11754927_797681950344848_1956399432671333991_o

全国横断講演会 in 札幌
◎ 日時:2015年8月26日(水)
    18時30分(18時00分開場)〜21時30分

◎ 場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター3F
    (札幌市北区北7条西2丁目9 ベルヴュオフィス札幌)
    JR札幌駅北口 徒歩2分
     会場へのアクセス方法はこちらでご確認下さい。

◎参加費:3,500円 (当日4,000円)

◎講演会内容
    18:30~18:55 村松 祐羽
    18:55~19:20 原 芳易 (司会兼) 
    19:20~20:00 長 典男
    20:00~20:10 休憩 
    20:10~20:50 鳴海 周平 
    20:50~21:30 滝沢 泰平 

◎お申し込み
やつはネットショップにてチケットを販売しています。
     
※お電話やメールでのお問い合わせはやつはまで。

TEL:0551-45-9311 平日10時~17時まで
Mail:info@yatsuha.com


今年の夏至過ぎから始まった全国巡礼&講演ツアー。6月は中部から関西への巡礼、京都の講演会を開催し、続く7月は東北の地へと飛び、山形の出羽三山、秋田での講演会を終えて、来月の8月はさらに北へと北海道へ飛びます。

8月26日(水)の平日の夜となりますが、いつもの長典男さんと鳴海周平さんの講師陣に加わり、新たに北海道在住の強力な先生方2名がコラボします。

茶道を通して世界を舞台に日本文化を独自のパフォーマンスで伝えることで活躍中の原芳易さんと、30年以上も前から精神世界の先駆けの人として活動し、故・船井幸雄先生からも古くから信頼されていた友人である村松祐羽さんです。

総勢5名による大講演会となりますが、札幌近郊の方はもちろん、北海道にお住まいの方でご興味のある方は是非とも8月26日はお集まりくださいませ。

40

今回、北海道でのご神事、巡礼の地として訪れる予定の場所の1つは富良野。ここ夕張山地のほぼ中央には、富良野市・芦別市・南富良野町にまたがる標高1,726mの聖山「芦別岳(あしべつだけ)」があります。

北海道といえば、広大な大地の至るところに縄文・アイヌの時代からの聖地がありますが、その中でも特別なパワースポットとして知られるのが、この芦別岳であります。

それは、かの有名な大本教の出口王仁三郎聖師が、この芦別岳に「艮の金神」がご隠退されたと指定されたからです。

芦別岳には、世の中の立替え・立直しに必要不可欠な大龍神であり、スサノオエネルギーの源である艮の金神「国常立尊(くにとこたちのみこと)」が封印されており、この眠れる龍神を本格的に目覚めさせるタイミングが差し迫っているように思っています。

6月の関西ツアーでは、大本教の本部もある綾部の地も訪れ、そこで出口家の末裔の方々とも交流をもたせていただきましたが、その中で個人的に感じたことは、旧時代が価値観から現実までもが近い将来に崩壊し、新しい時代の様々な種が芽を吹き出す時期が近い将来に訪れようとしている感覚でした。

その一方で、やはり汚れきってしまった人間界、世の中の大掃除もまた、何かしらの形で起こることも感じています。

ちなみに艮の金神は北海道の芦別岳ですが、艮の金神の妻神である「坤(ヒツジサル)の金神」がご隠退されたところは、遥か南方の島国である奄美大島の最大の聖地「喜界島(きかいじま)」であると出口聖師は伝えています。

旧時代の終わりと新しい時代の始まりの節目を迎える2015年、年内のどこかで喜界島も訪れたいと考えております。

まずは、来月の北海道講演へどうぞお気軽に遊びにいらしてくださいませ。