webw161109-trumpelect-thumb-720xauto

世間の大方の予想に反して、アメリカの第45代大統領にドナルド・トランプ氏が選ばれました。

今年9月に【「ヒラリー固まる」「ヒラリー吐き出す」「ヒラリー倒れる」】という記事でも伝えたように、すでにヒラリーは影武者が中心で本人は選挙どころか大統領としての君臨するほどの余力もなく、なんとなくトランプが大統領になるような兆候が出ていましたが、それでもアメリカ国内をはじめ、世界中が驚きの結果に困惑しているようです。

移民への圧力を懸念して、アメリカでは多くの移民がカナダへと逃げ出す動きが出ており、すでに混乱が始まっていますが、トランプが大統領となって今後世界は大きく変わっていくことになるでしょう。

以下、トランプが選挙中に掲げた大統領となった後に実行する公約の一部です。

トランプ大統領候補が今までに掲げた公約まとめ
・中国・日本を始めとするすべての輸入品に対して20%の関税をかける。
・大統領選に勝利・就任初日に、中国を「為替操作国」に認定する。
・中国のハッカーや模造品に対して規制を強化。
・中国からの輸入品には45%の関税。
・中国の冒険主義を思いとどまらせるために、東シナ海と南シナ海での米軍の存在感を高める。
・米国・ロシア間の協力を増やす。
・メキシコ国境では35%の輸入税を課す。
・メキシコとの国境に万里の長城を築き、不法移民を認めない。
・不法滞在者のメキシコ送金は押収し、メキシコ人の労働ビザや越境手数料を引き上げる。
・イスラム教徒は入国させない。
・シリア難民は受け入れない。
・イスラム国はやっつける。資金源である石油を爆撃。
・尋問について、米国法で禁じられている水責めなどの方法を支持。
・医療目的でのマリファナ合法化を許可する。
・連邦政府の支出の無駄を削る。
・米軍の規模と能力を拡充する。
・日本へは米軍による防衛費を要求する。年5,830億円全額だ。
・もちろん韓国も一緒だ。
・TPP(環太平洋経済連携協定)はゴミ箱へ放り込む。
・法人税の最高税率を35%から15%に引き下げ。
・年収2万5千ドル未満の単身世帯と年収5万ドル未満の夫婦世帯は所得税を免除する。
・税制簡素化、及び減税(但し、富裕層は増税)。
・相続税は排除。
・金持ちだけが利用できる税の抜け道を潰していく。

これらの公約のどこまでが実行されるのかは未知ですが、決してすべてが悪いものでもなく、医療用のマリファナなどは是非とも実現してもらいたいものですし、TPPもアメリカが中止してもらうには日本は救われるかもしれません。

ただ、日本にとっては防衛費の請求の問題もあり、これを支払わない場合はアメリカ軍が日本から撤退してしまい、アメリカの守りがなければ諸外国から攻められた場合に日本は侵略されるという意見もあります。

今の日本が平和、今の日本は純粋な日本だと思っている人にとってはそれは恐怖かもしれませんが、日本は明治維新をはじめ、戦後には完全に欧米の植民地となっている状況であります。

そして、その支配下の中で日本人の姿をしているようで日本人になりすました反日の人々が政財界、マスコミからメディア関係までも牛耳っている状況であり、このままいけば明治維新以前の日本という国は完全に失われるような末期的な状況であります。

アメリカ軍にしろ、今の日本社会の中からアメリカが離脱していくことは無防備で危険な状況になるのではなく、まずは一旦本来の日本の姿へと戻っていくものであり、その後の防衛システムなどは後からでもなんとでもなるものです。

そもそも、この世界は実際に争いなどは存在しておらず、すべての戦争やテロも自作自演、裏で糸を引いている勢力があり、アメリカ軍がいようといまいと、日本を戦争に巻き込みたければ、彼らの意図でいかようにでも世間をコントロールすることができ、彼らの望む歴史を作り出すことができあす。

彼らがトランプを大統領として選んだ理由は、果たして日本を潰すためなのか、それとも日本を独立させるためなのか、それは今後の展開で少しずつ明らかになってくることでしょう。

011fc773

1995年にアメリカで発売されたカードゲーム「イルミナティカード」

今から20年以上も前に発売されたカードの絵には、21世紀で起こる未来の出来事の多くが描かれていることで、予言のカードや予告のカードとして不気味がられていましたが、このイルミナティカードの中には、オバマ大統領の出現だけでなく、ヒラリー、そしてトランプを象徴するようなカードもありました。

who

トランプの表情そっくりな怒った男性のカードの名前は「Enough is enough(いい加減にしろ)」

新支配勢力の代理人であるトランプが大統領になったことで、旧支配勢力者達が自分たちが捕らえられるのではないかと大慌てとなっているとも聞きますが、トランプはこれまでの旧支配勢力者達に対して「いい加減にしろ」と一喝して、制裁をする大統領となるのかもしれません。

6be644b54482a4f09f52baa8089ef9c3d929945e

b89f36d085b9c0012fe6ab61b845e5266e089158

表の人間ではないのは、明らかなドナルド・トランプ。

フリーメイソンの上級メンバーであるにしろ、彼そのものには大統領としての決定権はなく、その背後で彼を操っている勢力が、今後の世界情勢をどのように展開していきたいかが重要となってきます。

少なくとも、この150年近く欧米の管理下に置かれた日本、そして日本の天皇家。

天皇家が動き出したことも今回の大統領選の結果もすべて繋がっているものであり、日本がこれから先に大きく変わる時が差し迫っているのは間違いありません。

明治維新後、戦後という言葉に続いて「〜後」という言葉で、この時を境に日本がまた大きく転換したと未来に言われる時が、今まさにこれからやってこようとしていると思います。