01

「富士山と八ヶ岳の背くらべ」(山梨県民話)
大昔、日本が中国大陸から離れたばかりの頃、陸は見わたす限りの大平原でした。その中で、ひと際高くそびえている山が2つありました。富士山と八ヶ岳です。

 ある時、富士山の女神の“浅間(せんげん)さま”と、八ヶ岳の男神の“権現(ごんげん)さま”が、「いったいどちらが高いのか」と、言い争いをはじめました。「わたしのほうが高い」「いや、わしのほうじゃ」と、お互いにゆずリません。

 そこで、2つの山の神さまは、木曽の御岳山(おんたけさん)の“阿弥陀如来(あみだにょらい)さま”に頼んで、背くらべの判定役をお伺いすることにしました。「さて、どのようにして比べたらよいものか…」阿弥陀如来さまは、考えこんでしまいました。

 何日も思案した末に、名案が浮かびました。「二つの山のてっぺんに、長い“樋(とい)”を渡し、水を流したらどんなものか。水は高いほうから、低いほうへ流れていくはずだ」

02

 背くらべの日、富士山も八ヶ岳も、ともに自信をもって胸をはりました。阿弥陀如来さまは二つの山に樋を渡し、さっそく水を流してみました。水は、富士山のほうへと流れていきました。大昔は、富士山よりも、八ヶ岳のほうが背が高かったのです。

 八ヶ岳は得意になりましたが、気の強い富士の女神さまは、悔しくてなリません。思わず八ヶ岳の頭を、ごつんと、なぐってしまいました。

すると、八ヶ岳の頭は八つに割れてしまいました。

この日から、富士山は日本一の山になリ、八ヶ岳は今日の姿になったということです。

 この逸話は、山梨県の大泉村に昔から伝わる民話であり、山梨県全域でも良く知られている話です。これには続きもあって、八ヶ岳は富士山に叩かれて痛くて悔しくて大泣きをしたようで、その涙が土に染み込んで泉になって湧き出たから“大泉”という名前が生まれたという説もあります。

13
※山梨県北杜市大泉町(旧:大泉村)

実際、この大泉という地域は豊かな森林と湧き水が大変豊富な地域であり、八ヶ岳南麓エリアの中でも最も移住先としても人気の場所です。

かく言う私も、この大泉に土地を買って将来の村作り構想を練っておりますが、八ヶ岳移住を考えている方で、どこにポイントを絞った方が良いのかわからない方は、是非とも大泉という地域を中心に物件探しをされると良いかもしれません。

先日に大泉が地元である年配の方々とお話をする機会がありましたが、とにかく昔から八ヶ岳南麓の中心といえば大泉のようです。それは地形としても、八ヶ岳南麓の裾野の中心であり、八ヶ岳への玄関口として大泉村はあったようなので、単なる地元自慢というだけではないと思います。

38
※八ヶ岳連峰

というのも、この大泉には、八ヶ岳連峰の1つである“権現岳 (ごんげんだけ)”があります。

権現岳の説明をする前に、そもそも「八ヶ岳、八ヶ岳」と最近よく言っていますが、実際には“八ヶ岳”という山は存在せず、南北21kmに渡って連なる山々の「八ヶ岳連峰」のことを指しています。

10
※右から編笠山、西岳、権現岳、阿弥陀岳、赤岳、横岳、硫黄岳、天狗岳

八ヶ岳連峰は「夏沢峠」を境に「北八ヶ岳」「南八ヶ岳」に分かれ、南八ヶ岳の主な7峰である“編笠山”“西岳”“権現岳”“阿弥陀岳”“赤岳”“横岳”“硫黄岳”に加え、北八ヶ岳の“天狗岳”を入れた8峰を一般的な俗説として「八ヶ岳」と呼んでいます。

46
※山頂にある祠「桧峰神社」

そして、現在の主峰は“赤岳”となっていますが、古来より山岳信仰(山を神聖視し崇拝の対象とする信仰)が盛んであった甲斐の国では、八ヶ岳といえば“権現岳”を指しており、冒頭の民話にも“権現さま”という言葉があるように、この“権現岳”には、現在も山頂に「桧峰神社(ひみねじんじゃ)」と呼ばれる小さな祠があって、そこに総称「八ヶ岳権現」と呼ばれる“八雷神(ヤクサイカヅチノカミ)”“磐長姫(イワナガヒメ)”の二神が祀られています。

八ヶ岳の名前の由来は、この“八雷神”から来ているという説もあり、それが故に「権現岳=八ヶ岳」という話も頷けるだけでなく、その“権現岳”のある“大泉”は、八ヶ岳南麓、八ヶ岳へ入るための主要地であるのも分かります。

また、話は少し変わりますが、もう1つの神様である“磐長姫”「八ヶ岳(権現岳)」に祀られていることも興味深いことです。

03
※コノハナサクヤヒメとイワナガヒメは姉妹

というのも、再び冒頭の民話の話ですが、この物語に出て来る八ヶ岳の“権現さま”というのは、実は“磐長姫”のことであり、一方で富士山の“浅間(せんげん)さま”というのが“木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)”ではないかという説もあります。つまり姉妹喧嘩ということです。

富士山に祀られていることで有名な“木花咲耶姫”は、日本神話に登場する女神であり、“磐長姫”の妹でありますが、両者は姿形が対比している象徴的な姉妹で、“木花咲耶姫”(富士山)はスラッと美しく、“磐長姫”(八ヶ岳)はゴツゴツ醜いと女神であると神話で語られています。

そして“木花咲耶姫命”は、天孫降臨で降臨した“邇邇芸命(ニニギ)”と笠沙の岬で出逢って求婚されて、父の“大山祗神(オオヤマツミ)”は喜んで、姉の“磐長姫”と共に差し出しましたが、“邇邇芸命”は醜い“磐長姫”は断り、“木花咲耶姫命”とだけ結婚しました。

このことについて“大山祗神”「私が娘二人を一緒に差し上げたのは、磐長姫を妻にすれば天津神の御子(ニニギ)の命は岩のように永遠のものとなり、木花咲耶姫命を妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約(うけひ)をしたからである。木花咲耶姫命だけと結婚したので、天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなるだろう」と言い、これが現在までも、その子孫である天皇の寿命が神々ほどは長くない理由であるとも言われています。

この悲劇の女神である“磐長姫”ですが、実際は「磐(いわ)=磐座の巨石信仰=縄文」とも結びつき、縄文時代に実在した龍人の女王で、侵略者である“邇邇芸命”“木花咲耶姫命”へ国譲りをしたという説もあり、散々封印されてきた“瀬織津姫”と同様に今になって復活する縄文の神とも言われています。

その真偽はわかりませんが、この“磐長姫”の悲劇については、実は拙著「レインボーチルドレン」でも少し触れており、レモリア星人のアル君の話では、実際に“磐長姫”が原因で人類のDNAに変化が起こって、元々人類は600歳以上の長寿だったのが、現在のような短命になってしまったようです。

“レインボーチルドレン”(オフィル星と2つの遺伝子)
アル「僕らとは少し星系が違うんだけど、オフィルという惑星の話をするよ。どこかで聞いたことがあるかもしれないけど、オフィルという惑星は実在するんだよ。そして、このオフィルの人々は、地球人ととても縁が深いんだ。なぜなら、彼らの遺伝子自体は、実は地球から運ばれたものなんだよ。地球人の遺伝子、その中でも“元々の人間の遺伝子”を先祖に持つんだ。」

Q「その“元々の人間の遺伝子”というのは何?」

アル「うん。その前に紀記神話の中に出てくるコノハナサクヤヒメとイワナガヒメの話を知っている?ニニギノミコトにお嫁さんに出したのに、イワナガヒメだけが見栄えが悪いので返されたというもの。そのことによって、地球人は永遠の命というか、長生きであるのを止められたんだよ。それ自体の話は、本当のことなんだよ。」

Q「そのイワナガヒメを返したことで、何で人間の寿命は短くなったの?」

アル「これによって人間の遺伝子に変化が起こったんだ。寿命の中で“老化遺伝子”というのが早くONになるようになってしまったんだよ。」

Q「老化遺伝子?」

アル「寿命に関わる遺伝子には、細胞を作って肉体を成長させる成長遺伝子と細胞を破壊して成長を止める老化遺伝子と大きくわけて2つの種類があるんだ。例えば、現代人が生まれてから死ぬまでの肉体の流れをみてみようか。人は、生まれた時は成長遺伝子しかONになっていないから、赤ちゃんや小さな子どもは成長がとても早いんだ。」

Q「じゃあ、現代人の老化遺伝子というのは、いつ頃でONになるの?」

アル「基本的に老化遺伝子は3歳頃でONになるよ。これは人が人としての自覚を持った時期にONになるんだ。3歳になると老化遺伝子がONになるから少しずつ成長スピードは落ちてくるんだ。そのままずっと、成長遺伝子に対して老化遺伝子が肉体に及ぼす影響力が強くなってくる。やがて、その両方の遺伝子のバランスがとれて成長が止まるのが大体25歳前後であり、25歳まで人間は成長遺伝子が上回っているから成長する仕組みになっているんだ。そして、どこかで老化遺伝子の力が上回る、または成長遺伝子がOFFになったりすることで均衡が崩れはじめる。これが更年期であり、そこから肉体の老化が始まり、最終的にどこかで寿命を迎えるんだ。」

Q「なるほど。車でいえば最初はアクセルだけで、どこかでブレーキを踏みながらスピードを落とし、やがて一定のスピードを保つけど、最後はアクセルを離すかブレーキの力強まって車が止まってしまうということだね。その止まってしまう現代人の寿命というのは、日本人の場合は大体80歳前後であるということ?」

アル「いや、実際は100歳以上生きている人だって多くいるでしょ?その人達が長寿のように思われているけど、現代人の寿命は最大で140歳~160歳くらいまでは生きられる設計になっているんだよ。イワナガヒメの一件によって、人間は短命の遺伝子に変わってしまったものの、それでも今の日本人の平均寿命よりは2倍近く生きられるんだけど、残念ながら今は寿命を短くするマイナス要因が至るところにあるからね。引き算を重ねているうちに、いつの間にか半分になってしまったということ。」

Q「本来は、そんなに長く生きられるんだ。ということは、イワナガヒメを返す前は、もっと人間の寿命は長かったということだよね?」

アル「うん。だって、人間が物理的に生存できる期間というのは、基本的には600年から800年に設計されているんだ。」

Q「そんなに?老化遺伝子がONにならなければ、つまり成長遺伝子だけがONになっていれば、人間は600歳から800歳は生きられるということ?」

アル「いや、成長遺伝子だけなら基本的に寿命そのものはこないよ。だけど“種の循環”が宇宙の法則にはあるから、それはない。つまり成長遺伝子だけがONになっているとずっと生きてしまうので、どこかで必ず老化遺伝子がONになるようになっているんだ。それに肉体が大きくなってしまったからといって、内蔵も大きくなるかといえば、決してそんなことはないんだ。肉体が大きくなれば大きくなるほど内蔵の機能は低下してしまう。骨や筋肉も追従できなくもなるしね。だから寿命を迎えさせるのも老化遺伝子だけど、命を守るためにも老化遺伝子というのは必要になるんだ。それでも“元々の人間”が人として自覚が芽生えるのは大体100歳前後だったから、今とは全然肉体も違うよね。100歳頃になってようやく老化遺伝子がONになり、肉体の成長を少しずつ成長を止めていたんだから。でも、成長遺伝子を止めると新陳代謝が低下して一気に老化しちゃうから、あくまでも成長遺伝子もONのままで均衡させていくんだけどね。」

Q「それにしても“元々の人間”は、少なくとも100歳以上までは肉体が成長し続けていたということ?」

アル「そうなんだ。だから、“元々の人間”もそうだけど、オフィルの人々は身長が2.5m〜3mはあったんだよ。今の地球人からしたら巨人と呼ばれるかもしれないけど、それが人間の体格としては普通の水準だったんだよ。そして、どこかで老化遺伝子が成長遺伝子を上回ることになり、その結果、オフィルの人々の更年期や寿命というのは600歳~800歳頃となるんだ。」

Q「オフィルの人々が、それだけ寿命が長く、肉体も大きかったのは、昔の地球人のDNAが種になっているからということなんだね。」

アル「うん。そして成長遺伝子を抑制するという“バランスをとるために老化遺伝子が存在している”ことが非常に重要なんだ。今の地球人の中では、老化遺伝子が悪いものという考え方が多いけど、必ずしも老化遺伝子が悪者ではないんだよ。それがないと体のバランスがとれなくなってしまうから。それに地球人の脳も僕らレモリア人の脳も同じ人間としての構造は変わらないように、今の現代人も遺伝子の仕組みが変われば、オフィルや“元々の人間”のように再び長寿になることも可能なんだよ。そのことを忘れないでね。」
(転載ここまで)

17
※中央の岩の頂上が権現岳山頂

ということで話は逸れましたが、八ヶ岳に来たからには、八ヶ岳の神様へご挨拶をするのが礼儀という忠告もあって、すでに冬期期間で山小屋も閉鎖されて登山者も数人しかいない中、1人で“権現岳”に登り、山頂で「八ヶ岳権現」にご挨拶をしてきました。

“権現岳”は平安時代に開山されたと言われていますが、実際はもっと古い時代から、この地域、元の日本にとって大切な山として崇められていたように感じます。

39

10

山頂から見ると、確かに富士山と向かい合っており、あの民話がなんとも現実的な話のように思えて面白かったです。

復活を始めた封印されし縄文の神々、それと共に封印された人類のDNAも目覚める刻(とき)であり、これから元の人類へと戻りながらも“古くて新しい地球人”へと変わっていくと思います。

いつ頃になるかのかは分かりませんが、ケイ素ボディの5次元体になった時は寿命も伸びて、身長も変わってくるかもしれませんね。いずれにしても、その節目の2013年が終わり、始まりの2014年が間もなくやってきます。