maxresdefault
201511

【新月が起こる場所】蠍座
【新月になる時刻】11月12日2:47
【ボイドタイム】11月12日 23:55~13日 0:15
【蠍座新月のキーワード】「根本からの変容」「自己再生力」「不屈の精神力」「秘密」「集中力」「ゼロからの再スタート」「神秘性」……etc.

今日は蠍座の新月です。蠍座の新月のサインは「変容」「再スタート」であり、昨日の11月11日(1111)の統合・新たな始まりの日に続いて、自分自身を大きくシフトするチャンスのタイミングのようです。

自分を変えたい人、新しい自分に生まれ変わろうと考えている人には最高の新月と1ヶ月となりそうなので、今回の新月の祈りには、何か新しいことにチャレンジしたり、今まで中途半端で終わったことに再チャレンジしたり、大きな決断をするには丁度良い機会かもしれません。

11

個人的には、今回強く願ったり、祈ったのは「大麻」の日本における本格的な復活について。

一昨日より四国に入って現在は小豆島に来ていますが、今回の巡礼の旅のキーワードは「六芒星」であり、その中でも重要なポイントに六芒星を象徴する神草「大麻草」があります。

04
05

阿波忌部族が中心となって日本で大麻を普及させたともいわれおり、四国、中でも徳島は大麻の聖地として扱われていますが、鳴門市には阿波一宮である「大麻比古神社」という有名な神社があり、大麻の神紋はもちろん、大麻の神様を祀っております。

17

大麻比古神社の奥宮は、背後にそびえる「大麻山」という山であり、四国には小豆島を含めて大麻山という名の山が3つ(徳島県鳴門市、香川県三豊市、香川県小豆島町)あって、それらを結ぶと大きな三角形となります。

03

02

3つの大麻山のうちの1つである小豆島の大麻山の麓には「大麻山龍水寺」という小豆島で最も古いお寺があり、この寺の奥には洞窟があって、そこには御神体となる石の壺が祀られています。

不思議なことに、四国にある3つの大麻山の頂上には、いずれも同じ石の壺が御神体となって祀られており、どれも空海(弘法大師)が深く関わっているそうです。

小豆島に到着してから、お呼び出したかかったのは、この大麻山龍水寺であり、ここで「預かっているものを渡す」というメッセージがあったので、自分が持っているエネルギー体の見えないアイテムの中から、どこで持ってきたかわからない謎の鍵を石の壺の前に置いて来ました。

もちろん、自分1人ではさっぱり段取りもわからないので、同行して頂いている長典男さんや鳴海周平さん達のサポートの上で・・・。

01

すると、龍水寺を出る頃には、いつもの「OK(完了)サイン」と呼んでいる彩雲が出ていたので、今回の小豆島訪問、四国を巡って大麻の封印を解く祈りもまたOKだったと解釈しています。

11102103_5641dd12b5be8

ということで、引き続き自分自身も大麻に関わる活動を積極的にやっていこうと思っていますが、今日は新月の日ということもあって、新しい大麻製品をご紹介します。

今回ご紹介するのは、アメリカを代表するオーガニック製品を扱うNutivaのヘンプオイルやヘンプナッツを輸入している企業が新たに立ち上げたヘンプブランドから生まれた商品で、ヘンプ100%の糸を使った100%天然草木染め「ヘンプストール」です。

このヘンプストールの特徴は大きく2つ、まずは使っている糸の縫製が国産の編みであることです。

糸の原産地は中国産でありながらも、上質なヘンプ糸のみに絞って輸入しており、その後の縫製作業はすべて日本国内で製造されています。

そして、通常はヘンプ100%だとゴワゴワして硬い生地のイメージがありますが、このヘンプストールは国産の縫製技術によって、まるでコットンやヘンプコットンのようなフワフワしたなめらかな肌触りを実現しており、ヘンプの良いところを残しながら、デメリットをカバーした加工となっています。

ヘンプのメリットの1つには紫外線のカット力がありますが、これは実験段階だと92%の実績があり、これからの冬季の日差しの強い日に紫外線対策として役立ちます。もちろん暖かさも抜群なので、紫外線をカットしながらもマフラーとしての機能も十分に果たします。

また繊維の部分の最大の特徴は、縫製加工をしているのがベビー服を製造している工場であり、当然ながら赤ちゃんに生地が触れても一切有害性のない基準で加工されていて、シックハウス症候群の原因物質の一つともいわれる有害物質のホルマリンもゼロとなっています。

そのため、赤ちゃんにとってマイナス要因どころかヘンプの持つプラス要因が多いので、是非とも赤ちゃんのサポートグッズとしてもご活用頂きたいものです。

11111301_5642bdb648adc

続いてのポイントは、国産の染めであることです。

今回、使用した染色方法は洛陽染め(草木染め)と呼ばれるものであり、現代の染色方法の多くは化学染料を使用するのが一般的ですが、このヘンプストールは、古都京都の染色工場が、自然界に存在する天然物への回帰に取り組み、日本古来のやさしい色合いを復活させた洛陽染めを活用しています。

色落ちの少ない草木染、自然の恵みをそのまま、大切に活かした風合いと色合いが楽しめます。素材から染めているので製品染では出せない深い色合いも洛陽染めの特徴です。

また、今回染めに使用した原料は丁子(クローブ)と呼ばれる、健胃剤や風邪薬等にも利用されている薬効成分の多い植物です。

11111322_5642c26a2b359

国産の自然加工の編みに国産の草木染めの安心・安全のオシャレで機能的なヘンプストールとなっています。

12244450_865671640196470_3837238262242984801_o

つい先日の高松講演会でも活用していましたが、今回の四国巡りのツアーでも大活躍で重宝しています。

ただ、今は中国産の高級ヘンプ糸の輸入がかなり絞られてきており、生産がかなり少ない状況なのがネックポイントです。

今回も手に入ったのは、わずか50個のみです。

追加の生産などは、また来年以降になってしまうと思いますが、今年は限定50個のみをお試し用として販売させて頂きますので、ご興味のある方は是非ともお早めにどうぞ。

これからの時期にはピッタリのアイテムですし、スーツなどに合わせてビジネス用として活用しても違和感のないデザインや質感となっています。

プレゼントにも喜ばれると思いますので、プレゼント包装が必要な方は是非仰ってくださいませ。

《HEMP THINGS》ヘンプストールの商品ページはこちら

衣食住でも、生活の様々な場面においてヘンプの有用性を認知して頂き、少しでも多くの方々にヘンプを知って頂く機会になればと思います。

24

nutiva社のオーガニックヘンプナッツ、ヘンプオイルも扱っておりますので、良かったらこちらも日常の美味しい健康生活のためにご活用くださいませ。

【nutiva】オーガニックヘンプシリーズ