new-moon-in-2016

【新月】2016年1月10日 10:31 山羊座
《山羊座の新月》
2016年1月10日(日)10:31〜1月12日(火)10:31


《ボイドタイム》
※月を経由して地球にやってくる惑星からのエネルギーが遮断される時間帯で願い事を書くのに適さない時間帯
1月11日(月)02時41分~1月11日(月)05時24分
1月12日(火)10時10分~1月13日(水)08時55分

今日は2016年最初の新月の日です。月にとっての始まりの日、月のサイクルから考えた場合は元旦よりも、今日から2016年をスタートするサイクルの方がバイオリズムとしてもしっくりする人が多いかもしれません。

2016年最初の新月は「山羊座」の新月となります。

山羊座の新月は「目標設定」「達成」がテーマとなっており、まさに年初の新月の願いにはピッタリのテーマとなっております。

すでに2016年の目標を設定した人も改めて目標を考え直すのも良いでしょうが、ただ「水星逆行」とも重なっている新月でもあるので、水星逆行前に立てた目標を再び今のタイミングで見直した場合に、それでもブレない目標であったら、改めて新月の願いとして書いたり、実現するイメージをするのはより効果的かもしれません。

34

もちろん水星逆行は深く気にせずに、今まで同様に今月に成し遂げたい目標を立てるのも良いと思います。

なにせ、新月の願いのテーマそのものである「目標設定」「達成」がテーマとなっている新月なのでダブルの効果があります。

新月は8時間以内に願い事を書くのが良いのと、願い事を書くのに適さないボイドタイムのことを考慮すると、余裕がある人は10時31分を過ぎたら今日中に紙に実現したい願いや目標を書くのが良いと思います。

「◯◯となりますように」
「◯◯になりたい」


ついつい願望や目標は、未来形や仮定法のように書いてしまう癖がありますが、叶えたい未来をより現実にする最善の“言霊”は、過去形や完了形です。

「成功しますように」
「お金持ちになりたい」


という言葉は、未来の理想像を描いているようで今の自分を「失敗している」「貧乏である(お金持ちでない)」と否定していることになり、顕在意識でいくら理想像を追い求めて努力して意気込んでも、潜在意識では現実を否定しているので、今を否定している限りは未来も否定され、想いが実現する可能性は極めて低くなります。

「成功しました」
「お金持ちになりました」


まだ起こってもいないこと、実現してもいないことをすでに終わったことのように考えたり書いたりすることに最初は違和感があるかもしれませんが、それはあくまでも肉体に入っている限定された自分の意識の感覚であり、肉体を離れた本当の自分、大元の自分の意識においては時間軸は関係なく、今生の過去も未来も、魂の過去生も来世もすべてを経験している自分だと思います。

だから、未来のことを思い描くことは少し自分自身の意識を拡大し、大元の自分と繋がった、一体化した気持ちで終わった出来事を振り返るような感覚で未来を過去形や完了形で書くのが良いかもしれません。

未来のことなのに、過去の思い出のように日記を書く・・・

一見滑稽なやり方かもしれませんが、自分が1年やもっと先の未来ビジョンを描く時、毎月の新月の願いや週ごとの目標を設定する時も、決して未来のことを引き寄せるとか、そんな感覚もなくて、すべて大元の自分にとって過去の懐かしい記憶を思い返しての日記のようにイメージして書いています。

その結果が今であり、大部分のことが自然な形で実現しています。もちろん、実現するタイミングに多少のずれや実現しなかったことも多くありますが、極力大元の自分と同化し、エゴのない宇宙の理に沿った内容であれば実現する可能性は高いと思っています。

2016年最初の新月。始まりのはじまりのタイミングなので、今まで先々のことを紙に書いたりイメージする機会がなかった人も今回の新月から「未来日記」を様々な場面で是非ともお試しくださいませ。