71BJ4upLL0L

もはや《日本》を失いかけている日本人へ いま最先端にいるメジャーな10人からの重大メッセージ



2017年、最初のドームハウスお客様は同じ八ヶ岳在住の増川いづみ博士。

chosha_1403054885_1

増川いづみ
栄養学及びバイオ電子工学博士
東京生まれ。ミシガン州立大学にて栄養学及び電子工学の博士号を、MITにて量子力学の修士号を取得。 水の分子構造学と磁気共鳴学を中心に、水の流体力学も研究。近年は「音」の可能性と奥深さ、そして神秘に着目し、音と宇宙と人間の繋がりを探求。 アキュトニックス統合医学研究所 日本代表、フローフォーム国際委員会日本代表、四篠司家食文化協会理事。
趣味:古文献研究

栄養学とバイオ電子工学の博士であり、水と電磁波の研究における世界的な権威者であり、最近は「サウンドヒーリング」を日本に普及させ、音の世界でも広く知られています。

増川先生との出会いは、もうかれこれ5年も前。

自分自身がまだ八ヶ岳へ移住する前であり、何度もご自宅の勉強会へ通わせて頂いたご縁もあって八ヶ岳とのご縁も深まったきっかけの1人でもあります。

かつては世界中の要人をはじめ、トップクラスの研究者達とともに様々なプロジェクトで地球上を飛び回っていた科学者でありましたが、フリーエネルギー研究者同様に、一線を越えた科学者というのは、時には利権問題も絡んで身の危険にも及ぶことがあります。

増川先生もまた、一時は表社会に出ることを避けて世界を亡命しながら転々としており、最後は長く日本の山奥に篭っていた時期がありました。

そんな増川先生が、思い切って表社会に再び姿を現したのが、2013年5月に東京の日比谷公会堂で開催されて伝説ともなっている「日本の危機と今後の行方」というイベント。

0acb9d2c-s

311から危機を迎えた日本において、五井野正博士と増川いづみ博士という日本を代表する世界的な科学者達を引き合わせようと思って企画した2000名以上の一大イベントでしたが、さすがは世界に名が知られた2人であり、開催まで脅迫から警察沙汰の命からがらのイベントでした。

当日、私服警察官がずらっと大人数控え室まで挨拶に来ましたが、なんとか無事にイベントも終えることができ、このイベントをきっかけに増川いづみ先生の名前は広く必要な人々に知れ渡ることになり、サウンドヒーリングも日本中へ普及されることになりました。

img01

サウンドヒーリングとは?
サウンドヒーリングは、音(振動、波)のエネルギーを教養と意識で使用するヒーリングです。
古代文明の遺跡から発見された石からの音叉により、かなり古くから音叉が地球の歴史上使われたことが明らかになってきました。 そしてすべての物質は特定の周波数で振動しているということが前提の上に成り立っています。
サウンドヒーリングは高度な科学音や振動が、物質上に大きな影響を有することが証明されています。
例えば、音や振動の種類によっていくつもの幾何学的なパターンが作成されたり、音が水の分子構造を変えることも証明されています。
多くの古代文明と現代の先住民族の文化は何千年もの間、意識の高いレベルを癒す時に音を使用してきたことはいうまでもありません。
これらのサウンドを出すための音は今まで瞑想やリラクゼーションので多く使われてきましたが、 海外では特定の学習障害児を支援する臨床心理士によって使用されたり、音が睡眠障害を持つ人々を改善したり、 脳波の状態を整え調整、変更するために使用することにも使われています。
サウンドヒーリングは、人間の潜在能力や身体が本来持つ免疫力の活性と調整が可能であり、これからの医療の代替となる技術です。(ライフチューンHPより)

今となっては、あらゆる存在は“振動=周波数”によって構成されていることがよく知られていますが、身体の臓器1つひとつにも固有の振動、周波数があり、周波数の乱れが臓器機能の低下や病気の原因ともなり、本来の周波数に戻してあげることが治療の原点にあることが欧米の最先端の代替医療をはじめ、古代より先住民の叡智の中にもそれが示されています。

57aeeb9e-s

ec375c34-s

世界中の古代文明の遺跡からは、次々に石絵に書かれた“音叉”が見つかっており、古代において音は人間の治療用としてだけでなく、巨石を切断したり、空中浮遊させる装置として使われていたり、また人間の意識を覚醒させ、変性意識に導くことにも音が使われてもいました。

振動している音叉を別の音叉に近づけると共振するように、その臓器やその症状に必要な振動を直接与えることで、細胞やDNAを本来の周波数へと戻すことがもっとも手っ取り早く根本的な治癒現象であり、切ったりはったり、放射線あてたり、薬を飲ませたりという現代の治療は、見た目のパフォーマンスとしては有効的に見えても、周波数においてはかなり遠回りの治療となる場合もあります。

50

23

増川先生のサウンドヒーリングセミナー、およびスクールでは知識だけでなく実践を通して本格的なサウンドヒーリングを学ぶことができます。

米国でもっとも実績のある最先端サウンドヒーリング技術であり、同じ技法のサウンドヒーリングは欧米各地域でもいくつもスクールが開校されているようですが、日本の増川先生のスクールがもっとも濃密であり、また講義の内容もサウンドヒーリングだけでなく、衣食住、その他古代の叡智から宇宙のことまで幅広く扱っていることでも世界的に評判のようです。

2017年も引き続きサウンドヒーリングのセミナーなどは開催される予定みたいなので、是非これから“音”“周波数”を本格的に学びたい方は、まずは導入編のセミナーを体験して頂き、そこから本格的に深く探究したい方はスクール受講生となって個々の人生に活かして頂けたらと思います。かつての自分と同じように、八ヶ岳へ足を運ぶ良い機会にもなると思います。

サウンドヒーリングセミナー&スクール

お客様の声
導入編参加者
〈セミナーその後の変化につきまして〉セミナー受講後、 全身全霊が528Hzの共振・共鳴を求めているので、時間の許す限り、 オームのマントラと共に音叉によるヒーリングをしました。 脳波はアルファ波からシータ波に変化し、意識は宇宙へ拡散していくようでした。 外出して風にゆれる木々の葉のゆらぎを見ては、自身がそれに共振・共鳴し、 美しいハーモニーを奏でるのを感じ、あまりの美しさに涙が溢れてきました。 身体からは、余計な力が抜けていて顔の表情も穏やかで気になっていた 眉間の皺が無くなり、皮膚が柔らかくなっているのが見てとれました。

導入編参加者
初めて参加させて頂きましたが、サウンドヒーリングの中身の濃さ・深さに とても驚きました。人間の体の細胞(臓器)が宇宙の星々と繋がっていて、 それを覚醒できるということ、そして音と色、光が一体になっていることを知り、 とても嬉しくなりました。もう薬も医者も必要なくなるのではと感じ、 感動いたしました。

導入編参加者
現代の医療に対して不審に思っており、代替医療の一つとしてサウンド ヒーリングセミナーに参加しようと思いました。しかし、参加してみると 当初思っていた事とは異なり、実際には人間のトータルな問題解決を ワークと講座を通じて可能であると体感し、期待を遥かに超えるものでした。 素晴らしかった。

導入編参加者
わずか1日半でしたが、いろいろな音を聞かせていただく内に体の 具合の悪い所(つまり)が大分取れました。昨晩、ホテルの部屋に持って来た サウンドツールでお互いもヒーリングをし合いましたが、マッサージだと やっている本人は非常に疲れるのですが、音叉だとやっている本人も 疲れるどころか、一緒に癒されるのが不思議でした。

導入編参加者
会場のやわらかく包まれるような雰囲気に癒されました。サウンド ツールはヒーリングだけでなく直観力や判断力を身に付けられるといった 教育的効果があるとわかり、感動しました。そして、想像以上に自分の 頭がこり固まっていることに衝撃をうけました。考えることより、感じる ことの重要性を改めて感じました。塾生のハートチャクラをひらいたり、 家庭菜園の野菜に聞かせたりしながら、自分の仕事(学習指導&カウン セリング)に活用したいと思います。

導入編参加者
音は人間の魂に響くエネルギーであるということが一番印象に 残っています。初めての体験でしたが、是非もっと上のクラスに行きたいと 思いました。自分がどう変わっていくのか楽しみでワクワクしています。

導入編参加者
セミナーの内容は驚きに満ちていて、驚異的な宇宙や自然現象、 社会の歪み、考古学から現代のシャーマニズム、人間の霊的本質など、 他分野でありながら、全てが一つにつながっている様がよく分かり、 宇宙や自然に対する畏敬の念を強く感じました。そして、最後は自然との 共生の大切さ、特に生き物を虐待しないこと(食べないこと)、人としての 高い霊性が求められるといった部分に帰結することが、最も印象に残りました。 本当の科学とはそういうものなんだとよく分かりました。 本格的なシャーマニズムに触れる濃厚な体験があって、なおさら先生の 言葉の意味が良く分かったのだと思います。

導入編参加者
生命の根源は振動から生まれているということを、より体感的に学び、理解することができました。あっという間に終わり、まだまだ音の世界に浸っていたいと思いました。もっと詳しく知りたいことだらけでした。食事にまで気を使っていただき、感謝いたします。

導入編参加者
最後のドラとドラムがすごく脳幹に響きました。オームを発声したら、自分が出している声が外の音叉から聞こえてくる感じで不思議でした。第3チャクラぐらいのところに紫色の丸が見えて広がっていき、最後に真っ白になりました。手先がめちゃくちゃ振動しました。素晴らしい経験をさせていただきました。

導入編参加者
今まで受けたヒーリング関係のセミナーの中で最高でした。ヒーリングコース修了の先生による普通のヒーリングやサイキックの先生は、たくさんいますが、科学の博士で、しかもサイキックな面の叡智にも溢れていて、本当に驚きでした。素晴らしい方がこの日本にいることを知り、安心感と静かな深い喜びで、ただただ感動致しました。今後ともよろしくお願い致します。

導入編参加女性
自分の身体がこれほど音に反応するとは思いませんでした。瞑想中に身体が自然と動き、驚きました。
宇宙と人間の繋がりはあると思っていたのですが、科学的な面からも学ぶことが出来、とても良かったです。

導入編参加女性
10年以上内服治療を続けている甲状腺の3ヵ月治療の検査結果が昨日出ました。2ヵ月以上200Hzの音叉を甲状腺のところにあてて治療を試みました。
結果は驚くほど良い数値がでまして、内服薬を半分の量に減らすことになりました。また3ヵ月後に検査がありますので、ますます楽しみです。

導入編参加女性
音叉の振動が農業に活用できるという内容が新鮮でびっくりしました。
農業に活用できる方法を研究・実践していきたいと思っております。

導入編参加女性
ドライアイのために音叉を使い、とても効果を実感しておりましたが、実は私は不眠症もありました。甲状腺機能亢進症があると、どうしても不眠症になります、と主治医に言われていましたので諦めていましたが、音叉を使い始めてから、最近私の睡眠の質に変化を感じます。
今でも夜中に目を覚ますのですが、以前のように頑固な覚醒状態は無く、まろやかな状態となり、5分くらいでいつの間にか眠りに入れるのです。
眼の周囲に音叉を充てていたのですが脳の中まで影響が届いたのでしょう。大変嬉しい事です。

31

かつて、さとううさぶろうさん、はせくらみゆきさん、越智啓子さんとの仲良し4人組で、普通に生徒として申し込んで自分たちもサウンドヒーリングスクールへと通っていました。

もっとも、はせくらさんは音叉を聞くたびに宇宙へと意識が飛んで行ってしまって心ここに在らずで、抜け殻の肉体だけの参加でしたが・・・。

13510886_1055578157855332_1085284898614961905_n

増川先生には、昨年夏至に開催した「よあけて であえて」でもクライマックスの締めにドラをもってご出演頂きました。

この大型で大量のドラの響きは圧感なので、是非DVDでも一度体験くださいませ。

よあけて であえてDVD

0000000000742

0000000000812

また、最近とても人気があるのが、増川先生が開発プロデュースをした電磁波対策商品の「テクノAOシリーズ」

スマートフォンの普及とともに、より便利な通信社会となったものの、一方で電磁波の脅威は増すばかりであり、すでに様々な弊害が見えないところで始まっています。

特に今は1歳の子供でもスマートフォンを使って遊び始める時代であり、街中にいても小さな子供にスマートフォンで遊ばせている親子をよく見かけますが、まだまだ電磁波対策まで意識がいっている人は少ないようです。

2978b031-s

放射能も同じですが、小さな子供ほど電磁波の影響も受けやすいので、是非自分のためだけでなく、子供のためにも電磁波対策は何かしら心がけることをお勧めします。

13

47

テクノAOシリーズ

参考記事:電磁波から健康を守る「テクノAO」