002

黄龍(こうりゅう)

四神の中心的存在、四神の長とも呼ばれており、四神が東西南北の守護獣なのに対し、中央を守るとされる龍です。

30

日本でも黄竜はめでたい獣とされ、宇多天皇(887年即位)のときに黄竜が出現したといわれています。

そして、2017年9月23日の本日、ちょうど秋分点を過ぎた今、新たなドラゴン「黄龍」が誕生します。

今回のテーマは、菊に囲まれた黄龍だけに、ずばり天皇家。

南北朝問題も絡んだ現在の天皇家のこともありますが、そのルーツでもある古代ユダヤとの関係も大きく関わってきそうな黄龍となりそうです。

42

52

ただいまエルサレムの真っ只中。

エルサレムの城門にも菊の紋があり、古代ユダヤの王家と日本の王家は深く繋がっています。

四神の中心を司る王の龍が目覚めた今、日本の王家、日本そのものが大きく変わっていくタイミングに入ったと思います。

09

今回の秋分は、ついにヨハネの黙示録で予言されていた星の配列が完成する時です。

12個の星の冠をかぶり、肩から太陽をかけて足で月を踏む妊婦の女性から新たな救世主(木星)が誕生します。

いよいよ最後の審判がステージであり、このタイミングにバチカン支配となった日本もまた本来の立ち位置へと戻ることでしょう。

001

さて、そんなタイミングに誕生した今回の新しい龍は、これまでの四神の中心、上に立つ龍なだけあり、純粋にとてもカッコよく迫力がある龍です。

004

今回も白龍に続いて、生みの親である新月紫紺大先生によるハンドフィニッシュタイプもご用意しています。

寝室、リビングや玄関、どこにかけても存在感抜群であり、また心身ともにエネルギッシュにしてくれる龍の絵なので、どうぞお好みに合わせてうまくお部屋に使ってみてくださいませ。


0000000002702
黄龍

価格 :14,800 円(税込)