44

『手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池』
《意味》
旅行客が猿沢の池(奈良にある池)の旅館で手を打ったなら、旅館の人はお客が呼んでいると思い、鳥は鉄砲で撃たれたと思って逃げていき、池の鯉は餌がもらえると思って集まってくる、ひとつの音でもこのように受け取り方が違ってくる。1人ひとり別々の世界があるということです。(「薬師寺HP」より

九州の旅(熊本〜長崎)の最後は、2013年から毎年恒例で3度目となるマジックパーラー「あんでるせん」へと行って来ました。

「“あんでるせん”とは何か?」については、過去に伺った際のことをレポートした記事がありますので、そちらをご参照頂けたらと思います。

▶ 天下泰平 : 四次元パーラー「あんでるせん」
▶ 天下泰平 : 人生のショー“あんでるせん”

『手を打てば はいと答える 鳥逃げる 鯉は集まる 猿沢の池』の話は、ここ“あんでるせん”のマスターが、マジックショーの合間に毎回取り上げて伝えている深い深いお話です。

マスターのショーを見て「どこにタネがあるんだろう?」と思う人もいれば、反対に「これはタネも仕掛けもない超能力だ」と思う人もいたり、はたまた頭であれこれ考えずに純粋に目の前で起こる不思議現象を、ただ楽しむだけの方もいると思います。

このブログだって一緒で、ある1つの情報を発信しても、ある人には安心感を感じてもらえることもあれば、ある人には恐怖心を与えることもあり、そこに書かれている情報は同じものでも、受け取り方の捉え方次第によって、感じ方が180度異なってしまう場合もあります。

でも、どういった受け取り方が正解というものはなく、発信する側(手を打った人)が、どんな意図を持っていたとしても、それが正しく伝わらなければ、相手には思わぬ形で伝わってしまうこともあります。

だからといって「正しく意味を汲み取れない方が悪い」というわけでもなく、反対に「分かりやすく伝えない方が悪い」というわけでもなく、それだけ人それぞれ住んでいる世界が違うということであり、その違いを理解しないと出口の見えないケンカになってしまったり、また自分自身が傷ついたり、周囲に対して疑心暗鬼にもなってしまいます。

「自分はこれだけ一生懸命やっているのに・・・」
「あなたのことをこれだけ愛しているのに・・・」


仕事上から恋愛においても、こういった「思い込み」というのは、無意識的に誰もが日常茶飯事にやっている場合があり、どうも周囲と歯車があわない、なかなか自分の意図が伝わらず、反対に相手の考えていることがわからないという場合は、相手や周囲にばかり目を向けず、まずは1度、自分自身について見つめ直すことも必要かもしれません。

自分について見つめ直す・・・。内観するというのは、物質的な目で現実世界を見るのではなく、心の眼で意識の世界の自分を視るといった、自分の内側を見ながらも外側から自分を見るといった感覚かもしれません。

肉体に入ったままの自分自身の目から周囲(外の世界)を見るのではなく、少し肉体を離れた視点で、逆に周囲から客観的に自分の立ち位置を見ることで、全体を知った上での、今自分が必要な考え方、言葉や行動が見えてくると思います。

意識が肉体を少し離れた時、もしかすると今以上に相手が何を意図して伝えてきているかなども、理解しやすいかもしれません。

先ほどの猿沢の池の話であれば、よく全体を観察すると池には鯉もいて、近くには鳥もいる、もし、その中で人を呼ぶのであればどういった行動をすれば今良いのか、手を叩くことが良いのか、どこで叩くのが良いのか、声を出して呼ぶのが良いのか、それとも自ら出向いた方が良いのか・・・と状況を色々と考察できますが、肉体にすっぽり入り、エゴにまみれて自分のことしか考えられずにいると、全体を考えずに自分が人を呼びたいからと、何も考えずに手を叩いてしまいます。

自分自身、決して人とのコミュニケーションが得意というわけではないですが、人の考えていること、気持ちがたまにポンッと入ってくることがあります。

そんな時は、やはり肉体から少し意識が離れており、そうすると相手の感情の中にも意識が入りやすく、また自分自身が鏡のようになって、相手の意識が反映されやすくなる感覚があります。

22

「私は私であり私ではない」ということを自覚して、少し幽体離脱気味で自分自身についても客観的に日々を過ごすと、起こる出来事であまり感情が左右されず、また人とのコミュニケーションも円滑に、世渡りも上手くいきやすいように思えます。

また、上記は自分で曲げたスプーンですが、その肉体を離れた意識の世界でスプーンも曲げると、現実的にもスプーンが曲がりやすくなるかもしれません。

“あんでるせん”は、見せてくれるショーだけでなく、マスターの伝える言動1つひとつにも、人生をより良く生きるためのヒントが隠されています。

ご興味のある方は、是非とも長崎県にお越しの際にお立ち寄り下さいませ。

あんでるせん
TEL:0956-82-2375
住所:長崎県東彼杵郡川棚町栄町2
※来店日の2ヶ月前から予約可能