48

【報ステ】ハワイの海に赤い“溶岩の滝”流れ込む(2017/02/03 23:30)
 ハワイ島のキラウエア火山から真っ赤な溶岩の『滝』が20メートル以上の高さから勢いよく海に流れ込み、注目を集めている。冷たい海面に触れた瞬間、爆発のように激しい水蒸気が何度も上がり、大きな岩の塊が吹き飛ばされていく。去年の大みそか、キラウエア火山で沿岸部の崖の一部が大規模に崩れ落ち、溶岩の噴出が始まった。当局は今のところ、周辺地域に危険はないとしている。

ハワイ島を訪れている今、このハワイ島が世界的に注目を集めてニュースとなっています。

koya_HawaiiLavaFlow_Moto4

それはこれ。火の女神ペレが住まうキラウエア火山より「溶岩の滝」が生まれたからです。



2016年12月31日の大晦日、突如海沿いの岸壁の一部が崩れ始めてキラウエア火山から海へ溶岩が流出し始め、その1ヶ月後には「溶岩の滝」となるほど、膨大な量の溶岩が海と一体化しているのでした。

koya_HawaiiLavaFlow_Moto1

koya_HawaiiLavaFlow_Moto3

「水である海」「火である溶岩」の融合。

それは、まさに「水の女神ポリアフ」「火の女神ペレ」の統合であり、目に見えない世界で起こった「火水の時代」へのシフトに対して、現象界は自然を通して分かりやすくメッセージを送ってくれます。

818aca08

「滝(瀧)」とは【龍】を示しており、そのため「溶岩の滝」とは、火の龍「赤龍(レッドドラゴン)」であります。

世界初公開、目覚める諏訪湖のレッドドラゴン(赤龍)

1月28日の旧正月の新月。

「龍の誕生」ということで、2017年に新たに生まれた「赤龍」のことをお伝えしましたが、ここまで見事に、タイミング良くその姿を現してくれるのは驚きであります。

48

火水の統合は、何も神の世界で起こったことだけでなく、すべての人々の内側の世界でも起こっていることであり、すべての人の中に火の女神ペレもいれば、水の女神ポリアフもいます。

火は温かく人を癒すこともあれば、熱くすべてを焼き尽くす時もあり、人の感情も温かさがあれば怒りの感情が生まれる時もあります。水もまた同じであり、いずれにしても“中庸”であることが、これから先はますます重要になってきます。

そして、どこか聖地に行ってご神事という形の祈り、または神社仏閣、教会、自宅の神棚の前で祈るだけが「祈り」ではなく、これから先は、日常生活の中で「祈り」を体現していく時代でもあります。

それが神の子、神の分霊として、この世界に降り立った意識の1つの役割。

仕事をしていても、家事をしていても、子育てをしていても、生活すること、生きていることすべてが「祈り」であります。

統合の時代の始まり。人生の瞬間瞬間の中で“愛の選択”を実践していけたらと思います。