20140723222357jisn01

「TVタックル」で大学教授らが巨大地震の発生を警告
21日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に、琉球大学の木村政昭名誉教授が出演し、2017年までに伊豆諸島を震源とした巨大地震の発生を警告した。

7d864d8f-s

番組では木村氏を、2011年の東日本大震災も、震災4年前から予知していた人物として紹介した。木村氏の地震予知方法は、巨大地震が起きていない「空白域」に注目し、さらに空白域で小地震が頻発している場所を「地震の目」と名付け、目の近くで巨大地震が起こるというのが木村理論なのだという。

50

その理論に基づき、次に大地震が起こる場所を木村氏は「震源域は、伊豆鳥島を中心として、それより北と南に広がった伊豆諸島ですね。規模はマグネチュード9クラスになるだろう」と推定した。

木村氏が推定するマグネチュード9クラスとは、東日本大震災とほぼ匹敵するクラスだ。ではその大地震は、いつ起こるというのだろうか。時期について、木村氏は「2012年±5年くらいの計算が出たんです」と発言。つまり、2017年までの間に巨大地震が起こると説明したわけだ。

では被害想定はどの程度なのか。出演者のミッツ・マングローブが「実際にはどの辺が一番揺れるんですか?」と質問をすると、木村氏は「内陸側の振動は少ないだろうと。ただ発生する津波は影響があると思います」と、太平洋側の広範囲で巨大な津波の被害があることを予言した。

木村氏はかつて、同じ理論で東日本大震災も予知したとされ、「あれは2007年の太平洋学術会議で公表した図で、東北沖の所に赤丸を打ったんです」と、当時のエピソードも語ったが、当時は誰からも賛同を得られなかったという。

52ab5fb4-s

また番組にはFM波で地震観測を続けている串田嘉男氏も出演し、持論を展開した。進行役の阿川佐和子が「今、調査してらっしゃって、ズバリお聞きしますけれども、次にはどこに?」と質問すると、串田氏は「ここです」と言いながら近畿地方を囲んだ地図を示した。串田氏が近々起こると予言する巨大地震は、琵琶湖を中心とした近畿地方だというのだ。

串田氏によれば、すでに近畿地方は2008年からFM波が乱れているという。その起こるかもしれない地震の規模と時期を串田氏は「マグネチュード7.8±0.3ぐらい。時期はこの後観測しないと言えないんですけど、一番早い場合だと今年の11月8日±1~2日」と明言した。

この予言に対しては、地震予知反対派として出演していた東京大学教授のロバート・ゲラー氏から猛反論がなされたが、それを見かねた阿川から「なんでそんなに嫌うの!」と一喝されていた。

番組を通じて、ゲラー氏と横山裕道氏(淑徳大学客員教授)は木村氏と串田氏の説をオカルト扱い。「研究論文を執筆し、学会に発表しないと検証はできない」「レフリー付きの学会に論文を出して」と、権威の側から真っ向否定した。

しかし、ビートたけしは「レフリーがまたねえ…。STAP細胞のことを考えると、レフリーがどれだけの実力を持っているんだということもあるし」と、権威側の信ぴょう性に疑問を呈し、番組は終了した。(転載終了)

 東日本大震災を皮切りに、昨年頃までは日本でもあちこちで“大地震発生説”が唱えられていましたが、今年に入ってから一気にその風潮も静まり、今となっては首都直下型大地震南海トラフ大地震もどこ吹く風かのように、人々の関心も少なくなくなって来ているように思います。

そんな矢先に、今月21日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)では、再び日本でも“大地震発生説”が話題となるような特集が組まれ、地震予知の専門家として有名な琉球大学の木村政昭名誉教授をはじめ、八ヶ岳でFM波で地震観測を続けている串田嘉男氏も登場したようです。

0001
※木村教授が解析を行った「富士山の噴火の目」。「目」の状態から2015年までの富士山の噴火を予想。

木村教授といえば、著書などを中心に以前から「富士山の噴火は2015年までに起こる」と予測している火山噴火・地震研究家であり、その予測するための手法に「噴火(地震)の目」という独自の観測データを用いていますが、その予測によると、噴火とは別で大地震の発生になると、次は「伊豆諸島沖」が要注意の震源域となっているようです。

38

伊豆諸島沖といっても広範囲であり、その中でも木村教授は南から西之島、伊豆鳥島、八丈島までのエリアを指定していますが、これらはすべて「富士火山帯」の範囲で、富士山の噴火とも関連している火山性地震が発生しやすい地域となっています。

20140523022802sassii

実際に、近年は沿岸部だけでなく内陸部でも富士火山帯上の地域での群発地震などが増加しており、また富士山と兄弟のような関係にある三宅島、伊豆大島・三原山、伊東市沖合の手島海丘の火山などが次々に噴火していて、中でも2013年11月に海底火山の噴火で出現した新島は、西之島も飲み込んで半年で80倍以上にも拡大し、現在も日に日に面積を広げているようです。

17
45

そんな富士火山帯において、今月後半にまた新たな動きが出て来ており、7月24日から7月29日にかけて「伊豆大島近海」を震源とする群発地震が続いていました。

小笠原諸島、伊豆諸島と地殻変化が活発化してくると、いよいよ富士山周辺でも異常が発生してくると思われますが、昨年秋の伊豆諸島の豪雨、今年2月の山梨県の史上最大の豪雪などの異常気象も無関係ではなく、すべては富士火山帯で起こっている大きな大変動の前兆現象の可能性があります。

20

さて、話は少し変わりますが、早いもので本日で7月も最終日となり、明日から8月となります。

来月の宇宙の動きが書かれた「シャク暦」を紹介しますと、この2014年8月は、今まで数年間も「シャク暦」を観察してきた限りだと、過去最大といってよいほど宇宙が活発化する月となりそうです。

特に8月17日の“下弦の月(半月)”から8月31日にかけての15日間の間に10個の“彗星近日点”(彗星が太陽の近くを通過)があり、これによって黒点数の増加、黒点からの太陽フレアの増加が伴うと、地球へ大量の磁気が放出され、良くも悪くも地球環境に大きな変革、人体の心身にも大きな影響を与えます。

19

そして、この地震・火山噴火の「連続トリガー日」は、8月の後半だけにとどまらず、満月の翌日の9月10日まで続き、これらを含めると、8月17日〜9月10日まで連続25日間もトリガー日が続くことになります。

もちろん太陽フレア次第ではあると思いますが、もしも“Xフレア”などの大規模フレアが複数発生するようなことがあれば、日本の地震や噴火に限らず、世界中で大きな自然災害が発生する可能性が高い時期となりそうです。

また巨大台風や豪雨、その他の異常気象も発生しやすくなるので、8月後半から9月上旬にかけては自然災害に要注意となります。

いずれにしても、富士火山帯、およびフォッサマグナや中央構造線沿いの動きなどに今後も注意を払って観察していこうと思いますが、ここでさらに注意しなければならないのが、串田さんが予測している“琵琶湖”の動きであり、地震だけに限らず琵琶湖周辺で異常な地殻変動などが発生してくると、いよいよアトランティスからのカルマの大清算のクライマックスとなります。

これらの詳細は、また時期になったらお伝えしますが、とにかく地球も人類も次の大ステップへ進むための大きな試練は目前に迫っており、これらを無事に乗り越えた先に、まったく新しい新生地球の楽しい生活が待っていると思います。