00

12月2日の夜、八ヶ岳名物レストランの清里ROCKへ行きました。

かの有名なロック・フェラーにちなんで名前が付けられたというROCK。

2016年8月8日、天皇陛下の生前退位が発表された未明、ROCKは火事によって全焼してしまい、そこから急ピッチに再建され、ようやく再びかつての活気を取り戻しました。

この日は、八ヶ岳名物イベントの1つ「UFOコンベンション」の会場となっており、全国各地よりUFO好きの方が100名近く集まっての集会に参加してきました。

メインとなる講師は、今となっては日本を代表するコンタクティの1人のグレゴリー・サリバン(グレッグ)さん。

そして、かつてアカシックリーダーとしてTVでも話題となった中津川昴さん。

自分は日中は農業講座があったので、夜の夕食懇親会から参加しましたが、席は自由席となっており、
大きく3つのグループにテーブルエリアが分けられていました。

「こちらはプレアデスの方、こちらはシリウスの方、あちらはアンドロメダの方の席になっています。
ご自身で“自分はここかな?”と思う場所にどうぞご自由にお座りください」


そうやって案内されたものの、ギリギリに到着したので空いている席が限られていました。

ちょうど空いていたのがシリウスの席。

個人的にはプレアデスの席を希望してましたが、とりあえずシリウスグループに混じって席に座りました。

さすがは、全国でも有名なUFOコンベンションのイベントだけあって、会場には個性豊かな人々がたくさん集まってました。

みんなスピリチャル大好き、宇宙人やUFO大好きな大人ばかりであり、個人的にはとても楽しく興味深くいろいろな方と話した時間でありました。

夕食も終わると、中津川昴さんによる軽いワークショップ。

各テーブルで4名から6名ほどのチームとなり、今から質問する回答を話し合って準備するというもの。

その質問は以下のとおりです。

「あなたが宇宙人の立場であったら、いつ頃の時期に地球にコンタクトしにやってこようと思いますか?」

「どんな地球人とコンタクトしたいですか?」

「何を話したいですか?」


こんな質問です。

「よーい、スタート!」

みんな何を話し合って良いのかわからないまま、自分も参加者のメンバーに混じって話し合いました。

まずは、いつ頃の時期か・・・。

これは過去でも現在でも、近い将来でもずっと先の未来でもいつでも良いみたいです。

これについての自分の意見は、やはり何と言っても「今」でしょ!と。

というのも、今はかなりのハイスピードで地球人の意識変容が進んでいます。

意識の進化が進めば進むほど、宇宙人という存在に対する興味、関心も少なくなり、せっかくコンタクトしたにも関わらず、大してビックリもしてくれない寂しい状況となります。

もう100年先なんてとんでもない、10年先でも危ういタイミングなので、やはりここ数年以内、特に過渡期の中の過渡期である、今だからこそコンタクトの意味もやりがいもあるタイミングだと思います。

そう力説すると、グループの方々からも「なるほどー」となって、その意見が採用されました。

続いて、誰にコンタクトするか・・・。

これまでの意識進化の流れからすると、もう子供はすでにアウトです。

もはや現代の子供たちは大人達よりも遥かに高次元の世界から降りてきており、宇宙人のコンタクトにも動じず、むしろ宇宙人ですら説教されてもおかしくはありません。

だから、子供以外の人々が対象となるでしょう・・・と話している間に時間切れ。

各班発表の時間に。

他の惑星人の話を聞いていると、それぞれ、まったく時期も目的も違っておりとても面白かったです。

多くの意見としたのは、まず時期としては2020年頃まで。

オリンピックが1つの目安のようで、世界の首脳陣が集まる中にコンタクトが起こる(したい)と。

他のグループも近い未来へのコンタクトと、政治的な発言が多かったのも特徴的であったと思います。

いろいろな人がいろいろな意見を持っているのだなと、それはそれでとても勉強になりました。

32

そんなこんなで、夜9時過ぎからは、恒例の野外に出てのコンタクトワーク。

グレッグさん主導のもと、100名ほどの参加者と一緒にお店の外に出て夜空に向かってコンタクトを開始しました。

残念ながら、30分ほどの短時間だったので、はっきりとした視覚できるコンタクトはなかったのですが、コンタクト中に夜空の写真を撮っていた参加者やスタッフの中で、いくつも不思議な光の発光現象が写っていました。

27

「宇宙船からの照射ライトですね」

グレッグさんはそんな解説をしていました。いずれにしても、目には見えずとも近くまで彼らはやってきていたようです。

2020年。オリンピック。

首脳陣とのコンタクトが起こるかどうかは不明ですが、この前後に宇宙的なコンタクトが本格的に起こることを予兆してるのかもしれません。

2017年ももうすぐ終わり。2018年、2019年、2020年もすぐやってきそうです。

人類の意識の大転換、フリーエネルギーの解禁、そして彼らとのコンタクトから始まる、本当の宇宙時代。

様々な意味でやってくる「その日」に備え、八ヶ岳でもやれることを淡々と進めるのみです。