34

明日4日の満月は、いつもの満月とは違う“ブラッド・ムーン(血染めの月)”と呼ばれる「皆既月食」です。

ブラッド・ムーンは、月が地球の影になって隠れる皆既月食の際、大気中の粒子によって月がオレンジ色や赤茶色に見える現象のことであり、その光景から、古代より不吉なことが起こる前兆現象ともいわれています。

ただ、この皆既(部分)月食そのものは、決して珍しいことではなく、毎年1年に2回起きるか起きないか、多い年は1年に3回も発生する場合もあるのですが、今回の皆既月食、というよりも昨年4月15日から始まった皆既月食は、例年の皆既月食とは少しタイプが違っています。

昨年2014年4月15日から今年2015年の9月28日の1年半にかけては、部分月食を一切含まない皆既月食のみが4回も連続で続く期間となります。

2014年 4月15日
2014年 10月8日
2015年 4月4日(今回)
2015年 9月28日


この皆既月食が4回連続で続く現象をNASAは「テトラッド(Tetrad)」と呼んでおり、これは過去500年間に3回、過去2000年の間でも8回しか起きていない、西暦が始まって以来の極めて稀な現象であります。

そして、この過去500年の間に起こった3回のテトラッドの期間の歴史を見ると、偶然にもユダヤ史の重要な出来事が起こった年と符合します。

1493年: スペイン・カトリック教徒によってユダヤ人追放が行われた
1949年: ユダヤ人国家のイスラエルが建国
1968年: アラブ=イスラエル間の6日間戦争で奇跡的な勝利をイスラエルがおさめ、エルサレムを管理下に置いた


上記の通り、21世紀の近代における2回のテトラッドが発生した1948年〜1949年1967年~1968年においては 、イスラエルを中心とした第1次中東戦争第3次中東戦争が勃発しています。

第1次中東戦争(イスラエル独立戦争)(1948-1949年)
1949年04月13日 皆既月食 過越の祭り
1949年10月07日 皆既月食 仮庵の祭り
1950年04月02日 皆既月食 過越の祭り
1950年09月26日 皆既月食 仮庵の祭

第3次中東戦争(六日戦争)(1967年)
1967年04月24日 皆既月食 過越の祭り
1967年10月07日 皆既月食 仮庵の祭り
1968年04月13日 皆既月食 過越の祭り
1968年10月06日 皆既月食 仮庵の祭り

「過越(すぎこし)の祭り」「仮庵(かりいお)の祭り」も、ユダヤ教3大祭りの1つであり、これもまた偶然なのか計画的なのか、テトラッドで起きる4回連続の皆既月食は、すべてユダヤ教の重要な宗教的祭事と重なっています。

ちなみに「過越」とは、神がエジプトに対して「すべての初子を撃つ」という災いを与えた時、ユダヤ人は仔羊の血を戸口に塗ることで「過ぎ越し」た伝説にちなむ祭りであり、日ユ同祖論におていは、この時に真っ赤に染まった門が日本の神社の“鳥居”になっていると言われています。

また「仮庵」とは、エジプトを脱出したユダヤ人が、荒野で天幕(テント)で暮らしたことを記念する祭りです。

0ceffbff-s

それはさておき、単純にこれまでのテトラッドで起こった歴史的な出来事を参照すると、今回もまたユダヤ人、イスラエルを中心に中東戦争などが勃発してもおかしくはない展開ですが、今回のテトラッドは、これまた過去に発生したテトラッドともタイプが異なっており、1年半の期間の合間に2度の日蝕(2015年3月20日の皆既日食と2015年9月13日の部分日蝕)をはさみます。

このタイプのテトラッドが発生したのは、今から1944年も前、つまり約2000年ぶりの非常に珍しいテトラッドが今回のタイプであり、そして、これこそが旧約聖書に預言された「世界の終わり」を表している最後のテトラッドであります。

『主の大いなる恐るべき日がくる前に、日は暗く、月は血に変る』(ヨエル書第2章31節)

9th AV eclipse pattern

先月3月20日に発生した皆既日蝕は、北極点を通る日蝕であり、このようなパターンは特別で、同じようなパターンの日蝕が起きたのは1944年前、今年と同じ月日のAD71年3月20日に起こった日蝕でした。

そして、同じく1944年前のAD71年4月4日には皆既月食が起こっており、この西暦が始まって以来最初のテトラッドで起こったユダヤ史の重要な出来事は、ユダヤ人にとって絶対に忘れることのできないイスラエル国家の滅亡のきっかけとなったエルサレム神殿の崩壊の時でした。

エルサレム神殿が崩壊したのは、この皆既日蝕が発生する前年のAD70年にあたります。

「では、せっかく2000年ぶりに国家再建したイスラエルが、再び今回のテトラッドに国家滅亡の危機にさらされるのか?」

とも単純に考えられますが、このイスラエルが滅亡した時の1944年〜1945年前のテトラッドでは、最初にエルサレム神殿が崩壊し、その後に皆既日蝕、皆既月食が続いているので、現在はエルサレム神殿が存在しないことを考えると、これは「1944年前と逆パターンの出来事が発生するのでは?」と噂されています。

つまり「今年の皆既日蝕、そして明日の皆既月食の後にエルサレム第三神殿の復活が始まるのでは?」と。

isome_jp

ユダヤ人にとって悲願の「エルサレム第三神殿」の再建。エルサレム旧市街のかつての神殿跡地には、今は7世紀末に建てられたイスラム教の第三の聖地である「岩のドーム」があります。

エルサレムにはかつて、ソロモンが建てた「第一神殿(ソロモンの神殿)」がありましたが、BC586年にバビロンによって破壊され、その後再建された「第二神殿(ゼルバベルの神殿)」も、AD70年にローマによって破壊されてしまいます。

第二神殿の遺構が現在も残る「嘆きの壁(西壁)」では、ユダヤ人たちは何世紀もの間、エルサレムと神殿の再建を願ってこの場所で祈ってきました。

イスラエルには「神殿崩壊記念日(ティシャ・べ・アヴ)」という日がありますが、これはエルサレムの神殿が崩壊し、国が滅亡した歴史を嘆き、喪に服する日であり、多くのユダヤ人たちは、断食をしてこの日を過ごすといいます。

「ティシャ・べ・アヴ」とは「アヴの月9日」という意味であり、これは第一神殿が破壊された日と第二神殿が破壊された日は、奇しくも同じユダヤ暦「アヴの月9日」であったからだそうです。

00

そして、神殿再建という逆パータンとなっている今回のテトラッドでは、この「アヴの月9日」である神殿崩壊記念日に何かが起こるのではないかと予測されており、今年の「アヴの月9日」西暦2015年7月25日となっています。

この「アヴの月9日」は、テトラッドとも関係なしに、1914年の第一世界大戦の開始、1990年の湾岸戦争の開始の日ともなっているので、以前より何かが起こる要注意日として認識されていました。

果たして今年に第三神殿に関わる何かが起こるのか、それとも戦争のきっかけとなる出来事が発生するのか分かりませんが、今年に限らず、来年以降も「アヴの月9日」は注目しておく必要はあると思います。

8e1322a86f01c594015d78352e5b472a

一部のユダヤ人が第三神殿の再建を急ぐのは、単純に過去にあった自分達の神殿を復活させたいだけでなく、このエルサレム神殿がないと「救世主」が再臨することが出来ないからです。

救世主「イエス・キリスト」の再臨。

聖書の預言によると、この世の終わりの時には、イスラエルと反メシアの最終戦争であるハルマゲドンが発生するようですが、この時に救世主であるキリストが第三神殿に再臨し、世界の悪に終止符を打つそうです。

そして、戦争を終わらせて悪が一掃された地上にイエスご自身による「千年王国」を樹立するといわれています。

つまり、第三神殿の建築をしなければ救世主も来ないし、世界も平和にならない。

という預言を完全に信仰している人々がこの地球の歴史を陰で動かしている人々であり、聖書の計画通りに、この2000年の文明と歴史を築き上げてきました。

そして今、ようやくやって来た「終末の世」の最終章において、これまでの時代を動かしてきた人々が与えられたプログラムの総仕上げに動くのが今回のテトラッドであります。

syorinsairin

実は、紀元前から数百年かけてイエス初臨が起こった時と同じパターンの歴史をイスラエルは2000年のスパンをかけて繰り返しており、エルサレムの没落からユダヤ人の帰還、そしてイエス再臨に向けてまったく同じ展開を歩んでいます。その次のステップが第三神殿の建築なのです。

▶ イエス初臨
(1)エルサレム滅(ソロモン神殿滅)
(2)ユダヤ人帰還
(3)神殿再建
(4)荒らす憎むべきもの
(5)イエス初臨
(6)エルサレム滅(ゼルバベル [ヘロデ] 神殿滅)


▶イエス再臨
(1)エルサレム滅(ゼルバベル [ヘロデ] 神殿滅)
(2)ユダヤ人帰還(イスラエル国家再建)
※現在はここまで、これからの計画は以下
(3)神殿再建
(4)荒らす憎むべきもの
(5)イエス再臨
(6)終末


ただ、終わりと始まりは表裏一体であり、旧時代を生きる一部の人々にとっては確かに世紀末と最後の審判はやって来ますが、旧約と新約に続く、新たな「2000年の約束」の時も今であり、再び2000年後の同じパターンのテトラッド(皆既月食と皆既日蝕)が起こるまでの間、地球を大切に維持管理する約束を人類はしなければいけません。

2000年前に約束をしたユダヤ人、これから新たな約束をする日本人、これにて日ユ統合の本番の時代が始まりますが、日本人がリーダーシップを発揮し、やがて民族や国家、国境もない地球を舞台とした地球人による「千年王国」が続くことでしょう。

イエス・キリストの再臨、真の岩戸開きは、地球人1人ひとりの真我への目覚めだと思っています。