広げていますが、彼の今後の行動や発言には注意しないと日本も変な争いに巻き込まれる可能性があるようです。

彼がアメリカの真実を世界に暴露するのは良いですが、あまり深い世界まで暴露しすぎると、福島原発の地下に隠された秘密までも世界にオープンにしてしまう可能性があり、それによってイスラエルを刺激することになると、再び福島原発が報復で破壊される危険性があります。両勢力の権力者達は、このことで少しヒヤヒヤしています。

まぁ、そんな暴露はしないと思いますが、いずれにしても福島原発には、まだまだ秘密があって色々と仕掛けもされており、早く事態を収束させないと、万が一核爆発が起こされたら日本列島全体が大変なことになってしまいます。

13
※2013年7月のシャク暦

最後に月初ということもあり、地震や噴火のトリガー日を予測する7月のシャク暦をご紹介しておきますが、今月は2013年の中でもっとも特徴的で興味深いカレンダーだと思います。

まず5日のEF(地球遠日点)というのは、地球が1年間の間で太陽からもっとも離れる日のことであり、そこから新月を挟んで上旬には彗星近日点が3つ立て続けにあります。前半から天体の動きが非常に活発になっています。

そして、最も注目すべきは7月23日であり、この日は3つも同時に彗星近日点があって、おまけに満月となっています。これは非常に珍しいことであり、太陽活動が活発化して地球への磁気量が増えることで地震や火山活動が活性化する心配もありますが、これだけ天体が騒がしいタイミングというのは、何か他の意味もあるように思えます。

やはり、今月の中旬以降、特に後半からは大きな転機がやってきそうな雰囲気です。

最近は、すっかりと地震の話をすることも減りましたが、それは1つには、そんなことを気にしている前に今やらなければいけないこと、伝えないといけないことが山ほどあるのと、もう1つは、なんとなく大天変地異がすぐにやってきそうな気配が感じられないからです。

だからといって防災意識まで低くしてはいけないと思いますし、それに現実社会は確実に崩壊への道を歩んでいるので、どこかでまた気づきのメッセージが起こされるとは思います。

ただ、前述したように恐らく気づきや目覚めのためのメッセージは311が最後であり、これによって新時代の種をまく準備に強制的に動かされたように感じますが、これから先のメッセージは本格的な新旧の切り替えの意味であり、特に旧時代に咲き誇った花が散る時期に入ると思います。

それがこの世の終わりと映るか、新時代の始まりと映るかは、その人の意識と捉え方次第だと思います。

「夜明け前が一番暗い」という言葉を忘れずにいれば、何も心配はいりませんけどね…。