amalgam_18

病院という病院は、ここ何年もお世話になっていませんが、唯一歯科医院には定期的に通っています。

その1つの治療目的に「アマルガム」の除去があります。

アマルガムと聞くとピンと来ない方もいるかもしれませんが、これはいわゆる「銀歯」です。

51kmnPTVz2L_SX356_BO1_204_203_200

一昔前の銀歯の詰め物を入れている人は、よく見るとご自身の銀歯に2種類あることに気づかれるかもしれません。

キラキラ光っているパラジウム合金の銀歯も決して良いとは言えませんが、もし少し黒ずんだ銀歯があれば、それはなるべく早めに除去した方が良いかもしれません。

この黒ずんだ銀歯は、一般的にアマルガムと呼ばれる水銀になります。

ddfce00f72a298b69a5ca0f6a9ade4ec

アマルガムは、水銀50%、残りは銀35%、スズ9%、銅6%と少量の亜鉛から出来ている金属です。

水銀といえば、日本人の誰もが一度は耳にしたことのある「水俣病」が有名です。

水俣病は、有機水銀による公害なので、無機水銀のアマルガムとまったく同じではありませんが、水銀による人体への大きな負荷があることには変わりはないようです。

アマルガムは、口の中で少しずつ腐食して水銀が溶け出し、腸や肺などの体内に蓄積されます。

_SX320_BO1,204,203,200_

amalgam02

現代人の抱えている慢性的な症状の多くは、このアマルガムが関係している可能性があり、自分の身の回りでもアマルガムを除去したことで大きく体調不良が改善した方を何人も知っています。

今となってはアマルガムは世界で禁じられた金属であり、海外では法律で規制されている国も多くありますが、日本では1970年代から1980年代、1990年頃までは銀歯として一般的に使われており、もれなく自分も子供の頃の虫歯治療でアマルガムがいくつも組み込まれていたのでした。

ということで、このアマルガムは「百害あって一利なし」の金属であり、もしご自身の口の中にまだ潜んでいたら、なるべく早めに除去されることをお勧めします。

816lqryODYL

そして、歯の治療でアマルガムよりもさらに大事になってくるのが「噛み合わせ」

「神合わせ」と言っても過言ではないほど、この噛み合わせは心身だけでなく、運命そのものを変えてしまうほど人間にとって大きな影響力を持っています。

霊的なものやエネルギーにおける噛み合わせについては、今回は触れませんが、噛み合わせを調整するだけで心身の体調不良が瞬時に治ったりするのは、もう噛み合わせの世界では常識のこと。

その中でも、噛み合わせの超プロとしられる安藤歯科の安藤僚先生噛み合わせ理論は、とても興味深いものばかり。

安藤先生は、現代人の抱える慢性的な体調不良の原因は噛み合わせ、その噛み合わせがうまくいかない最大の理由の1つに「舌」の置き場があると提唱されています。

噛み合わせと聞くと、上の歯と下の歯がしっかり噛み合うことだけをイメージしがちであり、事実、噛み合わせ治療をやっている多くの歯科医院でも、噛み合わせ治療は「歯」が中心ですが、実際には「歯」だけでなく「舌(の置き場)」も調整しないと完璧な噛み合わせは実現しないそうです。

それは舌が緊張状態に置かれると、その緊張やストレスが様々な神経への負荷となり、体の不調の原因の1つになっているからですです。

今は、現代人の多くの人の舌が緊張状態に置かれているようですが、それはここ50年の間で現代人の口内が小さくなっていることと同時に歯が大きくなっていることが原因のようです。

それまでガラガラの電車だったのが、今は窮屈な満員電車の中で舌が行き場もなくなんとか逃げ回っている状況であり、これが舌の緊張となって心身の不調にも繋がっています。

この窮屈な口内環境を少しでも広くして、舌が安心して過ごせる状態を生み出すことが噛み合わせと同時に必要な治療のようです。

ちなみに、現代人の口の中は後天的に狭くなっており、舌のDNAは、本来は50年以上も前の人体の口内設計に合わせてプログラムされているそうです。

「あれ?もっと広くて大きな部屋だと思ったのになんだかやたらと狭いな・・・」

これが現代人の舌の気持ち・・・。

なぜ、現代人の口の中は狭くなったかといえば、それは前述したように顎が小さくなって歯が大きくなったからです。

その原因は食事。

食事の内容そのものもありますが、最大の原因は「咬む回数」

太古の昔の卑弥呼の時代、人間は1回の食事に約3000回の咀嚼(そしゃく)をし、食事に約57分もの長い時間をかけていたそうです。

これが江戸時代になると、咬む回数が約1400回に減り、食事時間は27分にまで短くなってしまったようです。

そして、西洋食文化も入った現代人は、さらに短く約600~700回の咀嚼にまで減り、食事時間は7分という短さになっています。

もちろん食事内容や個人差は多々あると思いますが、現代人が昔の人に比べて極端に咬む回数が減り、早飯になっているのは間違いないこと。

自然食などの素材や調理法だけでなく、食事の量や回数として少食が健康に重要であると注目されていますが、それらに加えて口内環境を整えることを考えると咬む回数、遅飯も外せない重要要素であると思います。

早飯は大飯にもなり、消化のことなども含めて良いことはないので、なるべくゆっくりよく噛む食生活を意識したいところです。