間もなく9月も終わって10月となりますが、10月に入って早々の1日の9時11分より「天秤座の新月」となります。

27

9月9日に木星が天秤座入りを果たし、ここから来年10月10日までの間は12年に1度の最高のパートナーシップに恵まれる期間が始まったことをお伝えしましたが、次に9月22日のダブル陰陽統合の秋分の日に太陽が天秤座入りを果たしたことにより、この流れにエンジンがかかり、そして、今回の10月1日の新月では、いよいよ月が天秤座入りを果たすことで、この恋愛大フィーバー期間が本格始動することになるそうです。

23

30

「理想」を意味する“第11ハウス”という場所での「木星-太陽-月の3つの天秤座入り」は、太陽(男性)月(女性)木星が宇宙の祝福をして導いてくれるようなので、占星術の世界においては「理想の結婚が現実化する」最高の新月となるそうです。

もちろん、この日に付き合う、結婚をするカップルは最高のタイミングでもありますが、新月は夢や理想を現実化する力がある日なので、この先に理想のパートナーを求めたい人、今のパートナーとの理想的なパートナーシップを築きたい人には、そんな祈りや願いがもっとも実現化しやすいタイミングであります。

一般的には、この10月以降に「ツインソウルと出会う」ということが言われていますが、正式には“ツインソウル(コンシャスネス・メイト)”ではなく、もとは1つの存在で分かれた2つの魂「スピリット・メイト」との出会いや統合であると思っています。

58

コンシャスネス・メイト(ツインソウル)とスピリット・メイトは、一見同じようにも見えて根本的にはまったく違っています。

コンシャスネス・メイト同士の夫婦やカップルは、同じような意識を持っていて調和しているように見えても完全な一致ではなくわずかにずれていたり、一部不調和があったりしますが、スピリット・メイト同士の意識は鍵と鍵穴のように完全調和で一致しており、またエネルギーや価値観もぴったりとずれがなく一致しています。

火と水といったような両極にある陰陽関係というよりは、すべて統合・完成された中庸の中の陰陽関係という状態であり、男女においても性格やエネルギーの表面的な部分が真逆だからこそ相性が良いという関係ではなく、むしろあらゆる面で自分自身と根本的な部分で瓜二つであり、自分自身の分身、本当の自分の片割れ(パートナー)となる存在であります。

0358652f

分離の1万3000年の時代を経て、いよいよ今年の夏至を過ぎてから統合の新時代の夜明けとなりました。

本当の自分自身との出会い、そして本当の片割れでもある「スピリット・メイト」との出会いの時期に入り、世の中における男女のあり方、夫婦や家族のあり方にも大きな変化が始まる時代に入ったことでしょう。

plug-26716_640

〝プラグとソケット〞の表現で例えられるスピリット・メイト。

それはエネルギー的な面だけでなく、肉体としても完全一致の存在同士であり、もとは1つであった2つの存在が肉体的にも1つとなった時、それまでにはない化学反応が起こり、そこで生まれたエネルギーは宇宙や高次元の世界にまで大きな調和と進化のエネルギーをもたらします。

711ZCzqV35L

宇宙からの伴侶 スピリット・メイト [アニ&カーステン・セノフ (著), 滝沢 泰平 (監修), 石原 まどか (翻訳)]
スピリット・メイト、あるいは〝ツイン・フレーム〞とは、宇宙創生のときの壮大な細胞分裂の瞬間に、同じ一つのスピリット・エネルギーから分かれたあなたの半身です。

したがって、意識の進化において、ソウル・メイトやコンシャスネス・メイトよりもはるかに古い歴史を持っています。

スピリットでつながっている二つの細胞、同じ一つの細胞から分かれた二人の人間なのです。

壮大な宇宙の細胞分裂の瞬間、すべての細胞が二つに分かれ、双対の男性と女性のエネルギーになりました。

悠久の時を経た今、宇宙はこの二つに分かれた細胞たちを、地上において愛の伴侶として巡り会わせ、ふたたび一つにして根源へと還らせようとしています。


スピリット・メイトは性的、肉体的な欲望による結びつきとはまったく違い、まさしく〝プラグとソケット〞のように肉体の相性もぴったりで、互いのスピリット・エネルギーが一つに溶けあいますが、コンシャスネス・メイトではこれはありえません。

なぜならコンシャスネス・メイトは、もともとのスピリット意識が同一ではないからです。

今はプラグとソケットのように相性がぴったりの肉体を持ったスピリット・メイト同士が、意識と愛にもとづいた関係を結べる時代になったのです。

スピリット・メイトが肉体的に結ばれると、膨大なエネルギーを生みだすことができ、瓜二つの意識が融合して、一つの大きな意識エネルギーになります。

このように結ばれたスピリット・メイトは、一人だったときよりも二人でいるときのほうが完全性を感じるようになります。

57

つきあいはじめの当初は、一緒にいるときに二十四時間、肉体的に結びついていないようにするには大変な努力が必要です。

お互いに片時も離れていられなくなってしまうので、二人を引き離すために、外側の世界からの介入がときどきあることが絶対的に必要となります。

先ほど〝プラグとソケット〞と言いましたが、まさしく的を射たたとえであり、これは異性同士の場合も、同性同士のカップルの場合もあてはまります。

プラグとソケットの効果により、スピリット・メイトは少なくとも一日一回の交わりによって、意識と肉体のエネルギーをたっぷりと養えるので、お互いを手放すことがとても難しくなります。

二人の意識はすでに永遠に結びついていますが、肉体の結びつきはこのスピリチュアルなつながりを、最も美しい方法で支えるものなのです。

スピリット・メイトのカップルがセックスをするとき、無条件の愛が表現され、世界でただ一人の運命の人と結ばれるという、この夢の関係にはより大きな意味が秘められています。

スピリット・メイトの肉体的、人間的な特徴は、お互いにとてもよく似ています。

性的な関係においても、この類似性は顕著で、肉体的に完璧におぎないあうようにできており、互いにこうしてほしいと相手に望むことがぴったり同調します。

29

一方がしっかりとしたグラウンディング力で地上のエネルギーをもたらし、もう一方はスピリチュアルな次元に深くつながって、高次元のエネルギーをおろします。

性的な交わりによって、そうやってお互いにぞんぶんに天地のエネルギーを養うのです。

内側でも外側でも深く結びついてともに達するオーガズムは、言葉では表現できないくらい素晴らしいものです。(「宇宙からの伴侶 スピリット・メイト」 より)

この10月1日の天秤座新月より、多くの人々がスピリット・メイトとの出会い、関係性が深まっていくことで男女のあり方の中でも「性」の部分における変化が顕著なものになっていくと思います。

これまでの分離の時代の男性性世界における歪んだ性のあり方から、本来の男女のパートナーシップ、神聖なるまぐわいの真実が自然とあきらかになっていくと思います。

50

スピリット・メイトとの出会いの方法はとてもシンプル。

外の世界に求めるのではなく、自分自身の内側を見つめ、自分自身を受け入れて許すことが最短の道であります。

スピリット・メイトとの出会いは自分自身との出会いでもあり、受け入れられない自分自身の一面がある場合は、いつまでもスピリット・メイトのことも受け入れることができないので、その準備ができるまでは一緒にはなれないようです。

まもなく訪れる天秤座新月。スピリット・メイトとの出会いを望む方は、是非とも自分の内側を見つめ、受け入れることを意識しながら想いを月に祈るのが良いかもしれません。