img20b38f46zik1zj

「麻植郡」名称の由来  吉野川市、麻の生産復活を推進
 吉野川市は、2004年の合併前の「麻植郡」の名称の由来になった麻の生産復活に取り組む。大麻の原料となることから、市内でも長らく栽培されていない麻の種子を確保し、一定量の麻を生産。将来的には、麻繊維を使ったオリジナル製品の製造・販売などを手掛ける方針だ。第一歩として、県が自治体の地域活性化を支援する「徳島版地方創生特区」の選定を目指す。

 24日の市地方創生推進協議会で示した市版総合戦略(2015~19年度)の素案に盛り込んだ。具体的な事業として▽特区申請▽官民による推進協議会設立▽産官学の連携推進▽市民の理解を得るための周知活動-を挙げた。

 市によると、特区申請作業と合わせ、県立農林水産総合技術支援センター(石井町)と連携。麻の種子の保存や培養ができる体制をつくり、栽培に適した場所を選定する。ただ、麻の栽培には法律上の制限があり、取り扱いには知事の免許が必要。このため、栽培に従事する農業者らの免許取得もサポートする。

 種子は、麻の産地・栃木県が開発した品種「トチギシロ」を譲渡してもらう方針。トチギシロは麻薬成分が低く、葉を燃やした煙を吸引しても人体への影響はないという。

 市は16年度に県が募集する特区事業に向け、事業計画を練る。選ばれると、年間最大500万円の交付金が受けられる。

 麻植郡の名称は、古代に勢力を誇った阿波忌部氏が麻を植えて布を織り、天皇の即位儀礼・大嘗祭(だいじょうさい)に「麁服(あらたえ)」を献上したことに由来するとされる。04年10月の4町村合併で吉野川市が誕生し、麻植郡は消滅した。

 こうした吉野川市独自の歴史の再評価を求める声が、市地方創生推進協議会の委員から出ていたため、市は麻農業の振興を素案に加えた。

 市企画財政課は「市内の若い世代が地域の歴史や文化を見つめ直す機会になるのでは。地域色あるまちづくりの一環としたい」としている。(「徳島新聞 2015.11.28」より)

TTMD-BLOG-151130-1

阿波の国「徳島」は、古来より日本の大麻文化発祥の中心地であり、その中でも麻植(おえ)郡という場所は、大麻を扱い、高い祭祀力と航海力・技術力を持ってヤマト王権成立の立役者となった「阿波忌部(いんべ)族」の拠点の中心地であったようです。

古代イスラエルからの渡来人であった忌部族。

日ユ和合と縄文復活の今、かつての文化の中心地であった地域の神々が復活し、その地の古代エネルギーが呼び覚まされていますが、その中で古代日本の文明の中心地であった徳島県も大きく変化が起こっており、大麻栽培の盛んであった吉野川市(麻植郡)においては、ついに「市が大麻文化復活」に向けて本格的に動き始めました。

縄文初期より1万年以上も続いていた日本の大麻文化は、戦後、GHQによって完全に解体・封印されてしまい、現代に比べて極端に人口も少ない戦後でさえ4万人も大麻栽培の従事者がいたのに、現代においては50人前後しか大麻を栽培している人はいません。

石油製品の台頭によって、日本においても大麻の必要性(需要)が大幅に減り、栽培するメリットをなくして生産者の縮小が画策され、新規で栽培することに関しては完全免許制にして“実質栽培不可能”の仕組みを作ってきました。

それでも50人残っているのが奇跡的な状況ですが、実際には古来より伝統的に大麻栽培をしていた栃木県の農家が30人前後も占めているので、その他の都道府県で合わせても20人程度、ほとんどの地域に栽培者が1人もいないという壊滅的な状況となっています。

「どうやったら大麻の栽培ができますか?」

近年は大麻の真実が広く知られるようにもなり、このままではいけない、何かしたいと思っている人たちの中では「大麻栽培」が大きな希望や“やりがい”の1つとなっていますが、今のところ個人であろうと団体であろうと、新規で栽培免許を取得するのは極めて困難な状況であります。

とはいえ、基本的には国民の誰にでも大麻栽培をする資格は与えられており、本来であれば申請さえすれば誰にでも免許は交付されるものでありますが、逆に言えば「1人にでも栽培許可を簡単に出してしまうと、その他の国民誰にでも簡単に許可しなければならない」ので、法律にはない、いい加減な理由によって栽培、免許発行を禁止しています。

「過去に伝統的に大麻が栽培されていたり、大麻による産業があった場所でない」
「石油で代用できる製品であれば、わざわざ麻薬成分のある大麻を使う必要がない」


主に上記のような理由で免許発行が出来ない理由を押しつけており、誰には出せて誰には出せないという人で差別が出来ないため、地域によって差別して、99%以上は適応されずに新規参入できないような仕組みを作っています。

ただ、ここ数年においては個人や民間団体だけでなく、各地方の市町村などの自治体が大麻に関心を示し始め、2013年には鳥取、2014年には北海道において町長のバックアップのもと、新規に栽培免許の取得を実現しています。

今は自治体が動くことによって、大麻栽培免許が獲得できる可能性は大幅に高くなっておりますので、もし自分の地元やどこかに大麻栽培をしたい地域があるのであれば、その場所の自治体を動かす、市長や町長に動いてもらうことが、短期に確実に免許を取れるポイントになると思います。

特に今回の徳島県吉野川市のように、過去に大麻栽培が盛んだった地域、大麻を使った産業や文化が盛んだった地域においては有利なので、まずは自分の街の歴史を調べ、自治体の意向を確認しながら、上手く全国各地の麻開きを成功させて欲しいと願っています。

大麻は今の地球と日本にとっては、もっとも必要とされる植物の1つです。

栽培するだけで、その土地の土壌をクリーンに豊かにし、大気の有害物質や二酸化炭素を除去しますが、個人的には近隣に大麻があるだけで、人々の意識変容にも良い影響を与える生命体だと思っています。

これに加えて収穫後の作物は10万種類以上の原料に活用することができ、衣食住、医療やエネルギーにまでオールジャンルに役立ち、特にエネルギーにおいては、石油を中心とした地下資源の搾取に終止符をうつことができます。

大麻栽培を禁止する理由としては、先ほどの事例のように「大麻で製品を作らずとも石油ですべて代用できる」と言われるケースが多いようですが、今の世の中の真実では、もっとも必要なのが「石油で代用できるもの」であり、真実を知っている人と知らない人の間では、物事の見解が180度違うという不思議な世の中になっています。

地球環境を元に取り戻すこと、長く維持することに大麻は必須のアイテムでもあり、また日本という国が衣食住、医療からエネルギーまで自給自足、自立するためにも必要不可欠な存在であります。もちろん、日本人が古代より持っている精神性を取り戻すためにも・・・。

是非とも鳥取や北海道に続き、大麻の原点である徳島の麻開きが実現し、各地も勢いに乗って続いて欲しいと思います。山梨でも来年は本格的に麻開きに向けて活動を開始したいと思っています。