26

昨日は、鳴海周平さんと長典男さんとの広島でのコラボ講演会。

今回は講演会メインであり、特に聖地巡りなども具体的な場所などは決めていなかったのですが、講演会当日の朝に少しだけ時間があったので広島にいる知人にお任せでご案内をお願いしました。

38

そこでお連れ頂いたのが、広島市南区西本浦町にある「邇保姫神社(にほひめじんじゃ)」

この神社の主祭神は「邇保都比売神(にほつひめのかみ)」という名前であり、この神名から和歌山県伊都郡かつらぎ町上天野にある「丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)」の祭神である「丹生都姫神(にうつひめのかみ)」と同神とされているそうです。

「丹生都姫?」

その名を聞いて思わず鳥肌が立ちましたが、この広島講演会の前、先月にコラボ講演会をしたのは名古屋講演会でしたが、その前日に長典男さん達と一緒に和歌山の丹生都比売神社へと参拝していたのでした。

13

47

その時に撮れた写真に、丹生都比売神社の名物である太鼓橋を渡っている時、自分の体が発光している写真がありました。

「あの世とこの世の狭間にいるね」

長典男さんが笑いながら解説していましたが、そもそも神社でもよくある太鼓橋というのは、お花畑でも有名な三途の川にかかっている橋であり、いわゆる死後の世界におけるあの世とこの世の架け橋となっているそうです。

この写真を八ヶ岳に戻った後に、龍の絵の画家である新月紫紺大先生に見せたところ、新月先生にははっきりと「女神」の姿が視えると仰ってました。

「はい、丹生都姫です」

同席していた長さんの解説では、この時に丹生都姫が降臨されていたそうです。

かつて、高野山に限らず、熊野一帯の地域は、この丹生都姫を祭神とする丹生都比売神社の所有地であり、西日本において絶大な影響力を持っていた丹生都姫という女神。

その素性は謎が多いですが、一説には瀬織津姫と同一神と見る人もいれば、縄文時代に実在した1人の王家の姫であり、3500年前にスサノオの第二夫人となったアマテラスの妹という説もあります。

いずれにしても古い神、縄文の女神とも言える丹生都姫。

この女神が、先月よりぴったりお付き頂き、今回の広島もお導きされているのを強く感じました。

06

これまで長く続いた男性性ピラミッド構造の世界。

神と繋がるのは、民を代表とする天皇のみであり、天皇が神と一体化することで、そこにぶら下がる民も神と繋がる、一体化されることが日本の平和、世界の平和と考えられてきました。

この仕組みを生み出したのは、今から3500年前に初代君主として大和を平定した初代スサノオ。

大和朝廷における天皇制から現在に至るまでの王族中心の世界構造の原点を生み出しました。

確かに、この君主制は、時代によっては国の平和を保つには欠かせない要素もあったかもしれません。

ただ、これは物の言い方であり、結局のところは1人ひとりの自立をさまたげ、依存へと導き、一方で支配層にとっては国や民をコントロールするには良い国治めの手法でありました。

15

3500年前、この仕組みに反発して新たな国の統制をはかったのが、スサノオの三男であったニギハヤヒ。

彼は民族内部から他民族との調和も考え、それは神と民もダイレクトに繋がり、1人ひとりが神と一体化することを望んでいました。

ところが、権力を手放しきれなかったスサノオの執着と嫉妬によってニギハヤヒ政権はクーデターによって壊滅。本人も斬首によって志し無念に倒れました。

丹生都姫は、まさに神と民が1人ひとりダイレクトに繋がることをサポートする女神としても知られています。

その丹生都姫が、なぜ広島でも祀られているのか。

丹生都姫の出処は、九州の高千穂にある祖母山とも言われています。

やがて朝廷に呼ばれ東へと拠点を移す中で、この広島の地を足がかりにしていた可能性があると長さんは現地を訪れて感じていました。

瀬織津姫、磐長姫、菊理姫、丹生都姫・・・今は封印された縄文の神々、その中でも女神が表に出て強い影響力(周波数)を世の中に与える時。

いよいよ統合・調和の時代、女性(女神)性の時代が訪れようとしています。

00

なお、邇保姫神社の背後には、独特な存在感を放つ「黄金山」があります。

今では埋め立てられて陸続きとなっていますが、この黄金山は昔は島であったようです。

まるでピラミッドのような黄金山。何か重要な装置にもなっているような気がします。

39

黄金山の山頂からは、見事に宮島(弥山)が見えました。

かつてプレアデスをはじめ、宇宙の存在達との交信基地であった弥山。

人類最初の地球人のプロトタイプ(原型)は、この宮島近郊で遺伝子操作によって生み出されたという話もあります。

55

この黄金山から見える宮島は、島というより、むしろ山脈。それこそ八ヶ岳にもそっくりな形に見えました。八ヶ岳の中にも天女山という女神の山があり、ここはプレアデスとの交信地とも言われています。

45

3人のコラボ講演会も、この広島を最後に先の予定は一切入っていません。

おそらくこれが最後の最後の講演会となったと思います。

9月には、この2年間で巡ってきた旅を総まとめした共著が出版される予定です。

どうぞお楽しみに。