03

【移住者インタビュー】ヨガと農業を両立させるために八ヶ岳移住
昨年、高根町にマンション購入

一昨年の暮まではサラリーマン生活。定年退職の期日より九ヶ月早く会社を辞め、「これからは自分の好きなことをやろう」と決めた。好きなこととはヨガで、そのための修行の場を、まず探した。友人の勧めもあって八ヶ岳南麓に焦点をしぼり、インターネットで見つけた高根町のマンションを気に入ってすぐに購入。

「冬の寒さや雪対策などを考えるとマンションは楽だと聞いていたので、迷わず決めました」

77平米の広々としたフロアは、富士山、八ヶ岳、南アルプスが一望できる眺望の良さ。1階に温泉があって思いのほか心地よく、今では千葉の自宅と八ヶ岳を行ったり来たりしている。

IV_008_02

ヨガと農業

ヨガとの出会いは、『あるヨギの自叙伝』という一冊の本。インドの偉大なヨガ行者パラマハンサ・ヨガナンダ師の生涯を描いたこの本は、かのスティーヴ・ジョブズ(アップル社創設者)も年に1回は読んでいた愛読書であり、ビートルズもこの書から多大な影響を受けたといわれる名著で、大きな感動を受けた。そして、ヨガナンダ師が伝授したクリヤ・ヨガの先生に師事して本格的にその秘儀を習得し、本の翻訳や自らヨガ教室を主宰するなど、ヨガに浸った生活をしている。その修行の場として、八ヶ岳は恰好の場といえるだろう。

 また、農業にも興味を持った。シベリアの森でただ一人、自然と調和しながら生きる美女アナスタシアの『アナスタシア』を読み、そのスピリチュアルメッセージに感銘したのだ。

同時にロシアで普及している“ダーチャ”システムにも共感。

いわば農地付き別荘のことで、ロシア人の多くは、郊外の別荘で食料を自給している。このスタイルを実践すれば、天変地異や戦争など、不測の事態が起こっても生き延びることができ、これからの時代にふさわしい理想の自給生活だと、直感した。

「しかも無農薬、無肥料の自然農なら自然を守り、省エネにもなって身体にもいい。日本でもダーチャを広め、コミュニティを作りたいと思ったんです。それにはやはり、八ヶ岳は最適な場所なのではないでしょうか」

時間をかけて土地探し

現在、月に10日ほど単身で八ヶ岳に足を運び、月1回ヨガの教室を開いている。また、友人の土地を借りて農業にも挑戦し、今年はすでにミニトマトと人参の種をまいた。着々と目標を実践しているのだ。

今はマンション住まいだが、いずれは自分の土地で畑もやりたいと、1年位かけてじっくり土地を探し、家を建てるつもりだ。今はもっぱら、情報収集の真っ最中だ。

 ヨガのサークルはもちろんのこと、畑仲間や「アナスタシア」の読書会仲間など、色々なグループと連携しながら、充実した八ヶ岳ライフを送っている。

「マンションの温泉で自然に声を掛け合ったりして、短期間の間にいい人間関係ができたことをうれしく思っています」

夜9時には就寝し、朝3時起床。好きなヨガ三昧の生活は楽しいという。これまでのサラリーマン人生とは無縁の、ピュアな世界が進行しているようだ。

八ヶ岳移住をサポートする「やつナビ」

やつナビのメインコンテンツの1つ、移住者インタビューを更新しました。

今回は、八ヶ岳南麓のリゾートマンションへと移住したSさん。

Sさんのインタビュー内容の中に「ダーチャ」という言葉がありますが、今このダーチャが世界各地、日本でもとても注目されつつあります。

vqporpxicjqr6vdqc4qs

ダーチャは、ロシアの「菜園付きセカンドハウス(別荘)」のことであります。

古くは1000年も前から起源があり、本格的には今から300年ほど前にピョートル大帝が庭園付き別荘を家臣の貴族たちに分け与えたことからダーチャは始まっています。

近代に入って貴族から一般大衆にまでダーチャは広がり、その大きなきっかけは第二次世界大戦の後、危機的な食糧不足の対策として国民に自給自足できる土地を分け与えるように国民が働きかけ、最終的に国が動いたからです。

onalrigi-400x300

貴族が使っていたダーチャに比べると、一般大衆は物置小屋程度のものでインフラ整備もままならなかったようですが、最近は綺麗な別荘地も多々あり、週末は「ダーチャ渋滞」が発生するほど、都市部から郊外にあるダーチャに向けて人々が行き来しているようです。

eiysnnqppwos6wowbkri

ロシア人1人当たりの国内総生産(GDP)は約140万円。

お金の面だけでは決して豊かではない国であり、過去何度も経済危機にも見舞われ、ハイパーインフレなども体験していますが、それでも餓死者が出なかったのは、このダーチャのおかげだとも言われています。

国内3400万世帯の8割がダーチャなどの菜園を持ち、ジャガイモの国内生産の9割、野菜の8割を自給していたとか・・・。

とはいえ、ロシアでも貧富の差が出てきており、富裕層たちは自分たちの持っているダーチャを売り飛ばして現金に換え、そのお金で食糧を買うようになって来ているようです。

この富裕層たちは、もしもまたロシアが経済危機、世界的な金融クラッシュなどが来たら、ダーチャを手放したことを後悔するかもしれません・・・。

dacha-may-005

郊外にある家庭菜園付きの別荘ダーチャ。

平日は都市部で仕事をして、週末は家族で家庭菜園付き別荘へ行く2拠点生活を古くから実践しているロシア。

様々な国難を生き延びてきたロシアに学ぶことは多く、日本でもダーチャシステムは今後非常に重要な要素を秘めてくると思います。

移住者インタビューのSさんのコメント通り、八ヶ岳は首都圏にお住まいの人々にとっての理想的なダーチャスポット

ちなみにロシアのダーチャのほとんどは、無農薬・無化学肥料などのオーガニック菜園のようです。

来年、八ヶ岳ピースファームは、日本版キブツ構想の一環として、このダーチャシステムを貸し農園に加え、シェアハウスなどと入り交ぜて提案していけたらと思っています。

どうぞお楽しみに。