02032035_54d0b26852f0c

 さて、完全ハンドメイドの携帯型木製空気活性機「Piccoro(ピッコロ)」。多くの方々にお待たせしている状態が続いて大変申し訳ございませんが、そんな中、そのピッコロの固定型(大型)タイプであり、前身の「エアードリームシリーズ」の進化版である「Air Cube(エアーキューブ)」という空気活性機がついに新登場します。

50
※New Air Dream

35
※Air Dream Ⅱ

28
※Air Dream

12
※完全リニューアルされて新登場「Air Cube」

テネモスは、正式名称「一般財団法人テネモス国際環境研究会」という名前であり、土壌汚染や水質汚染、空気汚染などの環境改善を専門的に研究してきた機関です。

その中で空気汚染の改善については「New Air Dream」という装置から始まり、その後に「Air Dream Ⅱ」「Air Dream Ⅲ」とバージョンアップを続けて進化を繰り返して来ましたが、ついに大幅にリニューアルされた「エアーキューブ」が登場することになりました。

サイズは、ピッコロが少し大きくなった程度の超小型化に成功し、小さくなったのに空気活性機としての性能は向上、もともと24時間稼動させても月に60円ほどしかかかりませんでしたが、さらに消費電力は削減、またポンプからファンに切り替わったことで、ネックの1つだった振動音は皆無に等しいほど静かになりました。もう寝室の枕元の側に置いても気になりません。

02032030_54d0b15cdefb2

そして、ピッコロと同様に見た目もかわいい地球にも人にも優しい木製ハンドメイドの外装となり、これだけでも従来に比較して良いこと尽くしなのですが、この上で価格が従来よりも30%以上も安くなっているという大変リーズナブルな値段となっています。

空気清浄機ではなく、空気活性機という名前のとおり、これはフィルターなどを通して空気中のゴミや有害物質を吸着・除去するのではなく、自然界にある法則と仕組みによって、その場の空気の性質を変換させる構造となっています。

0e235610
※開発者であるフリーエネルギー研究家の飯島先生

空気を自然界のサイクルに変換する
木々が密集した森の内部は、外部と遮断され高圧な状態となっています。

自然界には、常温常圧に定めようとする法則がはたらいています。

森林は、木々や植物で覆われていて、風により常に振動しているので、森の外よりも、高圧状態となるのです。そのため、大気中のエネルギーを多くとりこんで(吸引して)います。

その結果、空気が清浄な状態となるのです。

匂いやウィルスは、バランスがとれていないマクロな状態といえます。

空気を圧力をかけ振動をさせることにより、サイクルが自然のサイクルに変わります。

マクロがミクロな状態に変わり、臭いやウィルスは減少していくのです。
自然界にはウィルスは存在していません。

ミクロな状態になると、その分だけ表面積が大きくなります。
その分だけ酸素が多い空気となるのです。

このサイクルを吸引化させた空気を用いると、汚染物質等は驚くべきスピードで変化します。空気に圧力をかけて変化させるしくみなので、フィルターの交換は必要ありません。(「一般財団法人テネモス国際環境研究会」より)

「なぜ、森林浴は気持ち良いのか?」というと、それは単純にマイナスイオンや酸素が多いとか、緑が目に優しいとかだけでなく、森林を含めた自然界は常日頃よりフリーエネルギー構造が出来上がっており、無料で汚れた空気をキレイにしてくれているからのようです。

もちろん、ただキレイにするだけでなく、そこにいる生命の活動が活発化されるようにエネルギーたっぷりの空気に変換してくれてもいます。

その自然界の原理を現代技術を使って再現しているのが、今までの「エアードリームシリーズ」であり、今回新たなにリニューアルされた「エアーキューブ」となります。

02032041_54d0b40702ecf

【お客様の声】
「呼吸が楽になった」
「睡眠が深くなった」
「人、ペット、植物が元気になった」
「嫌なニオイが無くなった」
「害虫が出なくなった」
「肌が柔らかくハリが出て、シミ、しわが薄くなった」
「室内干しの洗濯物が早く乾き、ふっくらしっとりした」

敏感な人は、スイッチが入った瞬間から室内の磁場の変化に気づくかもしれません。

「まだ稼動させたばかりで、エアーキューブで空気が浄化されていないのになぜ?」と思うかもしれませんが、確かにエアーキューブを通して物理的に空気が吸い込まれて出ていくことで、空気がミクロになって清浄化されることも機能の1つです。

ただ、この装置が稼動した瞬間に、まるで爆心(エアーキューブ)に向かって外から中心にエネルギーが集まってくるように、部屋の隅(エアーキューブの有効範囲の外側)からすでに空気(磁場エネルギー)の変換が始まって来るようです。

初代の「New Air Dream」でも有効範囲は、20畳ほどであったので、基本的には大きな部屋でも小さなエアーキューブ1個あれば十分だと思いますし、まずは一家に1個、固定で設置するのがと良いと思います。

とはいえ、エネルギー磁場だけでなく、物理的にもエアーキューブを通して空気がミクロに変換されるので、より高い効果を求める方は、置きたい部屋に1個を目安に設置して頂けたらと思います。特に寝室やペットのいる部屋などはオススメです。

《Air Cube(エアーキューブ)の商品ページはこちら》

お出かけ時や勤務先等でのご使用は、やはり「ピッコロ」がオススメです。こちらも引き続きご注文を承っておりますので、この機会に合わせてご利用下さい。

《Piccoro(ピッコロ)の商品ページはこちら》

エアーキューブも、完全に手作りのハンドメイド製のため、ご注文のタイミングによってお手元に届く時期が大幅に遅くなる可能性もございます。

大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、その点だけどうかご了承くださいませ。