slide1

《長典男さんプロデュースブレスレット「HOKUTO」に新タイプ登場》

HOKUTOは、天然石であるラジウム石を使ったブレスレットです。

2015年06月22日北投石ブレスレット『HOKUTO』と水晶ブレスレット『KAGOME』が登場

糸魚川の姫川薬石などをはじめ、日本にはいくつか「薬石(やくせき)」と呼ばれるラジウム石があり、これはホルミシス効果のある自然放射線を出しています。

人工放射能はDNAや細胞を破壊しますが、ホルミシス効果のあるラジウム石は、逆にDNAを修復したり、細胞を元気にする力があると言われています。

そのため日本全国には、ラジウム温泉があり、古代より薬湯として湯治場に使われていました。

もっとも有名なラジウム温泉といえば、秋田の玉川温泉かと思います。

138cfbf8-s

ここには世界で二箇所しか採掘されない「北投石(ほくとうせき)」というラジウム石があり、姫川薬石で、およそ0.2μSv前後ですが、北投石は10μSvを超える自然放射線を出します。

姫川薬石の50倍です。

自然放射線を使いこなしていた古代人にとって、この北投石は、人々の健康から生活の安全を守るためにも非常に重宝されており、極めて高価に取引されてきました。

そして、近年の天然石ブレスレットのブーム、ゲルマニウムやチタンなどの磁気健康ブレスレットやネックレスのブームもあり、ここ数年はラジウム石のアクセサリーが世界的に人気となり、北投石に注目が集まりました。

そんな中、世界で二箇所しか採掘できなかったうちの1つ、日本の玉川温泉は採掘禁止となっており、現在は北投石の本場である台湾でしか採掘できません。

その台湾にも限られた量しか残されておらず、今は年々北投石の取引価格が高騰しています。

886cd4e2-s

この貴重なラジウム石で作った北投石ブレスレット。確かに身につけるだけでサーモグラフィーで観察すると手の体温が数分で上がることが確認されたり、血流が良くなることが実験でも確かめられています。

実際につけていると手がピリピリしたり、熱くなってくるのを体感する人も非常に多いです。

やつはが開発したブレスレットは、この貴重なラジウム石である北投石とヒマラヤ産水晶を組み合わせ、古代にあったブレスレット本来の役割にしてあります。

本来のブレスレットとは何か。

ブレスレットやピアス、ネックレスなどの装飾品は、現在では単なるファッションの一部となっていますが、太古の昔より天然石などを身にまとうことは、物理的な要素よりも霊的な要素が強いものでありました。

目に見えない世界にも精通していた古代人は、邪気から身を守ること、天然石の持つ心身に与える影響までも考慮しており、またチャクラやオーラというエネルギーの調整にも天然石を活用していました。

石1つひとつにも心身や霊的なな部分に影響を与える周波数があり、それこそこだわったら石の順番、向きなどにも意味があり、装飾品を作る職人は、そこまでエネルギー的なことに精通しているシャーマンでないと着ける人ひとりひとりにあった装飾品は作れません。

下手にバランスの悪い装飾品を身につけてしまうと、逆につけてない時よりもエネルギーのバランスを崩したり、ひどい場合には心身の体調にまで大きな影響を与えることも少なくはなかったようです。

特に究極の天然石であるダイヤモンドなどは、今はファッション、宝石の王様として君臨していますが、ダイヤほど注意しなければならない天然石はなく、ほとんどの人が自分の周波数にマッチしていないダイヤを身につけていると言われています。

ダイヤほどではなくとも、北投石はもちろん、水晶などを扱う時にはエネルギーまでも理解できる人が現代でも必要であり、そこでやつはでは、その分野において専門家の中の専門家である元高野僧の長典男さんに依頼をしました。

9413290b-s

長さんがプロデュースした、本来の装飾品としての意味を持つブレスレット「HOKUTO」

これは、長さんが身につける方1人ひとりの波長にあったエネルギー調整をしてからお手元にお届けします。

まず、長さんがこのブレスレットを作るにあたってもっとも意識したのは「健康」に対するエネルギー。

もちろん前述したように霊的な部分も大事ですが、やはり肉体あっての世の中であり、その中でも血の巡り、毛細血管に血を流すことをイメージしながらHOKUTOは作られています。

というのも、運気アップや願望成就などのエネルギーに特化したブレスレットは、最初は良くても時間が経過すると効果を失ってしまうケースがほとんどのようです。

それは、人が長く天然石を身につけていると石の持つエネルギーや周波数は変わらずとも、人の持つ意識のエネルギーが変化し、やがて身につけた時のブレスレットのエネルギーとずれてきてしまうそうです。

精神面や運命面などの、繊細なエネルギーに特化すればするほど、人の変化とともにブレスレットのエネルギーとの相性が悪くなり、早い場合は数ヶ月、遅くとも数年で付け替えたくなるのが一般的なようです。

「せっかくなら生涯身につけられるものにして欲しい」

そういった長さんの思いもあって、HOKUTOは、年数が経過しても大きく波長は変わらない肉体面、健康面を軸にエネルギー調整が基本セットされており、長く使ってもブレスレット本来の持つ個人との相性は変わらないようになっています。

それに加えて、専門分野である祓い、心身の浄化、自己意識の向上、グランディング強化など、エネルギー面でも長く効果が維持されるように1粒1粒、その方にあったエネルギー調整をしています。

特にエネルギー面で重要視しているのは「氣の流れ」「チャクラのバランス」の調整であります。

氣の流れの調整とは、通常多くの人が天地人の縦のエネルギー循環をしていますが、これはエネルギーが枯渇したりバランスを崩す場合もあるので、なるべく横回転のエネルギー循環に補正することが良いそうです。

横回転のエネルギーの循環とは、主に左手から氣を取り入れて体内全体に回し、最後は右手から氣を流す流れとなります。

HOKUTOには、この横回転の氣の流れを促進する効果があり、また左手に着けていると、これが良い氣と悪い氣を自動的に取り入れるフィルター代わりにもなり、良い氣は取り入れて循環させて放出し、悪い氣(邪気)はブロックして取り入れないようになっています。

今は電磁波に限らず、人の想念なども中心とした目に見えないエネルギーが日常的に飛び交う時代。

知らず知らずのうちに、人の念や邪気も受け取ってしまいますが、HOKUTOは、それらをブロックするには最適なものとなっています。

ただし、祓いとしての効果は強いものではないので、すでに内部に何か強烈な霊体が入っている、憑かれている場合など、それを追い出す効果まではわかりません。

そういったいわゆる除霊などは、やはり専門家による祓い、仙骨治療や音叉治療などで調整するのが一番だと思います。

そして、エネルギー面でもう1つ重要なのがチャクラの調整。

ご存知の方も多いように、人間には代表的な7つのチャクラがありますが、現代人がバランスを崩しているチャクラは主に第一チャクラから第三チャクラの胸よりも下の部分であり、特に長さんが視ると第一チャクラが整っているのは0.3%から0.5%の割合であり、ほとんどの人が第一チャクラが乱れているそうです。

この第一チャクラを中心にチャクラ全体のバランス調整をするのもHOKUTOに込められたエネルギー要素の1つです。

天然石の持つ本来の役割をさらに発揮し、1人ひとりの健康、エネルギー調整も含めて祈りのもとに作られたブレスレット「HOKUTO」

0000000002692

9月20日の新月&新ユダヤ暦から新タイプ「コンビ」のHOKUTOが登場しました。

これは従来からあった北投石のノーマルタイプとパールタイプの2つの種類を交互に掛け合わせたものです。

ノーマルとパールは見た目のデザインの違いが大きな違いですが、ノーマルは太い川を水が流れるようなエネルギーの流れ、パールは細い川を早く水が流れるようなエネルギーの流れで、若干身につけるとエネルギー体感に違いがあります。

この両方をバランス良く組み合わせたコンビは、それぞれの単独のタイプとはまた違った中庸エネルギーの感覚を味わえると思います。

001

そして、今回の新HOKUTOの最大の特徴は、従来のヒマラヤ産ワンポイント水晶ではなく、山梨県産の水晶を使っていることです。

山梨県は、水晶発祥の地であり、山梨県の水晶には、宇宙からのもたらされた特別なエネルギーが蓄積されているという話もあります。

46b4ba0e-s

水晶はピラミッドを2つ合わさった8面体の結晶構造を持っており、これは宇宙エネルギーを8つの面から吸収して、6つの頂点からエネルギーを放出するエネルギー媒体装置であるそうです。

今から20年以上も前の1990年代前半、八ヶ岳南麓にある宇宙線研究所において、10の20乗電子ボルト(1000京)という常識では考えられない高エネルギーの宇宙線量を観測し、世界中の関係者を驚嘆させた出来事がありました。

世界中の学者たちが驚かせたのは、この宇宙エネルギーの発信地は地球から1億6000万光年もの長距離であると逆算推測されたことで、これは現代科学の相対性理論上、絶対にありえない話であり、当時の専門家達も宇宙の不思議、地球人以外の何か大いなる存在がいることを信じざるをえない出来事であったそうです。

水晶メッカと知られる山梨県は、地下に巨大な水晶鉱脈が存在しており、遠く宇宙の存在が地球の山梨をめがけて照射した宇宙エネルギーは、この山梨県の地下水晶が標的であり、膨大なエネルギーが山梨一帯の水晶に注がれたと言われています。

山梨県の水晶の鉱山は現在は閉山されて国立公園となっており、新たな採掘ができずに水晶の価格が年々高騰して、小さな水晶でも手に入れるのが非常に困難な状況となっています。

なかなか山梨県産水晶そのものが見つからなかったのですが、今回、2年ぶりにヒマラヤ産ではなく山梨県産水晶が手に入り、HOKUTOに取り入れて再販される形になりました。

03

北投石ブレスレット『HOKUTO』 (コンビ)

北投石ブレスレット『HOKUTO』 (ノーマル)

北投石ブレスレット『HOKUTO』 (パール)


山梨県産水晶は、新しく発売されたコンビタイプだけでなく、従来からあるノーマルタイプとパールタイプでも組み込むことは可能です。

いずれのタイプも山梨県産水晶がなくなり次第に終了となりますので、この機会に是非とも山梨県産水晶のHOKUTOをどうぞ。

0000000000822

《長典男さん個人セッション(10月)》

人気の長典男さんの個人セッションの10月のスケジュールが公開されました。

こちらも合わせてどうぞ。