44

キリスト布教活動の聖地ガリラヤ湖

1年ぶりに帰ってきた、ガリラヤ湖。

ここは昨年に船上の結婚式を挙げた場所です。

そして、2年前に九尾の狐との未知の遭遇をした現場でもあります。

ns-33-p2-1c

地球の聖地を繋がるラインであり、一方でアメリカを中心とした血塗られた大事件や紛争が起こるエリアとも知られる「北緯33度」ライン。

この北緯33度ラインにイスラエルのガリラヤ湖も入っています。

2

日本の北緯33度ラインはどこか?といえば、九州から四国までのいくつかのエリアを通過しています。

昨年春に起こった熊本の大地震も北緯33度ラインでしたが、このガリラヤ湖ともっとも関係の深い場所の1つが、四国の徳島県にある剣山

ガリラヤ湖と同じ北緯33度の剣山は、日本の中でも「イエス・キリスト来訪」の地として伝説がある場所です。

イエス・キリストが目指したのは、剣山内部の神殿。

その入り口は今は塞がれていますが、戦後にGHQが山の立ち入りを禁止して大規模な発掘調査が行われたように、剣山内部には多くの秘密が隠されています。

galilee-top-01

竪琴の形として知られるガリラヤ湖は、南西の湖底で近年になって摩訶不思議な遺跡が発見されたことが話題ともなりました。

56

まるでピラミッドのように巨石が積み重なってできている古代遺跡。

古くは12000年近く前の構造物とも言われ、未だに誰がどんな目的でどうやって造ったのか謎のままとなっています。

剣山の神殿や遺跡もまた、大洪水が起こる前の前文明から存在していたと言われています。

近年、この北緯33度ラインは熊本の地震をはじめ、ガリラヤ湖でも群発地震が発生して少し活発に動き始めています。

古代の叡智のエネルギーが今目覚め始めているのでしょうか。こららの地に眠る赤龍や白龍が動き出しているのでしょうか。

最後の審判はもう目前であり、これによって歪んだ2000年の信仰の歴史に終止符が打たれ、また大洪水以来の今文明のシナリオも最終章を迎えることになると思います。

ただ、地球破滅でも人類滅亡でもなく、それは古いサイクルから新しいサイクルの切り替わりであり、必要な破壊と再生が様々な形となって表面化してくると思います。

十字架に架けられて、やがて神の子となった1人のユダヤ人が、十字架から降ろされ、1人の人の子に戻るタイミングであり、この物語の脚本を書いた人々の役割が今終わろうとしています。

大きな時代の切り替わりの節目、いつイスラエルを訪れることができなくなるかわからない中、今年も無事に訪れることができて本当に嬉しいです。