Abraham

イサクの燔祭(はんさい)
これらのことの後で、神はアブラハムを試された。神が「アブラハムよ」と呼びかけ、彼が「はい」と答えると神は命じられた。
「あなたの息子、あなたの愛する独り子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。わたしが命じる山の一つに登り、彼を焼き尽くす献げ物としてささげなさい。」
次の朝早く、アブラハムはろばに鞍を置き、献げ物に用いる薪を割り、二人の若者と息子イサクを連れ、神の命じられた所に向かって行った。
三日目になって、アブラハムが目を凝らすと、遠くにその場所が見えたので、アブラハムは若者に言った。
「お前たちは、ろばと一緒にここで待っていなさい。わたしと息子はあそこへ行って、礼拝をして、また戻ってくる。」
アブラハムは、焼き尽くす献げ物に用いる薪を取って、息子イサクに背負わせ、自分は火と刃物を手に持った。二人は一緒に歩いて行った。
イサクは父アブラハムに「わたしのお父さん」と呼びかけた。彼が「ここにいる。わたしの子よ」と答えると、イサクは言った。
「火と薪はここにありますが、焼き尽くす献げ物にする小羊はどこにいるのですか。」
アブラハムは答えた。
「わたしの子よ、焼き尽くす献げ物の小羊はきっと神が備えてくださる。」
二人は一緒に歩いて行った。
神が命じられた場所に着くと、アブラハムはそこに祭壇を築き、薪を並べ、息子イサクを縛って祭壇の薪の上に載せた。
そしてアブラハムは、手を伸ばして刃物を取り、息子を屠ろうとした。
そのとき、天から主の御使いが「アブラハム、アブラハム」と呼びかけた。彼が、「はい」と答えると、御使いは言った。
「その子に手を下すな。何もしてはならない。あなたが神を畏れる者であることが、今、分かったからだ。あなたは、自分の独り子である息子すら、わたしにささげることを惜しまなかった。」
アブラハムは目を凝らして見回した。すると、後ろの木の茂みに一匹の雄羊が角をとられていた。アブラハムは行ってその雄羊を捕まえ、息子の代わりに焼き尽くす献げ物としてささげた。
アブラハムはその場所をヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)と名付けた。そこで、人々は今日でも「主の山に、備えあり(イエラエ)」と言っている。(創世記 22章1-14節)

旧約聖書に登場するセム系民族の末裔のアブラハム。アブラハムには異母兄弟であるイサクとイシュマエルという息子がいて、イサクの子孫がユダヤ人、イシュマエルの子孫がアラブ人となり、今日の宗教戦争は元を辿ればアブラハムの末裔同士の兄弟喧嘩となっています。

それはさておき、アブラハムが息子イサクを生贄として神に捧げる「イサクの燔祭」「モリヤ(山)と呼ばれる場所が出て来ます。

ユダヤ人の伝承では、かつてソロモン王が神殿を建てたエルサレムのシオン山がモリヤ山であるとされており、イエスが処刑されたエルサレム旧市街地にあるゴルゴダの丘もモリヤ山の一部であると言われています。

そしてキリスト教の見解の中では、この4000年前のイサクの生贄の出来事は、2000年前のイエスの処刑(生贄)の予型であり、神はすでに2000年後に、ご自身の愛するひとり子イエスを犠牲として死に渡すことを決意しておられたとも考えられています。

アブラハムは出発してから「3日目」にモリヤの地についたことから、この3日間、アブラハムの心の中で“イサクは死んだ存在”でありましたが、モリヤの地でアブラハムの手が止められた時になってイサクは「生き返った」ことになり、この事象が同じモリヤの地(エルサレム)でイエスが同じように生贄となって、また同じ「3日目」に復活したことが予型であるということです。

ユダヤ教にしろキリスト教にしろ、聖書の中に登場する聖地「モリヤ山」

maemori

実は、ここ日本にも同じ名前の山があり、それは長野県諏訪市と伊那市との境にある「守屋山」という山です。

この守屋山の麓に諏訪大社がありますが、諏訪大社には本殿と呼ばれる建物がなく、この守屋山をご神体として祀っています。

そして、この諏訪大社では古来より「御頭祭(おんとうさい)」という祭りが行われてきました。

「御頭祭」は、諏訪の神と呼ばれる“ミサクチ神”の祭祀であり、この祭では「おこう」(御神とか神使と書く)と呼ばれる役割の15歳未満の“少年”が主役であります。

「おこう」と呼ばれるこの少年は、まず「御贄柱(おにえばしら)」とも呼ばれる柱に“縛り”つけられます。これは、少年を“生贄”とするための柱です。

次に人々は少年を柱ごと竹のむしろの上に押し上げ、そこには小さな“刃物”も登場しますが、そこで諏訪の国の司からの使者や神官が現われ、その後に縛られていた少年は解き放たれます。

少年を縛って生贄にし、刃物を用いて殺めるところを救われる・・・どこかで聞いた話どころか、そのまんま「イサクの燔祭」の内容であります。

そしてミサクチ神とは「ミ(御)・イサク・チ(接続語)」であり、この「御頭祭」は完全にイサク神を祀っているお祭りであるとされています。

守屋山に御頭祭にミサクチ神。

縄文時代に栄えていた諏訪は、約500年ほど渡来した古代ユダヤ人と縄文人が共生していたともいわれていますが、まさに日本の中でも古代ユダヤの多くの伝承が色濃く残っている地域です。

実際、守屋山周辺の古い神社の末裔の人々は、自分達を古代ユダヤ人の末裔であるとも自称しています。

16

4月に入って約束の期間の3度目の皆既月食が終わり、マヤの新たな260日が始まって日ユ統合の最終ステージへ入った今、極東イスラエルである日本の守屋山へ。

22

登山道を登り始めて早々に、なんとも日本の登山道には似つかわしくない旗が出現しました。

54

まるでドッキリのように誰かが仕掛けたかのような「イスラエル国旗」「エルサレム市章」のフラグ。

flagg
※エルサレム市章

なぜ、誰が、こんなところに立てたのか?

そして、こんなところに堂々と他国の、それも日本の中では危険国とされているイスラエルの国旗が立っているのに排除されていないことも考えると、やはり諏訪は日ユ統合の地であり、守屋山はユダヤ教と神道がほぼ公認のもとで、エルサレムと繋がっている聖地と認定されているように思えます。

26

今日は曇りのち雨の予報が、登り始めると晴天となり、途中、光が下りて来たので撮影すると、いつも登場する光のメッセージが今日も謎の図柄に変身しました。

49

14

「諏訪湖は中央構造線とフォッサマグナが交差している場所であり、その地図?」

詳細はまだ不明ですが、今は富士山の噴火とともに中央構造線とフォッサマグナが動き出しているのは確かであり、その中で日本列島が分断されないように守っている場所として諏訪湖、諏訪大社(守屋山)があります。

42

00

いずれにしても、色々なことが複合的に絡んでいる今の時期ですが、無事に山頂に到着して諸々のお祈りしてきました。

20150405223428-20150405223806-large
28

そういえば偶然にも守屋山登山の前日の晩に、この守屋山のすぐ南部を震源とした地震が発生していました。ここ北杜市も突き上げるような爆発的な地震で少し揺れましたが、地底で何かが起こっており、フォッサマグナが動いているのかもしれませんし、もしくは歓迎の合図だったのかもしれません。

40

震源地は後から知ってビックリしたのですが、この震源地「北緯 35.9度 東経 138.1度」という場所は、守屋山登山口から車で10分ほど南下した道沿いの場所であり、実は自分達は守屋山の登山口を見落として通り過ぎてしまって、ちょうど車で10分過ぎたところまで行き、間違いに気づいてUターンをしたのです。

43

59

前日の守屋山の地震があり、当日に震源地まで行き、イスラエルとエルサレムの旗に出逢い、不思議な写真も撮れたりと、相変わらず行き当たりばったりで不思議なことばかりが起こりますが、下山した後には登山口のすぐ近くの「守屋神社」という場所により、そこは「物部守屋神社」と鳥居に書かれていました。

物部氏、十種神宝を持っていた天孫降臨のニギハヤヒの末裔。今回の守屋山のご神事も、日ユ統合だけではなく、ヤマト開闢に向けた何か大きな流れの中にあるような気がします。